2006年10月11日

復活レポ。北岳 & 間ノ岳  【其の壱】

せっかくの連休。アフーチームはのんびり東北行脚の
温泉&紅葉狩りほんのり登山
の旅に行く予定でした。がっ、あいにくの秋雨前線&台風の
お陰にてオジャン・・・

土曜日から天気予報と睨めっこしながら最終的に
日曜日&月曜日、両方マークの南アルプスへ行く事に。

 北岳&間ノ岳 1泊2日 

ちなみに今回の山レポは毎度ですが長いです。
(スゴイ自己満足的ブログで本当にご麺なさい。・・予め御了承くださいm(._.)m)

今回、お天気はマーク、標高が3190mなんで事前に気温なども
一応、しっかり調べて持っているすべての山用防寒着も用意して・・・
ちなみに、数年前に買って出番を待っていた 

名称未設定-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ももひき君。初陣。

なんだか、今回だけは10月に入り、テント泊。ちょっとアフーチームには
ハードルの高いような気がしましたが、とりあえず・・・行って見る事に

北岳には広河原に登山口があるのですが、ここはすでにマイカー規制
があり、バスまたはタクシーで芦安⇒広河原に入ることになります。


芦安の駐車場には3:40頃に入りましたが、さすがにバスターミナル下の
第一駐車場は満車。どうにかターミナルの上にある、駐車場にはギリギリ
入ることが出来ました。

車の中でコンビニで購入したカルビ弁当となんだか緊張していたので
アルコールのお力をお借りしまして(*^^*ゞ
4:30から仕度をして、バスターミナルへ。

P1020422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



( ゜_゜;)びっくり 大行列。いつの間に皆さん。(←アフーがビール飲んでる間です(*^^*ゞ)

ちなみに広河原へはバス又はタクシーになるのですが値段の差は僅か100円

タクシーのりばに行ってみたのですが
「すでに満席で乗れないからバスで行って。」と・・・

つ~事で、バスチケットを購入する為、長蛇の列に並んで順番を待っていると
アフーの前の人まで来た所で、タクシーチケット買った人が来ないから、
売っちゃっていいよ。と天の声。で迷わず購入。長蛇に並んでほぼ、
立ち乗車になると思われたバスではなく、ワンボックスタクシーで♪
ラッキーといえばラッキー(*^。^*)

DSCF0163

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 



で、一時間弱タクシーに揺られ、親分は助手席だったので運転手さんと色々話を
していました。ちなみに始発5:10.途中、ゲートが開くまで鳳凰三山の登山口でも
ある、夜叉神にて、トイレ休憩。ここはスゴイ人・人・人 トイレも大行列でした。
ここのゲートは5:30にならないと開かない為、しばしゲートが開くのを待つ。

結局、広河原には一番に入った訳なんですが、
寒い{{ (>_<) }}すぐにカッパ着用。

「やったぁ〜♪一番に入山だ〜。ムーチョ登って一番に頂、イタダキマスか〜?」
なんて調子に乗ってドンビキ冗談を交わすアフーチーム(*^^*ゞ

P1020426

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






登山口。ってなんか程好い緊張感が最近は好きになったアフー。

P1020427

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


まず、橋を渡ります。
P1020428

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あっ、ちなみにタクシーは登山口に一番近い所で降ろしてくれます。
広河原アルペンプラザ?の正面です。ちなみに・・・

P1020424

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



見えました。朝焼けに染まる北岳です。

P1020423

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



橋を渡り終えると右側に広河原山荘あり。ちなみにテントが幾つかありました。

DSCF0166

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ちなみに、登山道は樹林帯から始まります。20分くらい進むと分岐が現れます。
この分岐は白根御池小屋経由と八本場コル経由の分岐となります。
P1020429



















 

 

 




 

登山口から15分後( ̄□ ̄;)!!
あれっ、と、さっきのガトゥンガトゥン登るという意志は
北岳の遥かアッチの方に吹っ飛ぶ事に・・・

「o(><)O O(><)oヤバイヤバィ、今までの山と雰囲気が違う。
私達のレベルゴトキでは・・・かなり厳しいかも・・・」

と・・・同時に親分も同じ事を思っていたようです。

来る皆さん、もう見てすぐにワカル。皆、ツワモノ揃いなんです。
ワンゲルさん&OBさん・・・ばかり・・・ちなみにですね・・・
ザックを見ると、山岳マラソンのワッペンのような物がチラホラ・・・(×_×;)

DSCF0167

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにですね、シツコイヨウデスガ色々な山に登りましたが、この時期の北岳。
冗談抜きで健脚者&スゴイみんな早いんです。(こんな経験ありません。)
DSCF0170

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


体育の通知表がアヒルちゃんのアフーには、この先、どう頑張っても無理だね・・・

DSCF0169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



何度か、川を渡ります。

DSCF0175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




でもね♪天気はこんな♪↓鳳凰三山 With アフー

DSCF0197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





「お〜初心者!良く来たな〜でも、ただじゃ〜頂には来させないからな〜」
と言わんばかりの北岳君。

DSCF0177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 



ちなみにね、何度も言いますが・・・後に誰もいないと思いきや
3歩進むと後ろに気配を感じ、すでに5歩進むともう、ピッタリ後に・・・
P1020441

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



頑張れっ。軟弱登山家アフー。
DSCF0180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






分岐から大樺沢(おおかんばさわ)に向う。
ここで、小休止。10分程。
オニギリを1つ食べました。オイスぃ〜。ゥゥρ(^O^)ノm(+。+;)m

そこから更に登る。川の音が聞こえる樹林帯の中をひたすら登る。

大樺沢二俣に到着。ここでもまたオニギリ食べちゃいました(*^。^*)

P1020456




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↑直登ルート。ちなみにハシゴだらけです。

ちなみに大樺沢分岐は 八本歯コルの直登ルートと
一度、白根御池小屋の道と草すべり分岐で合流する右俣ルートに分かれます。
距離は断然八本歯コルの方が近いのですが、殆どの人が直登ルートへ。

DSCF0181

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 





アフー達は出来れば今日中に北岳を登るのと、一緒にいたオジサンが直登は
休む場所が無いよ。と仰るので距離は長いですが右俣ルートへ。

P1020461

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



こちらの道は草すべりまで、とても歩きやすい道です。
右俣ルートを使う人は2割くらい。かな(・_・?)
DSCF0187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





ここは、秋を感じながら歩きました。
DSCF0195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でも、とにかく広河原からずっと登り。

P1020465

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こちらのルートはずっと北岳をこの角度で望みながら登ります。
P1020476

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でもね、冗談抜きで高〜い・・・ (゜O゜;)
草すべり分岐のちょっと手前にこんなステキな場所があります♪

ここで、小休止。冗談抜きで綺麗♪
でもね、ここから草すべり分岐まで、あと標高差にして200m程(・_・、)


DSCF0192

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



秋だな〜↑(^^_)ルン♪
P1020487

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↓草すべり直下で白根御池小屋からのルートと合流となります。
DSCF0200


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ、ここから下ってくる人達の姿が明らかに違うんです。(・_・?)
DSCF0198

 

 

 

 














 

 

 

 

 

 



「この先は別世界だから、そこの開けた所で、持っている服を全部着なさいね」
とか、「とんでも無い事になってるよ!」
と・・・・

DSCF0204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



こんな天気なのにどうして(・_・?)
P1020512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSCF0207

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも・・・この青い空は あくまでも 嵐の前の静けさに過ぎませんでした・・・
この開けた場所は・・・戦場に向う前のような緊張感に包まれております。
DSCF0208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





いったい、何が起こるの・・・

アフーチームも持っているレインコートを着用する事に。でもね、アフーは緊張あまり
やってはいけないことをしてしまった!
P1020511






















 

 

 



親分はフリース、インナーダウン、レインウェアを着用。
アフーはこんな薄着の上にレインウェアだけ着用。というか、もう、
着用したつもりでいた・・・ようするに忘れちゃった訳で・・・
これが大惨事を生む事となる訳で・・・
P1020498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





地面が白い?でもこれはあくまでも序章に過ぎない・・・
DSCF0213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


草すべりからは今まで登ってきた道と逆側を歩くになる訳なんですが・・・


DSCF0222

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 




この空の青さは、嘘です。 アフーチームはこの鎖場を越え

P1020518

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


極寒の戦場へと・・・進む・・・なんちって・・・でも 結局 ちと危ない目にあった・・・

DSCF0219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




やはり、甘くはない・・・

DSCF0216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ白、そして、凄い風。下ってくる若いのワンゲル系のお兄さんが
言ってました。「こりゃーひでぇ〜な・・・聞いてねーよ!」
と・・・( ̄□ ̄;)!!アフー もう頭の中、真っ白・・・

P1020517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





体に容赦なく向ってくる風。もう、鼻から息を吸うことが出来ない(・_・、)・・・


P1020521

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この氷の厚さが物語ってます。標高が高い場所での強風がこれほど・・・と思っていなかったアフーは・・・未知なる経験に・・・本当に足を止めてしまうと死んでしまうのでは・・・と 

晴れているのに冷たい風が体温を奪っていきます。(・_・、)。口で息するから、
もう、ヨダレが垂れようもんなら一気に遥か遠くまで ヨダレFly ♪ なんちって・・・ゴメンナサイ

DSCF0225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう鼻水ドゥ〜ン止まりません。
鼻の下を手袋で擦るからアフーの鼻はもう擦り傷に・・・↓カメラストラップが凶器に・・・
P1020522

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





それでも、帰って写真を見るのが楽しみな オ馬鹿なアフーは写真をトリマクル。
DSCF0226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あっ、言うの忘れてましたが、
この時点で凄い記録的なタイムを打ち出しております。
すでに13:50。もう、ほぼ8時間歩いてます。
こんな超人的な凄いタイム打ち出せる方、います?。ちなみに本日の目標は
この後、北岳を登ってその先の北岳山荘に行く事になるんですが・・・

ザックの中のライトの所在が気にかかる お時間でございます。
軟弱女アフー、ちなみに手の感覚と顔の感覚はすでに無し・・・

親分は、アフーの気の抜けきった顔を見て、心配になったようで
「ねぇアフー、無理しないでここで、テント貼ろう」
と優しい言葉、しかし、テン場を見ると、

バ〜タバタバタッ~と皆さんのテントは、これから空を飛びそうな勢いで
エネルギッシュに満ち溢れています。凧じゃないんだから・・・と、ビビリながら
テン場と肩の小屋を横目にとりあえず北岳へ登る事に・・・

でもね、北岳に向う道は更に険しい姿をあらわにしています。
P1020526




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
重たいザックのアフーはもう、限界ギリギリです。

ちなみに小屋から見えた手前のピークはやはり、偽ピークでした(×_×;)
でっ、こっから山頂まであまりの寒さで記憶吹っ飛んじゃってます。
写真もナシですm(._.)m


どうにか、日本第二位の標高を持つ、3193mの頂に立つ事が出来ました。

DSCF0229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でも、酷いガスっぷりです。せっかく来たのに、頑張ったのに・・・
P1020527

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんにも見えない・・・仕方ない、と諦めたその時・・・
P1020549

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わずか数秒間の出来事でした。青空が顔を出しました。

P1020531

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



北岳君にほんの少しだけだけど、許しを頂けたような気分でした。すると・・・まるで奇跡のように雲が一斉に流れていきました・・・
P1020550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





奇跡だ♪またもや、奇跡がおきたぞ〜。アザ~ッス♪

P1020546

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でもね、ココまでは、アフーチームにしては上出来♪ある程度は想定してました。
でも、この先、とんでも無い事が続々と・・・起こる事も知らず・・・

と言う訳で・・・続く。続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん。くりっく。な〜んちて。







Posted by theslowpace at 15:10 | ヤマノボリ