2008年01月02日

丸山 (撤退) キスゲ平 前編

こんにちは。明けまして おめでとうございます。

年が明けたのも知らず・・・我家は2人だけの
家なので、お正月と言っても特に特別なことは
ない・・・訳で (親戚イベントは今年はすべて後半に)

早く起きた元日。親分は昨日、紅白を見て年を
越すと言っていたのに、始まって二曲目で就寝。(´ヘ`;)ハァ

と言う事で朝から何処かに行こうという事に。

適当に話し合った結果。
芸もなく、先週行った場所(日光)今度は戦場ヶ原
でも行ってみようと言う事になりました。

ICから日光駅付近に到着後、なんだか
平地じゃない山に登りたくなってしまい、親分に聞いてみた

アフー「丸山にいってみない? あそこならば、スキー場が
ルートの近くに絶えずあるし、山頂から僅かの所まで
人口施設があるので、安心だし」

親分 「あっ。 そっち 行こう」

とあっけなく了承を得て、日光駅の交差点を
霧降高原方面に右折。

霧降高原有料道路は無料になったようです。

路面にはどんどん雪が増えてきます。そして
一つ目の駐車場は閉鎖。

リフトはすべて運休中。 

人口施設をアテにしていたインチキ判断は
やっぱり通用しなかった・・・( ̄□ ̄;)!!

 

でも運良く、二つの目の駐車場は開いていました。
トイレあり。3台の車。

さてと・・・進むと。

イキナリ 足元はツルンコテンです。( ̄□ ̄;)!!
と言うことで、これは駄目だっ!と おNEWの
アイゼンをココゾとばかりに取り出します。

そして、地下で装着。 しかし、残念アフーチーム。
親分もアフーもマッタク持って家で練習をして
来ませんでした。( ̄□ ̄;)!!なんとなく説明書は
見ていたけれど・・・

苦戦中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストラップが余りまくります。

全然付け方判らず試行錯誤でグルグル巻き状態に。
アフーは10本爪。

装着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、親分はCAMPのちゃっかり12本。親分も
付けたは良いけれど、調節の仕方が判らず買った状態では小さく
踵がスノープレートを止める金具の上に乗っかって
中途半端な状態に・・・しかも金具はグニャと曲がってる・・・

こわい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、工具が無いから駄目だね・・・と言って
帰ろうかモード。

てくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとなにか引っ張りあげてみたら
それがうまい具合に調節部分のストッパーだったみたい・・・ラッキ!

はじめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳でかなりな時間を要しましたが すっぱつしんこ〜です。

雪が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪は日光駅から ヒラヒラ と舞っていました。

モーマンタイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、頭にある事は、前爪のあるアイゼンは
引っ掛けるとパンツの裾が破けてしまう・・・というので

さくさく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガニマタ ガニマタ 。 歩き始めのアフーはそればっかり
頭に浮かんでいました。でも自然とガニマタになります。

いきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、雪をフカフカサクサクと踏みながら進みます。

きもちいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日はこの山をチョッピリ雪山訓練として行ってみようと!
言う事になりまして。色々な事を想定して歩きます。

スノシューケースが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、トレースは1つだけ。しかもそれも消えかけています。

朝、きっと、この先の赤薙山経由で女峰山に登られた方の
トレースかなぁ〜なんて思いながらのんびりと進みます。

のんびり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、序盤はかなり調子が良いです!
寒さは歩いていればソレほどでもありません。そして

木々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木々の間を歩くので木がきっと風を凌いでくれているんだなぁ〜と
感じながら進みます。

丸山 (撤退) キスゲ平 後編へ・・・つづく