ということで・・・

★ 其の壱  ★其の弐  ★其の参  ★最終回

ラクダのこぶを越えて・・・山頂を目指します。

とびますとびます

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ちなみに、鎖場で・・・すでに太股はプッルプッル。膝はゲラゲラ
笑いマクリな訳で・・・ 本当に 不思議だねぇ。(・_・")?

親分と青空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 親分のアフー待ち。

よいしょ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


景色はとっても綺麗だけれど・・・ 結構絶壁。
そうっ! 親分の後頭部と一緒ですっ!なんちて・・・

まだ大丈夫
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・まだ・・・傾斜は強くなる訳で・・・

ちと休憩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


三点確保。三点確保。 ヘッピリ ヘッピリ。
ひょえー。 膝がプルプル。ゲラゲラ。もう・・・ なんだか 笑いまくる。

きれいだ〜


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


w(゜o゜)wワオ!!・・・なんだかまた急そうな感じですね・・・

えっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖いなぁー。  それにしても・・・親分! 今日は見事な青空ですねっ!

そんな、絶壁チックな場所・・・な訳がないよねー
 

うぉ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌な予感は・・・あたるナァー。 よっこらしょっと・・・

んも〜

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん・・・一気にペースダウンしてしまいます。

はいてんそん
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、怖いけれど・・・なんだか 楽しいのが・・・不思議です。

すたこら
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


登っても登っても・・・なかなか 近づかない・・・(・_・")?。 

そろそろ 怒っちゃうよー! (`へ´)プンプン

ちとこわい

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

w(゜o゜)wワオ!!

足場はしっかりしているのですが・・・ 慎重に進みますよー。

んごー


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフー・・・ 道からそれて・・・脱落。 だって・・・お腹すいた。

そんな時は・・・

へろへろ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり! ラーーーーーーーーーーーーーーンチ。パック。

らーんち
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは。山頂でなんて言っていたけれど・・・フライングして食べちゃった_(^^;)ゞ

むふふ。でもまだ、ランチパックは1つだけじゃないアルヨっ!

つるつる
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でもって・・・少しだけ傾斜が緩くなったと思うと・・・

すべる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


氷河のナンチャラ岩。 これが・・・滑る。 大苦戦。

一応・・・滑ったら・・・ コンコロコンコンコン。 と一気に麓まで・・・

けっこうあるねー
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でまた・・・こんな傾斜。でも だいぶ 山頂に近づいてきましたV(^0^)

苦戦中
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!そうそう、途中で出会ったご家族。

ご家族

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツのファミリーさんです♪ ちなみに、日本に住んでいると言ってました。
ちなみに、お子さん達のお洋服がかわいいっ!やっぱり、お国の
ジャックウルフスキン! オッシャレっ!


実は・・・この時の山頂は すでに・・・雲に覆われちゃった。(・_・、)訳で・・・

(・_・、)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に山の天気は一瞬ですねー。はいっ。 再び身をもって経験して
参りました。

正面はまだはれています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


天神平から来られた方が沢山いたので・・・実はこの時かなり安心
しました。 もしかしたら、帰りのロープウェイに間に合わないのではと・・・

勉強
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷川岳山頂に到着です。 トマの耳から オキの耳までは・・・10分程。

\(^O^)/ヤッター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


山頂はとても{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ~。 どうやら、この谷川岳クン。
アフー達が登るルートの風を遮ってくれていたようです。 ここまで
一度も風を感じる事はありませんでした。

\(^O^)/ヤッター

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


来た道を振り返ると・・・ 登っている時よりも傾斜が・・・あるように見えました。

けっこう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと・・・久しぶりな岩場に オッカナビックリでしたが・・・でも結構モーマンタイ。モーマンタイっ! 

トマ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えへへ。実は↑の写真。行きにトマの耳に寄ったのですが写真を撮り忘れ_(^^;)ゞ帰りにパシャっと・・・


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さてと・・・ 天神平まで一気に下ります。
といっても、こちらも結構登りは大変だろうな・・・と思う岩ゴロ道もあります。

膝が・・・大笑いしているアフーには・・・ちと キツイネー。

綺麗です
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ザンゲしてきました。  なんちって・・・

ザンゲ

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な山並みですっ!で・・・ 実は・・・アフーは山頂からずっと・・・帽子が
前と後反対です。 ぎゃははは。でもモーマンタイ。モーマンタイっ!

 

逆です
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに・・・少し休憩してしまいたい時に避難小屋が現れて
くれました。 ここで残りの ラ潤オンチパック。セブンイレブン。イチゴ
ホイップ味。 いやー。やっぱり サイコーですねっ! 実感っ!
マイウ−。!

ランチパック

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・避難小屋からこの天神平までは、とてもアフーにとっては意味のある
場所で・・・ここを選んだのも・・・少し意味があった訳で・・・
ゆっくりと噛締めながら歩いてまいりました。優君が駆け下りたスキー場も
しっかりと目に焼き付けてきました。

駅
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りのロープウェイは20分くらいかな?並びまして・・・片道1200円*2

ゴンドラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


22人乗り込み。あっという間でした・・・

切符
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オワチャッタ・・・ねぇ。

さみしいね〜
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロビーには・・・出迎えてくれた 熊さん♪ 無事に下山できました。
ありがとうm(._.)m

ありがとね
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは・・・ 湯テルメ谷川に寄り、関越道の渋滞に巻き込まれ_(^^;)ゞ
PAで眠って起きたら・・・( ̄□ ̄;)!! また、夜中の12時越えていて・・・
あ潤オ。なんだか 山生活が楽しくなってきたぞ・・・という実感がガガガガと湧いてきました。なんちて_(^^;)ゞ

やったね
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで・・・ 自称。最速アルピニストアフー。 なんちて。
無事谷川岳。コンプリートっ!2年越しの約束を果たしてまいりましたっ!

                お。すぃ。ま。い。