2008年02月13日

雲竜瀑へ・・・【其の弐】

と言う訳で・・・優柔不断で自分の判断に身を委ねる事のできない
私達は谷ルートへと進みます。

谷に下りてすぐに現れてくれた 巨大なツララ。

本物にあえるかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・
それはなんとなく綺麗だけれど ちょっと険しさもありました。

今日は比較的暖かくツララ達は
パキッ パキッと音を立てて割れている物もあったりと・・・です。

大きさは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



しかしながらこの谷沿いルートは雪が結構深くて・・・それでいて
雪の下の岩に足を取られ なかなか思うように進めません。


それと・・・一番の不安はこちらのルートはアフーにも行けるのだろうか?
かといって親分にラッセルしてもらってあのまま車道を突き進むのも・・・
どちらにせよ、まだ未熟な事を痛感します。

高いな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・お荷物アフーにとって最難関が現れます。

 

川です。一見 簡単そうに見えるのですが一筋縄では行きません。
とにかく雪が覆っているものの乗ったらすぐに壊れてしまう浮島状態。


とりあえず私達もアイゼンをつけることに。そんなこんなをしている
間に先程のパーティがいらっしゃいました・・・

ご迷惑をおかけする訳に行かないので先に行っていただきます。

どこから見ても熟練者さん達のパーティでした。しかり渡るのは一筋縄ではいきません。ルートを見つけて渡ろうとしますが・・・

大きなツララ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の方は浮島が崩れクルブシまでドボン。男性の方も
皆さんかなり大変そうです。 お荷物アフーがいる為
後から来た他の方達にも先に行って頂きます。

川を渡って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにかアフーも浮島判別と足を置く
コースを頭に入れて川を渡ります。 思い切ってしまえば大丈夫でした。

もどろもどろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川を渡った後は一段上に上がる感じにトレースは続きます。

先に進む場所はトレースがあり安心ですが、道が細いため慎重に
進みます。

トラバース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると上からとそして正面から・・・なにやら
先に行っていたはずのグループの皆さんが続々と戻ってきました。



すると・・・道がこの先まったく無い様で進めなかったようです。
かなり上流まで行ったけれどダメだったと戻ってくる方もいて・・・

結局、駐車場でお会いした皆さん全員戻ってこられました。
(隣の単独のオジサマ、そしてレガシィのお兄さん二人組も林道へ戻るとの事)

先は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先はこんな感じだったのですが、ここを越えた先はルートが不鮮明とのこと。
戻ってこられた他の方のお話では
滝の先にも難所があり今日の雪の量では辞めた方が無難だよ 

教えてくれました。皆さんが知り合いのようにアドバイスや話し掛けて来てくれます。アフー達だけではなくて、みんながみんな話していましたょ。

みんなで林道に戻り九十九折の車道を行く事にします。

川沿い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・またあの川です。アフーが
まだ川のところに戻る途中で・・・・やだなぁ〜と憂鬱になっていると

トラップだらけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドボンっ!

うひひ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな音が・・・見ると男性がひとり腰まで川に浸かっていました。


やはり浮島が壊れたようです。

川は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず最後に川を渡る事にします。先程、川に落ちてしまった方は対岸で
腰から下が完全に水に浸ってしまい・・・着替えをしています。
みんなが心配しています。


不安は募ったものの・・・なんだかヤケッパチです。もし川に落ちたら帰れば
いいや〜という気持ちで渡りました。
そう思えば少し楽になって
思い切って渡りました。どうにかクリアです。

腰が抜けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し・・・帰りたいな〜という気持ちもありましたが・・・
でも 見てみたい気持ちの方が少しだけ多くて打ち勝ったようです。

趣味の範囲がよいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やはり歩くペースはいつも通りです。どんどん引き離されていきます。

ツララを横目に車道に戻ります。

しゃどうを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川をなかなか渡れずにかけてしまった時間と、空腹と・・・道を誤って
ロスしてしまった時間・・・それから気負などが重なって

進んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



一斉にアフーの上にドッシリと重石を乗せてくれました。

マダマダ上です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



このコース本当の事を言えばほとんどが車道で最後だけが難しかったはず。
だけど、まだそのレベルにも達していなかったようです。

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・目的地まであと半分。どうにかして辿りついてやろうっ!と
親分との距離もだいぶ離れてしまったけれど・・・

おなかすいたな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



アイゼンをつけて少し重くなった足をガニマタでかなりカッチョ悪いけれど
少しずつ九十九な道をクネクネと登ります。

わからん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変な歩き方のせいか太股と股関節に違和感が・・・

親分を見失ってしまい
大きな声で呼ぶと下から声が聞こえます。どうやら下るようです。
ここまでずっと登りだったのですが
不思議と下りになると普通に歩けるようになります。

 

テント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・親分を見つける前に・・・カラフルなテントが見えました。
あの谷ルートからほぼ、ヒトリで歩いていたアフーでしたが・・・
ここにはたくさんの人がいたのでビックリでした!

ちなみにテントは前日から入っていたと思われるアイスクライミングを
楽しんでいらっしゃる皆さんのものだと思います。テントは4張り。


熟練者の皆さんが休憩している中・・・変な歩き方をして来たため
ガクガクプルプルの太股と股関節で・・・コントのようなチドリ足の
アフーはちと恥ずかしかったです・・・

下り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ここで親分と合流です! で・・・本当はお休みしたかったのですが
15時までに到着しない場合はタイムアウトで引き返そうと親分と
約束していたので空腹を我慢してとにかく進む事にします。

階段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの場所はアフーが展望台の次の記憶していた
ランドマークである氷の階段です。

下から登ってくる人を見ていると・・・かなり大変そう。でも・・・
この階段を眺めながら・・・アフーがスッ転んでガンガンガンっ!と
落ちていく姿が頭に浮かんできて・・・

こわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あぁ。まだ余裕があるかも・・・と思いながらアイゼンでしっかりと地を
捕らえてそして手すりにしっかりとつかまって下りました。思っていたよりも
モーマンタイでした。

足がはまる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・ここから先は雪と大きな岩の道。 

深いな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた足に負担がかかります。

きれいだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


石に足首を取られなんどか転びますが とにかく進みます。

ツララ発見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



目標はすぐそこ・・・でも 川をわたります。

また川です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはしっかりと雪の橋がありましたっ! おちたら・・・ど〜すぃよ。

 

まって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って歩きますが親分とまた距離が広がってしまいます。 

まだ先です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凹みそうな時に正面からレガシィのお兄さんが戻ってきました。

目標は少し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「頑張って。あと少し」 と声をかけていただきます。

巨大です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あ〜、朝迷惑かけてしまったのになぁ・・・と優しい言葉に感謝しながら
進みます。 すると・・・滝の入り口。

おおきいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてつもなく大きいです。 

w(゜o゜)wワオ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも雲竜瀑はもっと先・・・

ココはまだ入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ入り口に辿り着いたばかりなのです・・・

先は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・ここの下には川が流れていて・・・雪が覆っています。

広い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはそろそろ・・・決断を迫られます。なんちて_(^^;)ゞ

アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



足場は雪で崩れやすく どこが川でどこが岩か判らず戸惑います。

ギブアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



で・・・ アフー的に。ここまでが今日の限界だと思いました。
これ以上は・・・また今度で良いや・・・と。


洞窟のアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分も同意見でした。「アフーはここで待ってて」

ひょえ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と言い残して他の男性陣の皆さんと先に行ってしまいます。

彫刻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



待っている間は退屈しません。

クライミング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスクライミングを見学したり


自然の氷の彫刻を見たりと・・・洞窟チックなところに進入したりと
まぁ、そんな感じです。

かっちょいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで・・・文字制限らすぃ。 続きは後ほど♪長くてすいませんm(._.)m
お尻ペンペ〜ンっ!