2012年12月
2012年12月31日

ヤマノボリ2012 後編

2012年 12月 31 日
最後の記事は。。。 ヤマノボリ2012 後編を書くのであります。

振り返ると、つい先日のように思い起こす山とそうでないお山。
その分かれ目はなんなんだろう? と思いつつも
私にとってものすごく 印象深かった山は 小浅間山。


193f33a6


レポはこちら。       

9a8a522d


ほぼ、貸し切りだった小浅間山。 広い景色にうっとりしながら 強風に耐えながら
楽しんだ記憶。。。

852273e5


そして、下山後は少し下調べをしてどうしても行きたかった お茶屋さんへ。
そう、ニャンコさんたちに逢いたかったです。そしてその喫茶店でケーキとお茶を
頂いた時間も この上ない至福の時間だった記憶です。

f6908634


それから、仕事で台湾への出張が決まり ならば行きましょう! と。。。

3b355ded


蝶が舞う 陽明山の大屯山へ。この山にいる蝶がはるばる日本へ渡ってくる事を
知りました。 日本の東北まで飛んだという記録を見て少し感動したアフーであります。
あれから蝶を見る目が大きく変わったのであります。

目指せ!大屯山 2012弾丸ツアー 台湾編 其の参
目指せ大屯山 其の弐 2012弾丸ツアー 台湾編 其の四
目指せ大屯山 其の山 2012弾丸ツアー 台湾編 其の五
目指せ大屯山 其の四 2012弾丸ツアー 台湾編 其の六
目指せ大屯山 其の五 2012弾丸ツアー 台湾編 其の七  


ab4dfa91


藪漕ぎを抜けてみたが ここはかなり マイナールートダッタ事を知ったのは山頂で♪

c68297a0


そして下山後、向かったのは。。。5年前に見上げたあのお山。

c0f66622


いつかあのお山の山頂にと思っていたけれど 思ったよりも早くたどり着く事が出来た。
しかも、この山頂にたどりつくのに5年前はけっこう大変だったアクセスだったのだけれど
少し慣れもあったのかけっこう順調にバスを乗りついて到着したのであります。

c7a9efc6


そう、このお山は 基隆山 その続き
5年前の逆で見下げてみた。 少し神様になった気分であります。

c64c23f4


うだるような暑さで登れたお山は今年はすべて台湾のお山だったなと。。。夏山に
行けなかった思いが今になってこみ上げる。。。訳であります。

4fe8b225


そして、大急ぎで書いた、台北101の撮影をする為に登った 四獣山の象山。

_MG_2400


そして、このお山で親分が収めた写真はこれ。。。

名称未設定-1


素敵です! もっとメニメニあったのだけれど
どっかの誰かさんが消しちゃったみたい。。。

そして、一年に一つだけはどうしてもアルプスへと。。向かったお山でした。
今、振り返るとこのお山に登る数日前に恩師より余命宣告を受けた。。。
いろいろな事が起こっている中に登った山です。

c88933fd


黙々とそれでも いろいろな山を浄化してくれる訳で。。。家で悩んでいる時間と
同じ時間とは考えられなかった記憶。

d9c8a254-s


。序章  大池へ   大池    登頂    下山 最終回

884c4c1d-s


奇麗だったな〜と。。。思い起こす。人気のある山の理由も判った。けれど山頂の
大きな小屋に寄ってこなかったので、ここはまた行く事に決めている山でもあるのであります。

7a367189-s


1000枚以上の写真を撮った白馬岳。

6c51ebc9-s


アルプスはこれで今年は登り納めだろうと思っていました。
それでもどうにかひとつ登れた嬉しさを。。。小さく噛み締めたそんな記憶です。

291eae72-s


そして、何年かかったかな? 君に逢いたかったよ。。。
ようやく現れてくれたんだと。。。本当に皆さんのブログやHPに登場していた
見ていた通りの雷鳥さんに逢えた。。。人間を恐れること無い ゆったりとした雷鳥さん。
白馬岳で待っていてくれました♪

そして、北海道遠征。

7fee1853


旭岳へ。。         
紅葉を探しに。。。 今年も紅葉ハンター1号2号は登ります♪

e66b0413-s


奇麗なパッチワークを無事に見る事ができました!

111e44e9


そして、北海道大陸の最高峰

0b58f361


無事登頂であります♪
1642d442


こちらがメインだった北海道旅行もとても楽しくて仕方なかった記憶。
アフーは初めての北海道。皆さんが北海道に何度も訪れる理由が判った訳であります♪

66198571

 
そして、もうひとつ登れると思っていたけれど年末も予定は大幅に狂い。。。
2012年の最後のお山となったのは。。。赤城山の地蔵岳。

bc921ac1


ギガパンでこんな写真を撮ってめちゃくちゃ楽しんでいた記憶! 地蔵岳   

9374e41d-s


と今年はこんな感じのヤマノボリとなりました。

どれもこれも良い素敵な山でした!

3a54513d


そして、今年も楽しくブログが書けた毎日でした。いろいろな事があるなかで
記録を残していく事。。。時々疑問に思う事もあったりするのですが

来年もそしてこれからもずっと ありのまま、自然にいろいろな事を綴っていけたらと
思います。。。 

924c43c3


みなさん、今年一年、本当に本当にありがとうございました。
来年も残念極まりないアフーですが 仲良くしていただけたら嬉しいです。

4b33223f


みなさまにとって来年が良い素敵な一年でありますように♪
良いお年をお迎えください♪  本当にありがとうございました。

2012年 12月 31日 大晦日 のアフーより♪


Posted by theslowpace at 07:00COM(908)ニッキ ,ヤマノボリ
2012年12月30日

ヤマノボリ2012 前編

こんばしょわ、
熱が下がったはずなのに また熱が上がり始めたアフーであります。

年初め、歩き出しは アタマヤマでした。

3d6ddf2b

今年が良い一年でありますようにと。。。そんな形で年のはじめはいつも
登る山も少しだけ しっかりと決めるアフーであります。

0ccab752


車山の肩から登り始め山頂に到着する頃、吹雪に見舞われました。

アタマヤマ (車山) 其の壱
アタマヤマ (車山) 其の弐 
アタマヤマ (車山) 其の参


360fc2e1-s


山頂で少し吹雪がやむのを待って下山した記憶です。途中再び吹雪になり
さすがに撮影もせずに急いで下った記憶を思い出すのであります。
2345d9f4
 

コブンコナマミレ。のくだりも懐かしく。。。

 
そして、次に目指したのは 赤城山。鍋割山でしたね。。。
いつか荒山に登った際にとっておいた 隣の鍋割山。
鍋割山 其の参


98f86d43-s


遅めのスタートで山頂では見事な夕暮れに間に合った記憶。

e61b2379


この頂に到着する前に いくつかの名前のついた頂を通り過ぎたのですが
その山の名前にも興味をそそられた記憶の多いお山です。

ff58c840
 

くだりは真っ暗だったよね。。。 懐かしい。


そして、

弘法山

弘法山。これは突発的に行ってみようと登った 小さな小さな山でした。

77b747c8


自転車用のGPSを持ってお出かけしてきました。でも 弘法山の山頂はあまりにも
近すぎて 消化不良。そんな訳でそのまま目指した場所は。。。

弓立山でした。

3414024c


弓立山前編 後編

山頂から少し下って 有名な岩を見に行ったあと 下りでは
夕日が奇麗ではしゃいだ記憶。

b409a43c


日が沈むまで 大人げなくずっと 遊んでいたよね♪

8f45cc8a



まだ肌寒いそんな記憶。。。

そして、いつかのためにずっとずっと取っておいたお山です。

武甲山 1丁目〜20丁目

武甲山 20丁目〜51丁目

武甲山 山頂目〜51丁目、そして1丁目へ


9bca517c



のんびりと歩きだし、たくさんの丁目を越えて 山頂へ。きっと良い山だからと

取っておいたそんな武甲山は期待通りの素敵なのんびりと歩ける山でした。

 a658ffe1



武甲山。三十丁目のアフーがお伝えいたしました。

という訳で、この続きは大晦日に♪ 熱で節々が痛いよ。。。今年は本当にいろいろな一年でしたが
最後の締め括りも。。。来年は今年より良い一年でありますように。。。 おやすみなさい。
 
最後も読むよ♪うれしいです お尻ぺんぺん。なんちて。



Posted by theslowpace at 21:05ヤマノボリ ,ニッキ
2012年12月29日

2012弾丸ツアー 台湾編 其の19


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         



という訳で続きです♪

台北101を後にしてタクシーの運転手さん任せで 象山登山口まで。

IMG_2304


そう、この風景を探しにはるばる日本からやって参りました。
さてはて、見つける事は出来るのでしょうか?

IMG_2336


タクシーの運転手さんは 少し迷っていたけれど無事に登山口に届けてくださいました。
思っていたよりもこじんまりとそして奥まった場所に ひっそりと佇む登山口に到着。

IMG_2354


トッツァン坊やアフーが到着です。
雨上がりなのでものすごい 湿度です。。。  路面のご覧の通りスリッピーです。

IMG_2357


ただ、登りはじめからすぐに気がつきます。この山。。。蚊がはんぱない。。。
しかも日本にいるような蚊ではなく ものすごい大きなサイズ。

IMG_2359


登っている間にすでに顔は何カ所も刺されている 足も酷い〜〜〜〜。
親分は蚊に刺されてもまったく痒くないようで。。。

IMG_2360


で、話はそれましたが とにかく猛烈な湿度の中 階段を登ります。
滑るは蚊が集ってくるわもう。。。ほぼ注意力散漫状態。

IMG_2362


なんて書いてあるのか 判らないけれど 登山口。

IMG_2364


どんどん登っていくオヤビン。

IMG_2367


時折、下ってくる方とすれ違うのですがきっと縦走されてきているのでしょうか?
土砂降りの中を歩いてこられたようで。。。ずぶぬれです。

IMG_2369


時折 ワンコも降りてきます。ワンコの散歩道でもあるようです。
そして、開けた場所に。 すると ドド〜ンと台北101が聳える景色に飛び出します。

IMG_2368


それにしても 湿度100% そして止まるともうすごい数の蚊。
気がめいりそうな苦痛度100%。。。状況。

IMG_2371


で、象山の頂に到着。景色はこんなです。ただまだ先はずいぶん続いているようで
親分は先を見てくると。。。私はここにとどまる事に。。。景色はこんなに素敵です。

IMG_2372


この岩に登ったらもっと素敵だろうなと思っていると少し離れた所にいたおじさんが
なにやら 滑るから危ないよと言っているよう。。。相当危なっかしいと思われたようです。
運動神経の悪さは万国共通で伝わってしまったようです。

さてと、無事にあの景色なのでしょうか?

IMG_2336


デケデケデケデ〜ン 発表します!

IMG_2373


うん。アフーが撮った写真ですが見事に そっくり!少し画角の違いはあれど
しっかりとそのアングルに近いです。すると 縦走路の方から若い青年が2名。
そして岩にスタタと登ったのであります。 おじさん、彼らを止める事はしなかったので
やっぱり私は相当な運動音痴にみられたようです。(苦笑)

IMG_2374


そこからの景色は素敵ですか? でそれを見ながらもなぜか 蚊が私によってきていて。。。
もうそれを撥ね除けるのに必死なアフー。すると 青年が。。。これどうぞと一枚くれた。

それは蚊がいやがる匂いのパッチ。

IMG_2375


使い方が判らず直接に肌に貼付けてみたら そうじゃないよと。。。
服の上に貼るんだよと教えてくれた。。。。で、 あまりに蚊に刺されている私を見て
哀れに思ってくれたようで。。。これ一箱、全部あげるから使いなと渡してくれた。。。

IMG_2379


なんて優しい青年達なんだろうか。。。 
記念に写真を撮って♪ お別れです♪ 台湾、本当に優しい人がメニメニです。

IMG_2378


しばらくして、親分が迎えにきました。もう少し先に東屋があってそこで
カメラマンさんが何人かいるとの事。 そちらに移動する事にした。縦走路をしばし進み
小さな公園を超えて一つ目、二つ目の東屋に到着しました。

IMG_2383


蚊はやっぱり減らず パッチを貼っている場所から離れた所を集中攻撃されているアフー。

IMG_2385


東屋で日が暮れるのを待ちます。 ザックの中に足を突っ込んで腕にはタオルを巻いて
蚊からの攻撃を最小限に。。。ただ音がものすごい。気がめいる〜。

IMG_2391


で、親分のカメラの周りにも数台のカメラ。カメラマンさんは5、6人。それぞれにシャッターを
きるとディスプレイに映し出されるのですが皆さんの撮られた写真があまりにも素敵で。。。
でも親分の写真だけなんだか 全然冴えない。。。

IMG_2392


それを一部始終見ていた私は やっぱり親分の写真だけ冴えない。。。と伝えてみるのです。。。

IMG_2393


すると言葉は違えど。。。う〜ん。ちょっと違うんだよな〜というニュアンスは万国共通のようで
隣のおじさまがオヤビンのカメラの設定を見てくれました。
あっ、この設定よりもこの場所はこれが良いよと設定してくれた設定で撮ってみましょう♪

IMG_2394


私も便乗してその設定に。。。すると。。。同じカメラとは思えない素敵な写真が。。。
という訳でこんなにも違う写真が撮れまして。。。

で、右のおじさまはご夫婦で立派なカメラ一式を持って撮影にこられていました。
おばさまも私に指導してくれまして。。。

_MG_2398

まったく言葉は通じないのに いろいろとみんなであれこれ。。。楽しい時間が流れます。
それからアメリカ人の方も参加! もういろいろな言葉が飛び交う楽しい東屋です。

_MG_2402


今でもうちのカメラは台湾のカメラ先生の設定になっているのですが
そして隣のニコン使いのお兄さんも 黒い四角い紙を持って扇いだりして
特殊な撮影をしていらっしゃいます。

_MG_2404


夜にしっかり近づいた頃。少し湿気も収まって 蚊も少なくなったのか?それとも
アフーが慣れたのか? 楽しくてなかなか予定時間を大幅に過ぎていたのですが
遅くなっても良いや! という感じに♪ 道具頼みばかりの親分と私でしたが、完璧に
カメラを使いこなしている皆さんを見ていたら。。。 少し恥ずかしくもなったりです。
まだまだ、カメラの事、判っていなかったんだなと。。。

で、親分の冴えなかった 台北101の写真は 台湾のカメラ先生のご指導のおかげで
ものすごい奇跡的な写真が撮れたのであります! やったね! オヤビン!

_MG_2400


撮影に夢中で幸せそうな親分。
しかし、この時まだ知らない。。。 その素敵な写真を何度も消してしまう残念人間が
こんなに近くで撮影を見届けている事を。。。

という訳で、実は救えた写真はたったの一枚。

その写真はヤマノボリ総集編にアップしようと思います。

少々急いでいる象山レポはもう少しだけ続くのであります。
今日も読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。




Posted by theslowpace at 18:43ヤマノボリ ,ガイコク