2012年10月
2012年10月12日

2012年 曼珠沙華

気がつけば。。。曼珠沙華の季節も終わりに近づいていました。

思いついた様に急いで今年の曼珠沙華に逢いに一滴ました♪


_MG_5351


ほとんどが終わりかけの中、数本、まだ待っていてくれました!
なんとなく季節のお花を写真に収める事がライフワークというか
一年のその時期の楽しみにもなっている我が家。

_MG_5315


そうそう、トンボ少佐がアフー中佐を迎えに来てくれていました。
しかも沢山。。。 暑い日が続いていた影ではちゃくちゃくと秋が準備をしていた
ようで一気に秋模様。。。あっという間に冬が来るのだろうなと。。。

_MG_5262


今日は私の撮影した彼岸花シリーズですが親分も撮影していたので親分の写真はまた後日に♪
一緒にアップしちゃうとアフーのヘタッピさが浮き彫りになるのでここは ベツベツ作戦
なのであります♪ なんちって♪

_MG_5333


毎年、曼珠沙華を眺めては思うのです。ニャンコのヒゲを真似てるでしょ♪と。。。
それともニャンコが真似たのかな? と。。。

と言う訳で 2012年曼珠沙華 アフー編を終わります。

今日も読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちって


Posted by theslowpace at 00:00ニッキ ,カメラ
2012年10月11日

2012弾丸旅行 北海道編 其の弐

と言う訳で。。。

続きです。の前に。。。こんな写真も出て来たのでアップ。

 PA032669


成田空港内にあるチェックインカウンター。事前に48時間以内なら
オンラインでもチェックインが出来るのですが私の場合はなぜかエラーばかり出て
オンラインチェックイン出来ず。。。荷物預けもこの場所で同時に行われます。
LCCにはつきもののバスに乗って階段に登ってようやく飛行機に搭乗ができます。

PA032670


で、事前に取った席は最前列。足が伸ばせる。。。がCAのお姉さんの
席が正面なので結局眠ったままで到着してしまいました。でも出発前は
コックピットが丸見えです。で北海道の新千歳空港にはあっという間に到着で
それから荷物の受け取り後、レンタカーカウンターへ

PA032675


レンタカーはバスの受付のみ空港内にありまして後はバスに乗って少し離れた
センターにて正式な受付などを済ませます。でようやく。。。
色々な車の説明を受けまして鍵を受け取ります!

BlogPaint



今回の旅のお供をしてくれるのは フリードハイブリッド君です。
スライドドアーがあるのとそれから フラットになる車と言う事でこの車を
選びました。燃費も良さそうです!

PA032677


実は初めてのハイブリッド車であります。親分は運転を楽しんでいます!
色々モニターに表示される項目、今までにない経験だったので二人ともうっきうき〜です。
しかも燃費がリッター20キロ。 我家のレガシィ君は良くて7キロ。。。テンタマ号も
良くて10キロ。素直に羨ましい燃費を叩きだしています。

PA032679


そうそう、ナビは困りました。止まっている間のみしか操作ができません。
なにか設定があったのかもしれませんが助手席の私が弄るのに走行中は操作が出来ず
最初から最後まで信号の少ない北海道ではこのナビにだけは非常にストレスが。。。

PA032680


まずは一番行きたい場所に向かいます。ナビをセットして走ります。高速は使いません。
もの凄い快適な道をぐいぐいと快調に進みますが さすがにお腹空いちゃった。けれどお店も
無い、ようやく見つけたコンビニでおにぎり一個食べました。

PA032681


このおにぎり このコンビニで作っているのかな? 温かくてもの凄く美味しい。
こっちのコンビニではこんなに美味しいおにぎり売ってない。。。

PA032682


で、グイグイ進みます。高速道路ばりなスピードで皆さん快調に進みます。信号も無いので
思ったよりも早い到着になりそう。

PA032683


音楽は親分が持って来てくれたのでそれをナビに繋いで ナビは Getherというメーカーの
物でした。USB、SDも繋げるので非常に便利です。スマートフォンの充電もこのナビの
USBから充電です。トランスミッターの貸し出し等もあるようで至れり尽くせり

PA032684


快適道です。

PA032686


おっ!富良野の看板が出て来ました〜。

PA032687


熊さんの看板も出て来ました。
そして、あっ!カントリーサイン発見! 暇人な助手席は北海道のカントリーサインを
集める事にしました!

PA032689


水曜どうでしょう という番組の企画なのですが 道内のカントリーサイン。
富良野市のカントリーサインを頂きました〜。

PA032689-1


ブドウと丘と赤い屋根。 楽しみです!!!
そんな訳で気がつけばあっという間に富良野に到着です。まずは富良野駅に
新千歳空港のレンタカーステーションからナビをセットしていたので迷う事無く
到着です。

PA032690


ロータリーをまわるとゲストパーキングがあります。全部 わ ナンバーか道外のナンバー
です。 そうこの場所、知っている人は知っている 北の国から のロケ地が
付近にある場所なのであります。

BlogPaint



そのドラマに出て来る風景、実際に見てみたく 兎に角まずはここを目指してみました。
広い広大な景色ってどのくらい広いのか、それは
自分の目で見てみないとテレビや写真じゃ判らないもんね〜♪

PA032692


と、まずはこの場所をふらついてみる事にします♪が。。。
この日、実はバカバカアフー全国放送のテレビ番組に知らずに写っておりまして。。。
そんなお馬鹿なエピソードも含めて。。。続く。。。

と言う訳で。。。続く。


Posted by theslowpace at 11:43オデカケ ,ニッキ
2012年10月10日

2012弾丸ツアー 北海道 其の壱

さてはて。。。


航空券だけを取ってノープランの旅行を漠然と考えていたのは夏の頃。

ただし、いつも弾丸旅行と言うと我家の場合は直前に決める事が多い訳で。。。

そんな訳でだいぶ前に取ったチケットも実を言うと。。。直前になるまで

飛行機のフライト日時も気にしておらず適当な感じでした。

12)



で、今回は成田発 新千歳空港行きのチケットを買った。ローコストキャリアの誕生で
破格なチケットでした。二人分の往復で諸費用込みでも2万円ちょっとで北海道への
往復チケットの予約が出来ました。


ただ、夏を越える間に何度かジェットスターからのメールが届いていました。
フライト時間変更のご案内とか、最終日にはチェックイン時のメンテナンスによる
遅延も考えられるのでというメールやら。。。 安い分 通常の国内線より面倒な
事は否めず。 


お互いあまり気にしていなかった北海道だった事もありオヤビンは出発日を勘違いして
一日前倒しで休みを取ったりと。。。


そんな訳で、出発日実は予約を取る際に到着日、最終日共に遊べる様に出発日は
朝の6時20分発。帰りは最終の20時20分発をそれぞれに予約しました。



座席の指定(エクストラレッグルーム)800×4=3200円
手荷物受託代金 15キロ×2=3500円 (行きはネットで1500円帰りは窓口で2000円)

46)


それに+クレジットカード利用手数料が800円

残りの金額がチケット4枚分の金額となります。数千円で北海道まで行けてしまうのは
本当にローコストキャリア様々なのかもしれません。

出発は成田空港なので 毎度お世話になっている USAパーキング。
それからレンタカーも直前に急いで予約を入れました。

そんな訳でここまでは そこそこ順調。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


さて、出発の日です。夜中というかまたもや うだうだしてしまい家を出たのは3時30分。

縁起を担いで。。。復活して治ったばかりのレガシィ君で出発です!ガソリンも満タンにして

高速に飛び乗りまして。。。走る事、20キロ


c83279ac



異変に気がつくのにはそう時間はかかりませんでした。スピードと
回転数の感覚がどうもいつもと違うんです。。。 親分が。。。どうすると言います。

まぁ、元々安く取れた航空券だし。。。ダメな時はダメで良いよね♪ と実は出発前から
そんな感じだった事もあり このレガシィ君でそのまま東関道で成田まで。。。
それは辞めようという事になり急いで首都高を降りてUターンして再び首都高に乗り
家に戻る事に。。。


もう最悪な状態。。変速の際に時にドッカーンと車体がもう怖くて乗りたくないと
思ってしまう程に不安定なレガシィ君。ミッションが壊れたようです。兆候も全くなかったので
猛烈にショック。。。北海道よりもそれよりも変速しないレガシィ君にショックで。。。


普段よりも距離が異様に長いような感じる家路の途中、親分は アフーもうミッションは
治さないよ。。。覚悟しておきなと。。。。゜゜(´□`。)°゜。


最悪な長い長い家路。 もう北海道は頭になくて無事に家まで帰れるかの心配でハラハラ
ドキドキ。。。でもさすがレガシィ君。変な音を出しながらも無事に家に着きまして。。。
気分を入れ替える間もなくテンタマ号に荷物を乗せ変えて出発。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


そしてダメ元でダメならば空港でも写真撮って来ようと言いながら出発。

再び高速へ。


しかし再びアクシデント。。。 テンタマ号のETCカードの有効期限が9月30日まで。
テンタマ号はETCカードを入れる場所が特殊な所にあるので入れっぱなしにしておいた
事でナビにはきちんとOKのグリーンマークが点灯していたのでてっきり。。。何年かに一度の
日が今日じゃなくても良いのにと。。。

ゲートは開かずにチケットを取りまして次の料金所でナンバーやら色々と
控えられましてそれから新しいETCカードへの
切り替えに時間がかかり。。。渋滞1つでアウトだろうと言うリミットになりました。


それでも飛ばせば危ないし。。。という訳で親分にまた次回飛行機のチケットを取るからと
促して安全運転をお願いしました。早朝便なので幸いな事に首都高はガラガラ。


順調になんだか間に合いそうな予感な頃に 大きなコンテナを積んだトラックが2車線を
仲良く2台で並走。。。 追い越し車線の車も一向に退く気がない前はもうガラガラで。。。
法廷規則速度以下で走っている状態。。。


だいぶ我慢していた親分でしたが。。。 限界に達したオヤビンは。。。見た事無い行動を。
ライトでアップチカチカ。。。正気の沙汰じゃないオヤビンになっていた。


そこからはスムーズに東関道に入りUSAパーキングへ。間に合ってしまった訳であります。
レガシィ君。それから ETCカード と。。。それから手荷物検査ではカメラのチェックやら
色々と細かいチェックが入り アフーの白いデジイチ君が行方不明になったりと。。。


もうハプニング続き。。。白いデジイチ君を係の人がもって来た際も身分を事細かくそれから
チケットなどもメモられてなんだか。。。とことんついていない。。。




 画像1


でもどうにか予定の飛行機に飛び乗る事が出来ました。
で、実は座席を一番前の足の伸ばせる席を取ったのですがこれがまた 前にCAの座席。
CAさん二人を常に正面に。。壁も無いので。。。
親分も私もなんだか微妙に目のやり場に困りまして。。。取った行動は離陸から着陸まで
眠る事でした。

気分が乗らない訳ではないのですが バッタバッタと色々な事があり過ぎて。。。
グダグダなスタートとなりました。まぁそれも 通り過ぎれば旅の思い出。

と言う訳で北海道弾丸ツアーのお話をはじめます。


読んであげるよ♪お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。


Posted by theslowpace at 09:31オデカケ ,ニッキ
2012年10月09日

白馬岳 最終回

と言う訳でようやく長いレポも終わりを告げます。
テント場を後にそしてここからは黙々と下ります。
_MG_0600


親分のNewマットはとても使い易かった様で。。。満足とのこと。
それから私はというと今回もエアマットをもって来たのですがテント泊を重ねるたびに
パッキングもだいぶ上手になりました。段取り良く手子摺らずにすぐに収納も出来た訳で
重さでどちらを選ぶか毎度悩みたいと思います。




_MG_4456


とにかく黙々下りますが 思っていたよりも下りは滑る。そんな訳で ザックの重みと
それから朝から歩いていたのとだいぶ、体が鈍っていた事もありなんだか親分の
スピードについていけません。必死に遅れを取らない様に頑張りますが。。。
滑る岩にビビりながらの下山です。

_MG_0605

途中、天狗ホニャララを過ぎて それから更に下る事しばし、
親分が見るに見兼ねてカメラをもってくれまして。。。
で、下りの写真は親分が撮ったこの3枚のみ。

_MG_0607


理由は少し空にありました。なんだか雲行きが怪しかったんです。
急ぎ目で。。。そして 一瞬ポツリと雨が舞い降りた様なそれから更にスピードを
あげます。必死に私も下りますが休憩無しで一気に下るとやはり膝も足も
言う事を聞いてくれません。

_MG_0608


急いだのだけれどけっこう長く感じます。巻いて下る様で近いのに着かないジレンマと格闘
しながら下りましたがとうとう、やって来ました。ポツポツと雨が。。。親分は走って先へ。
私も必死に走るまでは言えないけれどそれに近いスピードで頑張って蓮華温泉を目指します。
ここからは写真が無いのでちょっと振り返りながら下りのエピソードを書く事にします。
_MG_037


雨はぽつりぽつりから大粒の土砂降りに近い程の雨に変わりました。もう更にスピードを上げますが
親分には追い付けずそして温泉にも着かない。。。レインウェアを着るか迷うのですが
蓮華温泉はもう近いはずと。。。丸太の橋を渡り必死に走ると先のカーブで親分が

もの凄い機嫌の悪い顔をしてザックを降ろしてザックカバーにカメラを包んでいます。

機嫌の悪さは今回の山史上。。。な感じで。。。

ふざけんなよ。。。よりによって俺が2台もカメラもってる時に雨降らなくても良いのに。

私もつよ。

今更おせーよ。いいから先進んどけよ。おせーから。

。。。親分は基本 言葉遣いは丁寧なんだけれど相当怒るとこんな風になる。。。

ここは何も言い返さずに先に進もうと決めた。。。


そして、親分がザックを降ろしていた場所を通り過ぎカーブをやんわり曲がったら。。。


正面に大きな建物が見えた。蓮華温泉到着。

オヤビンに告げる。

オヤビン。温泉についたよ。

あとどれくらい? と言うので20mくらいと告げた。


なんだよ〜。(`□´)ッ! ザック降ろした意味なかったじゃん。。。

とこんなやり取りで大笑いしながらのゴールとなった。 
そんな訳で無事にゴール。ただ雨が大雨にならない
うちに林道を下ってしまおうと言う事になりまして、ゴールの感動も急ぎ足で
車に乗って急いで林道を下りました。

そんな訳で、それからは今度は長野方面から帰ろうと。途中の道の駅にあった温泉に
入ってノンアルコールビールを飲んでそれから食事をしようと思ったのですが
なかなかお店がなくて。。。

結局高速のサービスエリアで食べて無事におうちに戻って来た訳であります。
_MG_0376


1泊2日で久々のテント泊のザックの重みはそれなりに重く、色々あった山旅でしたが
生きていられる以上は色々な事もチャレンジしてみたいし 元気で歩ける事を素直に
喜ばなけれならないと思ったりと私なりにいつもより少し複雑な思いで歩いた記憶のお山です。

_MG_4263


それと。。。数日泣きじゃくった顔は本当に酷く。。。こころも乱れていた私を
受け入れてくれた白馬岳君に本当に感謝です。 そして、ヤマノボリを初めて12年が
経過しました。ようやく雷鳥さんらしい雷鳥さんに出逢う事が出来ました。

_MG_4394


長かったようで短かったのかもしれません。色々と雷鳥さんに逢う事を目的に
狙って登ったお山もありました。逢えるまでは登山を辞めずに登ろうと決めていた目標だったので
次の目標がなくなってしまったのも事実です。

_MG_4386


少しの間は特別な目標なしにのんびりと行ける時に 無理をせずにお山に登り続けたいと
思っていましたが次の目標はあっという間にみつかりました。

先日北海道の旭岳で80歳近いご夫婦とご一緒に登りました。
_MG_4275


新たな目標はそこに置こうかななんて思っていたアフーであります。
長い長い道のりをいつまで二人で元気に山に登れるかと考えると
この目標はとてつもなく大きな試練なのかもしれません。

_MG_4325


でもまだまだ、楽しめると言う事なのであります!

_MG_0368

 
今後、私が白馬岳を思い出す時は複雑な思いも同時に思い出す事になるのかもしれません。
そんな事を知ってなのかな? こんだけ逢えなかった雷鳥さん達が私達の前に出て来てくれた
のかもしれません。と都合の良い風に解釈しているアフーであります。

_MG_4384


 白馬岳、ようやく登頂できました。 またいつか再訪する事になるでしょう。
なんとなく大切にとっておいた 白馬岳 私にとって忘れられないお山となりました。

相変わらずまとめられずに 長編となってしまいましたが 読んで下さって
本当にありがとうございます。 

と言う訳で2012年ようやく行けた夏山と秋山の間の白馬岳のお話を終わります。 

全部読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん。


Posted by theslowpace at 08:30ヤマノボリ ,オデカケ
2012年10月08日

New Lens と New Game

こんにしょわ。。。


実はいつもつけておくレンズをずっと悩んでいました。

そして、色々な物が。。。

例えば タムロンの 24−70 F2.8 の手ぶれ補正を迷ってみたり。。。


新しい型の親分が常用している EF24-70mm F2.8 が出るというので


親分がそっちを買ったらお古を貰おうとも思ったのですが。。。


結論は要らないという事になりまして。。。


結局、私が選んだ物は。。。

ef_28~70_28l_usm


EF28-70mm F2.8

これに至りました。 今日、カメラのキタムラで買って来ました。

このレンズ1993年製のレンズなのですが。。

PA083005


新しい物がどんどん出ていますが実はこのレンズについてはだいぶ前から

我が家で話題に上がっていたのですが北海道である素敵な出会いでこのレンズ購入に

決め手となる理由を得た訳で納得済みの購入なのであります。

PA083007



古いレンズなのでそれなりに傷も汚れもありますが磨いて大切に使おうと思います♪

で、親分はと言いますと。。。

wi


このゲームが発売されまして。。。 そんな訳で当分の間 暇人アフー確約。。。
という訳で。。。レポモーレツに書こうと思います♪

今日も読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん。



Posted by theslowpace at 19:16カメラ ,ブツヨク
2012年10月07日

白馬岳 下山編其の壱

と言う訳でようやく下山のお話へと。。。

_MG_0518


ギリギリ青空のある山頂で ポテトチップスを食べた。

_MG_0530


ここが目標地点。どうにか山頂を頂きました。と言う訳で下る前に。。。

_MG_4337


高山病なのか? 親分が頭痛薬を飲みました。効くまでの間、しばらく無口でくだります。

_MG_4338


そして理由はもう一つ。頭痛だけではありませんでした。 
三国境にはあっという間に到着。でも辺りは真っ白。。。

_MG_0533


朝だけはお天気が良かったのですが
ガスが湧いてついに白馬岳の大きな頂もすっぽりと覆われてしまったようです。

_MG_0534


まぁ、それでも別に行きにじっくりと見れた事もあり 満足に満ちあふれている訳ですが
下山の時間を考えるとなかなかのんびりもしてられず。。。

_MG_0537


もくもくと。。。歩くのですが 吊り尾根部分は風の通り道。。。

_MG_0548


気を緩めると風にさらわれそうになります。

_MG_0552


そんな場所だけは気持ち分 いつも以上に少し緊張を張りつめて。。。

_MG_0553



小蓮華までの道のりは本当に白い靄の中を歩きました。
と言っても一瞬 雲が退けば頭上に青空が少し見えました。

_MG_0552


整備の行き届いた道なのとなだらかな道のり。
そんな快適な道のりも今の私にとっては少し長く感じます。あれが小蓮華?
この登りを登れば小蓮華?

_MG_0553
_MG_0556


と小さなアップダウンを繰り返してようやく到着したのが小蓮華山頂。
頭痛も治ったオヤビンが新幹線を待機中。



_MG_4339


後少しで小屋。そこからテント撤収と下山。
考えると楽しみを少し使い果たした。。。事もあり テンションもなだらかに
下降気味。。。


_MG_4340


強引にテンションをあげます。

_MG_4341


そして我に戻り再び歩きます。

_MG_4342


一瞬の晴れ間は写真を撮る事よりも景色を見収める事に集中。

_MG_4345


そんで雲に包まれたら一気に下山再開。。そう、この写真を撮って少し進んだ
直後のお話。。すると オヤビンが。。。。


キャー

と叫んだ。その声は。。。男性の声よりも甲高くそして女性よりも若干低い。。。
丁度、オカマさんのような声だった。。。

オカマオヤビンの方を見ると。。。オヤビンがひっくり返りそうになっていた。
見て見ると

ハイマツ帯から。。。親分の足を出したその場所から黒い物体が飛び出て来た。

_MG_4348


親分、ビックリしたのが一段落した後 落ち着きを取り戻して
その物体がなんだかの情報をようやく脳が得た様で。。。


_MG_4350


で、そんなオカマオヤビンの事はどうでも良いよと♪言わんばかりの お尻プリプリ雷鳥さん。

_MG_4351


で、オヤビンの前を行く雷鳥さんは。。。進むに連れてどんどん数を増やして行く。

_MG_4352


最終的に、5羽になった。。。。 けれど登山道を進むお尻プリプリ雷鳥さんは3羽。

_MG_0559


親分の前を暢気に歩くお尻プリプリ雷鳥君。

_MG_4358


お天気が悪くなった分。。。こんな風に長年待ち焦がれていた 弾丸でもない、
そして観光地でもない 本当に逢いたかった雷鳥さんにようやく逢えました!

_MG_4361


親分が一番喜んでいる訳で。。。私だけが待ち焦がれていた出会いではなく
親分も逢いたがっていたんだよね。。。私達にとっては逃げない雷鳥さんや
近くの雷鳥さんに逢えるまでの日々は猛烈に長かったなと。。。

_MG_4364


だからもうめちゃくちゃに嬉しかった瞬間です。 雷鳥さんファミリーは
猛烈にサービスしてくれます。 え〜と、こちらは 細いマユゲさん。

_MG_4365


ゆっくりと写真を撮らせれくれる訳であります。

_MG_4367


で、実は1羽の雷鳥さんは ハイマツ帯を歩いて来たらしく迷子になり少し遠目の場所で
みんなを呼ぶ様に鳴いています。それは カエルさんのような低い鳴き声ではなく
鳥の鳴き声。

_MG_4369


それを聞いて 細マユゲ君が迎えに行きます。 なんだか健気なシーンです。

_MG_4374


そしてこちらは 太いマユゲのフトマユゲさん。
なにやら、暢気に谷の方を見下ろしています。

そして細と太の中間の マンナカマユゲ君。

_MG_4382


こちらは なにやら その場で足踏みをしています。 高山で生きる為に
足の先ま羽に覆われています。

_MG_4384


おっ、君も谷の方を見下ろすんだね! ゆっくりと私と親分の前を横切って行きます。

_MG_4388


君達にとっての天敵は私達じゃないんだね。。。遺伝子に人間は怖くないと
組み込まれているのだろうか。。。 本当にすぐに近くを何気ない感じで通り過ぎて行く。

_MG_4390


誰も来ない白馬岳からの帰り道。白い靄を歩いて来ましたが 
こんな嬉しい出会いの時間は時間を忘れる程に。。。癒されてしまいます。
ようやく逢えたので後で急げる所を急げば良いね!と この場所で雷鳥さんと
まったり。。。

 _MG_4394


雷鳥さん達は上を見上げるよりも 下を見下ろす事がとても多かったです。
いつも下界にいる私達は山の上を見上げますが 雷鳥さん達は高い山の上から
知らない下界の世界をいつも伺っているのかもしれません。
_MG_0570


のんびりとだいぶ雷鳥さんウォッチをさせて頂きましたがそろそろ行かねばです。
雷鳥さん達に別れを告げて下りましょう。

_MG_4395


そこからは親分と、雷鳥さん達に逢えた事に興奮さめやらぬ話をしながら軽快に。。。

_MG_0572


いつの間にかだいぶ下ったのか? それとも天気が好転したのか?

_MG_0573


空に青が少しずつ見える時間が多くなり。。。

_MG_4396


辺りの景色を見せてくれ始めました。気がつけば大池が。。。
そして赤い屋根が
とっても素敵な白馬大池山荘も♪姿を現しました。


_MG_4401


小屋まで下ってしまうと蓮華温泉へ下る私達にはほとんど開けた景色を見る
機会がなくなります。本当に見納めです。

_MG_4410


しっかり目に焼き付けましょう♪

_MG_4414


大きな尾根道。天空のお散歩です。

_MG_4415


朝はお天気も良くそして帰りはガスに包まれたけれど あっと雷鳥さんに
逢う事ができた!!!

_MG_4416


私にとって申し分の無い白馬岳。

_MG_4432


生憎山頂を後にしてから白馬岳の雄姿を見る事は出来なかった。今度は
違うコースでまた訪れようと誓います。


そうそう、気がつけば腰に違和感。ヒップバッグの重みが腰に負担をかけていたようです。

_MG_4441


望遠レンズをもって来たけれど結局、取り出しが面倒なヒップバッグから
レンズを出す機会はなく無駄な重さと山頂アタック。これも次回の課題だなと痛感です。


_MG_0598


そんな訳で小屋についた後。。。一番にした事は 山頂で出来なかった 山小屋ランチ。

_MG_4451


アフーは五目チャーハン。 そしてオヤビンはエビピラフ。共に800円。
山頂で温かいご飯を提供してくれる事に感謝! 美味しいランチをあっという間に
完食!

_MG_4454


手際良く。。。撤収は出来ました。そして最後の下りとなる訳です。



_MG_4456


もう、今晩泊まる方達のテントがチラホラとそしてこれから撤収される方も
ちらほらと。。。そんな時刻なのであります。

_MG_4458





_MG_0600


お世話になりました。広くてとても快適なテント場でした! 

_MG_0602


帰りの白馬大池山荘。。。後から雲が背中を押してくれる様に。。。
というよりも。。。私は押し出されるかの様に。。。迫っていた記憶です。

_MG_4386


谷に向かって鳴いていた雷鳥さん。 なんて言っているのかな???

と言う訳で長くなりましたが白馬岳最終回へと続きます。

今日も読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん。


Posted by theslowpace at 21:31ヤマノボリ ,オデカケ

ただいま〜♪

こんにしょわ。ただいまであります♪


北海道! 皆さんがリピーターになる理由が

ようやく判ったアフーであります!!!!!


ムーチョメニメニ楽しかったアフーであります!


と言う訳で白馬のお話の続きは北海道になる訳なのであります♪


読んであげるよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪


Posted by theslowpace at 11:39ニッキ
2012年10月05日

北海道はでっかいどう。。。

こんばしょわ。。。。


小樽にいるアフーであります。


月並みなタイトルですが。。。


目標は達成しました。

 
_MG_1044



パッチワークも見れました!

そして山頂もいただけました。

 _MG_1182



今もお山の上にいたりするのであります。。。


と言う訳で。。。おやすみなさい。


レポ読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちて。


Posted by theslowpace at 22:16ヤマノボリ
2012年10月04日

紅葉ハンター1号2号

こんばしょわ

紅葉ハンター1号2号
本日見事な紅葉をハントしてきました。



ただ ここまで辿り着くのに大変で
出発20分後から大ハプニング続出です

今日生きているのが不思議な程の
昨日でありました

画像1

明日の行き先も決まりません

まずはグッスリ眠ります
おやすみなさい お尻ペンペン


Posted by theslowpace at 19:48ヤマノボリ ,オデカケ
2012年10月03日

白馬岳 登頂編

と言う訳で。。。白馬岳が小蓮華からそう近く無い事を察知したオヤビン。。。
我が家の力量で計るとやはり 小蓮華から白馬岳そして白馬大池そして
蓮華温泉。これはそれなりに大変な訳で。。。


_MG_4275


そして少し萎えてしまっているオヤビンも心配です。。。

_MG_4277


。。。オヤビン。。。あまり白馬岳ばかり見ない方が良いよ。性格上、親分は間違いなく
萎えるはず。。。でここからは少し先を私が歩く事にした。

_MG_0466


負けず嫌いなオヤビンは前を歩かれると 絶対に着いてくる。その作戦であります!

_MG_0469


ここばかりは アフーも踏ん張りどころです。

_MG_4280


オヤビン頑張れ〜! 平坦だから思ったよりも白馬岳山頂は近いよ!!!

_MG_0472


ただ、これがけっこう長いんです。。。短いのだけれど長いんです。あくまでも残念チームに
とってだけのお話です。でもこれ冷池から鹿島槍よりも遠く感じます。
しかも写真はありませんが 雲が通る時は一気に視界は悪くなり
親分の機嫌も悪くなります。

_MG_4282


親分頑張れっ! よしと 先に進むよ!

_MG_0479


で親分も気分的に先行するよりも私が前にいた方が楽だと言いながら
歩くのが遅いアフーに苛立があるようで。。。結局ストレスになったようです。

_MG_0481


はいっ。交代。

_MG_4283


複雑な乙女オヤビン。。。 なんちって。。。

_MG_4284


雲がもう目まぐるしい。しかも通る場所は細い尾根の場所が多く
そこは雲だけでなく風も強く吹きながれる場所で 私のつばのある帽子は
厄介でした。。。

_MG_0480


帰りは突風も吹いたりと山の怖さも知りました。もちろん慎重に歩いていたのと
少し細めの尾根以外は危険箇所はありません。が、突風はやっぱり怖いです。

_MG_0485


で、突風は帰りのお話なのですが行きは日なたが多いのでまったく半袖でも問題なく。。。
と言いたい所ですが 目まぐるしい雲のように私も着たり脱いだりの繰り返し。

_MG_0494


帽子はもうすぐに飛ばされるので首の後に回した状態で被る事を断念。

_MG_4287


オヤビンは帽子を必ず2個もって来ている。ニット帽は必ずザックに入れている。

_MG_4288


で、親分は座れる石を見つけては座って休憩。なんだか辛そう。
山頂で正直に告白した。高山病なのか、頭痛と一緒に登っていたらしい。

_MG_4289

頭痛薬なら必ずポケットにいれているからもっと早く言ってくれれば良いのに。

_MG_4292


でも雄大な景色を見ると親分はひたすらシャッターを切っていました。

_MG_4293


雲が隠すあちらの山肌がなんだかとても神秘的なのであります。
やっぱり写真は難しい。もっともっと すごく神秘的だったのであります。

_MG_4296


そんな神秘的な風景はあっという間に雲にかき消されてしまいます。

_MG_4297


このあたりから親分もだいぶ変わって来まして小屋の到着と同じく
もう早く仕留めてやろうという感じになったと思われ。。。

_MG_0502


黙々と歩きます。

_MG_0504


あれだね!と思った山頂は まだ白馬岳ではなかった。。。

_MG_0507


それから何度かこんな 雲の中に包まれた。 肌寒い。。。
そんな事を思い出した。白馬岳での今年の事故。このコースだったのかな?と
帰って来て調べてみるとそうだった。軽装だった事が大惨事の要因と考えられる。

そうそして、実はこの日初めて ブロッケン現象を見ました!

_MG_0493


これは親分のブロッケン。私は少し離れた場所から親分のブロッケンを見ていました。

_MG_4298


三国境。 ここでも猛烈な霧に包まれていました。 小休止しました。

_MG_0511


まだここから1時間弱あると言う。

_MG_0508


我が家なら1時間30分。。。 先は長い。。。

_MG_4299


でそこからと言うと雲と青空のサイクルが雲の方が強くなっていき。。。
貴重な青空の時だけシャッターを押したりとそんな感じであとは黙々登ります。

_MG_4301


あれもまだ山頂じゃなかったね。。。

_MG_4302


呼吸が苦しい訳でも足が痛い訳でもそれから なにが辛いのかもよく判らない。。。

_MG_4304


しかも歩き易い道。こんな稜線歩き。久しぶりだから嬉しいのだけれど
蓮華温泉まで下る事を考えると 先はまだまだ長い。
私達が1泊2日の行程を日帰りでいとも容易くクリアしてしまう人もメニメニいる。

_MG_0510


その事は出発前から知っていたのでそんな事を考えながら歩いていた。そして
私がひっくりかえっても逆立ちしても無理だなと言う結論が出た。(笑)

そして、オヤビンは先に山頂に着いたらしい。。。その時の写真は。。。

_MG_0512


こんなメニメニガスガス。だけれど 青空もどうにかギリギリ頑張ってくれていて。。。

_MG_4321


そんな訳で写真もだいぶ減り歩いた後、私も遅ればせながら。。。無事に親分が待つ山頂に到着した。

_MG_4323


ギリギリ一瞬現れる青空とオヤビン。

_MG_0518


山頂は他に2人。

_MG_0522


青空が白馬岳と私の頭上に来たら すかさずシャッターを押す!

_MG_0527


雲と青空の割合は 9対1。 それでもありがたい青空。
小屋の方から沢山の方が上がって来られた。

_MG_4325


で、巨大小屋での美味しいランチ! これは即刻却下した。
下って食べて 再び登る事から逃げたのです。もって来たポテトチップスを山頂で
食べて大池まで戻る事を決定!

_MG_0530

またこの山にはきっと来るだろうと思いました。色々なコースもあるし
季節を変えてその時に山頂の小屋を見れば良いや!と 白馬大池も長年雑誌や
色々な所で観たけれどようやく今回自分の目で見る事が出来たし♪
そんなに欲張る事ないねと。。。

_MG_4327


ただ、山頂から佐渡島は見えなかった。。。途中、海は見えたのだけれど。。。
写真に収める事は出来なかった。。。

_MG_4331


さてと、下山開始です。

_MG_4333


写真は一気に減ります。理由は霧。視界数mになる事もしばしば。

_MG_4335


でも下りは登りに比べればあっという間です。三国境まで30分かからずで降りて来ました。

_MG_4336


黙々と降りる訳ですが 親分は無口です。そう、頭痛薬を飲んだので効くまでは
少し痛みと戦っているようです。もっと早く言ってくれれば。。。。

_MG_4337


三国境に到着です。
小休止しました。少しだけ。もって来たのはお水1、5リットル。
それからポテトチップス。そしてエマージェンシー。カメラレンズ、インナーダウン。
それからレインウェア。ポテトチップスと水は半分すでに減っています。

_MG_4338


白馬大池まで。。。悪天候を突き進むのであります。

_MG_0533


突風に煽られ、そして親分はOKAMAさんのような甲高い悲鳴を上げます。。。
そんな出来事が白馬大池までの間にありました。 

そんなお話はまた明日♪ 続きも読んであげるよ♪ お尻ぺんぺ〜ん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 08:30ヤマノボリ ,オデカケ