2008年02月12日

雲竜瀑へ・・・【其の壱】

こんにちは。アフーです。

実は・・・山ではなくて・・・正式には滝です。
たくさんお尻ペンペンして頂いたのに本当にゴメンナサイm(._.)m

アフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




そして・・・雪を甘く見ていたアフーはとても痛い目にあいました。
でもとても良い勉強になりました。

高速道路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



実はこの日の為にピッケルと前爪のあるアイゼンを購入して
いた訳でして・・・

実は2006年、いつも参考にさせて頂いている山ページの写真を
拝見して、ずっと行ってみたいと思っていたのですがまだまだ
私には無理だと・・・温存していた場所です。

凍結は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから丁度2年。やっと行けるかな〜というレベルに・・・
でも結果は行けなかったです。(まだまだでした)

目的は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日の雪。正直どうしようかと思いながらも東北自動車道へ・・・
目指した場所は 雲竜瀑という滝です。

手前です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲竜渓谷は日光の女峰山と赤薙山の間の谷にある渓谷です。

IC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産でもある日光東照宮のすぐ近くに登山口がある為
清滝ICからすぐという事で車でのアクセスもどうにかギリギリライン?
 

清滝ICを降りた時はやはり白と黒の世界が広がっていました。
(↓東照宮の赤い橋は白くなっています。)

東照宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ、時間が掛かるからと朝早くから歩き出したかったので
とにかく登山口に向かいます。林道をゲートで行き止まりに
なっている地点まで向わねばなりません。

林道へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・東照宮から過ぎ林道へ続く道は・・・奥に行くにつれて
細くて雪がとても深く。車輪のトレースは一台分。 どうにか行ってみたのですが・・・

恐いな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



やはり心細くなってしまい、引き返して雪の東照宮を見て帰ってこよう
と言う事になりました。どうにかUターンポイントを見つけて親分は
何度もハンドルを切り返し、アフーはスノークローをただ持って外で
格闘する親分とレガシィ君を見ているだけの役立たず。

帰りたかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




レガシィ君のタイヤは深い新雪で空回りしていますが、どうしようと・・・
アフーはアタフタしてしまうだけです・・・でも、アフーが信頼している
レガシィ君はどこかヒトツのタイヤが雪の路面に食いつくととっても
頑張って踏ん張ってしっかりと地面を捉えてくれました。無事にUターンが完了。

 

下って東照宮へ・・・   すると林道の途中に差し掛かったところで

登ってくる車がいました。すれ違いの出来ない
狭い林道。どうにかスノークローで脇の雪を掻き分けて端に寄せます。
するとどうにかすれ違いができました。その後にも車が3台続きました。


親分はUターンせずにもう少し進んでみようと言っていたのに・・・
私のビビリ性のせいでUターンそして、皆さんにご迷惑をおかけして
しまいました。ヾ(_ _。)ハンセイ…

ミラーは沢山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・下の神社についてから親分と相談します。合計4台の車が
行ったのを見て親分がどうせだから行ける所まで行ってみようという
ことに。

そして、レガシィ君は林道を無事進みます。正直・・・怖くて
ほとんど脳裏から抹消してしまったようで・・・記憶なし。


実を言うとアフーは以前に何かで親分を待っているときに暇だったので
レガシィ君の取り扱い説明書を読んでいまして・・・

4WDですが過信はしないで下さい
という一行が・・・そんな残念アフーはその言葉がずっと頭に・・・
いつもはトリセツを読まないくせに偶々読んでしまった文面が
頭をよぎっています・・・そんなビビリアフーの横で・・・


何故か余裕の親分。助手席のペパドライバアフーは・・・もう
余裕のカケラ1ミクロンもありませんでした。しかし・・・無事到着。


実は・・・さっきUターンした場所から
5分程でした。先程、進んだ車はゲートの前に皆さん停まっており準備中です。

目的は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




2台はどうやら釣りに来られたようでゲートを明けてさらに上に進むようです。残った2台の車はさっき迷惑をおかけしてしまったレガシィのお兄さん二人組みともそして隣は茨城から来られた単独のオジサマでした。

 

皆さんが出発した後、支度に時間が掛かってしまいましたがどうにか
アフー達も出発です!ゲートのある車道を進みます。すると、さっき行った
釣りの2台が戻ってきました・・・なんでだろう?と思いながらも足を進めます。

すっぱつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・工事現場がありました。そして、丁度工事のスタッフの方が2名。
挨拶をして、車道を進みます。思ったよりも昨日の雪が深くサラサラな
雪質です。

原色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタートからしばらくは車の車輪のトレースがあるので多少楽です。

のしのしと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

しか〜し・・・ さっきのさらに上を目指してゲートを開けて登っていった
車が2台戻ってきた理由がわかりました。

楽です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・ 前の道は。 ・・・・・・ 

あれは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら昨日の雪で雪崩が起きて
しまったようです。 初めて見ました。雪崩。

飛び越えた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしよう、かと思いながらも先行の方たちのトレースがあったので
そのまま突き進んでしまいました。

遠そうだな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪崩は小規模とはいえ この様子から
もし、ここを丁度通過している時だったら谷底へ・・・かもしれない・・・

あらら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ヤマノボリはやはり、楽しさの隣には危険も常にあるんだという事を
再認識します。

トレース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからのトレースは先程の雪崩の為、車のタイヤ跡ではなくて
先行の人がつけてくれたトレースを・・・進みます。

深さは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪崩を見た後はずっと上を見ながらそして耳を澄まして
進むことにしました。

親分は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ここの通りはホトンド雪崩防止のネットが張ってありました。

まだ朝日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道は相変わらず車道が続いています。

雪崩はきになり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



正直言うと景色の変化もそれ程ないため、退屈です。


親分は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先を見れば聳え立つ山々が・・・そして九十九折なのでその景色が後にと・・・
そんな感じです。

後ろの景色は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは遠いぞ〜と言っているように聞こえます。

ゆきけむり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからあまり上は見ません。今日は少し気負い気味なアフーです。
昨日の雪が原因なのか?それとも体力に不安があるからか・・・

地味

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は親分は・・・かなり地味めの格好に田吾作スパッツ。

カメラが邪魔です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そんな地味目の親分に対抗するように・・・残念アフーは
地球上の色をメイイッパイ使用中です。_(^^;)ゞ

ズボンがきになるらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

そんなこんなしていると・・・展望台に到着です。

止まる所も考えた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工物があると少し嬉しくなってしまうアフーがいたりです。
いつも嬉しい気持ちと不安でいっぱいです。

展望台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず休憩します。 と言っても小休止

写真をとりながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにここには望遠鏡が・・・覗いてみます。すると
かなり上の方まで道が九十九折になって続いているようです。

素敵です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



その間に10名程のパーティさん達がお先に進んでいきました。
アフー達は少し間をあけて・・・C= C= C= ┌(;・_・)┘トコトコ 。

浅い所も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九十九折の方向によって雪の深さは様々です。

前を行くチーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変らず空は今日は味方についていてくれるようですっ!

晴れてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



しかしながら、けっこう深いです。

はやいな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スノーシューでも良かったかな?と思ったりです。

カメラ設定中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに事前に調べたところアイゼンのみで
行かれていた方が多かったので今回は減らしてしまった道具であります。
まだ、人の意見ばかりを参考にして自分の意思で選んだり進んだり
することができません・・・これも勉強になりました。

景色はよいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は大して歩いていないのですが
やたらお腹が空きます。

アルプスみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、道は続きます。すると小屋と分岐が登場。

分岐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルメットを持参することと、氷壁についての注意や
登山の心得が書いてありました。

結構深い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ヘルメット・・・(・_・")?持ってきてない。考えついたのは、
頭にタオルを置いてその上からスノークローを乗っけてテーピングで
頭から顎までグルグル巻きにすればヘルメットになるかも・・・

ヘルメットイメージ図。

 

 

 

 



なんて今考えると笑ってしまうような事だけれど・・・

でも危ない場合は持っているものでどうにか対処しないといけないので
これでも真剣なアイディアでした。
あははでも絶対に人には見られたくないなぁ!(-_-;)

ウルトラマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックが・・・ありました。なにかで戻れなくなったらこの下で
ビバーグすれば良いねなんて思いながら ┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・
足を進めます。

遠いな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そして、少し行くと・・・先程のパーティの皆さんが分岐でアイゼンを
付けていらっしゃいました。当初、アフー達は雲竜渓谷の手前まで
ずっと車道を登っていく予定でありました・・・

カラフルアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、トレースはヒトツもついていないのです・・・
親分に車道を行く予定と伝えたのですが、相談した結果、
2人きりでトレースもなくてラッセルしながら進む事に
少し不安が残り・・・悩みます。

カラフル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、洞門岩の方へ降りる(谷沿いコース)へのトレースは
バッチリだったため、皆さんが進んだコースで行く事にしました。
ここの目印は 同門岩という看板が出てきます。下っていくと河原です。

とにかく進む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪はやはり深いです。ちなみにココまではノーアイゼンです。
特に一度も滑ったりとかはありません。

先へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・車道の予定を変更した為、正直な所 こちらのルートは
頭に入っておらず・・・道しるべは先の方が付けてくださった足跡のみ。

あはは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先程の大勢のパーティも後から来ていたので少し安心なアフー。
このような足場の不安定な箇所を進みます。
心配そうに見ている親分に悪いのでやせ我慢で 余裕顔で進みます。

慣れてないから恐い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・本当の事をいうと足元の雪に乗ると川に雪が崩れて
流れていくのでハラハラドキドキです。
どうか、崩れないで・・・と心の中でつぶやいています。

こわいね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・このルートには大きな落とし穴があることをまだアフーと親分は
知らずに突き進みます。

いまここ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの日登った人達の大半が 巻き込まれた道無き道の
困難ルートだったのです・・・

カラフル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで・・・見事なカラーリングの残念アフーの
パンチの効いたスパッツ隊は先を進みます。

ハヨカケペンペンクリックっ!なんちて。







Posted by theslowpace at 07:47 | ヤマノボリ