2008年01月07日

大菩薩嶺 前編

アフーです。お正月が終わってしまった〜。ショックショックショック。

てな訳で・・・ レポです。( ̄□ ̄;)!!

1月5日は 夕方から親戚の集まりがある訳で
それまでに行ける山を4日の夜に親分と探していました・・・

甘利山に写真を撮りに行きたいな〜。と思っていた親分と
アフーは夜ご飯までは甘利山に行く気でいました。
でも・・・結局 冬季通行止めなので行けず。断念(´ヘ`;)

 

そんなこんなで、本で探した結果。 大菩薩嶺に決めました。
2005年の5月に一度行ったけれど、インチキしちゃったからな〜

 

大菩薩峠に行きたいっ!   モトイっ!

大菩薩峠から見える富士山を見たい! と言うのが 本音。



そういえば、冷やし中華は日本発祥でイメージは富士山らしい。
そんな事 どーでもいっか_(^^;)ゞ  

 

話は戻って、関越道から圏央道 中央自動車道とレガシィ君で
スタタタ〜っと 勝沼ICまでヒトットビっ! でもって、少し東京方面に
戻り景徳院入り口を入っていくと 大菩薩登山口へ行けるのですが、
道は アイス ブゥ〜アン。 日影はめちゃくちゃ 凍ってます。

アイス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



↑帰り撮影

で、この道は1月6日まで通行可能でした。
その後は4月中旬まで冬季通行止めだそうです。ギリギリセーフでした_(^^;)ゞ

でもって、我家の残念ナビは 初めは目的地まで景徳院から6km
と言っていたのに なんだか 20kmとか トンチンカ〜ンな事を
言い出した訳で・・・(´ヘ`;)ハァ 

でもって、なぜか 登山口に着いたら・・・目的地まで あと6kmとか
言っていらっさる。   (・_・ ) ( ・_・) ドコ に連れて行ってくれる気かは
アフーには判らず(・_・")?   となんともパンチの効いたジョークを
カマシテクレルカーナビ君です。(HDDナビなのに・・・)



で、登山口でもあるロッジ長兵衛さん前の駐車場には先着一台でした。
まだ早いかなぁ〜と でもって、実は残念アフーは昨夜、山に行けるので
興奮して眠れなかった残念人間。 なんとも、登山口にて睡魔君。

ロッジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ウトウトしていたら、何台か車が来てすぐに皆さん出発されていたので
アフー達も準備をして出発する事にしました〜。

なんだか o(^-^)oワクワクです! ウッホホ〜イ!

福ちゃん荘までは車道、登山道もあるのですが、前回もなのですが
なんとなく車道を歩いちゃいました_(^^;)ゞ

すたーと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



道は・・・ w(゜o゜)wワオ!! 日影はイキナリ凍っています。
ムーチョ滑ります。

うぉ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



油断をすると 横に スーーーーーライドっ! 
そして、抜き足も ツーーーーールンコテンッ。

です。でもまだ、アイゼンつける感じではありません。親分と
お喋りして油断すると、一気に ズッコケマス。ギャハハ楽しいです。

すべるー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で、ガタガタタ と山小屋特有のコンプレッサー音が
聞こえたら福ちゃん荘はすぐそこ!

地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はここの地図をみて、唐沢尾根を選んじゃった訳で・・・
その記憶は直登で その頃はまだ、山を始めて間もない頃。
ミツバチハッチすら 怖かった訳で_(^^;)ゞ

福ちゃん荘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ブンブン ミツバチに追いかけられながら ヘトヘトで登って
いた記憶が・・・・
(今となっては ミツバチさんなら モーマンタイ。可愛いモンです。)

鳥さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あっ!そういえば今回のお山では2種類の鳥さんと 鹿さんに逢いました。

でもって、話を戻して今日は頂ではなく峠目当て。 
でも 誰もコチラには来ません_(^^;)ゞ

富士見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




今日のお天気予報は・・・ピンポイント 晴れマーク。
そうっ!アフーはいつも晴れマークは疑わない・・・・

キャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何度、裏切られても晴れマークは大好きな訳で!そんな晴れマークの
塩山付近の山♪ というわけでこちらだったはず・・・

小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川は凍っていました。

凍ってました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スッタカタッタ〜。 こちらの道はとにかく
なだらか〜。きっと峠につく頃にはお日様が出てくれると
信じていました。

てくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日影の場所は ツルリン凍っています。

凍って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


油断をすれば、目、鼻、口の配置が変ってしまいそうな程、
もの すんごい 勢いで横にスッ転びます。

こんな道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でも、危険な場所は まったく無いのでモーマンタイ。

カリカリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





そんなこんなで、歩いていると、ナイスなタイミングでベンチ君登場!

と言う訳で、チビアイゼン君登場! 今回も顔をヒムクリながら
劣化したゴムをレツモー引っ張って 無事装着完了です!

ベンチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッシッシ〜。ラクチンです!

そういえば・・・樹氷です!福ちゃん荘を過ぎた辺りで上を見上げたら
木々はマッシロ白でした。あまり樹氷を大群で見る事が無かったアフーには
とっても新鮮でした。よく、ヤマケイで見ている景色です!

樹氷
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



アフーは歩くのが遅いからきっと晴れて到着してしまう時には
溶けちゃってしまうかなぁ〜なんて思ったけれど・・・待っててくれました。

てくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹の道です! 

山荘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、介山荘に到着です! ひとけはありませんでした。そして
進むと、念願の大菩薩峠です。 

峠の看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとアフーは日頃の行いが悪いの
ですね・・・ ピンポイント晴れマークに裏切られ・・・


重たい空が待っていました。 少し待ってみたけれど重たい雲は
どいてくれそうにありませんでした。

きれいだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もちろん、富士山も・・・隣の山も見えない状況でした。(・_・、)

樹氷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の事を言えば・・・少しショックでした。


とうげ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



仕方がないので、足を進めます。

雲は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



親分は写真を撮り後から来ました。振り返ってみると・・・

振り向いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



真っ白い森が広がっていました。なんだか晴れてくれなかったけれど
これはこれでとても綺麗なんだな〜と思いスイッチを切り替える事に。

樹氷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




このお天気の方がきっと樹氷は綺麗なんだと・・・
思い込むようにした・・・・そして、山のお天気の怖さも実感した。

白い森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快晴で富士山を写真を収めたかった親分には・・・申し訳のない気分です。
お天気予報の塩山周辺のピンポイントは・・・晴れだったのに(・_・、)天気予報の嘘ツキ。

悔しがる親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



すこし、がっかりしている親分を納得させようと・・・
「曇りの方が良かったよ!樹氷が綺麗にみえるよっ!」

白い世界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

な〜んて思っても無い事を言ったり_(^^;)ゞしていました。

樹氷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



テクテクと歩きながら風で樹氷から降り注ぐ 雪の粉を浴びて
歩くのもなんだか初めての経験です。

w(゜o゜)wワオ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




峠からの道は尾根なので、晴れていたらきっともの凄い綺麗な
景色だったのだと思います。 

すすもう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、気温はどの位かなぁ〜と時計でみるとマイナス2度。
でも風が吹くとホッペタが切れそうなほど冷たくなるのでネックウォーマーを
鼻まで上げました。するととても温かい。

あ〜あ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど・・・

さむそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



とにかく雲さんに邪魔されて何も見えず、だから近くばっかり見ながら
歩いていました。

すすき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれはそれで、綺麗なものが沢山見れた気がします。

(・_・、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、ネオプレーンの薄手の手袋はとても寒かったので、
冬用の手袋に変えました。そうしたら、あっという間に感覚のない
程冷えてしまった指先は温かくなりました。

 

近くにも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




と言う訳で分岐がありました。ここは親不知ノ頭です。

分岐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここはこの看板に従わずに避難小屋の方へ進みます。

晴れて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分岐からすぐ、さいの河原に到着。避難小屋がありました。

賽の河原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ケルンの隣で・・・晴れてください。と祈ったり・・・していました。

雲さん どいて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも・・・

この付近から見る景色は久しぶりに見る山の景色でした。白いけれど
馬の背中のような尾根はなんだか新鮮です。

綺麗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、登山道は雪があり、凍っている場所もありますが、
軽アイゼンで充分な道です。

尾根を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で・・・ えへへ。 眠くなってしまいました・・・

2000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、居る場所は 標高2000m・・・・




明日に続く。 続きも読むよお尻ペンペ〜ン!クリック。なんちて。







Posted by theslowpace at 00:07 | ヤマノボリ