2013年05月
2013年05月31日

開封後の賞味期限

こんにしょわ〜!


そう、実は昨日は仕事が終わり冷蔵庫にあった900mlの
トマトジュースをグイッと飲み干したアフーであります。。。。


が、どうもその後、しばらく経過した後 目がグルグル回るのです。


そして、ちょっと軽い食あたりを起こします。。。朝方まで目が周り
大変な思いをしたアフーであります。


 31

開封後は出来るだけ早くお飲みください

というのは どのくらいなのか???



アバウト表示は結局 どんな感じなのでしょうか???


調べてみた所 ミネラルウォーターは冷蔵で約1週間。
それから100%ジュースは冷蔵で2〜3日とあります。


あくまでも目安や果汁の種類もありそれからお腹の調子もあるのですが
という具合です。ちなみに缶詰の開封後の賞味期限は基本1日とか2日とか。。。
ただ、アンチョビ缶は開封後も1ヶ月も持ってくれるようです。

ジャムは瓶の物で2週間。 ピーナッツバターは3ヶ月。
お砂糖は黒糖も上白糖も無期限。
ハチミツは表記の賞味期限が開封後でも適用


開封後、出来るだけ というフレーズはやっぱり
非常に曖昧な事を知ったアフーであります。。。


と言っても、昨日飲んだトマトジュースは親分がいつ
開封したのか今の所謎であります。  と言う訳で。。。体重が2キロも減った
アフーであります。。。


と言う訳で、今日のおまけのお話を終わります。
今日も読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん! 嬉しいです♪ 



Posted by theslowpace at 11:42ニッキ
2013年05月30日

弥彦山に来れちゃった♪

と言う訳で夢のように楽しかった土曜日のお話を暴走気味に続けます♪
弥彦山スカイラインを通り 念願のクライミングカーに乗ってここまでとっても
簡単に来れちゃいました。

0Y2A9685


九合目からだけ徒歩です。 とても楽をさせて頂いて恐縮なのですが、
今山頂気分を味合わせてくれる貴重なお山で本当に感謝なのであります。

0Y2A9690


まぁ 毎度の事ですが登りではかなり息が切れております。 
カメラザックを背負って一応 ギガパン準備は万全なはずです!

_MG_9583


階段を登り切ると 電波塔のある場所へ♪ NHKの電波塔のある山頂は幾つ登ったかな?と
思い起こしたり。。。

_MG_9584


そして山頂のすぐ手前には鳥居、そしてその手前にベンチがあります。
このベンチがここにある理由が判ります!!! このベンチに座ってのんびり
しながらギガパンを撮りましょう!

0Y2A9701


そう、このベンチの正面に広がる景色は雄大な田園風景と山並みです。
なかなかこれほど広くて雄大で綺麗な景色をギガパンに収められる場所は
あまり無いので親分も非常に楽しみにしているようですが。。。。


問題勃発。。。

_MG_9586


カメラを新しくしたお陰で私のカメラも親分のカメラにもマンフロット三脚の三脚座が
ついていて。。。肝心なギガパン専用の三脚座が。。。ニャイ!

と言う訳でそれが無いとギガパン撮影はまったく出来ない訳であります。。。

0Y2A9707


車の他のカメラザックに入れて来てしまったようです。。。。゜(´Д`)゜。

親分は一気にテンションが下がります。。。

0Y2A9710


広角レンズで撮影で我慢しましょう。。。それよりも重たいギガパンと三脚まで持って来たのに
本当にくやすぃ〜〜〜。 まっ。引きずっても仕方ないのでまずは山頂を目指します!


0Y2A9711


鳥居をくぐって階段を上がり切った場所に ありました! 念願の石碑です!

_MG_9588


この 弥彦山と書いてある石碑に逢いたかったのです!!! 

0Y2A9713


空いていたのでちょっと座らせてもらって記念撮影♪
そんな間、ギガパンの撮影が出来なかった親分はもう心此処にあらず(苦笑)

_MG_9589


気持ちはさっき駐車場から見た 台湾のお山に似ているあの景色の良さそうなお山に
心を飛ばしている感じでした。。。

0Y2A9717


佐渡島を眺めるアフー。 去年、逝去された恩師の生まれ故郷である佐渡島。色々な
お話をしたな〜と色々な思いが込み上げます。 白馬岳の山頂から見えるかもしれないと
思いながらも結果見れずだったのですが、この日はゆっくりと綺麗に姿を見せてくれました。

0Y2A9721


そして、山頂の神社でお参りをして足早に下山開始です。
帰り道は心此処にあらずの親分も弥彦山石碑君と記念撮影です。

_MG_9590


そして、下ってちょっと登って一気に下ってレストハウスのある場所に到着です。
で、下りながら親分にご提案。親分だけクライミングカーでギガパンの三脚座を
取りに行ってくれば?と聞いて見た。

_MG_9593


ここで、親分の心が戻って来ました! 往復350円払ってでもどうせなら
撮った方が良いよ!!! と結局親分だけクライミングカーを2往復乗れちゃうのであります。
私はお留守番。暇なので親分のストーカーをする事にしました。

アフーカメラに70mm-300mmレンズを付けてストーカー開始です♪ なんちって♪

_MG_9596


むふふ。盗撮されているとも知らないオヤビン。 そして周囲の人からかなり怪しまれている
と思われる盗撮中のアフー。。。 もう楽しくて夢中だった記憶です。はいっ。残念人間は
やはり治っていないようです。

_MG_9598


 むふふ。親分はまだストーカー行為をしているアフーの
事には気がつかないようです。。。ならば今度は一人で満喫しているクライミングカー乗車中の
親分を激写しちゃいましょう♪ と一人で企んでいると。。。

_MG_9600


あれれ????? オヤビンが乗ってない?
と思ったら。。。

_MG_9601


だいぶまったりしているようです。。。 いいな〜。私が取りに行けば良かったなと
思いつつ、親分のストーカーもあっという間に終了です。。。楽しかった。とこんな
事で一人で楽しんでいる事に気がつき急いで我に帰ります(照)

_MG_9602


お帰り〜。オヤビン。で実はこの時に親分の携帯に電話したのですが親分の携帯は
圏外。。。実は焼きおにぎりセットを持って来て欲しかったので電話をしたのですが。。。
残念〜。 お腹空いちゃって限界だ〜。 合流後。親分にお腹空いた事を告げると
よるご飯はどこか美味しい海鮮系の食事にするから今はスイーツにしましょうとご提案!


0Y2A9726


そんな訳で展望台レストランへ。ちなみにクライミングカーの乗れる駐車場からはもうひとつ
乗り物があってこんなタワーもあるのです。 ただ、こちらは駐車場から更に上の場所に
降りる事は出来ないようです。

0Y2A9732


オーダーをしてしばし待ちましょう♪ 上の写真のカメラがアフーが親分ストーカーを
した望遠レンズとカメラであります。(笑)さてと、スイーツ到着です!

_MG_9603


アフーはサンデー。それからオヤビンはホットケーキ(アイスクリーム付)をオーダー。
朝、食べたきりだったので猛烈に美味しい!!! あっという間に完食です。で親分曰く
クライミングカーの最終は5時20分との事。

0Y2A9743


ならばこのレストランの最上階にある展望台でギガパン撮影をしましょう♪
と言う訳でこの場所でギガパン撮影をします♪ 暇人アフーは携帯で
今日のよるご飯を何処で食べるかを調べています♪

0Y2A9747


終わりがけの弥彦山レストハウス付近は静かでなんとも心地よい空間でした。
親分は撮影に夢中のようです。私もよるご飯探しに夢中です。(笑)

0Y2A9748


平野方面をギガパン撮影したあとはもう一枚と気になるお山を撮影していたのですが。。。
結局、クライミングカーの最終時間になってしまったので3分前に撤収。急いでクライミングカー
乗り場へ。。。

0Y2A9752


で、この日、クライミングカーの最終客は私達となりました。で、ここで一緒に乗り合わせた
スタッフさんとそれからクライミングカーの管理の方に寺泊で観光向けでない御食事処を聞いて
みました。 実は理由は寺泊のアメ横はどうしても観光地化している御食事なので夜営業は
行っていない場所も多いのであります。
でも寺泊にも地元の方達向けの場所があるよとアドバイスを頂きました!!! このお陰で
美味しい食事にありつけたのであります!
0Y2A9756


そんな訳ですでにお土産屋さんもすべてシャッターを降ろした静かな駐車場で記念撮影。
小佐渡、大佐渡もくっきり。 最後に乗り合わせて下さったスタッフさんがとても良い方で
色々な方面のお山もそして佐渡島のお山もすべて教えて下さいまして、なんだかとっても
心和むそんな夕暮れ時であります。

0Y2A9761


あっ、そうだった。親分あっちのお山登りたいって言っていたよね。でもさすがに
私に遠慮してまた次回にすると言っています。 そんな事 言わないで行ってみようよ!
きっと綺麗だよ! 行ける所まで行こう!!!
_MG_9589


と言う訳であっちの山にもちょっとお邪魔してみる事にするのであります!
あと僅かですが続くのであります♪

今日も読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん。嬉しいです。 



Posted by theslowpace at 16:52ヤマノボリ ,オデカケ
2013年05月29日

弥彦山をめざせ!

こんにしょわ。。。
と言う訳で暴走気味に続きます。 

_MG_9558


高城城跡 ヒメサユリ祭り会場を後に弥彦山スカイラインの入り口なのでしょうか?
ナビをセットしてみると丁度30キロ程。 三条市で少し渋滞に嵌った物の順調に
弥彦山を目指します。 

_MG_9562


なんとも大きな鳥居です。 すると親分がこんな看板を発見。ズームでヨッテミマショウ!

_MG_9564


大きいはずです。日本一大きな鳥居のようです!!!
そして、順調にスカイラインに到着そして、山頂直下まで続くスカイラインは
有料と思いきやそのまま通過できるようです。

_MG_9566


そして13キロと少し車を走らせると突然綺麗そうな駐車場に到着するのです。。。
が、私も親分もそこがまだ山頂とは気がつかず。。。 後ろを振り向くと。。。

0Y2A9654


あっ! ネットで見たクライミングカー。。。 もの凄い急斜面をまさに
クライミングしていく乗り物なのであります。

0Y2A9656


これに乗ってみたかったのです。最近はこういう乗り物が全国的に廃止されて行く事も
多く 山などで調べてみると廃止されてしまったんだという物が稀だけれどあったりするので
あってくれた事に感謝です!!! 

_MG_9569


クライミングカー。でもこれとっても人気の乗り物のようです!!! 乗車時間は1分。
ちなみに駐車場から徒歩で登る事もできるようです♪ 
往復で大人350円。 とても安い!

_MG_9571


乗車口付近にはなんともソソラレル看板! お腹空いたね〜!
さてと、クライミングカーが来ましたよ〜!

0Y2A9657


下りのクライミングカーには思ったより人が乗っております。ひっきりなしに
上下しているクライミングカー君。けっこう人気物なのです!!! しかもなんとも
可愛らしい風貌なのであります!

0Y2A9660


いよいよ乗車です! と言ってもたった1分なのですが満喫しましょう♪

_MG_9572


見上げる親分。 親分が見ている景色はこんな感じ。

0Y2A9662


そり上がっています。ちなみにこの弥彦山は麓からロープウェイも運行されています。
徒歩、ロープウェイ、スカイライン、そしてクライミングカーと色々な方法で山頂直下
まで行ける弥彦山は人気があるのが伺えます!

0Y2A9668


しかも景色も抜群です! この日は雲が多い物の佐渡島までくっきりはっきり
見えてくれました!

_MG_9578


たった一分の短い間でも眼下にはテンタマ号。そして遠くにはお山も
見たい所がメニメニです。

0Y2A9673


が、やっぱり1分。あっという間に山頂駅です。クライミングカーの山頂駅は
麓からのロープウェイの山頂駅よりも若干上にあるのであります。

_MG_9580


降りるとそこはレストランがあって小さな公園もあってそれから山頂続く道と
反対側にあるお山側に行く道とそんな感じになっています。
で、親分も私も あれれ。。。 なんだか過去に見た似た景色を発見です。
弥彦山の山頂に行った後、どうしても寄り道したい場所を発見です。

0Y2A9676


そんな感じも以前に同じ事があり観光で訪れた後に見かけた風景を
どうしても再訪して山頂を見てみたく数年後に登ったあのお山にそっくり!

c0f66622


台湾の基隆山になんだか似ている!!と言う事は景色が素晴らしいはずだよね!
必ず行こう! と親分に伝えます。 もう親分はそっちのお山に行きたくて
仕方ないらしい。

_MG_9581


ただ、まずは弥彦山の山頂に行きましょう♪とお願い。 ちなみに親分は
ギガパンを持って来ております。 そして少し山頂方向に歩いた景色を見て
お隣のお山ではなく もうギガパンでこの風景を撮りたいと言い出しました。

0Y2A9677


確かに判るその景色! 遠くには見事な名峰揃い。
じゃあ、山頂でギガパンをやろう!!! とまずは 現在九合目にいるので
山頂に行かねば! 道標に国上山と書いてある!

0Y2A9681


実はこのお山。我が家には忘れられない過去があるのです。 実は雪割草が咲いているという
情報を得て目指したのですがつい、のんびりしすぎてしまい到着が
夕方、しかもほぼ日が沈んだ頃に到着した記憶が。。。このお山もいつか登りに行きたいねと。。。

0Y2A9682


右手に佐渡島と日本海が見えるビューポイントを越えたら山頂にある神社にむけて
階段を登ります。


_MG_9582


ラクチンな方法だけれど、今の私に踏める数少ない貴重な山頂です。 
久しぶりの山頂が待っているんだと思うととってもワクワクドキドキするのであります。
皆さんの素敵なレポでよく拝見するあの弥彦山と書いてある石碑に逢えるのが
もうとても楽しみで仕方なかったアフーであります。
と言う訳でお話はもう少し続きます♪ 

続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん!嬉しいです♪ 



Posted by theslowpace at 12:02ヤマノボリ ,オデカケ