2006年07月15日

雲取山

まいど(☆_・)・‥…━━━★です。


親分制作【おうちでヤマノボリ】雲取編 3D&写真ページも併せてどうぞ♪



行ってまいりました。雲取山。 2006.7.15

雲取り山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週に引き続き本日も強行突破。
今週はお休みと先週の至仏山での「来週はお休みね」約束を忘れたフリをして親分に山に行きたいとお願いを・・・さすがに仕事に疲れている親分はちょい悩んでましたが、文句ひとつ言わずに連れて行ってくれる事に。しか〜し、親分は後林道の事を知らずに私に騙された形で家を出たわけです。

親分。本当にゴメンナサイ...この後の後林道。巷の噂ではすんごい道なんですぅ。
国道411号線からこの後林道に入るのですが、ここからはある程度は覚悟してました。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。) ・・・がっ

でもこの林道。想像以上です。一応うちのレガシィ君はWRCテクノロジーを駆使した4WDではありますがすでに13万キロ超。ノー故障の優等生ですが この日ばかりは神頼みならぬレガシィ君&親分のお手前。に任せるのみです。

落石注意 の看板は良く見ますが 

反則1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この落石は

反則です。
(キッパリ)

土石流なんかもあったりして
ちなみに 私、 しーたま(魂)

反則3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜けちゃってます。
正直、帰りたいです。

反則2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でも、親分ってすごいです。さすがです。後から来る車の事まで気遣い、危ない箇所を後の車がパスするまで待ってあげる余裕。駐車場についてから、お礼まで言われちゃってマジその余裕スゴイです。(☆o☆)キラキラ

お待たせいたしました。雲取山レポです。

のぼりはじめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と言いたいのですが はっきり言ってこのルートは約85くらい樹林帯です。

林道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



まず、登山口から30分くらいで 三条の湯 に到着。

三条の湯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの日は二人とも出発前から体力の疲れ具合にもしかしたら登れないかもね〜なんて話していたんですが・・・

やっぱり疲れてる。足がなかなか進みません。

この時点でシタタレ落ちる汗。。。

小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

トイレもあるようです。

汗がだらだら出るはずです。三条小屋の湿度計は
90パーセント   w(゜o゜)wワオ!!

ここにある案内板では三条ダルミまで2時間とありますが2時間10分かかりました。
三条ダルミまで98パーセント樹林帯。かなり長いです。凹みます。

凹むアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



なんとか三条ダルミに到着。


ダルミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

富士山が頭だけ出しています。

富士山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにここから急な登りが40分という事は周りの会話で知っていたのである程度覚悟はしていたのですが駐車場であった大月から来られたオシャレなおじ様と頂上までのんびり3人で登りました。
実際はそれ程、きつい登りではありませんでした。おじ様のペースが良かったので比較的あっさりに登りきりました(^-^)色々、山のお話も聞かせてくださり楽しいあっという間の30分で頂上へ到着♪

山頂の2ショット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


雲取山は山頂がふたつ(?_?)
手前に山梨100名山の頂上があります。その先には非難小屋があります。

山頂の小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなここで休憩してます。

元気な親分は「ちょっと待ってて」と言って小屋の奥の道に吸い込まれていってしまいました。5分後親分戻る。聞けばこの先に頂上がありあっちの方が全然綺麗だよと。

親分の言ったときは人一人おらず、写真を沢山撮ったそうです。帰ってきてビックリ。写真めちゃめちゃ綺麗でした。ほんの一部ですがドウゾ♪

静かな山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


雲を取れるような山。 だから 雲取山 なのかな〜と思わせるくらい綺麗な空でした。

雲取り山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



私がついた時は雲はたっぷり増えてました(・_・、)

私も二つ目の雲取山ピークに行き貸し切り状態の頂上で二人ともご満悦♪

綺麗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ちなみに本日のピンポイント天気予報では15時から雷雨。怪しい黒雲が下からワイテマス。

あの林道をどうしても雨が降る前に出なくては・・・下山を急ぎます。

がっ、長い 長い 暑い 長い 長い なが〜い・・・

下り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



駐車場についてから、片付けもせず登山靴だけ履き替えてすぐに出発。う〜タフ。です。ギリギリ雨は降りませんでしたが、その後は雷雨が来たそうです。本当に良かったです。(^。^;)フウ

この山のこのルートはあくまでもピークを踏む為の登山道であって本当にずっと樹林帯が続きます。時間も実際よりも長く感じました。日帰りではこのルートしかないみたいなのでしかたありませんが・・・でも楽しかったですm(._.)m

たのしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、安達太良山にいたヘビ君と同じヘビ君が三条の湯にいました。

アクセス【圏央鶴ヶ島IC→青梅IC→国道411→お祭り→後林道】野生のおサルに遭いました♪

ルート【後林道終点→三条の湯→三条ダルミ→雲取山山頂 ピストン】

タイム【登山口6:20→ 6:55三条の湯7:05 → 9:16三条ダルミ9:25 →10:05雲取山10:25 →12:35三条の湯→13:00登山口】総合タイム6時間40分(休憩40分)歩行時間6時間

最後まで読んでいただきとってもうれすぃです!






Posted by theslowpace at 19:34 | ヤマノボリ