2011年11月
2011年11月29日

犯人は誰だ?

実は 引っ越して。。。何度か不思議な事がありました。


それは帰って来ると家のカギが開いている。。。


戸締まりをしっかりといつも 親分に言い聞かせられている訳で
防犯のために窓やら色々 セキュリティー的な物も付けているのであります。
我家には盗まれて困る物は。。。 正直そんなに無い。


強いて言うのならば



eb0b342a-s



これ以外は特にない。。。




実は今まで1年間? あれ? と思う事が何度もあったのであります。




で、実はつい先日も帰って来て家のカギが開いていたので 親分にアフーが
忘れたんじゃないの? と。。。



あ。。。そうかも と思っていたのですが 昨日 犯人が判明!



カギをかけて家を最後に出たのは親分。 帰って来てみると またカギが開いている訳で
親分、カチャッと言う前にカギを閉めた感覚に陥っていた様で。。。毎回 かけたつもりで

いらっしゃ〜い♪ 状態だった訳であります。

73c633d1



今まで何も無かったのと 治安が良い場所なんだなと思いつつも。。。

(#`皿´) ムキーーーー! 毎回アフーのせいにされていた記憶が蘇って来たアルヨ。。。
あったまに来るけれど 山に連れて行ってもらいたいからこの怒りは沈める事にしよっと♪ 

950f41d3



ただ、もう一つ アフーに疑惑がかけられています。親分のデニムが一本行方不明。。。
私じゃないよ。。。。 どこをどう探しても見つからない。。。不思議だねぇ〜。


今日も読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 07:30ニッキ
2011年11月27日

丹沢大山 其の参

と言う訳で続きであります。そして最終回であります。

山頂はほぼ、貸し切りでした。さてと、のんびり下りましょう。時間的には
今日は紅葉ライトアップは8時までケーブルカーもその時間までは特別運行ということで
6時30分頃にケーブルカーに乗れればという運びであります。


IMG_7558



あまりにも夕日が綺麗なのと それと山頂から海も見えたりと。。。
景色をゆっくりと堪能してきました。

IMG_7562



しっかりと景色を目に焼き付けたら来た道を下るのみです。アフーは首からヘッデンを
下げて親分はザックポケットのピックし易い場所に移動させて♪


IMG_8173


鳥居をくぐります。なんとなく 邪気が吹っ飛ぶ気がする鳥居くぐり。


IMG_7567


邪気ばいばいき〜ん♪ 

IMG_7570



プラス思考過ぎる私は。。。鳥居をくぐるだけで 体重も落ちた気がするほど(な訳なく。。。)
嫌な事をふっとばしてくれる気がするのであります。 単純に出来ている頭にちと感謝!

IMG_7572


どのくらいで下れるだろうね♪ 1時間くらいで下れるのじゃないかななんて思っていました。

IMG_7575


正直もうカメラはかなり 高ISOそして私はフラッシュを多用していきます。

IMG_8175


この日は雨上がりの快晴だった一日。山に溜まった雨水が少しずつ蒸気になって
霧と靄を作ってくれてそれがなんとも 光を吸い込んでいつもと違ったなんとも
柔らかいピンクな色に染まっていました。


IMG_7578



そんな中で見た紅葉している木も格別に色づいて。。。足を何度も止めてしまうのです。
この時点でもう1時間で下れないだろうな的なゆっくりペースで下って行きます。


IMG_8177


下りでは一人だけすでに頭にヘッデンを付けた山慣れしていると思われる方が登って
こられただけであとはすれ違う事はありませんでした。って当たり前か。。。

IMG_8180



なんとも素敵な色に包まれた登山道。落ち葉一つ一つもなんだか素敵なのであります!
登りは単独登山だったオヤビンも下りは一緒です。というか私が登りが遅いけアルネ!


IMG_8182



お日様が地平線に近づくにつれて あたりはどんどん色濃くなっていくのです。


IMG_8188


のんび〜り写真を撮りながら 下ります。実は山頂で富士山を見つける事が出来なかった
親分&アフー。というかあまりに気にせずに見える景色だけを楽しんでしまった訳で。。。


IMG_7585



そういえば、分岐の事を忘れていました。 と言う訳でここで割愛した看板のお話であります。
実はこの道標の上にある白い看板。丹沢山塊の至る事で見る事ができる看板。
万が一遭難した時はこの看板の記している場所と番号を言えばすぐに場所を特定してくれる。


IMG_7588


大山は良い意味でハイキングと登山のちょうど中間的な意味があって
2006年の家族4名遭難し4日後に救出された事も記憶にまだ残っていたりと
なのでこういう看板は万が一、奥が一の時にと思うのであります。


IMG_8194



そんな訳で道はそんなハイキングと登山の中間的な恩恵を受けて歩いて行きます。


IMG_7590


すると目の前に、富士山。 実は登りの時には少々霞んでいたようで気がつきませんでした。

IMG_7593


あまりに綺麗だから見とれてしまうのです。ただ、日が沈む早さってもの凄く早くて
この高さからきっと日が隠れるまで5分くらい。

IMG_8197


急いで写真に収めます。ファインダーを覗くのですが眩しくて眩しくて
目がくらみます。それでもこの瞬間を納めたいと必死であります。


IMG_8207


本当に5分だね! 予想はあたり 日が沈むのは本当に瞬く間でした。

IMG_7601



富士山の裾野に沈む11月20日の太陽さん。
今届いている太陽の光は宇宙で光を放った瞬間から8分後に地球に到着している
訳であります。 遥か遠くから届いた光が消えて行きます。


IMG_8222



この太陽の光が消えた途端に 気温も一気に下がって行きます。
息は真っ白に。。。さて、これで見所はもう終わりかも。。。ライトアップに
向けて下りましょう♪


IMG_8226



了解です!


IMG_8231


親分が先頭にそれに ひっついてアフーも下ります。
親分が一番好きな時間帯というトワイライト時間です。


IMG_8241



グラデーションってこんなだね! 


IMG_7614



必死にカメラに収めたくてそれと しっかりカメラの勉強もしたいからと
時間をかけて 試行錯誤するアフー。判らない事は 親分先生に聞きます。

IMG_8244



あまり初歩的な事を聞くと 親分先生は無視します。ちょっと気難しい先生なのであります。
それとデキの悪いアホアホ生徒アフーなのであります。


IMG_7622



親分のカメラにはフラッシュがついてないからね〜! と自慢げにパッシャパッシャと
フラッシュ撮影!


IMG_8245



開けた場所はここから先は無いからもう眺望も期待していなかったのだけれど
時折木の間から富士山の裾野だけは見えてくれまして、そうだった!この間の
リベンジもしてこないとなんて。。。来年になりそうだけれど自転車で5合目まで制覇して
こないとね! とか いろ〜んな事を話して下ります。


IMG_8256



次に出す一歩のためにしっかりと足元をヘッデンで確認して一歩ずつ歩みを進めます。

IMG_8258



ハイキングコースだけれどやっぱりお山、数カ所 切り立っている場所もあるので
そういう場所は更に慎重にヘッデンで足元を確認して進みました。


IMG_8259



真っ暗闇に看板を発見! ここでも暢気にフラッシュだから余裕で撮れるよ! 俺だって
フラッシュ無しでも撮れるよ! とそんな風に話しながら写真を撮ってあと1、1キロで終わっちゃう
みたいだねと話した記憶。


IMG_7624



さて、ここからもそのまま話しながら下っていたのですが足元をヘッデンで照らしているので
他は当たり前のように真っ暗。


IMG_8267


時折森の端にくると 待ちの景色がとても綺麗に見えました。
夜景を楽しんだりカメラで遊んでみたり

IMG_7625


やっぱり山は楽しいね!と再認識。
運動は出来るし景色はきれいだし!もう言う事無いよね!
なんて話しながら夜景の見える森の端から森の中に入ると一気に外からの
光は遮断されて真っ暗闇。


IMG_8261



そんな時に、なんだかもの凄く近くに気配を感じるのです。。。。
気のせい、気のせい。そしてそんな気持ちを持ちながら鎖場も通過。

そしてしばらくしてまた真っ暗になって気配を感じ、親分に告げました。
そういえば今日ね、この山を調べた時に 検索サイトで こんなだったんだよと。。。

01)


ビビリな私は。。。ヤビツ峠心霊という文字を家ではスルーしていたのだけれど こんな場所で
思い出してしまったのであります。


IMG_8271



もたつきはしないのだけれど やっぱり少しだけ親分から遅れをとってしまいます。
そうすると待機していてくれます。心配は無用だとと告げます。
なにしろ、もの凄い慎重派な私。 よっぽど親分の方が転びそうで怖いのであります。


IMG_8273



もう一回 夜景が見えました。そして再び森の中へ。。基本親分は心霊系は一切信じません。
一つだけビビりまくったお話がありますが、それはまた別の機会に。。。

やっぱり気配が。。。

IMG_8262



写真と話は少し時間差があります。 もの凄い気配が。。。かといって親分にひっついって
進まねばならないので足元を照らしているヘッデンを気配のする方向に向ける度胸も時間も
無い訳で。。。必死に気配を無視します。すると 親分が。。。

IMG_7631



アフーが変な事言うから 変な者見たかも。。。 
超ビビるアフー。 そして親分も。。。 ゾッとしました。


気配は間違いじゃなく 暗闇から微妙に光る幾つもの光がこっちをそれも幾つあるか
そして怖いから目をそらしてみたすると。。。そちらにはもっと多くの光があって


正直囲まれた状態で無数の光がこっちを見ていた。写真は事の真相が判ってから
撮りました。もたもたしすぎていたのでほとんど撮れていませんが。。。


IMG_8283



何匹いたのかな? 間違いなくいくつかの群が同時にその場に居たのだと思います。
重なって、並んで、数十個の瞳に見守られていたようです。


IMG_8285



ごめんよ。。。邪魔して。 判ってから一安心。 でも判るまでの恐怖感と言ったら。。。
もう検索文字が頭の中をムーチョかけずり回っていた訳で

01)

お化け系もの凄く弱い私は。。。かなりビビりまして 心臓バックバク状態だったのは
間違い無しであります。


IMG_8286



そんなちょっとした勘違い ハプニングもあって 気がついたら登山口についてしまいました。
時間帯、間違ってしまった私達に少しお仕置きしてくれたのかもです。 君たちの時間だもんね。
と言う訳で下山後はケーブルカー駅へ。実はここで国道246号大渋滞。全然進まずにケーブルカーの
駅に着いたのは19時15分。


IMG_8290



すると駐車場のおじさまが 今からだとちょっとと色々時間を教えてくださいました。
下りはライトがあれば下れるけれど山道だからと でも服装を見て大丈夫そうだけどねと
でもライト消えちゃうし、どこ行って来たの? と

言われて大山をヤビツから登って来た事を告げたら そりゃ〜欲深いよ!またおいで!
と言われた♪ あははは。確かにそうだそうだ! とっさにでたその言葉!
関心してしまった親分とアフー♪ あんな感じで粋に促してくれる言葉が出る人って
とっても魅力的だなとそんな風に思った訳なのであります!


IMG_7629


と言う訳でこの日は帰りにコーヒーを買って高速に飛び乗ってほんの少しの渋滞を抜けて
無事にお家に帰りました。 お昼から始まった そんな日曜日でしたが もの凄く充実した
日だった事はこの記事を書いている今でも鮮明にそう記憶しているアフーであります。

IMG_7639



山の途中から見えた夜景はあたりがまっくらだから更に綺麗に宝石が散りばめられたような
そんな景色だったのであります♪

と言う訳で長く長くなった丹沢大山レポを終わります。

全部読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪


Posted by theslowpace at 21:25ヤマノボリ ,カメラ
2011年11月26日

丹沢大山 山頂にて

と言う訳で続きを少しばかり。。。

実は山頂に着いたと同時頃に山小屋の店主さんが下って行かれたようです。
山頂でのんびりされていた方達はどちらかと言うと ハイキングや山に嵌まったばかりの
方達が多く見受けられた訳で。。。

この時間から阿夫利神社の道の詳細は判らないけれど間違いなく日没を迎える訳で。。。
大丈夫なんだろうか?もしかして登山道にライトとかあるのかな?なんて
と思っていた訳なんです。そうしたら親分が教えてくれました。

店主さんは山小屋を閉めて下る前には沢山の方達に早く下らないと
真っ暗闇で目を瞑ってあるて居るような程になるからと 下山を促していたようです。

あっ、だから皆さんが一気に下って来た訳なんだね!とさっきのファッションショーの様な
階段を思い出した訳であります。


IMG_7546



そんな訳で小屋のテーブルをお借りしてご飯を食べました。本来はこのテーブルは
小屋の利用者さんだけ使用可能なのですが閉店だから利用したくても出来ないのであります。。。
美味しそうな食べ物とかもありそうで。。。 もう少し早く到着したかったなと。。。反省です。

でも私には半分になっちゃっている残念弁当があるじゃないか!

IMG_7548



と食べた。。。すると 冷えきったチャーハンは堅く、焼きそばはボソボソとしてしまい
想像していた物と違いました。。。久しぶりの山頂ご飯なのになぁ〜。

そう、それとここまでは暑くて仕方なかったのですが一気に冷え込みが襲って来ます。
急いでソフトシェルを着てそれでも寒い。インナーダウンを出そうか迷ったけれど
すぐに出発する事に決めて 山小屋の奥に進む道へ


すると山頂看板発見です!

IMG_8163



ちょっとモノクロで♪

そうそう、実はちょっとホームシックにかかっていました。 
ニャンコさん待っているだろうな。。。なんて


IMG_8170



きっと待ってるね。早く下ろうか。。。 無事に帰らないとね!
と思わせてくれたのは 山小屋の前でちょこんと可愛く座っていた君のおかげ♪


IMG_8160



それと、実はこのお山の山頂付近でもう一つ とっても懐かしい君に会えました!

色々なお山に一緒に登ってそれから どんな時だって無条件でいつも大歓迎してくれた
かけがえの無い お友達だったジャンピー
知らぬ間に旅立っていた事を知ってから何度も懐かしく寝る前にしょっちゅう
思い出したりしていたので 目の前に現れた時はちょっとびっくりしてしまう程でした。


IMG_8171



背格好、耳の大きさ、胴の長さもどれもこれも本当に記憶に新しい頃の
ジャンピーにそっくりで。。。
顔の輪郭までそっくりで、親分も本当に驚くくらいに似ているねと。。。

嬉しいような寂しいようなそんな大山の山頂だった訳であります。


IMG_8167


山頂写真を足早に撮って ヘッデンを用意して下る準備は万全です。

IMG_7554a_a_aa_aaa_aaaaa_tonemapped



この時の太陽はすでに私たちと同じくらいの高さで やんわりと残る日差しも柔らかい
そんな静かな大山の山頂のお話であります。 

明日は防災訓練と言う事でお出かけはちょっと無理かもであります。必死に防災訓練に
励んで参ります! 

と言う訳で残るは下山編。最後も読むよ。お尻ぺんぺ〜ん♪うれすぃ〜です。


Posted by theslowpace at 00:05ニッキ ,ヤマノボリ
2011年11月25日

お部屋紹介。




場所は押し入れの下です。
にゃんこのベッドとハウスはポーちゃんの
お下がりです。

にゃんこさんは押し入れの中が
好きなようです。

実は私も小さい頃は押し入れという場所が
好きだった事を思い出しました。

ファンキーフライパン。

読んだよぺぺん。


Posted by theslowpace at 20:36ニッキ ,ニャンコ
2011年11月24日

丹沢大山 其の弐

サブタイトル 山ガールを追いかけて。。。


と言う訳で続きであります。丹沢大山 其の壱

IMG_7479


 汗が滴り落ちて来る午後の丹沢大山の中腹にて。。。一度ベンチに座りました。
私もであります。 賞味期限の怪しい飴玉でも良いからとアフーは飴玉を口の中に放り込んで。。。

IMG_8127



再び出発であります。
で、この日は調子良く登っていたアフーでありますが親分は その上を行く程
調子が良い訳であります。

IMG_8129



実は短いと思っているコース程 長く感じる訳で
たとえば長いコースだからと思っていればゴールは思ったよりも近く喜んでみたりと
人間の感覚は本当にとっても不思議な事が多いのであります。

IMG_7484


ニャンコさんやワンコさんにもそういう感覚はあるのかな?などと少し考えたり。

IMG_8132



ハイキングコースは山頂まで続きます。で適当に頭にコースを入れていた訳で 

IMG_7490



阿夫利神社からの道と合流すればゴールは近いとだけ頭に入れて来ました。


IMG_8133



お腹空いたよ〜。 

IMG_7499


お弁当なんかにしなければさっきのベンチで食べれたな。。。と
非常に残念な事ばかりが頭を過って行く訳であります。

IMG_8141



苔が綺麗だから撮ってみました。時間帯はもう16時近いでしょうか?シャッタースピードが
だいぶ厳しくなって来ましたよ。それでも息を止めてファインダーをのぞいて撮るその一連の
行動は本当に嫌な事もそしてお腹空いていた事もすべて吹っ飛ばしてくれるのであります。

IMG_7515


実はこの週は慣れない事をせねばならず、判らない事だらけな一週間でストレスは頂点でした。

IMG_7506


鼻から熱い空気が出ていた事間違い無しです! フヒィ〜!

IMG_8145



 そんな熱気を放出しすぎたお陰でこの日は晴れてくれたのかもであります!
お陰で暑い暑い。('д` ;) 

IMG_8153



と、一度か二度下がったかな?それからこのコース状には一カ所鎖場もあります。曖昧に3m程かな?
鎖は必要じゃないくらいの場所かもしれませんが ハイキングコースとしてならば必要かもで
あります♪ 

IMG_7519


山ガールさんと山ボーイさんは真新しいお洋服で下りに相当ビビっていました。優しい山ボーイさんに励まされながら山ガールさんは キャッキャと中々下りません。
後ろは大渋滞。下る人を待っていたら結局相当な時間待たされまして。。。

IMG_7517


想像してみます。私があんなにもたついたら間違いなく激が飛び、ぶん殴られるぞ。。。と
ちと羨ましくも。。。(あっ、ぶん殴られる事は絶対にないですね。例えです)

IMG_8154
 


紅葉のライトアップの事とか色々な事を親分と話ながら登りましたよ。
それからカメラの事も、ハイキングコースと言う事もあってずっと話せるそんなラクチンな道です。

IMG_7527


なんだか長く感じるなぁ〜。とそれぞれに口走っていた頃 上にようやく高い感じの物が
なくなりました。そんな広場。


IMG_7524


そして、ちょいと進めばこんな風な合流です!

IMG_7531


待ちに待った合流です。そこからは下って来る方 もうカラフルカラフル!
ファッションショー会場のような雰囲気でありました。

で、あと10分。と書いてあるのですが。ちょっと本気でスタミナ切れのようで
体に力が入りません。(笑)相当な栄養は体に蓄積しちゃっているはずなのになぁ〜。。。
あと10分に甘えが生じてしまったようであります。

IMG_8154


な訳で親分はと言うと。そんなアフーの残念な甘えなどには目もくれず。。
カラフルな山ガールさん達にひっついて行ってしまったようであります。
そう、完全に単独行動ちっくに行動する親分。に見えたアフー。


誰もいなくなったぞ。。。。降りてくる人もいないぞ。。。




まさに。。。ここは姥捨山。。。 

IMG_8156
 


景色までそうくるかい。。。 なんて思ったアルヨ。
階段の石はよく見ると文字が書いてある。 昔は石碑として使われていたのかも。。。

ひぃ〜ひぃ〜。お弁当を食べたい。。。の意地汚い心だけでこの階段を登っていたのは
ここだけのお話であります。。。なんちて♪ 捨てられてたまるかぁ〜。まてぇ〜親分!


あらら。居ました。
 

IMG_8157



山頂に到着です。鳥居の先で親分が待っていてくれました。さてさて親分。
山ガールさんにフラレてしまったのでしょうか?

な〜んちって。嘘です。それはアフーがただ単に幻を見たようです。
山頂はもう殆ど人がいませんでした。 悪戯心で。。。

IMG_8158


山ガールさんを追いかけて行ったな〜と親分に言ったら心外だとなぜか
キレていました。
ダヨネ!と 。ちょっとだけ安心する自分がいたり。。。
ホントノトコロ?かどうかは親分のみぞ知る。。。なんてね♪


IMG_7537


もしかしたらいつかそんな日も悲しい日も来るのかもですが。。。

ただ、その前に悲しい出来事は起きていたのであります。。。

お弁当タイムです!親分はオニギリとサンドイッチ。行動しながらも食べられるし
お腹一杯になっても残す事も出来るしなにかと便利な食べ物達♪

IMG_7542


で、迷わずアフーはチャーハンと焼そばの大好きな炭水化物コンビ弁当を!
半分ずつのお弁当を楽しみにしていたアフー。。。


IMG_7546



。。。なんか違うぞ。。。半分ずつだったはずのお弁当は。。。


IMG_7548



お弁当自体がが半分になってるあるよ〜。。・゚(゚`Д)゙

そんなぁ〜。 と言う訳で続く。。。


続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん♪


Posted by theslowpace at 23:31ヤマノボリ
2011年11月22日

痛さに負けないぞ〜

こんばしょわ。

昨日の夜の出来事。


ニャンコを抱っこしながら階段を下りたアフー。

スリッパを履くの面倒だな〜とそのまま靴下で降りたのさ。

親分は階段の下にいたのだけれど 親分の方を見ながら余裕で下ったのさ。。。



そしたらそのまま 滑って。。。階段から落ちたのさ。。。



親分は スリッパ履かないからだよと、冷たいお言葉。



取りあえず痛くて立てず。階段の下に横たわる面倒な人 一名。


で、迷惑だったニャンコ一匹を助けるために必死で落ちながらもニャンコを守った訳です。


がニャンコはなぜか階段の途中で待機。 


PB170245



そう、ニャンコは アフーが落ちている時に 持ち前の運動神経でアフーの体の上を
駆け上がった訳で。。。



相当な力で這い上がった訳なので アフーの左半身フロントはニャンコの力一杯に
駆け上がった軌跡がくっきり。血が。。。。じわぁ〜と。



まぁ、これは仕方が無い。ニャンコに怪我が無くて良かったアルヨ。


で問題は 翌日の朝、そう今日の朝なのだけれど体が痛くて
起き上がれず。親分に見てもらった所。。。



左半身の後ろ側が真っ青に いや 黒に近い。。。



自分で見てみたらちと倒れてしまいそうなくらいに真っ青になっていた。


階段から落ちた記憶は実は私の人生の中でちょっとステップを踏み外すくらいなら
あるのだけれどあんな風に落ちたのは初めてかもであります。


ただ、あんな時は 泣きそうな程 痛いのになぜか笑ってしまうのであります。
痛くて立てないで階段下で親分の冷ややかな視線を浴びながらなぜか笑いの止まらない自分を
思い出すと人間はけっこう丈夫に出来ているんだ! とそんな風に思ったのであります!

BlogPaint



本当に油断大敵だなと痛感であります。 ショックと痛みで疲れたそんな1日でありますが。。。

こんな事でめげていられないのです! だって明日は ヒリホリハリホリデ〜♪ 

どっかの峠ひとつくらい ヒッペガエしてやらないと!


d8ad5132



と言う訳で Have a nice Holiday!



Posted by theslowpace at 20:16ニャンコ ,ニッキ

丹沢大山 其の壱

と言う訳で。。。大山 序章

と言う訳続きです。
秦野中井ICを降りてから246号線へするとヤビツ峠という案内板が登場する。
後はそちらに進めば良いだけでいつも迷いがちになる我家にとってもかなりスムーズに
登山口に辿り着けそう。


この道で食料や飲み物を調達しなければならない。246号線からヤビツ峠までの間には
コンビニが1件 ヤマザキデイリーストアがあるのでそちらで食べ物を急いで買いました。
久々に山頂で食べようか?とそれぞれに選んだ。 これは後に課題を生む。


ヤビツ峠までの道は自転車のヒルクライムコースとしても非常に人気の高い公道です。
コースを下見していつか来たいねと言う事もあって登山口をヤビツ峠にした理由でもあります。
沢山の自転車を見ながら次、この道を登る時は4輪ではなく2輪でね! なんて心の中で思いながら

IMG_7455


ヤビツ峠へ。駐車場は満車で路駐オンパレでしたが運良く時間帯が遅い事があり1台空きができまして
車を停めて急ぎ目に準備。

さて、出発です!

 IMG_8098


ヤビツ峠オヤビン 今日は登山バージョンで♪ 次回は自転車バージョンで♪

登山口に売店なお店が一軒、そしてトイレ も完備。人気のある登山口なのが伺える程な
巨大なトイレでした。

さてと、急いで出発しましょう♪

IMG_7456



トイレとバス停の場所に行けば 登山口は自然と見つけられます。至れり尽くせりなお山です!

バス停脇の看板には2、3キロで大山まで行ける事を告げてくれる道標がありました。

IMG_8100



しかしこの階段を登るとなぜか? 大山までの距離は2、4キロに♪ 不思議だねぇ〜♪

そんな看板のある場所は広場になっていて綺麗に色づいた紅葉が♪

IMG_8102



紅葉ハンター1号な親分とパチり。今日のカメラ構成は
親分 5DMK2 EF70-200 F4
アフー 7D EF24-70 F2.8

話を先に進めるとこの紅葉の木の脇を通る形で登山道は続いています。

IMG_8103



とにかく山頂まで迷う事無く親切な看板が案内してくれます。そして丹沢の看板では
もうおなじみのこの場所を告げるための 別に白い看板もあったりするのであります。
そのお話はまたその看板の時に書く事にして上手に表現出来ないのでここでは割愛。

IMG_8108



ハイキングコースと言う事とバスがヤビツ峠まで来ているのでケーブルカーで山頂経由の
ヤビツ下りの方もけっこういらっしゃったかもしれません。

IMG_7458


下山される方が沢山降りて来ていらっしゃいました。今日は紅葉イルミネーションを予定しているので
このお山で夕方と夜近くを迎える事はすでに予定していた事なのであります。

IMG_8110



登山道は山頂まで数カ所切り立った場所はあるものの 完璧に整備されています。
そう、ここでコンビニで買った山頂で食べる予定なるものを発表。

IMG_7460


アフー チャーハンと焼そばが半分半分になったお弁当(レンジで温めてもらったアルヨ)
親分  サンドイッチ オニギリ2つ

IMG_8112



自転車で少し運動を続けていることもあって この日はアフーもだいぶしっかり歩いていますが。。。
それ以上に調子のヨロシイ方が一名。。。 

それにしてもこの日は天気予報、金曜日の夜の時点では雨だったのに完全な青組圧勝なる快晴!

IMG_7462


最近のお天気はアテにならない分、こういう楽しみも用意してくれるんだな〜と♪ちと感謝!
したい所なのだけれど気温は少し嬉しくない高温そして雨上がりだから多湿!

IMG_7463


そんな訳で下界の景色もすこしだけ モヤッテいます。夜景綺麗だろうな〜♪

それにしても 11月下旬と思えない程の高温多湿で汗が止めどなく吹き出て来ます。 

IMG_8115


親分もジャケットを脱ぐもその高温多湿に珍しく腕まくり。

IMG_7469


体温は兎に角 一気に上昇。アフーは一気にタコさんを超える真っ赤かな顔に変身。

IMG_7466



そう、今日もニット帽にしようとおもったのだけれど日差しが強い事もあってサーフハットに
しようと思ったのだけれどどうやら家に忘れて来ちゃった。。。

IMG_7471



な訳で用意の良い親分の予備サーフハットをお借りしました。
暑くて帽子も取ったり被ったり。。。帽子を手に持った掌だって汗ばむほど。


IMG_8118



まるで公園の中の落ち葉の道な登山道。日差しはすでに傾いて あたりは
優しいそんな色♪

ハイキングコースと言う言葉がピッタリな
訳で小さいお子さん♪ そしてワンちゃんも楽しく歩けるそんな道であります♪

IMG_7473



楽しそうに下る皆さんとは対照的に 真っ赤かな顔の残念アフー。辛くないのだけれど兎に角
暑くてオーバーヒート状態。私の一番の的は もしかしたら体温上昇というか体温調整かもです。

IMG_8120
 


おや?オヤビンがなにか撮影に夢中になっています! 何を見つけたのかはこの時点では私は
まだ知らず。でもそこには小さくてとっても表情豊かで可愛い


IMG_7475



お地蔵さん♪  もの凄くミニサイズなのだけれど 寒くない様にまだ真新しそうな素敵な
帽子とお洋服を纏っていましたよ♪

IMG_8123



この時はシャッター押すのに夢中だったのだけれど帰って来て見た写真には松の鋭い葉が。。。
その時に気がついてどかしてくれば良かったと後悔しているアフーであります。
機転の利かない自分にがっかりであります。

IMG_8122



そして、実はこの日ご飯を食べたのは朝方というか夜中の3時。眠る前に食べた訳でそれから
ほぼ12時間食事していませんでした。 少しシャリばて気味。お腹すいちゃった。。。
けれど面倒なお弁当を買ってしまった事をこのあたりで後悔するのであります。

IMG_7472


山頂でアフーのお弁当あげるから。。。親分、オニギリ1つ分けてくれないかな。。。
なんてそんな大人げない事を考えながら汗だくタコ顔で登るのであります。

と言う訳で少し続きます♪ 読んであげるよ。お尻ぺんぺ〜ん♪


Posted by theslowpace at 04:17ヤマノボリ ,ニッキ
2011年11月21日

と言う訳で。。。大山 序章

こんにしょわ。お天気予報が変わったからと意気込んでいたのだけれど
実はうだうだ。。してしまった訳で 。。。


まぁ、起きれたら何処かに行こうか? と実は3時に寝てしまったのであります。(夜中の)
そんな訳で、起きたら既に時刻は11時(笑)。。。 ちなみにお昼の。。。


でもせっかく晴れたから勿体ないし、出かけようと言う事で調べてみた。
すると、ジーモミイルミネーションがあると言う♪ ※紅葉イルミネーション。


おっ! しかもこれは山の途中にあるらしい? で調べると丹沢の大山にある
阿夫利神社下社と言う訳でそこに行く事にしました。


普段ならば首都高、東名は混雑するから敬遠してしまうのだけれどすでに午後ならば渋滞も
もう無いだろうと遅出の功名だね! と快適に秦野中井ICへ 実は途中で調べたら
ヤビツ峠から登れるらしくヤビツ峠と言うと自転車ヒルクライムの聖地的な場所でもあると
知って居たので見に行ってみたくなったのであります。 


ヤビツ峠から大山へ そして下山してから車移動でケーブルカー乗り場まで行き
ジーモミイルミネーションへという予定であったのであります。


そんな訳で、ヤビツ峠から丹沢 大山へ♪
実はほぼ、計画犯なる夜の夜景を見ながらの下山予定だったのですが
前日の雨は靄を作り 幻想的な夕方の空に色についつい見とれて山頂付近で
お日様とお別れをしました。


IMG_8220




で、実はこの日 ヤビツ峠と言う物を検索エンジンで調べていた時の事。。。

こんな検索結果が出ていたのです。アフーが一人で急ぎ足で調べていたので
スルーしていたのですが、

01)


ヤビツ峠 心霊

夜の暗闇を歩いていると なんだかゾッと急にしてしまってその事を そんな風に検索したら
予測文字でこんな結果が出ていたんだよ。と親分に申告したのだ。。。。 

親分は基本それ系のお話は信用しない。
だから、バッチリと訂正否定をしてくれるだろうと思ってアフーも親分に申告をしたのであります。


そんな話をしていた矢先の事。。。




。。 見ては行けない物を見た 親分。 

 


。。。その後。私も見た。。。 。。。見ちゃ行けない物を見た。 


取りあえず目をそらす事にした。。。が 振り返ったその方向にも。。。

夥しい数の見ては行けないはずの物を。。。見てしまったのであります。


 IMG_7570



と言う訳で序章はこの辺で♪  あまりにも綺麗な夕日だった日曜日!
歩き始めたのは14時30分頃だったかな? 明日はその時間からのお話をしっかり書きます。

ハヨカケっぺんぺん♪ なんちって。


Posted by theslowpace at 16:53ヤマノボリ ,オデカケ
2011年11月20日

久々の頂。。。

こんばしょわ。


そして ただいみゃ。

IMG_8160




ちょっとばかり遊びすぎたのであります。 
そして。。。怖い体験もして来ました。

そんないろ〜んなお話はきっと明日から始まるはず。。。

レポ読んであげるよ ハヨカケぺぺん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 23:51ヤマノボリ
2011年11月19日

粘り勝ち?

こんばしょわ〜。


昨日はこんなだったけれど。。。

31)



でも 念力ニンニキニ〜ン!!! 実は今日は仕事を家に持ち込みで
頑張っていたのであります!!!


そんなご褒美をもらったアルヨ!

46)



と言う訳で晴れマーク 無駄にしないぞ〜♪ と言う訳で後程きっと
一滴ます♪ 

と言う訳で 予告な一滴ますであります♪

明日も読むよ♪お尻ぺぺ〜ん♪


Posted by theslowpace at 22:49ニッキ