ということで・・・永遠 続く・・・レポ。本当にすいませんm(._.)m

え・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図には 1箇所だけ鎖部分の矢印があったので1ヶ所しか鎖は
ないと思っていました・・・が 結構断続的に 鎖場です。

 

はれてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・アフーはカメラの設定をずっとISO1600に設定したまま撮影。
モッタイナイなぁー。/(-_-)\

こわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足場の確保できる鎖場はどうにかクリアできるのですが・・・

正面に・・・目を覆いたくなる物が・・・あそこを登るのですか?
「またまたー。悪いご冗談を・・・」 巻き道探してみたけれど・・・あらず。

え〜
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


滑る岩と垂直に近い岩場も出てきてアフーは大苦戦。

こんな感じに・・・ ここで・・・一気に腕の力を使い果たしてしまいます。

(・_・、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして・・・足場が無いのに、強引に上に行こうとしてしまい・・・
垂直の岩にどうにか膝を押し当てて体を抑える始末。

だめだ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに写真に撮られているのも知らず・・・実はこの時、
本当にかなり必死でした。必死に岩を掴んでヘバリツイテイマス。

たしけてー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり基本がなってなーいっ!。 ここで膝上の筋肉を使い果たし・・・
足が一気にプルプルしてきます。

へぇ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使う筋肉が違うのか・・・

山並み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一気に腕と太股上部がプッルプルルルルッルル。

アルプスみたい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって・・・この鎖場が・・・いくつあるのよ・・・状態です。

ぐはっ!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって・・・結構、下を見ると怖いです。( ̄□ ̄;)!!
たぶんこれが・・・ラクダのこぶ? だったらすぃ。

綺麗だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やっと・・・クッキリ すっきり な 谷川の トマ君とオキ君の両者登場。

みえた=

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ラクダの背中から 見上げる訳だけれども・・・もちろん。アフーの心中は
今回も・・・だいぶ手強い相手を選んじゃった。てな感じです。なんちて。

ぷるぷる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は写真をトリマクッテいます。 ちなみに・・・ここまで
アフーは珍しく・・・ガイド本のタイム通りに来れました!

すごいな〜
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上を見上げるアフー・・・ ヒョエーーーーーーーーーーー。 

珍しい事もアルモンダネっ! と 親分はアフーを褒める・・・

見上げる
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかーし、親分。 そう人生甘くないよ・・・と親分は後に思い知ることになる。

雄大だね
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・この日、登りながら見ていた山を・・・ことごとく
カンチガイしているアフーと親分。 巻機山をタイラッピョウと・・・

大きい声で 「あー平標は雲に包まれちゃったー」

と・・・トンチンカンな事を言っていた事を ちと恥ずかしく思う・・・

遠いな
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・実はなんとなく、親分もアフーも山頂に辿り着く頃には・・・
ガスる事を察知していたのと・・・ここから眺める谷川岳が
今回のコースの中で一番きれいな谷川岳だろうと・・・

絶景ひとりじめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ・・・最近はそのパターンがヒジョーに多い訳で_(^^;)ゞイヤー

パシャ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所でしばしヒトヤスミっ!

親分

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラクダの背のちょっと先で、アフーが大ファンの ポレポレ隊の皆さんが歩かれた巌剛新道コースと合流っ!

合流
 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


人気のある山の理由が良くワカッタ!やっぱりカッコいい山ですっ!
惚れ惚れしてしまいますっ! でも・・・遠い。

すすむよ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ (゜O゜;)

こわい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと・・・アフーは・・・通常タイムで登ってきたのに・・・・
後半で・・・一気にCT 1時間20分のところを・・・3時間近く・・・
かけることになる。( ̄□ ̄;)!!

ほそいな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 文句は・・・足の プルルルルルル。プルン。と
ゲラゲラ笑い転げる・・・膝に言ってくらさい。  続く