2011年12月
2011年12月31日

ヤマノボリ 2011 後編

こんにしょわ。。。二日酔いのアフーです。正直
宿題間に合わないなと。。。思ったのですが 眠い目にメンタム塗って書く事にします。
なんちて。。。

と言う訳で 前編はこてぃら

登った日が判らない山もメニメニあるので 割愛まくりでありますが。。。後編を始めます。


c28e35db



なんというか。。。 突然行きたくなったお山ではなく 
 てくてくYamaちゃんさんにお話を聞いてからずっとずっと 行きたい気持ちを
沢山心に詰め込んでいたそんなお山! 早池峰山へ!


1b309a8b



早池峰山のお花の盛りの少しだけ手前の時期。 この時期ならば
まだ山の渋滞は回避出来そう=私の鈍足でも渋滞を作らずに済むと言う事で
親分が連れて行ってくれました。


751458fa


なんというか。。。ホムセンで買った皮の手袋はちと。。。場違いだったようで
熱いは蒸れるは痒くなるは 粉まくりだはと。。。 大変だった記憶(笑)
そして快速と鈍足は突き進むのであります。


2a1dd5fe


あっ、鈍足の方はなかなか進まないようであります。
別にこれは具合が悪いとかそういうのではない光景であります。
そして快速が徐々に鈍足を待ちすぎてご機嫌斜めになるのももう見慣れた光景であります。
なんちて♪

d768b76c



それにしても見事な青空!
本当に気持ち良い! 実はこの時は災害後、数ヶ月後という事もあって
山頂で聞くお話はいつも聞くお話とは違うお話で 聞こえてくる話に
非常に胸が詰まりそうだった記憶。単語一つ一つも大きく違った。。。


be371db4


全壊、半壊、駄目だった 大丈夫だった。。。普通の声のトーンで繰り広げられる
会話。ずっと足元のお花を見ながらご飯を食べた記憶。。。
でも口それぞれに 頑張らなきゃね と最後の言葉はそうお互いに声を掛け合っていたのも
大きく胸に響いた。

e932d064-s



そして、ここでは忘れもしないとっても素敵で嬉しかった出会いがありました!
スダッチさんとの出会いです♪ 今、思うともう少ししっかりと歩けている姿を♪
お見せしたかったのであります。。。なんちて。

そんな姿、思い起こしてみてもほとんどなく。。。ほとんど凹んでいる姿ばかりな訳で。。。

e8fbdfe7



でも早池峰山の山頂で♪ 正確には勘違いアフーはまだ先が長いと山頂直下3m下で
長期休憩をしていた訳で。。。 でもそんな素敵な場所で出逢えた事 ムーチョ
嬉しかった記憶で書いている今も笑みがこぼれる訳であります♪


a808be54



下山は快適で楽しい♪ けれど 実は今年もだいぶ 足のつり癖が頻繁に起こってしまい
親分はほとんど下山途中に休憩をしてくれず。。。非常に苦戦した記憶。

4e33db89



ただ、高所恐怖症のオヤビン。。。梯子でだいぶ戸惑っていたので
ぶっちぎってやったのさ〜。そうしたら 親分 アフーの梯子の降り方に呆れる訳で。。。
滑ったらどうやって掴まって止まるんだ?と言われた記憶。

33a19ad6



そんな楽しかった早池峰山は少しお花のシーズン真っ盛りよりは早いけれど
私と親分的にはこんなにお山でお花を見る事は無かったのでもう十二分に
お花を堪能して来た訳であります!


a808be54



山頂でスダッチさんに教えて頂かなければ ピストンをしていたので
大きく広がる景色を見ながらこの山のすばらしさを ずっしり受け止めた登山道。
結局下りは途中で足がもう棒のようになり 親分とも離れた時に 地元の登山者の
優しいおばさま二人が足の異変に気がついてくれて飴と漢方薬とそして冷たいメロンを
下さった。。。 美味しい甘さと優しさで本当に胸いっぱいな!!! そんな早池峰山のお話。

fc2eeb48


早池峰山のお話。
   山頂  


f7b84f95


早池峰山、季節を越えてこの先の人生できっとまたあの山頂に立つと思います。
そしてその次に登れたお山は。。。 高見石山

a721af1f



久しぶりに登れたお山。天気予報が嘘をついたそんな日だった記憶。
新しく買った山服のパンツを履いて実は心躍っていた記憶。


1b309a8b



そして、久々に行ける事のできた 八ヶ岳。。。
この森はやっぱり苔が美しい!

c12e39d9



本当に森の中は絵画のように 緑が鮮やかに 写真ではなかなか表現できないそんな深い緑の
苔に包まれて歩きました。


d897a831


だから、若干一名なかなか前に進みません。 丸山を越えて高見石小屋で休憩を♪
そう、少しだけ早いけれど かき氷をメニメニ食べて キンキンしてみた。。。

83d192c3


キンキンしたまま。。。高見石まで♪


ea9b47c5


森に包まれてここまで来たから風が強かった事を知らずに 
風に突如さらされて 少々びっくりした記憶。

5b0d7c0b



記憶ではそんなに山に長時間居なかった。 


ee6de51d


そう、ハイキングコース的なお山だったのと実は少しだけ
気力と体力が滅入っていた頃だった。。。けれど 重い腰を上げて山に入ってみたら


856b0b87


いろんな 不浄な物が消えちゃった気がした そんな
高見石山と丸山のお話    

556325a2-s



今は雪の下に隠れている苔の森。 私と同じく来年の春を待ちわびているのかな?
今年は寒い。12月は本当に寒い。。。 末端冷え性な私は寝付きが悪いのであります。。。
とどうでも良いお話は置いておいて。。。

お話は、次のお山へと続きます。
そして季節は夏になり。。。


9970677f



室堂に逆から入ってしまおうと。。。
このお山においては少しばかり色々ないつもとは違った理由で山に行った。

6b74e392



この日は非常に珍しい列車に出逢う事が出来たそんな日だったアルヨ。。。


f74fdf64



快速アフー号。

83b89576


鈍足親分号。

da885312


少しばかり親分は気疲れしてしまっていたようで。。。
我が夫婦には少々色々な事が起こった記憶があるけれど今思えば
少し大人になれた記憶。そして二人で純粋に楽しい時間を室堂から雄山で
作っていた事は唯一の救いだった。。。


51a8b627


親分号 遅いアルヨ〜と 快速アフー号が叫ぶ。。。


9649d86a



むふふ。でもこうやって大きなお山と親分をじっくり写真に収めるのって
なんだか新鮮!!!

be0c7859


ここへは2回目。
季節は同じだったかもしれないけれど 本当にいつ来ても素敵な場所だな〜と。。。

89e83101


ブーイングのオヤビン。
さてビールでも飲んじゃいますか。。。と立ち寄った山小屋さん。


a991785e


そこからの傾斜は前回は非常に辛かったのだけれど 今回は快速号だったので
まったくモーマンタイ。

ebc012e3



反り返ってるぞ〜。

1e47cc46


そして雲の流れは早い。さすが3000m級。

ec9ca1b9


登りきって目的達成。 この場所で待ち合わせをしたのだけれど 
待ち合わせの相手はどうやら今日は来ないと知った。。。

861f635e



小屋に泊まろうかと気を使っている親分が見えたそんな日。


618a01bd



いいよ。いいよ。お風呂だけ入ってさっぱりして帰ろう!と 日帰り入浴を
室堂山荘でさせて頂いた。お風呂は貸し切りで景色もすばらしく本当に素敵な山荘だった。


c9f8f990


牛丼を食べてまったりな時間を過ごした記憶。
そうしたら。。。 なんとも何年も待ち焦がれていたあの 有名な!!!
雷鳥さんに出逢う事が出来た!


2efd4119



あっ、きっとこの室堂で待ち合わせした相手は雷鳥さんだったんだ。。。と
そんな思い出の

立山 雄山のお話は     

0b76724c



立山のお話にはおまけがあります。アフーが牛丼を食べたお陰で大雨に(笑)でも
なんだか新鮮だね!!! と親分のカッパ姿をパチりと。。。

そして。。。今年 一番 思い出に残ったお山のお話を始めます。

12e6b9c8


このお話は 早池峰山でお会いしたスダッチさんに背中を押して頂いたお山!
もうこのお山は本当に私と親分にとってもの凄く印象深いお山です。

d69cb282-s



あ、、、立山で見た幻列車は。。。いつもの列車に戻ったようです。鈍足号
ただいま休憩中。

17fcbc30-s


久々に重い重いザック。この日のザックは恐ろしく重たかった。長期間帰ってからも
肩が痛くて仕方なかった記憶であります。

88551802-s


崩壊している場所を抜けて


bf638115-s



優しく包まれる的な場所を抜け。。。
種池山荘へ。。。ここまでは本当に長かった。。。


de3adbac-s


でもその長さに対して おつりが出る程にスンバラスィ〜景色が永遠と続いているそんな
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。

6dbd77c4-s


なんども立ち止まっては景色を見て絶景だねと!!!
特に危険な場所もない。


832a4d37-s


沢山の出会いがあって 山ってやっぱり良いな〜と
それと私的には非常に体力的に辛かったお山でもあった。から。。。
もの凄く思い出は大きくそして達成感も一入な訳であります。


ebd86b99-s


真っ青な空に浮かぶ 爺ヶ岳南峰駅。 次と次の駅はスルーした。

e0ad92d2-s



下って冷池小屋までがけっこう長く感じた。


628423a5-s


でもこんな素敵な山道ってなかなか無いよね! っと。。。

dec91909-s



100名山。口の悪いアフーが言えば。。。これも100名山?的な物も
実はアル。 けれどこれは文句無く100名山。


1d039674-s



ひゃほ〜い。と体力はもうヘロヘロだけれど 気力は十分!!!

3bd59a8f-s



ただ、テンバでは少々 イザコザが。。。親分とアフーの間であった。
なにしろテントをしっかり張らなかったので風でテントが飛びそうに
突風のテント場だったので。。。小屋に泊まろうと言う私に親分が重いザックは
なんのためにここまで持って来たんだとぶち切れた。。。

テントを張り直したらテントは一気に静かになって さっきのイザコザはなんだったん
だろうねと。。。



cb2b9d63-s



そして時間を計算して暗いうちに出発をした。寒さと突風に戦きながら
親分に叱咤激励されながら歩いた記憶。

753d7f1e



光に照らされた もののけの類い。。。


75b47a38-s


山頂で日の出を見た。
山頂、正直どうしようかなと思ったのだけれど 
来れて良かったと。。。

a1b8229c-s


ただ、ここから長い折り返し地点。

e93f2a69-s


初日に出逢えた皆さんと翌日も逢う事ができた。一期一会。またどこかで
お会い出来たらいいな〜と。。。

8f722640-s



鹿島槍ヶ岳。


39887290-s


爺ヶ岳。

bdcde734-s


この稜線から見た景色は 一生忘れる事はないと思われ。。。

dbd3c698-s



まだまだ 見てみたい景色は日本津々浦々に。。。ある訳で
健康に気をつけないとと このコースを歩きながら思った。


c4cfabc8-s



そんな超ロングレポとなった 怒濤の鹿島槍ヶ岳編は 
         

5f92fc27-s


ヘロヘロで帰還した室堂下の駐車場にて。。。

そして さっくり妙義山

39f301ee


ほぼ、ついでに登ります?的に展望台まで遊びに行きました。


0ac34a3b


見上げた妙義山はいつも上信越自動車道で見ていた。初めて見た時は
中国の水墨画のようなお山だななんて思った記憶はもう10年以上前。

57c7c648


次は頂きを頂きに妙義山までいかねばであります。

そして季節はもうニット帽だって必要になったそんな日。。。

018e686c


高谷高原から とくに目的もなく。。。

1009cba8


道に迷って無名峰二つ。ひっそりと静まり返った山の中にも
三角点。 

a10cbd89



人工物の無い場所にぽつりとひとりで佇んでいて少し寂しそうだった記憶。。。
登谷山と無名峰   


a436154f


結局 この日も夕暮れまでまったりと過ごした訳であります。


続きを読む





Posted by theslowpace at 13:34ヤマノボリ ,ニッキ
2011年12月30日

ヤマノボリ2011 前編

ニャンコが帰って来ないけれどなんだか近くに居そうなので。。。
書き始める事にします。。。と言う訳で たぶん上手にまとめられそうにないので
今回も長くなりそうな。。。ヤマノボリ2011のスタートであります。

1月成人の日 1月10日

大楠山 写真を撮りに行って山に登ってと 二兎追った日。
だから一兎しか追えず。。。

 958afd83


年末正月と怠けきった体は言う事を効かず ちょっとした階段も重い重い。


86feb081


山頂は突風的な物が吹いていて。。。富士山も雲隠れ。。。


e276960f-s



三脚に固定したカメラが飛ばされるのではという位の風にも負けず。。。
トンビ君はみんなのお弁当を狙っていたそんな成人の日。
帰りは2011年最強の頭痛に襲われた。。。


7ef3e709-s




そんなお話は こちら と こちら


破風山へ。。。1月の終わり頃。 まぁ今年の ヤマノボリ2011も
適当バージョンであります。。。 

894337e1


のんびりして 山に登る前にお弁当を食べちゃったり 
登山口が判らなくってな理由で登り序盤で親分に怒られてふてくされたり

2fe2bcf0


山頂では この日のために作ったケーキを全部ひっくり返して砂まみれにしてしまったり
思い起こそうと思うと山のお話は 写真と山の名前を重ねるとどんどん出てくる。

04828273



登り途中ではこんなに素敵な森のゲームを見つけたり 
素敵な思い出が一気に込み上げてくる。 けれど このヤマノボリ2011を書くまで
実はこのお山に登った記憶が吹っ飛んでいたり。。。


bcef1129



破風山の山頂で 武甲山を見つけた、なんだか親分のヘアスタイルに似ているね!と
パチりと撮ったそんな記憶も蘇って来ました。空気感は冷たく日が暮れた後は一気に
気温が下がった訳で。。。


b6cdf3f9


急ぎめに下った後に可愛いワンコさん。行きはお見送り帰りはお出迎えしてくれて
沢山遊んでくれたっけな。。。 元気にしているかな?

182e9a42



と可愛い出会いのあった
そんなお話は其の壱其の弐なのだ〜。と思ったら なんだか 続き続きもありそうで。
 



そして 6年ぶりに 日和田山へ その時の忘れ物を探しに6年前に登る事の
出来なかった場所。物見山の山頂の景色の忘れ物を取りに行った。

2d3a02d3



日和田山からの先の景色は6年前に見ているはずだったのだけれど まだ山の季節を
上手に捉える事が出来ずに真夏に登って倒れそうになって撤退をした記憶。

5b87676a



と言う訳で6年前の忘れ物を無事に納める事が出来たアルヨ。。。

2d3a02d3



山道と言う山道。 暖かい日差しに包まれていた景色に思う存分楽しんだそんな一日。

852ef8e7



この後、日本に起こる出来事の事なんてなにも知らずに。。。


ddb018c5


暢気に歩いていた記憶。春を待つそんな頃。

fda78f4f



どんな頃かな?と言われたら そうっ! ロウバイの甘い香りが山に香る頃のお話であります。


060e5e33



そのお話は これこれこれ。 
そこから。。。春はもの凄く長かった。正直な事を言えば今年の春は日本に来なかったかもしれない。

d1c904d1-s



3月の平穏な日本に一気に地震、津波、原発施設の事故という惨事が襲った。

dcc35d0d-s



自然に生かされている事を知る。 

fc700604-s


自分だけ温かい物を食べたり暖かい場所に身を
置いたりする事にすべて罪悪感を持って居た日が続き でもなにもしないで進まないのは
いかがな物なのだろうか?と 。。。 腹を括ったのはこの日だったかもしれない。

1050240b



重い腰を上げて出かけた先で お猿さん達に出逢った。 なにもなかったように
元気に振る舞う姿に。。。強さを貰う。

718cade9-s



上を向いて、前へすすめ! って教えてもらったそんな日。
ずっと感情的な記事が続いていた頃だった訳で。。。 

d2f6568f-s



そうそう、こんな事も書いたっけ。。。 兎に角 進んでみようと決めた。

そして大高取山 4月16日

6a058be2-s



決めて登る山に向かったけれど なんだか気が乗らないねと 引き返し途中に
ナビに映し出された山に登ってみる事にした。


099c9fb7-s



それは桜吹雪が舞った頃。 季節で言う春の終わりを告げるそんな頃。


0748783d-s



歩いたお山は 行き当たりで見つけたお山だったのに沢山の素敵な物があって


099c9fb7-s


桜吹雪もそうだけれど 大高取山の途中に
こんなに痛々しい木を見つけた。。。

25138321



痛々しい木だったのだけれど 取り付けられた看板を見て 


035a1505



切り倒さずに見守る心が見えて嬉しかった そんな思いでシャッターを押した一枚。


5398e5cb



大高取山。 


08787376


無名戦士の墓という場所が登山口というか通り道でもあった。
白い大きな壁に少しふざけたりして。。。 で実は 今日ニャンコに脱走されまして
それから12時間以上が経過しまして。。。 散々探しまして。。。


78c229e1-s


諦めてこんな夜中に記事を書いていたら ニャンコ 脱走した窓から帰って来ました。。。
親ノ心 子知らず。な訳で 一番心配していた親分。。。今日はだいぶ平常心でなかった
親分でしたが もの凄い嬉しそうです。で脱走通路を作ったのは親分 責任感じてずっと
ずっと探しまわっていました。。。 よかったよかった。



そのお話も幾つかに。。。其の壱 其の弐 其の参


そして ようやく行けた伊予ヶ岳 ようやくの意味はずっと行こう行こうと
言いながらずっと後回しになってしまったお山です。

0e38dfa9


ドピーカンの空に包まれて ご機嫌に早朝から歩く!

583c16b9


携帯を新しくしたばかりだったから 二人で携帯 弄くりながら登った訳で。。。
お花も沢山咲いていた。そして ケムンパスもメニメニ居た そんな伊予ヶ岳。

d006075c



久々の岩場。体の重さがひしひしと 腕に伝わっちゃった日。


f6bab5ee



山頂は思ったよりも狭く 百里楼豸になんだと痛感。

絵に描いたような青空と 遠くに見える海と緑。


293d4331



思い出すな〜と。。。 書きながらしみじみ。。。
で、今年もアフーのへっぴり腰は健在。

80afdf34



このたどたどしい歩き方は親分をイライラさせる。。。
今年も治らなかったアルヨ。。。


5ec8227b



下山後は朝食兼昼食を食べて一気に帰路についた記憶。


410718ac



百花繚乱ってこんななんだなと思わせてくれた 伊予ヶ岳。


61381b01




其の壱 其の弐 伊予ヶ岳。


と言う訳で このお話の続きは大晦日に続く。。。


ラストも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちて。



Posted by theslowpace at 03:38ニッキ ,ヤマノボリ
2011年12月29日

ヤマノボリ2011 をはじめる前に。。。

さて、今年もはじめます。

2010 ヤマノボリ 前編 後編

2009ヤマノボリ
2008ヤマノボリ
2007ヤマノボリ 
2006の記事は消えたみたいで。。。(笑)
書いた記憶はあるのだけれど。。。


実は我家では大事件発生中で。。。大掃除の間に脱走されまして。。。

かなり長期戦の戦いになるであろう。。。
脱走犯を捕まえたら書きます。  


ペンペン。 




Posted by theslowpace at 16:08