2007年09月07日

台湾 七星山 【其の壱】

其の壱   其の弐   其の参    其の四  其の五   其の六

さてと・・・ 3日目。今日は待ちに待ったヤマノボリ

本当だったら、北海道?もしくは東北のお山になんて…思っていたのです。

お天気に邪魔されて・・・

でもって、台湾へ・・・でもどうせなら海外の山事情も知ってみたい。
ということで、事前に登る山は決めていました。
台湾と言ったら、玉山。でも、玉山は3997mでちょくちょく、山渓でも
以前に野口健さんもいらっしゃっていたのですが・・・

もちろん、ヘロヘロアフーにはちと ハードルが た〜か〜い。

 

ということで・・・

前日もひたすら予定をこなしてホテルに帰ってすぐに爆睡。

DSCF0713

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑前日に念願の 猫空ゴンドラを乗ったアフー。ひゃっほ〜い。

でもって・・・実は夜中に大きな地震がありました。
実はアフーは昼間ツアーガイドのカクさんと、地震のお話をしていました。
最近は地震がまったく無いから大きな地震が来るのかもと、
カクさんはアフーに話してくれました・・・

すると・・・夜、グラグラ・・・と長々と揺れる訳で・・・。
アフーは夢心地で・・・
そっか、私もしかしたら、このまま台湾の地震で死ぬのかな・・

あまりに長い地震でさすがに怖くなり親分を起してみるが・・・大丈夫
一言残し、再び眠りにつく親分・・・ 

やはり、この地震。台北は震度3であったものの
奥地ではかなり揺れが大きかったようで死者も出たとニュースでやっていました。・・・

DSCF0736

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、アフー達は 昨日一日で 筆談を覚えました。 

ホテル前でタクシーを拾い、台北駅まで。
台北駅と書いたメモを渡せば、モーマンタイ。

快適タクシーは台北駅で降ろしてくれます。(´▽`) ホッ。

DSCF0729

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから・・・今度はバスで登山口まで向かいます。
実は今日目指す七星山は 観光地である陽明山の近くにあります。

DSCF0731

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

この山を登るのは日本を出る前から決めていたので実は通常のバスでは
なく、お勧めされていた快適バスで向かう事を決めていました。

DSCF0737

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↑台北駅をバス停を探しふらつくアフーと親分。

バス停に向かう途中はやはりバス停がイマイチ判らずで道行く人に
筆談で聞いてみる。 すると誰もがとっても丁寧に教えてくれました。

DSCF0733

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、バス停発見。 実は時刻表はまったく情報が得られなかったので・・・
イチカバチカここに来て見たんです_(^^;)ゞ。

DSCF0746

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

41個目のバス停が・・・小油抗です。数えられるか心配だ・・・なぁ。(・_・")?


←(・_・┐)))チェック中(((┌・_・)→。 すると・・・
始発が6:30   時計を見るとあと30分ありました。

DSCF0743

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ので・・・朝食をとることに。

 

でっ このバス停の正面にはセブンイレブンとマクドナルドがあります。

(・_☆)・‥…━━━★ がっ。 やっぱり それは ツマラン。

 

アフーと親分は 少し歩いて、サンドイッチ屋さんらしき物を発見。
んっ。メニューを見ても・・・

DSCF0738

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/(-_-)\ コマッタァ・・・ 。 麺 飯の文字が・・・ない。

ヒトツもメニューが判らず・・・。困ったアフーは・・・ハンバーガーに使う
パンを発見。 それを指差してみた。すると・・・・

 

●△■×?ハンバ★×○△ と・・・

・・・・・・★アフーは聞き落とさなかったよっ! 

ハンバ。 ハンバ。 ツーハンバと。

言ってみた。すると。 どうやら通じたみたい(∩。∩;)ゞテレテレ・・・

DSCF0739

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜。どうにかなるもんです。
ホッとしていると・・・ お店の方が何か言ってきた・・・
でも、アフーも親分もΣ( ̄ロ ̄|||)なんと!?言っているかワカリマセン。

すると、丁度そこに、OLさんが登場。 そのOLさんが、英語で飲み物は?と
聞いてくれました。ので、アフー達は紅茶をフタツ。お願いしました。すると、そのOLさんが全部通訳してくれ、無事お買い物も終了。

お店の人もとっても素敵な笑顔でアフー達に飲み物2つとハンバを2つ。
ピンクのビニールに入れて手に渡してくれました。

 

なんて・・・いい国なんだ。

という事で バスを見過ごしてはいけないので(∩。∩;)ゞテレテレ・・・

DSCF0741

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バス停で食事を取ります。これもとっても良い思い出になりそうです。
ちなみに正面にはマクドナルド。えへへ。不思議な感じです。

DSCF0740

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンクフードな旅が続いておりますが・・・日本でもジャンクなので_(^^;)ゞ

でもって、ハンバのお味は ほんのり甘くてパンは柔かくて目玉焼きも
ドレッシングもムーチョヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ のです。

DSCF0747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなしていると、w(゜ー゜;)wワオッ!! ちとバスが早く到着。

でもって・・・バスの乗り方ワカリマシェーン。 とりあえず、
後ろの方が一人来たのでその方を先に行っていただき、真似して
乗る事にします。 

DSCF0749

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、話してから・・・お金を払って乗ったので、マネッコします。
でもって・・・ 小油坑 がアフー達の目指す登山口。

親分は ショウユコウ と言っていますが・・・ツウジルワッキャナイドゥ。
とりあえず、書いて見せる。

運転手さんは 指をさして、運賃を教えてくれました。
台北駅から 小油坑まで 70元(280円) 合計140元をお支払い
して、バスに乗りました。

DSCF0748

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスは快適です。座席もとっても広く、お客さんも少ないです。

このバスの終点は金山までで山道を経て温泉ルートなどちらかというと
観光バスです。

ゆらゆら 山道を揺られていきます。乗っているお客さんは温泉目当てな
感じの人が多かったです♪

でもって・・・ 不安が沸いてきた。

ちなみにこのバス、今どこを走っているのかも次の降り口も教えてくれない・・・
もう、二人でとにかくキョロ ((o(・x・ )o( ・x・)o)) キョロ。

乗る人、降りる人がいないバス停はパス素通りするので・・・本当に
不安だったのですが・・・

 

これは行き先を乗る時に告げるようです。なので、アフー達が
小油坑を目指しているのを運転手さんはきちんと覚えていてくれ、
停めてください、親切に 登山口はあっちだよ、と中国語だけれど丁寧に
指差して教えてくれました。 このバスは本当にとっても快適バスの旅でした。

IMG_0404

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・ バス停を降りると・・・ w(゜ー゜;)wワオッ!!スゴイ。霧まくりです。

あっ。台北駅からこの小油抗までは1時間弱。でした♪

ブルブル~{{{(‐。‐||)}}} ブルブル そして少し寒い。

IMG_0402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、とりあえず行ける所まで行って見ようか・・・

という事で・・・ 台湾の山って どうなの?と思いながらも登山口まで
ちょっと背の高い草の中の道を進むと・・・

IMG_0403

 

 

 

 

 

 

 

 


IMG_0410

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板は結構親切で 登山道もシッカリしています。

DSCF0755

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、バス停から少し歩いて行くと休憩所とトイレがあります。とても綺麗です。

DSCF0756

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄い湿気です。

DSCF0757

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字制限なので・・・其の弐に続く