2008年01月20日

車山 其の壱

実は、最近のアフー家の山行には ┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・雲が

それはそれで、山が楽しいのですが・・・毎度、帰ってきてから

軽いショックを受けちゃう訳で・・・

 

原因は デジイチ君の写真の出来具合。

雪 + 曇り空 = 酷いマゼンダ被れ。ちなみにこんな感じ。

山頂看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




まだまだ、腕の悪い残念カメラマンアフーと親分は・・・
モーレツに原因を探してみたので、さて実行しようという事におうちを暗いうちに
出発しました。

明るく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はなんだか、こんなに朝早いのに、関越道は凄い交通量です。
なので、空いている上信越で雪景色を目指します。

まだ暗い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



しかし・・・

詰めの甘い残念チームに待っていたのは

佐久より先、災害により通行止め

えっ。辺りには全然まだ、雪がないのですが・・・

( ̄□ ̄;)!! でも不幸中の幸い多少なりとも土地感のある
佐久で良かったです!いつもの
慣れたもうもうアイスコースがあるわけです! ワカル人にはワカル。

でも、今年からの雪道運転の親分とアフーにはちと、心配が

頭の中はもう、マッシロシロでレガシィ君のタイヤが空回りとか
雪に前バンパー乗り上げちゃってるとか_(^^;)ゞそんなイメージで・・・


行ける所まで 行ってみようっ!という事に♪下の写真は途中の
コンビニからの浅間山。


浅間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅間は真っ白。って この日、 ここあパパさん が登っていたとは!
やっぱり皆さん アフーとはレベルが違う・・・でありますっ!!

浅間さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもノンビリとAEON寄ったり途中の西友に寄ったりと
コンビニに寄り道しながら向います。できれば少しでも遅ければ凍結が
免れるのではという考えで_(^^;)ゞ

街並

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



それから途中で食事をして。寄り道マクリです・・・

もうもう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)!!もうもうは残念ながらお休みでした。でも雪景色のもうもうを
見れたのはムーチョウレスィです!

でもって・・・道路に雪が少ないです。なんだか、除雪されているようです。

こんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白樺湖にあっという間に到着。スキーの皆さんが沢山いるので安心です。
たまにアイスバーンになっている下りでは、ゴヨウジン運転です。

ん〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか・・・雪が本当に少ないです。
もっと真っ白シロ助かと、予想は覆されました。

でもまぁ、思ったよりも先に行けてうれしいです!

伊那丸看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えへへ〜!アフーの大好きな駐車場です。伊那丸富士見台君。

こわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう1つ奥の売店のある富士見台の駐車場はとても混んでいるのですが
いつもここは空いていて、山を始める前からお弁当持って
ここで景色を見ながら食べたりしていました〜。

富士見台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑これは富士見台からの景色。

伊那丸から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


むふふ。先週 カルさんず の登られた蓼科君発見っ!いつ見ても
素敵な形です!そして、八ヶ岳、朝は富士君もうっすら顔を出して
くれました。\(^O^)/

 

そして、北八ヶ岳には あっこさんとひろさんもいらっしゃったのですね!
なんだか、とてもうれすぃです!

で、実はこの伊那丸君の手前にある車山スキー場?までは沢山の
車と一緒だったのですが、残念ながら、この先にすすむ車はホトンド
いませんでした。で、いつも登る車山の肩でUターンしようということに・・・

出発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、登山の準備をしている名古屋から来られた方達がこれから
山頂に行かれるということなので、アフー達も行く事に決定っ!

一滴ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



車の中にある山セットを着込みます。えへへ。寒いので着込みます。
しかしながら、CWXを車内で着込むのはヒジョーにタイヘンデス。

バス停

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



チビアイゼン君の劣化したゴムを引っ張る以上にヒムクリます。

すっぱつです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



で、準備万端!それでは、カメラを持ってスッパツです!

すでに鈍足です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ちなみにここ車山の肩から山頂までは30分くらいです_(^^;)ゞ
実はこの山、暇があれば登っています_(^^;)ゞなぜなら本当にラクチンで
お手軽なのに、景色が良いのです!オススメ!でも今日は寒いです。

まって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



栃木の大小山と同じくらい手ごろに登れる素敵な山です。

登山靴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は念の為スノーシューを担いでいます。

親分はスノーシュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに、滑る雪質ではありませんでした。アイゼンは軽アイゼンで
よかったと・・・┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・ザックが肩にメリコミマス。

えへへ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・アフーは┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・のが嫌なのでスノーシューを
持たずにオニギリザック一個持ってすっぱつです。

すたこら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はカメラのテストと言うことで、アフーはレンズを昔同様。50mm
単焦点一本勝負に出ました。

すたこらあふー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構雪が固いので、この辺りはモーマンタイモーマンタイ♪

待ち合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レガシィ君↑との待ち合わせ場所です。

そして、酷いマゼンダ。ちなみにこれが前回の入笠山。

 

てくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なので、対策を練って ホワイトバランスを グリーン2 ブルー1に設定。

空が青い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、我家の持ち込む山レンズは 嵩張らないように2人で2本。
両方TAMRON 17-50 28-300 この2本。いつもはRAW撮影なのですが
今回はアフーJPG、親分RAWで挑みます。

しかし、結果は歴然。
JPGだと色がノリマセン。明らかに空が白いのはJPGそして、青い空で
発色の良い物はRAW撮影です。

で、実を言うと・・・歩いてからしばらくすると、アフーは雪に嵌ってばっかり
になります。 親分が 「アフースノーシュー取って来るなら今のうちだよ、
やせ我慢してると上で雪が沢山でてきても知らないよ」

まって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



急いで スタコラ スノーシューを取に戻りました。

持ってきたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


( ̄□ ̄;)!! 本当に残念なアフーです。

まつ親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



で、待っていてくれた親分に合流です。

もってきたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても空いています!静かです。車もほとんど通りません。

滑りそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだからここは大好きです!

うひょ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



とこんな風に、いつもながらですが、ちっとも進みません。するとベンチ登場。
ここで、アフーはインナーダウンを暑い為、脱ぎます。

ベンチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここで少し進んでみたのですがあまりに足を取られるのでスノーシューを
履く事にします。また、ベンチに戻ります。(何やってんだか_(^^;)ゞ)

足元

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は右左間違えて履いてしまい履きなおしっ!珍しくアフーの方が
早く履けました! ひっそりと喜んでいました!

わんちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と言う訳で・・・装着完了。って30分で山頂なのですが、すでに1時間近くかかっています。手前はワンちゃんの足跡?

 

カルさんず が登られた蓼科山が
ハッキリくっきりとこちらを見てくれていました!いつ見ても本当に
美しい山並みです。

八つと親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は珍しく、辺りの山が見えていますっ!うっすらですが!北アルプスも
見えます! 

えへへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眩しいのでカメラの設定が見えません。ピントが訳の
ワカランところにあっているものがホトンドでした。

ボケピン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



それを親分に言ったら「アフーは設定見ないでシャッター押してるの?」
と不思議がられる事に・・・( ̄□ ̄;)!! バレタカ。

(・_☆)・‥…━━━★キュピーン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



と、まぁ 残念カメラマンはそんなモンなんデス♪

親分です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに・・・さっきのカーブを曲がってから・・・めちゃくちゃ{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ〜風が吹いています。( ̄□ ̄;)!!

アフーです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリースオンリーのアフーは
寒くて・・・鼻息も凍りそうですっ! なんちて。

すたこら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は山頂に続くショートカットを選択。なので、アフーは少し遠回りをして
セミショートカット。w(゜o゜)wワオ!!けっこう深いでありますっ!

光

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でも、なんだか広がる眼下は大好きなビーナスラインが走り!まるで
日本ではないようです!ここはいつ来ても素敵です!

おーい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えへへ。実はアフーはさっき、履いた山用タイツのCWXの紐をシッカリと
結ばなかったばっかりに・・・なんだか、足がしっかりと伸びません。
ずり落ちちゃってハマーパンツ状態です。。。

綺麗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



で・・・そろそろ山頂の球体君が見えるはず。

親分よりも先に行って脅かしちゃえ〜!とスタコラ進みますっ!山頂は近いので
調子に乗ってるアフーです。

親分〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂への一本道にアフーが先に到着です!

でもってスタコラ急ぎます!すると、前方から男性が一名。

こちらへ向って来ます。皆さん早いな〜と思いながらも
すれ違う際に、コンニチは〜と挨拶を交わして
チラっと見ると、んっ!

うひょひょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラがキスデジだ!♪でもって、望遠レンズ。そして見覚えのある青い服と! んっ!

あっ! サングラスと帽子をしていたのですがアフーは気が付いちゃいました!

「山ちゃんさん?」 「はいっ!」

へっぽこ山ちゃんさんです!

山ちゃんさんはこちらに来る事を事前にブログで予告していらっしゃったのです♪
なのに・・・こんな残念チームのお邪魔虫が入ってしまい本当に申し訳ありませんでしたm(._.)m

山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山ちゃんさんは、ゴンドラで山頂まで来られていて、車山の肩を抜けて
蝶々深山へ行かれるという事だったのです!さすが健脚!

山ちゃんさんは一度、一緒に山頂まで戻ってくださいまして、みんなで
コーヒータイムです!山ちゃんさん!チョコレートご馳走様でした♪

山頂看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蝶々深山までお誘いを頂いたのですが、なにせ
この残念アフーの駿足では、山ちゃんさんと親分が追い付けない程の
駿足です。 ご迷惑をかけてしまうのではと思ったのですが、コースを
教えて頂くと、ギリギリのラインですが、駿足アフーにもどうにかついて行けるかな?

山頂付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



と不安もありましたが、お言葉に甘えてご一緒させて頂くことにしました。ちなみにすでに山頂まで1時間30以上かけてる・・・残念チームです。

山頂の山ちゃんさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜。やはり今回、へっぽこ山ちゃんさんと、親分には
人生そう、甘くはないと言う事を 再度思い知らせてしまう事になります。

えへへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そして、あの、紐を閉め忘れたCWXは・・・ますますずり落ちていき、
アフーの邪魔をしていく訳でございます。ヨタヨタアフーの始まりです・・・(´ヘ`;)


と言う訳で、アルルン再会スペシャルは 後編に続く♪



 続きも読むよ♪ アフーハヨカケお尻ペンペ〜ン!クリック♪






Posted by theslowpace at 23:27 | ヤマノボリ ,カメラ