世界遺産 キュランダへ

ちなみにま〜だ、一日目。しかも地図のピンク部分。(ケアンズ1日目前半参照)

とりあえず目的のお土産ワイン購入&グラナイトゴージにて ロックワラビー君達との出会う事にも無事成功。

でっ今はまだ、グラナイトゴージ。
時計を見ればすでに11時30分を過ぎているではありませんか!
今から次なる目的地、急いで世界遺産であるキュランダに向かいます。
1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにキュランダへは殆どの方はオプショナルツアーなどで 行かれる事が主流になっているため、
午後はガラガラということは 事前に調査済みだったので午後狙いになった訳でございます。

マリーバから再び81号線に乗り更に先へ進みキュランダ方面へ向かいます。 しつこいようですが
来た道へは戻りません。

キュランダへはマリーバーで81号線を少しだけ走り、1号線の KNNEDY HWY(ケネディHWY)が出てきたら
左折です。ちなみに今まで走ってきた81号線はこの先1号線と名前を変えます。キュランダ方面と看板があるので
まず、迷わずいけると思います。

ちなみにこの44号線と81号線&1号線を走ると ケアンズを自動的にグルッと回れる訳なんでございます。

でKennedy HWYでケアンズ方面(キュランダ方面)に走っているとキュランダ入り口と大きな看板が出てきますので
ひとまず右折。キュランダ鉄道の駅とスカイレール(最長のモノレール) の駅を見てくることに。

右折して少し走ると小さな商店が建ち並びいかにも観光地と いった感じです。
私達が到着したころはもうツアーなどはすべて帰った&電車に乗った後なので 
お土産店もほぼヤルキナシ閉店状態です。

道路両サイドのパーキング(無料)に駐車して歩いてキュランダ鉄道のキュランダ駅&
2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スカイレールの 駅にて
3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず、記念撮影。

ちなみにツアーでくれば両方に乗れるツアーや何かと組み合わせた一日ツアーや半日ツアーなんかもあります♪・・・
自分で切符を買って電車とスカイレールを乗る方法もあります。ちなみにお値段は片道30ドルチョイ位ではないでしょうか・・・
往復で50ドルチョイだったと思います。なにせ乗ってないんで(*^^*ゞ正確ではないです・・・


ちなみに私達がこれに乗らなかった理由は まず 第一に 以外に時間がかかるんです。

乗車している時間が少々ながい・・・のとどうしても時間に拘束されてしまう訳で・・・_(^^;)ゞ
まあ、世界遺産の 中をゆっくりできるのでかなりお勧めではあります♪


とにかくいろいろな所に行きたい欲張り親分と時間に余裕がなかったのも含めレンタカー移動です。
っていってもどの国でもいつもレンタカー専門なんですが_(^^;)ゞ
でも キュランダの見所はレンタでも殆ど見れますんで予算と時間のない私達みたいな方々にはお勧めです♪

最強ツール で再び登場。

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


レンタカー♪ あ、しつこいね・・・_(^^;)ゞ

でっ、これからはバロン滝を でも その前に・・・コアラ

レインフォレストへ・・・

次なる目的地、オーストラリアといったら やっぱりコアラ▽(・o・)▽でしょ〜♪ 

ちなみに ここ クィーンズランドはコアラを抱っこして 記念撮影ができるんです。
最近ではオーストラリアでも規制などにより抱っこして撮影 できないところも増えているようです。

コアラガーデンなる物もあったのですが、ここはレインフォレストという場所にて
水陸両用車も乗ってみたかったのでレインフォレストに向かいます。

ちなみに地図にも掲載されていなかったのとやはり日本の旅行ガイドブックは
オプショナルツアーを推奨しているのでアクセス方法なんて載ってないんです(・_・、)・・・

なんとなくでキュランダをでてケアンズのシティー方面へ進みました。
(来る途中に無かったので先に進んだだけなんですぅ♪)

5キロ程走ったところで、本当に運良くレインフォレストを見つける事ができました。ラッキー
6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにオーストラリアって本当にお店が閉まるのが早いんです。
娯楽施設や観光施設なども例外ではありません。

16時までという事だったので急いでチケットを買います。ピンクのシールを胸元に貼るよう指示があります。
とりあえずミニ動物園に入りました。コアラなどオーストラリアの動物が 飼育されています。

ちなみにカンガルーとワラビーはオリに入っていないので 好き勝手に触ることができます。
7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↑カンガルー ↓ワラビー(ロックワラビーではありません。ちょっと大きなワラビー君)

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


慣れていて本当にとってもかわいいです♪

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あと、クロコダイル・・・半端なくデカイデス。
10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに、本当に本当に残念な話なのですがこの二日後、世界的に有名な
クロコダイルハンターこと、スティーブ アーウィン がポートダグラス沖にて
撮影中にアカエイの尾に胸元を刺されて亡くなってしまいました。
日本にいるときからアニマルプラネットやディスカバリーCHでも見ていたので
本当にシドニーでニュースを見たときは悲しかったです・・・ ご冥福をお祈りいたします。



話は戻りまして、コアラも近くで見ることができます。以外にコアラちゃん達は活発に動きます。
11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


っで 

ここで 私達 二人を釘付けにする動物に遭いました。 それは 彼です。↓
12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


彼はウォンバットというオーストラリアに生息するコアラと同じ有袋類の 動物です。
彼は写真を撮られたり人が好きなようで近くに寄ってきてくれます。

これが本当に本当に カワイイノ。。。。
13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


んも〜ぅ本当に、写真じゃお伝えできない(`へ´)ぬいぐるみ欲しくなっちゃったくらいです。

ちなみにどうしてもまた逢いたくて日本の動物園にいないか調べてみましたが・・・
彼はたぶんウォンバットの中でも数種類ありミナミケバナウォンバットという種類だと思うのです。

このミナミケバナウォンバットは残念ながら日本にはいなそうなのです・・・

あと、園内には
14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エリマキトカゲ、蛇、ディンゴなどがおります。

ちなみにお目当てのコアラを抱っこしての記念写真はレインフォレスト入り口で
まったく、この動物園とは関係のない感じで撮影していただけます。
ちなみにミニ動物園は入園料が一人14ドルです。

なのでコアラ抱っこ目的だけなら動物園に入園しなくてもいいようになってます。
でも面白いですよ♪ウォンバ君に逢えます♪ シツコイヨウデスガ、もう一枚♪

15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コアラの撮影はレインフォレストの玄関口のお土産店の中にあります。
普段はすごく混雑するようで並ぶレーンがずら〜とあるのですが すでにこの日は誰もいなかったので
受付のOZお姉ちゃんにお願いして すぐに念願のコアラとご対面となります。

ちなみに前払いで15ドル 同時に 写真に二人まで入れます。 
ここは 是非 親分に抱っこして頂く事に♪ 抱っこの仕方を教えてもらっている間に
別のスタッフの人がコアラを連れてきてくれました。

親分が抱っこして 「はいっ ポーズ」 ちなみに私、コアラの背中触りまくりです。
コアラの毛は やわらか〜い とってもフカフカな毛並みなのでございます。

でっ、親分の感想は かわいい & お○っこ臭い とのことです。 でも二人ともとっても満足です♪ 

写真はすぐに出来上がります。 何枚か撮ってくれたので とっても素敵な写真♪
16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


家宝にいたします。

バロンフォールズへ バロン滝

次々と目的を果たしつつある、アフー御一行はどうせなら〜と言う事でバロンフォールズへ

バロンフォールズはレインフォレストから再びキュランダに戻ることになります。

キュランダのお土産店の手前からすでに 道路わきには BARRON FALLS の看板があるので 
指示されている方向に 進めばOKです♪  

途中 LOOKOUT を発見。
17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もちろん よります。
18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに こんな感じ。すでに先客二組 地元の方々でした。 ここからは滝(バロン滝じゃない滝)
キュランダの熱帯雨林が見渡せます。
19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


写真を撮り、いざバロン滝へ・・・
駐車場到着。
20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バロン滝へは駐車場から結構歩きます。
21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


途中、LOOKOUT あります♪
23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バロン滝 (BARRON FALLS) ひぇ〜 お水がチョロチョロな滝です・・・ちょっとガックリ。
っで びっくりです。ちょうど キュランダ鉄道が来たんです。 ラッキー♪
24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにこのキュランダ鉄道は日本でも有名なんです♪
25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世界の車窓からのオープニングに使われた程の鉄道なんです。
ちなみに駅に途中停車して、10分程バロン滝を眺めたり記念撮影したりと 電車から降りて休憩できるようです。

で、ほとんど観光の方なんですけど 8割日本人ツアーの皆さんでした。
でっ、みんなが降りてパシャパシャ写真を撮っている 間に・・・

迷わず、中に潜入&撮影、椅子にも座ってきましたよ♪
26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



後から来た親分は電車から降りてくる私にビックリしていました… イヒヒ♪
27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず親分にも電車に乗ってもらい写真を取りまくり。 本当にラッキーですよ♪
ちなみに休憩を終え電車は出発のようです。
みんな電車に戻り    さ〜出発。。。 って、ホームに残っているのは私達と数人の現地の方達・・・

「あ〜あの人達 乗り遅れちゃったんじゃないの〜」 ぐらいの
28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


冷たい視線をなが〜い電車が行くまで沢山の目線を受けながら・・・ お見送り&気にせず写真撮影でございます。
28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でもちょっと 楽しい♪ オリジナルツアー って たのすぃ〜〜〜〜^バロン滝にお別れを告げつつ
28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、と駐車場に戻ります。これが結構長いんです…駐車所までの道のりが、しかも登りとキタモンダ・・・
熱帯雨林ぶりを撮影して(笑)
30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


途中 陽気なイタリア人観光客と軽く会話をして歩いている途中。急に・・・

親分が

「アサートンって行ったっけ?」

( ̄□ ̄;)!!
行ってないじゃ〜ん・・・ 「今から行く・・?・・?・」

オフコース  ハーイ(^O^)/

アサートン高原へ

と今までは地図のピンクの部分。
ここから、水色部分、アサートン高原まで再びドライブです♪

31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


相変わらず内陸に入るとお天気はとても良くなります。

32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリアの天気予報は当てにならないと実感。でもいい方に転んでよかった(*^。^*)
33

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アサートンまでは本当にのどかで静かな道を走ります。OZは相変わらず飛ばしてパスしていきます。

34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アサートンに入るとアメリカではおなじみのターゲット発見。アサートンもとっても小さな街です。

35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ターゲットは既に閉店・・・
35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↑アメリカ同様 KENOなどのくじ売り場があります♪
↓日本でもお馴染みのサブウェイ。こちらで適当に夜ご飯を買ってどこか
ロケーションの良いところで食べることに♪
36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日は土曜日という事で5時まで・・・
38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それにしてもOZは 日本と正反対で本当に働かない・・・これはちょっとカルチャーショックでもあり
と〜っても ウラヤマシイ ところでもあります。


ティナルー湖へ To Rake Tinaroo

サンドウィッチを購入後、ティナルー湖へ行く事に...
外はうっすら暗くなりつつあります。
ちょっと迷いながらも道路の看板の指示に従い 無事 ティナルー湖へ到着。
でっ、ティナルー滝もあるということなのでとりあえず滝も見てみようと
ぐるっと回ってみたのですが 滝は見つからず・・・ 後で調べたら湖から10k程あるようです。

がっ、滝ではない、こんなステキナ所に到着。とりあえず撮影。
39

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


逆噴射滝?正式名、ワカリマセン。ちなみにスゴーい音と大きさなんです。
40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ねっ♪本当に大きいし凄い逆噴射なんですょ・・・


でっ、ティナルー湖に戻ります。

まずは記念写真♪実はアフー達は二人で写真が撮影できるように日本から
三脚持参でラリアに入国いたしました♪
ラリアにて三脚使用♪これがまた、後日で面白い事になるんです。イヒ
41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


撮影した後は湖畔で二人っきりの夜ご飯です♪綺麗なBBQ用テーブルがあります。

42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにこのコカコーラゼロ シュガーフリーなのに リアルテイスト♪スンバラシイデス。
是非、日本でも発売して欲しい。タブン、人工甘味料が日本では聞きなれない名前だったので
入ってくることは相当先かなさそうですぅ


カロリーを気にするアフー達はいつもダイエットコークだったんで、
この衝撃は大きかったです。帰るまでずっと こればっかり飲んでました_(^^;)ゞ


ホテルへチェックイン・・・まで

本日の最終イベント

ちなみに明日の予定は朝の7時過ぎから 世界遺産グレートバリアリーフ のウポルケイツアー参加予定。
申し込み&支払いを済ませている為、どうしてもレンタカー君を今晩中に返したかったのです。

スコールは上がったので、すぐにケアンズ空港へ車を返しに行きました・・・
ちなみに空港に到着したのは22時ちょっと過ぎ。

( ̄□ ̄;)!!  あの〜 空港 真っ暗& 誰もいないんですけど・・・国際空港・・・なのに・・・恐るべし・・・

しかたがないので、明日 朝一番で返しに来る事に・・・
でっ、行く予定はなかったのですが 再び 道に迷ったアフー二人は

ケアンズの中心、に到着しました〜。(゜゜;)ワーッ! 日本人がたっくさん♪

そうです、有名な ナイトマーケット です。
43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バリバリ どの店舗も日本語OKです♪
44

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも、私たち ヘトヘト・・・ ちなみに ネットカフェなども近くにあります。
ナイトマーケット付近の商店は開いているお店があるのでとっても賑ってました。

45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ソソクサ、返せなかったレンタカー君に乗り込み、ガススタと併設されたコンビニで
ホットパイとコカコーラZEROを買い、再びホテルへ・・・・・・・・

46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



これが 本当に ホテルに たどり着けない・・・・ 困った・・・
親分が絶対見つけてやる〜 と 意気込み 路地を グルグル。助手席の私、
(^_^)( ^_)( ^)( )(^ )(_^ ) 目が まわる〜〜〜〜〜。 ラウンドアバウト 連発でございます。


どうにか到着して、親分は道もだいぶ把握できたようです。


ホテルについたら も〜 記憶ないです。 
即行 就寝。 {[(-_-)(-_-)]} ...zzZZZ 〜♪

明日、起きれるのか・・・ それにしても 充実した 一日でした♪