2007年12月26日

スノーシューデビューは苦かった・・・(前編)

3連休、実は日曜日は仕事だった為、日曜日、

お天気予報を見れば!そら〜ピーカン晴れマーク!ウッシシ〜。晴れマーク!

男体山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で、スノーシューを手に入れたアフー達は雪を見ようと
また、前日夜に計画を企てまして 睡眠。

アフー企画は 雪のある場所にどうしても、慣れていないので
電車とバスでなんていう企画を予定していた訳で・・・

電車とバスで戦場ヶ原まで行ける
お得なプランを東武さんがやっており、こちらで行く事になっていたはず

でも結局レガシィ君で日光駅までは
車で行く事にしました。 そこからは 東武バスさんで。
原因は・・・寝坊です。(´ヘ`;)ハァ

いろは坂を超えて奥日光へ・・・ そんなプランだったはず・・・

しかし、親分がチョットいろは坂の様子を見てみようと言う事に・・・
馬返というバス停(いろは坂入り口)のパーキングに車を停めバスの
時刻表を見るアフー。その時はすでに雪がちらついています。

そして、アチラから下ってくる車の屋根には雪。(´ヘ`;)ハァ
親分が変な事言い出さなきゃいいな〜と思いながらレガシィ君に
戻ると・・・   まぁ、案の定。

ノーマルタイヤの車や 
かなり大きなトラックまで
入っていくから大丈夫だよと。
仰る親分。

 

役に立たない助手席ペパドライバなアフーと やる気マンマンな
親分はいろは坂に・・・突入。



しかし先程、親分が言っていた 大きなトラックは手前の工事箇所に
停車していた訳で・・・それから ノーマルタイヤの車さん達は
路肩でチェーン。


そして、どんどんあたりは雪景色。道路はマッシロシロスケ。
アフーは喉から手が飛び出るほど、(使い方間違っていますが、そのくらい)
緊張状態。ずっと足を踏ん張って
ました。 ツルンコテンしたらドウシヨウって・・・・

頭をヨギルノハ・・・ こんなかんじ。


でも、どうにかスタッドレスとレガシィ君と親分の運転でゆっくりと
いろは坂を登ります。 気がつくと後に一台。車間は開いていましたが・・・


やる気マンマンの親分にアフーはこういいます。
「後来たから、横にソレヨウ」 しかし、親分は

「全然 余裕」  

 

(´ヘ`;)ハァ。 全然余裕な親分と 全然余裕でないアフーは
どうにかこうにか・・・いろは坂を通り、奥日光へ到着です。

まっててね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そこは、とても綺麗で人のいない、ステキな場所でした。

ひゃっほ〜い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝はとにかく寒いのでネックウォーマーを鼻まで上げてグラサンアフー。
ちなみに、お鼻水は止まりません・・・( ̄□ ̄;)!!

って・・・これが トンでもなく スンバラスィ クリスマスになる訳なんです。。。
本当は・・・ならないかも_(^^;)ゞ


目指すは 三本松。今日は三本松からアストリアホテル(光徳牧場)
を抜けて逆川沿いを歩くフラットコースです。

駐車場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



星のレベルはひとつ ★ これなら いけるでしょう!!!

という訳で、三本松の駐車場に到着。 レガシィ君。お疲れ様です!

そして・・・スノーシューを履く 親分。 親分はさっさと支度をしています。

そして、オオバカモン アフーの悪い癖が・・・説明書を読まずに
スノーシューを履きます。

しかし・・・問題勃発。

親分。 これ、かかとのストラップ片方ついてないんだけど・・・

(・・?) エッ んな訳ないよ。 しかし・・・本当についていない訳で

/(-_-)\ こまった~ 不思議だねぇ。(結局帰ってきても見つからず_(^^;)ゞ)

すのすー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




と言う訳で、残念ながら、スノーシューのパーツが欠品の為
今日は この三本松の駐車場付近をチョロチョロしたら帰ろうと言う事に!


レガシィ君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そうしよう。と言う訳で 準備もままならぬ、アフーはすぐに車に戻るんだからと
とりあえずカメラだけを持って出発・・・ んも〜。まだ準備終わってないのに・・・

親分てくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

スノーシューはムズカシイ?とカンチガイオンナアフーは思っていました。
とってもかんたんです! ただ歩けば良いだけでした!

きゃははあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは。相変らず、田吾作スパッツです。_(^^;)ゞ

白い雪の中、フカフカと歩くのはとても気持ちが良いです!

ふわふわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そろそろ、戻るだろうな〜と思った地点を過ぎても・・・
オヤサン(オヤジサンサンダル)状態のスノシュー親分は
ドンドン先に行ってしまいます。



アフーはすぐに車に戻ると思ったのでザックも何も持ってきていません。
オマケに・・・ストックまで持ってきてないわけで_(^^;)ゞ

カラニ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



話が違うよ。と思いながらも まぁ 気にせず トコトコ 付いて行きます。

トンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



親分はオヤサンスノーシューでもコツを掴んだようでスタタタ〜と
行ってしまいます。

出発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




クロスカントリーでも使えるコースなので跡があるので少し安心です!
しかし、跡のない所に行きたくなっていってみると!それはパサパサの
粉状の雪。気持ちが良いです!

てくてくと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、もとの場所にバックしようとした瞬間・・・

ずっこけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



思いっきり嵌ります。 スノシューは少し後退が苦手なようです。

むふふ楽しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ちなみに親分もその後、後退を試みて 半バクテン状態。反り返って
いました。ギャハハハ。 その後、ずっと腰が痛いと仰る親分。
あのソリだと・・・そうだろうなぁ〜。

ずっこけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そして、/(-_-)\ こまった~。手袋はいつものホムセンの手袋。
ザックに全部入れてきてしまい・・・ザックはレガシィ君の中。

青空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



手袋は濡れると本当に手が{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ〜です。

カゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




前を見ると親分はやはり写真をトリマクッテいます。
そして、肝心なお天気ですが、コロコロと心変わりを繰り返します。

{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




おっと・・・文字制限の為、 続く。