2008年05月19日

半月山と社山 【前編】

栃木県 2008-5-17

バカボン※ を読んでいたら・・・

(※バカボンとは我家にある古い山のガイドブックで・・・掲載されている山の数がハンパデナイ。しかしながら 平気で山をボロクソに書いている事がある訳で一部抜粋すると (この山は特に特徴もなく唯一の見所は途中から見える下の民家の梅林である)とそんな感じなので・・・我家では バカボンと呼んでいる訳なんです。)

でもバカボンは山を見つけるのには最適な訳で・・・見つけました!

IMG_0804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大して下調べもせずに 阿世潟から登れるとてっきり思い込んで家を出発。
高速でヒトットビ、東北道から日光自動車道の清滝ICまでそこから 
いろは坂を越え奥日光へ。

登山口と思い込んでいた阿世潟にと思ったら・・・

( ̄□ ̄;)!! 阿世潟には車で入っていけませんでした。
ゲートがあり一般車両は入れず・・・詰めの甘さが・・・またです。(´ヘ`;)ハァ

 

じゃあ インチキして、半月山の山頂の駐車場
まで行って尾根道で一番楽なルートで美味しいトコ取りしちゃおうっ!

と・・・ これが 後に大きな大失態を招いている事になる訳で・・・

 

実は以前、半月山には来ておりまして・・・大展望台を勘違いして
途中で下ってきてしまいました。なのでリベンジ&ラクチンな感じで・・・

IMG_0585

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場について・・・また モンダイ発生。

またやってしまいました。途中コンビニによるのを忘れてしまいました。
車積の保存食BAGからどうにかビール1本。水1?。 オセンベ。 シリアル
クッキー。 以上であります。 まぁ ラクチンだから モーマンタイと・・・

IMG_0416

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



では出発です。 半月山の山頂は以前に頂いているので帰りに寄ろうと言う事に。まず大展望台を目指します。

IMG_0591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹の道。 アフーは好きです。で 虫さんもまだ居ません。その代わり
お花さんもホトンド見当たりません。

IMG_0417

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもモーマンタイです。フリースを着て歩き出しましたがすぐに暑くて
脱ぎました。 空は┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・ 雲があります。

IMG_0593

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てくてくと進みます。 気持ちが良いですね〜。
で、実は 目的の社山。本当は半月、社山ではなく 社山から伸びる
黒檜山への縦走道を歩きたかったのですが・・・しかたありません。

IMG_0597

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここだけ ポツリとお花さんが待っていてくれました!!紅一点♪綺麗です!

IMG_0599

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半月山大展望台に到着です!駐車場からここまでは確か600m。

IMG_0606

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図に簡単に目を通して次の目的地は半月峠です。

IMG_0605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフー地図を見て・・・社山を見ます・・・w(゜o゜)wワオ!!けっこう遠くな気が・・・

IMG_0623

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



下りですね。相変らず続く笹の道はとても気持ちがよいのです!
モンダイがあるとすれば足場の湿った土と岩くらいでしょうか?
ツルッと滑ったりします。

IMG_0604

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は正面の男体山。登った事があるのですが下山が間に合わず
大雨、雷。その時、所有していたカッパが駄目な事に気が付きました。
ホムセンのカッパだったのですが・・・ゴアカッパの重要性を思い知りました。

IMG_0630

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、下山はもうマックラ闇でした。 急いで下山したくても
脚の親指の爪が剥がれ初めて・・・それから水不足で親分と水の争奪戦。
アフーは手すりになっていた鉄パイプの中に溜まっていた雨水にまで
手を出そうとしていた記憶があります・・・

IMG_0616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そんな残念な事も今では良い思い出です。

IMG_0418

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなどーでも良い事を頭の中で思い出しながら・・・下ります。
距離は600m。 暢気に下っていたら到着でした!写真忘れちゃいました・・・


IMG_0613

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お次は阿世潟峠を目指します。距離は1,1kmと書いてあります!
w(゜o゜)wワオ!!簡単だねぇ〜と思っていたけれど この1.1kmは
実際の距離よりも長く感じました。

IMG_0429

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は阿世潟から阿世潟峠、そして社山を予定していたのでここまでは
また当初のスタート地点ではありません。

IMG_0646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




さてと、阿世潟峠までの道もとても整備されていて笹の道が綺麗です。
一気に登ります。が・・・また下ります。この下りが結構長く感じます。

IMG_0427

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝が不安で仕方アリマセン・・・
長いなぁ〜と思うと なお長く感じます。 でも眼下に広がる景色を見ると
疲れが吹っ飛びます。

IMG_0607

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ、中禅寺湖から半月峠経由で登ってこられた単独の男性の方に
この間で抜かれました、この方は本当にとても良い人でした!空いている
山なのでとっても人に逢うと嬉しくなってしまいます。その人が良い人だったり
したら、それはもっと嬉しくなる理由でもあります!

IMG_0420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議と勝手に連帯感をもってしまう残念なアフーが居ます。

IMG_0422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら・・・長いです。1.1キロってこんなに長い?と思いながら
でも時計を見るとそれ程の時間を歩いていないのになぁ〜。

IMG_0659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下ってから
また一段下る感じで先に見える社山の頂上を見ながらこんなに下るの・・・
と思っていたのが正直な気持ちです。

IMG_0617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あちらに見える茶色の山は足尾銅山です。

でアフー転びます。すると親分が前で怒っています。

IMG_0657

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



どうしたの?フワフワして危なっかしいから帰る?

と言う訳です! カッティ〜ン(`へ´) それは心外です!
転ぶときシャッキリなんて転べませんよっ!帰るもんかと御立腹してみました。

IMG_0651

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そんな訳で阿世潟に到着です。ここでシリアルクッキーを食べました。
美味しいです!

IMG_0433

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



すると・・・後から5人組のパーティの方と一緒になりました!後にこの人達にも
助けられる事になるのです。

IMG_0661

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でお先にまた歩き始める事にしました!お次の目的地は・・・
社山です。1.3キロ! 

IMG_0432

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分に帽子を被るように言われるのですが・・・
アフーはすぐにオーバーヒートしてしまうので・・・暑がりなのです。

頭からすぐに 湯気が出だしました・・・顔はまたタコさんです。

IMG_0668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社山を超えて黒檜山へ伸びる稜線を歩きたいのでがんばります!
笹の道。シツコイヨウデスガ・・・まだ伸びきっていない笹はそれ程、邪魔を
しません。

IMG_0435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一本道を作ってくれて余所見をしていたって山頂に導いてくれます。
ちなみに・・・阿世潟から社山までは・・・アップダウンがこれでもかと言うほど
続きます。

IMG_0662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

判っていれば良いのですが、一番ラクチンなコースをと卑怯な魂胆には
バッチリと トバッチリが落ちるようになっているようです。

IMG_0687

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに当初のコースの高度はこんな感じ。

asegata

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、アフーが一番ラクチンと言い放った今回歩いているコースは
アップダウンがこんな感じです。

shazan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽だと思ったので親分はシールセン。

IMG_0445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



アフーもハーフパンツで登ってきたのですが・・・

IMG_0672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



勘違いオンナアフーは 下から登ってくるのが嫌で 半月山から稜線で
なんて思っていたのに・・・ まぁ、 そんなもんです。

IMG_0683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも悪い事ばかりではありません!

IMG_0444

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景色は・・・
アフーが登った山の中で3本の指に入る景色かもしれません。

IMG_0719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えたものは・・・メニメニでした。

IMG_0701

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光白根山。

IMG_0747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中禅寺湖。

IMG_0703

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボート。

 

IMG_0704

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男体山。

 

IMG_0736

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから・・・

 

IMG_0752

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは下でまたズル休み・・では ないです。 景色を見ています。(たぶん)

IMG_0744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太郎さんと戦場ヶ原♪ 綺麗な景色にうっとりです!

IMG_0441

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度、電波塔があった場所が山頂かと思っていましたが・・・全然間違いでした。

そこからいくつ小さなピークを進んだかな?

IMG_0438

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しだけ崩壊している尾根もありました。

IMG_0699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カールができてそれはそれで素敵でした! 

IMG_0690

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この山は道標もシッカリしているのでとても安心です。

IMG_0692

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩の道を越えるとまた笹の道! バリカンで刈られたみたいに
なっています。

IMG_0710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はいっ!あっそうそう、そういえば出発ギリギリに使えたGPSを
ザックに忍ばせてあります。まだこの時点では地図をインストしていない
のでとりあえずTrackログだけとるために・・・

IMG_0737

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・この辺りからもう喉がカラカラでした。
飲み物セーブモードに入って居たのですがさすがに限界です。

IMG_0764

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後を振り向くと・・・ 上の写真の丁度中央にある平らの部分がレガシィ君の
いる半月山の山頂駐車場です。(第二駐車場)

IMG_0766

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうみるとけっこう歩いてきました。で・・・

雲行きが怪しい・・・

IMG_0770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・さっき追い抜かれた方が下ってきました!

親分とお話していました。アフーは少し離れた所なので聞えませんでした。

そして、アフーとすれ違う時も声をかけてくださいました。

「あと、もう少し、頑張ってください」 と・・・パワーがミナギリマス。

IMG_0777

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分に追い付けずに・・・飲み物を確保できない残念アフーです。
自分の飲み物は自分で持たない 天罰を食らっている写真です↓

IMG_0782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んも〜喉乾いたを連呼中です。

IMG_0788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チカラを振り絞って 親分の元へ・・・ (´ヘ`;) 

そしてやっと飲料確保です!

IMG_0797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生き返るようです!砂漠に雨状態です。(・_・")?

後半も読むよ♪ハヨカkお尻ぺんぺ〜ん!クリック♪なんちて。