ということで・・・前編はこちら

アフーと親分は無事にサドルロードからマウナケアへ伸びる一本道を
進みます。

サドルロード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはどんどん標高が上がります。でも道はとても整備されています。

ひとまず、途中のオニヅカビジターセンターへ・・・

すすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高度順応を兼ねて
食事です。ここでカップヌードルを購入。お湯は外に置いてあるので
勝手に作ります。

カップラーメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにここで30分の休憩を経て山頂をアタックすれば
間違いなくスバルの見学時間に間に合うと踏んでいました。

道です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ、オニヅカビジターセンターは標高2800m。最後に飲み物や食べ物を
調達できる場所です。水はできれば多めに持っていくことをお薦めします(^-^)

空は青い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにここまでは・・・セダンでもこれます。隣の車はアフー達が
下に置いてきたキャリバー君♪

さてと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カップラーメンができるまでは 辺りで写真を撮ります。
オニヅカセンターの中では色々な資料やミニシアターで
10分のショートフィルムを見ることもできるようです。

お花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに来たら結構人が居たのでちょっと安心♪

お腹すいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、高度になれるためにこの2800mにあるオニヅカセンターで
ゆっくり珈琲やココアを飲んでリラックスして山頂に向かいます。

道路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・しかし、けっこうこちらで帰ってしまう方も多くて・・・
でも向かいますよ〜。

オニヅカビジターセンター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにここから山頂までは 30分程。

オニヅカセンター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニヅカセンターからはジャリ道に変ります。行く前は結構皆さん危ないと
書いていらっしゃったので・・・かなり不安だったのですが・・・

道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道幅も広いし、石がゴロゴロという訳ではないので、思っていたよりも
まったく安全な道でした。

ねっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐいぐい高度を上げています。そして・・・高山病ですが・・・
まったくダイジョウブです。

雲たっぷり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

w(゜o゜)wワオ!! だいぶ上がってきました。ヒロの町に雨を降らせている
雲を発見。

グルグル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・高山病で頭は痛くなることは無いものの・・・
少し首というか喉が苦しい感じはありました。

もくもく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒタスラ登ると・・・見えました。 世界の最新鋭である天体観測所が・・・

天体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに観測所の近くは暗い時間でも・・・車のヘッドライトの点灯は
禁止、ハザードで降りて来なければなりません。そして、埃は観測の
邪魔になる為、道路も舗装されています。

どれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂に並ぶ観測所は幾つもあって・・・持ってきた地図で見てみても・・・
アフーはスバルの場所を見つけられず・・・

めざす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



時間はもう迫っていて・・・グルグル。グルグル。迂回路みたいのも
あって・・・訳が判らなくなってしまって・・・

(・_・、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4200m付近を回るアフーと親分。

NASA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見つけたときは・・・すでに タイムオーバー・・・

わからない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが・・・見つけられなかった。 (・_・、)

わざわざ来たのに・・・遅刻のため・・・見学は出来なかった・・・訳で。

迷子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分はスバルよりも星を取りに来たのですが・・・アフー
本当の事をいうと・・・これが一番楽しみだった訳で・・・(・_・、)

これだね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



自分のお馬鹿さに・・・悔しくて・・・悔しくて・・・

急ぐよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏手に回って・・・ダメ元で・・・ピンポンを押してみた・・・

でも・・・そこまで急いで歩いたのと・・・風の強さで音は風の音。
グォオオオオとしか聞こえない。

スバル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



返答も聞こえずというか・・・返答があったかもわからず・・・

スバル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その一部始終をカメラに押さえられたとも知れず・・・

この時のアフーは 本当は・・・泣きたかった訳で・・・
自分が悪いのだけれど・・・一人o(^-^)oワクワクとプリントアウトした
紙には・・・ マウナケア山頂で会いましょう♪ と締め括れられた。

がっかり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガッカリ・・・で反省なアフー

でも・・・仕方ない。 気分スイッチを切り替えよう。

頂上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ・・・スント君がずれている。

sunnto君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな格好で歩いているけれど・・・ ムーチョ寒くて・・・急いで着込みます。

無理だね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル君・・・ 

気がつけばこんな高いところにいるわけで・・・

すごいな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲の流れはとっても早いのですが・・・この場所、というよりこの標高だと
365日の300日は晴れているらしい・・・

尾根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の山頂は・・・ 尾根を伝ってあちら側・・・
高さはここと変らず。はじめは行く予定だったけれど・・・

あちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でも、ここの風は・・・半端でなく、 普通に歩く事すら出来ず・・・
もちろん誰も居ないので・・・

雲と一緒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ここで断念。

飛ばされる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足を上げてジャンプをしたら・・・ きっと 雲の中まで行けそうです!

F150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・ここまでの道のりはけっこう長かった。

ベクタ君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみの道路にはトイレもある。紙もあって。不思議な感じです。

悔しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風で遊んでいるアフーと親分。

バックミラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・それは突然やってきた。

F150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても酷い睡魔に襲われた。どうにもいかずに・・・親分も・・・

親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


眠いというので・・・少しだけ標高を下げて仮眠・・・

これが・・・大変な事になる・・・。のは・・・ 暢気なアフーはまだ知らない。

スバル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのF150はフロント席もベンチシート。

親分は後部座席。アフーはフロント席で 爆睡。をしてしまった・・・

あちらは遠い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ノックの音が聞こえたか・・・聞こえてないか・・・ワカラナイ。
でも・・・目が覚めた。すると外でレンジャーの人が居た。

4200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


心配してくれていたようです。丁重に謝ってダイジョウブと伝えると
安心して ビッグスマイルで山頂に向かっていった。

4205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間の記憶は・・・一切無い。訳で・・・
起きた時は、親分もアフーも別に体に異常なし。

日差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンセットを見に・・・再び、山頂を目指す。

フラフラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時計を見ると・・・二時間以上、眠っていたみたい・・・

また向かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、誰も上がってこない。サンセットまでマッタリと思っていたのですが・・・
山頂で親分がトイレに行った時に・・・明らかに体がオカシイ。

フッと油断をすると意識が遠くなる感じ。

空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーもトイレにどうにか行ってみたが・・・その時の風は
モーレツで・・・ このまま トイレごと吹っ飛ばされるのではないかと
心配になるほどで・・・

トイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを考えていないと・・・気を失いそうです。
なんだろう?頭は痛いわけではないのですが・・・不思議な感じです。

日差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・隣を見ると・・・モット深刻な人が・・・

親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

親分です。 ダメみたいです。真っ青。
サンセットどころではなくて、自力で下れるかどうか・・・


レンジャーさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンジャーさんに挨拶をして・・・急いで下ります。

下ろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにか、こうにか・・・下っていきます。

ツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲の中へ突き進みます。

日差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって・・・オニヅカセンターまで高度を下げてみたが・・・

オニヅカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



車から降りても・・・ 締め付けられた感じ。
オニヅカセンターは ツアーの車でいっぱい。

200号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと・・・200号線に出た。少し車を停めて休憩をしたら・・・
不思議なほど、体が普通に戻りました。

雨の街

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、帰りは雨でした。山頂から見たあの分厚い雲が・・・
この雨を降らせている。

下る道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒロの町に下りたアフーと親分はお腹が空いたので地元のお店で
食事を取り、今日はテント泊と予定していた・・・のですが、
途中、力尽きてしまい、車中泊してしまいました。_(^^;)ゞ

下り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



その夜。親分は・・・ ケタタマシイ イビキだった・・・

ハーパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




アフーは眠れず。 隣に泊まっているダラーレンタカーのキャリバー君で眠りにつきました。

目的

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーの目的のスバル君見学は・・・失敗に終わり。
親分が見たかった、山頂でのサンセット、星空も完全に失敗に終わった。

果たす為

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・ くやしい。

悔しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーが起きたのは夜の2時。
もう一度!星空を見に行こう!

世界一の星空へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



続きも読むよ♪お尻ペンペンっ!
 世界一の星空へ・・・&朝日