2014年10月
2014年10月31日

弾丸ツアー2014青森編 其の十三 最終日 十和田湖 とホタテと・・・

_MG_4523


奥入瀬で親分に思う存分 撮影してもらった後、どうせだから目指そうと そのまま
十和田湖へ・・・生憎この日は曇りだったのですがどうにか雨は降らず持ってくれています。

_MG_4537


丁度、フェリー?船が出発していきました。
_MG_4538


次はもっともっとのんびり来たいね! と今回の旅のUターンポイントをこの
十和田湖とする〜♪ なのであります。 時刻はさっきの船の発着時間にもあった通り
丁度13時30分です。
_MG_4540


あちら側は秋田県。 日本は本当に至る所に素敵な場所があるな〜と痛感です。
なんとなく旅のフィナーレが近づくとともになんとなく寂しくなるのであります。
あっ、そうそうお土産屋に売っていたリンゴジュース。

_MG_4545


この旅行記の途中でもどこかで書いたと思うのですがこのシリーズのリンゴジュースです!
この同じメーカーさんが出しているリンゴジュースだけでも10種類近くあるのです。
味の違いはリンゴの種類によってであります。

_MG_4549


こちらだとリンゴジュースというと
本当に幾つかしかなくていつも偏りがちになるのですが さすが本場、お膝元のジュースは
違うなと実感するのであります。 本当は飲み比べたかった・・・
ちなみに私が見た CUBというスーパーのリンゴジュースランキングでは
赤が1位になっていましたよ。りんごジュースコーナーも半端無く広い!

_MG_4551


と言う訳で十和田湖を後にした我が家・・・目指すは ラストホタテであります!
でも本当はモーリーに逢いたくてという事もある訳で 目指すは 青森市内を経て
浅虫温泉へ・・・

IMG_0834


快調にキューブ君で次の目的地を目指します。いつか来る八甲田ロープウェイ駅とか
来る時に通って来た奥入瀬、そして酸ヶ湯温泉の道をなぞるように戻ります!

IMG_0839

美味しそうな物を横目でチラ見しながらラスト ホタテ丼を目指します!
と、辿り着いた場所は・・・ろくさん。 こちらもネットで探してみました!
私も親分もホタテ丼!
するとその場で・・・こんな新鮮なホタテ丼・・・初めてです。 大切に頂きます。

_MG_4552

 
と・・・ホタテ丼を食べているアフーの視界に まさかのモーリー!!!

と言う訳で・・・非常に中途半端な感じですがチョビッツがお目覚めのため今日はここまで〜♪
 


Posted by theslowpace at 16:58オデカケ ,タベモノ
2014年10月30日

弾丸ツアー2014青森編 其の十三 最終日 奥入瀬編

と言う訳で忘れる前にどんどん進まねばであります!

_MG_4497


次に向かった場所は奥入瀬です。 実はこちらには昔 親分と来た事がありましたが
なにぶん、時間がなくてゆっくりとする事が出来ずだったのであります。

_MG_4499


だから今日はゆっくりと♪ 私とチョビッツは背負子でお散歩です!
三脚を持ってこようか否か悩んだのですが やっぱり持って来て大正解です!

_MG_4507


ここだけでなく けっこう旅行では三脚を使いましたよ! さて、ここで親分がのんびり
写真を撮影している間、私はというと、 チョビッツを背負子で背負っている事もあり
海外からのお客さんに好評で パチりパチリと写真を撮られたり、話したりと
台湾、それから北欧でしょうか? そちらからのツアーの方も背負子姿の残念な母親姿に
興味津々の模様。

_MG_4515


と言う訳で・・・現在こちらは奥入瀬の中間程でしょうか?

IMG_0830


阿修羅の流れであります。 ちなみにこの奥入瀬は散策路になっていて
1日かけてゆっくりとお散歩が出来たりするようです。

_MG_4518


そうそう、レンタル自転車でのサイクリングをされている方も沢山いらっしゃいましたよ!
なにげに平日の旅行だったのですが ここまで混雑している様な場所も無かったのですが
奥入瀬はやはり人気のスポットらしく混んでいました。

_MG_4524


と言う訳で・・・残す今回の旅行の到着地はあとフタツ・・・

_MG_4531


十和田湖ともう1つ。最終目的地は強引に詰め込めるかどうかという感じになる訳ですが
引き続き読んで頂けたら嬉しいです!
あっ、そうそう私はこの奥入瀬で自転車で日本一周されている好青年と出会ったのであります!

IMG_0828


あの青年は今、どこを走っているのかな?それとももう走破したのかな〜♪

_MG_4523
 

なにかに挑戦ってやっぱり素敵だなと思うのであります!!! という私も挑戦すべき
目標が来月にあるのですが・・・なかなか練習出来ずなのであります。

でもしっかり1週間50キロの小さくて大きな目標はコツコツやっているのであります・・・ 


Posted by theslowpace at 16:46オデカケ ,カメラ
2014年10月24日

憧れのフェラーリーを買いますた!

こんにしょわ〜♪

実は憧れだった赤いフェラーリーを買いました!

今日は愛車に乗って初ドライブです!










_MG_7773



チリーンチリーン♪ と言う訳でアフーの真っ赤なフェラーリー号であります。(笑)
久々のママチャリなのですが ロードバイクに慣れていた事もあり怖い怖い。
フェラーリー号はギア3段とオートLEDライトがつているだけのノーブランドのママチャリです。
色々見てまわったのですが使用頻度を考えた結果・・・これになりますた!
でもムーチョ気に入っています!

_MG_7769

怖がっているようにも見えるチョビッツ。 そう、チョビッツくんにも
ヘルメットを買いました!

カブロヘルメットという赤ちゃん用のヘルメットです。色々な物があるのですが
今回はアンパンマンのカブロヘルメットに♪

_MG_7759


慣れるまでは緊張状態のチョビッツでしたが慣れて来たら手を振ったりと
してくれていたので 時々これで のんびりライドに行こうと思います!

_MG_7771


ヘルメットは大嫌いなチョビッツです。素敵な週末を♪


Posted by theslowpace at 21:55ジテンシャ ,ブツヨク
2014年10月23日

EOS 6D の嬉しい機能

こんにしょわ!

そういえば、悩んだ挙げ句に選んだ我が家のセカンド機。

IMG_0751


私が使う事が多い訳なのですが・・・このカメラには今までの我が家のカメラには
無かった機能があるんです。 それを遅ればせながら使う機会があったのは・・・
青森弾丸旅行から♪

出発前に急いで設定をしたので出来ているのかなって不安だったのですが
しっかりと機能していました。

その機能はカメラの電源が入っていなくてもGPSが作動してこのカメラの移動した
軌跡を内蔵メモリに保存していってくれると言うものです。

さて、青森県の初日ではこんな風に軌跡を描いてくれていました。

47


私の場合は5分置きにという設定にしたのですがもっと細かい設定なども出来るそうです。

そして2日目!

15


岩木山にもしっかり登っていますね! そして白神山地そして寄り道もしっかりと
軌跡を残してくれています。

そして三日目。

32

まだ記録を書いていないのですがどこに行ったかは判る訳でありますね!!!

そして新幹線で帰って来た軌跡も♪

43


もちろん、軌跡も残してくれる6Dなのですが 一枚一枚、どこで撮影した写真かも
それぞれの写真にデータが残されているのであります。 
あまりその機能は購入要素には無かったのですが あるととても便利な機能だなと
思ったりです。それからカメラはスマートフォンとも連動していて携帯で遠隔操作が
出来たり配線無しでカメラ内の写真を見る事が出来たりと・・・

IMG_0500


色々な機能がありまして そしてなにを隠そう、オヤビンのカメラとそう大差ない
描写力なのも非常に魅力的なカメラなのであります!

という訳で・・・初代EOS7D使用者でしたが・・・ 7DMk2には行かないぞと
心に誓っているアフーなのであります。

3d4cea4e


ここだけのお話・・・7Dは非常に扱い辛いカメラだったなって思ったりもするのであります。
              おすぃまい♪ 
 


Posted by theslowpace at 20:07カメラ ,ニッキ
2014年10月20日

弾丸ツアー2014 青森編 其のQ 世界遺産 白神山地


_MG_4138


さてと、続きを薦めます! 岩木山を降りた後 駐車場で・・・親分と相談をしました。
実は親分は世界遺産白神山地の十二湖コースに行きたいと言っていたのですが・・・
時間的にも完全にアウト・・・まぁ 世界遺産白神山地はまたの機会にしようか?と
なったのですが ちょっと見てみるとミニ白神周遊コースであればコースも短くそして
この岩木山からも近い。 ガイドブックを見てみると16時が最終受付となっている。
とりあえず行ってみようか?という事になった。

_MG_4203


そして急いで向かう途中に気になるお店を発見! どうせだからやっぱり食べようと寄り道です。
スーパーでもそして岩木山に向かう途中でも沢山見かけた嶽きみ。
それはトウモロコシと初めて知りました。実はタマゴかなとちょっと勘違いしていたアフーです。

_MG_4204

ゆできみを買ってみました!すると! めちゃくちゃ あま〜いい!!!
なんて美味しいのでしょうか!!! 嶽きみ 恐るべしデス!
そして急ぎぎみで白神山地にある くろもり館へ・・・

_MG_4206

閉館10分前。まさに上の写真を撮ったのは15時49分。本当にギリギリです。

IMG_0722

こちらのコースは入園するのに大人1名 500円となります。受付はくろもり館で
そしてコースマップを貰えます。こちらで杖や熊鈴も貸し出してくれます。

IMG_0723


とっても感じの良いおじさまが チョビッツ風邪引かさないようにしてよ〜。
とそして面白い事に、ここは5分歩こうが2時間歩こうが景色は変わらないよと・・・
疲れたらすぐ戻っておいで〜と (笑)




_MG_4207

ざっくばらんなおじさまであります! さて、では入山証を持って入りましょう。

IMG_0725

一滴ます〜♪

_MG_4209

チョビッツは背負子です!足早にまわれば ショートコースのハーフなら20分くらいで
まわれると言う事なので今回はそのショートのハーフで行く事にします!

_MG_4214

山を歩き慣れている人には 見慣れた景色かもです。

IMG_0734

白神山地(しらかみさんち)は、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がっている標高1,000m級の山地(山岳地帯)のことをいう。白神山地は、屋久島とならんで1993年(平成5)12月、日本で初めてのユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。そこには「人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布」(世界遺産登録理由)している。白神山地の名称は、昭和29年発行国土地理院地勢図で使われている。また、世界遺産登録以前には弘西山地(こうせいさんち)とも呼ばれていた。
wikiより


_MG_4216

さてと、あんまりのんびりも出来ないので足早ではありますが しっかりと
世界遺産 白神山地の美味しい空気を沢山吸い込んでいる3人であります。

_MG_4220


何年の年月を経てこうなっているのかな〜。
まだ16時ゴロでしたが 森の木々に覆われた森はすでに薄暗い。

IMG_0750

葉の隙間から少しの太陽光が降り注ぐとなんとも神秘的です。

_MG_4225

ただ・・・こちら ブヨがいるのであります。 アフーのみ手を刺されまして・・・
正確には噛まれましてかな・・・

IMG_0751

痒くてもう骨抜き状態です。。。

_MG_4229

痒み止め・・・アフーに痒み止めを・・・と 心の中で叫んでおりますが
カメラを向けられるとつい・・・アホポーズを決め込んでしまうのであります。なんちて♪

_MG_4235

道中にはこんな風に空を見上げられるミラーがあったり

_MG_4236

木の音を聞く事の出来る聴診器があったり・・・

_MG_4249

足早だけれどしっかりと白神山地を感じる事が出来ました!

_MG_4255

コース上にはウッドチップが 歩き易い良い道であります! でもやっぱりみんな上を
見上げてしまうのであります。

_MG_4262

チョビッツは特に上ばかりを見ていましたよ〜。

_MG_4270

さてと、コースももう終盤です。こちらには池がありまして 野鳥を観察出来る小屋があったりと

IMG_0762


白神山地には大まかに5つのコースがあります。 今回はそのエントリー的なコースであります。
旅行プランや行き先によって色々選べるのも素敵ですね! 当初は十二湖コースに日本キャニオン
と予定していたのですが時間的に断念。でも違うコースで白神山地を訪れる事が出来た事に
素直に感謝するアフーなのでありました♪

_MG_4274

最後にこの入山証をお返しして 次の目的地に・・・
次の目的地は まだ親分には内緒です!

IMG_0763

こちらはギリギリ滑る込みセーフ。10分前。次の目的地には3分前に滑り込みセーフ。
ノープランだけれど なにげに 色々と楽しめている弾丸ツアー2日目のお話は
まだまだ続くのであります!

_MG_4285


長くなってごめんなさい♪


Posted by theslowpace at 18:33オデカケ ,ヤマノボリ
2014年10月16日

イマココです ぱーとつー

ケンとメリーとアフーとギガパン

2014-10-16-09-43-13


Posted by theslowpace at 09:43オデカケ ,カメラ
2014年10月15日

岩木山 後編

さて、山頂で少しだけ青空も見れた我がチーム。
_MG_4139
 
チョビッツのみここでランチタイム。

_MG_4134


チョビッツはやっぱり寒そうで・・・ 山頂の避難小屋に私とチョビッツだけ入って
少し休憩しました。 十分な程にチョビッツの服を持って来たつもりだった私でしたが
動かない分チョビッツの服装もっともっと持って来ておくべきだったとここでも大きく
反省です。
_MG_4141


そして空は気がつけば青組の姿はなく・・・ 風も強くなってきました。下山の風が
もの凄く心配になってきた私達・・・ 親分は風に煽られるのが怖いと・・・そして風嫌いの
チョビッツ・・・音もそして風も・・・ 一刻も早く下るべしと 足早に山頂撮影して
_MG_4146

下ります。 下りは道が道なだけに登り以上に神経を使います。
_MG_4149

親分は全神経を集中させて下っていきます。もうそれはかなりのスピードでした。私も
かなり急ぎましたがまったく追いつく事なく離されていくだけでした。
_MG_4152

この先・・・かなりの傾斜になる訳で・・・ やはりちょっと渋滞のような状態になって
いました。そしてチョビッツはきっと我慢していてくれたのだと思うのですが
この場所から風の怖さがマックスになってしまったようで ギャン泣きとなりました。
チョビッツが山で泣くのは初めてで・・・私も親分ももの凄く動揺していた記憶です・・・
そして下の写真を撮ってから親分はもう一気に下の避難小屋まで下ると・・・言いスタートを
切りました。 私はこの後 親分の後を追っていたのですが 途中で転んでしまいまして・・・
親分のカメラを思い切り石にぶつけまして アルミのボディが剥き出しになる程・・・
ただ、必死にカメラをザックにしまって親分の後を追った記憶です。
_MG_4154

親分はアドレナリンが大放出状態だったようで 泣くチョビッツを背中に背負いながらも
安全に確実にそして素早く小屋に辿り着いたのでした。それを追って私もどうにか渋滞を
切り抜けて小屋に到着。

_MG_4155

チョビッツは風の怖さで泣いてしまい体力を使い切ってしまったようで 私が少し遅れて
到着した時には親分の胸の中で眠りについていました。

_MG_4156

この姿を見て もの凄く可哀想な事をしているんだと実感しました。ハイキングなら
いつも楽しそうにキャッキャとはしゃぐチョビッツですがこの日のコースは
きっと背中に背負われていても緊張感に包まれて怖かっただろうなと・・・

_MG_4160

そして、この後 私と親分は意見の違いで大きく揉める事になりました。
私は早くチョビッツを車に連れて行ってあげたいと言う気持ちでした。そして親分は
兎に角チョビッツが自分から目を覚ますまでここで待機しようという意見。
それでももう下ってくる人が居ないくらいに 待機した物のチョビッツはなかなか
起きそうになく・・・


_MG_4161

一度は親分は私の意見を聞き入れてくれ先を進んだのですが 風の音で再びギャン泣きと
なってしまいました。リフトまでは後少しだからと先を急ごうとする私に
親分が キレました。 なんで待てないんだ! 怖いって泣いてるだろ! と・・・
風がどうにか通らない岩を見つけてしゃがみ込みましたがチョビッツは泣き止まず親分が
さっきの避難小屋まで戻ると言い 戻っていってしまいました。
そしてチョビッツが目を覚まして機嫌が良くなってから再びリフトを目指しました。

_MG_4162

ここからなら風に煽られても大丈夫だからとサンシェードを出して少しでもの風対策。
そしてチョビッツが大好きな鬼ごっこをしてリフトを目指しますと言っても戻った避難小屋から
リフトまでは5分程では無いかな・・・
_MG_4165


下山は歩いている時間は本当に短かったと思うのですが チョビッツの泣き声で動揺しながら
必死に自分の限界以上のスピードで下っていた記憶です。

_MG_4167

チョビッツと鬼ごっこ中のリフトまでの道。。。ここではいつものチョビッツで
キャッキャとはしゃいでくれていました。

_MG_4173

親分も極度の緊張状態で下っていたようで ホッとした顔をしていました。






_MG_4172


無事にゴールです。無理をするつもりは無いと思っていたのですが どうせ近くに来たのだからと
いつの間にか 無理をしていた自分があまりにも愚かだなと思っていた時に押したシャッターです。

_MG_4177

山は色々あるし、まだまだ今登れない山なら もっともっと後に登れば良いと・・・
今のスタイルにあった お山に楽しく登ろうとそう心に誓ったアフーなのであります。

_MG_4179

親分は調べずに よし、行こう行こうというタイプ。 
私も今回は少し下調べもせずに疎かだったのが正直なお話。この旅行自体
出発間際に決まった事もあり・・・ 大きく反省すべき、そして大きく学ばせて
貰った岩木山でありました。

_MG_4198


とても素敵な山なんです。 いつか家族みんなが楽しめる頃にまた再訪したいと
そう思います。

_MG_4199


さて、まだ旅は続くのであります。 親分が行きたいと言っていた 世界遺産 白神山地の十二湖
コース。 ただ、朝からの寄り道とか 岩木山での時間とかの関係で時計を見ると・・・
さて、どうしよう・・・と言う事で 弾丸青森ツアーのお話はまだまだ続く・・・ 


Posted by theslowpace at 00:30ヤマノボリ ,オデカケ
2014年10月14日

岩木山 前編

と言う訳で続きです。 楽勝と鷹を括っていた訳ですが リフトを降りてみると
想像していた以上に・・・いやはるか以上に・・・ 反り返っているように見えた登山道。
IMG_0678

私と親分だけであれば全く問題は無いのですが今回はチョビッツもいるし・・・
絶対に無理をしてはいけないと思っていた訳で・・・ちょっと予想外の傾斜に
内心はビビっていたアフーです。

_MG_4093

親分の靴にももの凄く不安があったのも事実です。親分は荷物が増えるから
登山靴なんて要らないと言っていた訳で・・・ただ背中にチョビッツ背負うから
やっぱり登山靴にしなよと最後まで言っていたのですが聞き入れてもらえず・・・

_MG_4097

そそ、先日も書いた通り ほぼ同じ時刻にスタートした2チームさんは下りもそして山頂でも
逢う事が無かったのでアタックしなかった模様です・・・

_MG_4098

慎重にゆっくり行けば大丈夫! なんですが 傾斜はかなりな物で・・・
時々よじ登る様な感じもあります。

IMG_0683

親分はチョビッツに負担をかけないように 背筋をぴーんと張ってぐいぐいと高度を上げていきます。

_MG_4102

登りのキツいのはリフトからちょっと下がってからの登り。
避難小屋の先になるのですが ここは本当にかなりの斜度です。

_MG_4104


そして風がもの凄く強く・・・大人でも油断をすると身体を持っていかれる程です。
穏やかに見えるのですが ポンと単独で聳える岩木山への風当たりは非常に強いです。

_MG_4107

チョビッツがいる訳で 親分に必要以上の心配はかけまいと 私も必死に登ります。

IMG_0695


親分のペースにはなかなか着いていけず そしてなんというか ブランクもあるし
脚力も元々無いですが更に落ちていたようで・・・なかなか踏ん張りが効かず
どうしても前屈みの登りには余計辛い体制を取ってしまいがちです。

IMG_0702


そしてどうにか1つ目の反り返りのような場所を越えてからは少しなだらかに・・・




_MG_4112

そこからは さっきのに比べればだいぶ傾斜が緩く感じます。

IMG_0704


風が冷たいのは標高も手伝ってで・・・私と親分は登っているので汗をかく程ですが
チョビッツは寒そうに鼻を垂れています・・・

_MG_4120

それもあって かなり親分のペースが上がりました・・・

IMG_0704

そんな訳で私も 必死の形相で山頂を目指します。(笑) 

IMG_0714

風の通り道はフラッと身体を持っていかれます。 背負子の親分は余計に風を受けるので
後で聞くと少しひやっとした事があったと・・・ 

_MG_4128

すれ違う方が一言 あとすぐだよ! と・・・ずっと下を見ながら登って来たのですが
その声に顔を上げると親分は少し先で待っていてくれました。

IMG_0716

眼下には日本海。親分に山頂で待っていてと伝えると親分はまた見えなくなりました。
兎に角 岩木山の登りの思い出は・・・必死すぎたアフーであります。(笑)
山頂に到着すると親分とチョビッツの姿。。。

_MG_4129

どうせだから登ろう! 簡単な山だから と侮っていた私は大きく反省するのでした。
チョビッツ連れには早すぎたと・・・

_MG_4136

持ってくれないだろうなと思っていた青空・・・到着してほんの数分ではありましたが
青組が粘って待ってくれていたようにも見えたそんな空でした。。。 

と言う訳で・・・波乱の下山の後半へと続く・・・ 


Posted by theslowpace at 00:30ヤマノボリ ,オデカケ
2014年10月13日

岩木山 序章

弘前城でのんびり遊んだ後はまっすぐ 岩木山へ向かいました・・・ただ、
まっすぐ向かいましたが途中のリンゴ農園の並ぶ道路ではとっても
綺麗な風景に誘われてちょいと寄り道♪ 

_MG_4040


美味しそうなリンゴがメニメニです!そしてその奥にはドーンと聳える岩木山!
_MG_4044


こんな風に美味しそうに色づいたリンゴがいっぱいです! そうそう、そういえば地元の
スーパーにはリンゴジュースコーナがしっかりとありましてそのレパートリーの多さにも
びっくりしたアフーです!リンゴの品種によって
味が違う事もあり確か同じメーカーですが5種類以上はあった記憶です。
_MG_4050


とっても奥深いリンゴジュースにも挑戦してみようと話していたのに・・・つい忘れて
帰って来てしまったアフー達なのであります・・・反省
_MG_4052


さて、あのてっぺんに向かいましょう♪ まずは有料道路で一気に8合目まで(笑)

IMG_0664

そうそう、こころ旅の番組の中でもよく 話が出ていましたが岩木山。見上げる方向に
よってはまったく違う山の形となる訳で・・・確かに弘前市から見えた山の姿と
この有料道路の登り始めに見えた岩木山とではまるで形が違いましたよ!

IMG_0665


素敵な山ですね〜! 九十九折で一気に8合目まで登れる道路は普通車1800円です。
IMG_0668


思ったよりも時間もかからず8合目の駐車場に到着です。
トイレやレストハウスがあります。めちゃくちゃ綺麗です!!!
_MG_4055


すでにここからの景色は最高です! 日本海もしっかり見えていますよ〜♪
_MG_4061


さて、ここから 迷わずにリフトを使って9合目まで行きます!(笑)
_MG_4065


確か往復840円だったかな???  平日と言う事もあってとても空いています。
_MG_4070


この時はまだしっかりと青空でした!実は朝は青森市内には少し雨もぱらついたり
していたのですが どうにか好転してくれました!
_MG_4071


9合目なのであとはチャッチャと登れば山頂と侮っていました・・・が痛い目にあいます。
IMG_0670


そんな事も知らずに気分はルンルンで行くのです。
_MG_4084


あっというまに9合目! 
IMG_0677


見上げた・・・岩木山。。。 思っていた以上に傾斜が凄いです。
実は立山くらいかなと思っていたのですが立山以上に傾斜がありますね・・・
写真ではお伝えできず・・・

IMG_0672


一緒にスタートした 二組のうち 両組とも途中で引き返されていました。
_MG_4086


親分はこの日 普通のスニーカーで来ています。私は心配性なので登山靴・・・
出るギリギリまでチョビッツもいるし登山靴にしなよと言ったのですが親分は
要らないと断固拒否・・・
IMG_0678


岩木山の強敵は・・・傾斜ではなく・・・風でした。 とりあえず山頂までは
コースタイム30分程らしい。 見上げるとそれでは難しそうな感じですがどうなんだろう・・・
今、写真を見て確認してきました。私で35分。 親分は5分くらい早く着いていたのでCT通りで
登れたようです。ただ・・・実際に登っている感覚はもっと遥かに長く感じたのが
率直な感想です。

_MG_4090


今日はまずは序章と言う事でこの辺で・・・
青森記事、小分けな感じでごめんなさい・・・ 暴走記事はまだまだ続くのであります。 


Posted by theslowpace at 00:54ニッキ ,ヤマノボリ
2014年10月12日

ギガパンに嵌り中

久しぶりにこれに嵌っている我が家です。

438b677e


ギガパンであります! 
というか実は使い方を思い出そうよという単純な理由であります。


 





とまずはこんな感じですが 残る課題が多いのです・・・謎を解くために今日は徹夜になって
しまいそうです。。。 


Posted by theslowpace at 22:47ニッキ ,カメラ