2011年07月
2011年07月31日

ギリセーフ




間に合った。


追記。帰って来てすぐに眠ってしまったようです。
と言う訳でもうだいぶ前になるものの、チャリティーライブであった
このコンサートの抽選にも申し込みまして。。。31日分のチケットが当選。


親分はもともと国内外を問わず色々なギターリストのファン。
布袋寅泰さんのギターを一度は見たい見たいと言っていた訳で
今回のチケットは1階3塁側46通路のほぼ前列と言う事で。。。
遠いかなと思いきやアリーナ席のすぐ脇、ということもあり
サイドステージの目の前で布袋さんや吉川さんが
何度も足を運んでくれました。とてもパワーのある楽しいコンサートでした。


 親分が好きになった時はすでに解散していたBOOWYやCOMPLEX。
20年以上後になって見れると思わなかったのでとても不思議な感覚だったようです。
大人になって自分で見れた事に本人はとても不思議な感覚でいるようです。   
どちらのライブもとても素敵なライブでした。そして今回もチャリティライブと言う事で
収益金が被災地へ。こういうコンサートやチャリティイベント、もっともっと
あったら良いのに。。。とそう思ったアフーであります。 



Posted by theslowpace at 16:35ニッキ

目的を果たしに。。。

と言う訳で、高見石と丸山を下山後に来た道を下り
道の駅 雷電くるみの里をめざしました。


目的はクルミを買うというその一つに的を絞って!
目的地に着く前に とても気になる看板(道標)をみつけたので
寄り道をしようと企んだのですが道標を途中で見失ってしまい。。。


とりあえずクルミを買おう! と雷電くるみの里へ。。。

 DSC_0151



携帯でパチり。 で、クルミソフトなる物もとても美味しそうだったのけれど
とにかく大量にクルミを買って帰ろう! という事で店内へ。


ぐるっとまわってみた物のクルミ見つからず。ちなみに雷電くるみの里という
くらいなのでクルミの種類や標本?というのだろうかそういう展示物がありました。

雷電くるみの里HP

そそ、この日はこの2階にある展示室で浅間山の写真展が開かれていました。
とても素敵な写真がメニメニ。一カ所、いつかこの場所で写真を撮りたいと思った素敵な
ロケーションを発見!新たな楽しみもひとつ見つけた雷電くるみの里。

しか〜し。 人生そんなに良い事ばかりが続く訳ではなく。。。。。。。。
クルミ目的で来たのだけれど二人で探すも見つからず。。。店員さんに聞いてみた。


。。。。。。あっ。収穫秋なんです。


(((( ;゚д゚)))あ。。秋。。。。


と言う訳で、この日の目的は秋に持ち越す事になった訳であります。


まぁ、また楽しみが先に延びたと思えば心も晴れるね!と言う訳で気持ちを切り替えて
美味しそうなお野菜を買って帰路につく事に。。。


でも気になるよね。旧石器時代の住居跡へ。。。
道標をしっかり見て行ってみると。。。ありますた。
戌立石器時代住居跡

 DSC_0152


草、ぼうぼうだったけれどこの場所に縄文時代中期〜後期にかけての住居があった
ようで、今は復元されていました。ここからは沢山の山が見えます。

きっと昔の人も私の見ている景色の人工物を取り除いた景色を見ていたんだろうなと
そう思った訳であります。ちなみに、ここからは沢山の山が見えます。
今は名峰と呼ばれる山々が見えるこの場所。昔の人はどんな風に見ていたのかな?と
ちょっとばかり興味がわいたアフーなのであります。

と言う訳でおまけのお話はこれにておすぃまい。

全部読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん♪


Posted by theslowpace at 04:59ヤマノボリ ,ニッキ
2011年07月30日

北八ヶ岳 丸山&高見石 最終回


IMG_4467



さてと、と言う訳で目指すは 白駒池へ。。。ナビゲーターが居なくても
迷う事はありません。。。ここからは本当にハイキングコースな訳で心地よく
なだらかに下って行きます。親分、木の皮が剝がれているのが気になるようです。
鹿さんなのかな?こんな高い所まで食べないか。。ってお話ししていた記憶。


IMG_5805



空は青組。 この後はもうこの青空に逢う事は出来なかったこの日。
高見石で青空を見れただけでも ラッキーだったなと痛感であります。


IMG_5810


白駒池まではなだらかに下って30分程。途中にはこんなちいさなトラクター君。
キミは後に知ったのだけれど 山小屋の薪を運ぶためのトラクター君だったね。。。
とそんな風に緩やかに下る物だから兎に角あっというまに分岐についてしまった。

IMG_5814


交差点。 山ではなんだか珍しい気がしたアルヨ。。。
とりあえず高見石からは白駒池を眺めたけれど どうせならばもっと近くで
見て見たい。と言う訳で寄り道。

IMG_5815


あっ!さっきのトラクター君の仲間を発見! ヤンボーマーモーのヤンマー製だった。

IMG_5816



青い苔のある森から 名前がついた素敵な湖畔の小屋でアリマス。
キャンプサイトもあってとても楽しそうであります。

IMG_5822



その小屋を少し進むと白駒池。 静かな湖畔の森の影から〜♪ という曲が頭に浮かんだ。
そんな訳で静かな湖畔の森の影からアフーは親分を写真に収めた。

IMG_4475



親分は桟橋から池とあちらの小屋を写真に収めた。で、実際に親分。駐車場はここからすぐ
そこだと思っているようであります。 それは白駒池駐車場なのだけれど。。。
それを告げて、戻る事に。


IMG_5825



まだ木の間から覗く青空。 さてと、ここから麦草峠の駐車場まで歩く訳であります。


IMG_5828



車道を歩いても良いのだけれど国道299線を歩く事になるよりは
もう少し山に近い雰囲気を味わいたい! と言う訳で迷わず裏道へすすむ。


IMG_4481



すると、こんなにかわいいお庭が隠れていました。木道もしっかりと整備されていて
途中、一カ所だけ倒木があったのだけれどそれ以外は本当に整備された道であります。

IMG_5830


貸し切り道を歩く。そういえば、この日は殆ど貸し切り状態な感じで歩いた
静かな北八ヶ岳でした。 

IMG_5834


緑に囲まれた木道を過ぎると。。。再び森に入る。その森は国道299が近くを走っている
から音はエンジン音が聞こえるのだけれど その音をもかき消しそうな静寂そうな
雰囲気なのであります。 いつもは車の音が非常に気になってしまうのだけれど
この日は森の景色がかき消してくれると言う事を言いたいようであります。。。

IMG_5836


白駒池から駐車場までは1、1キロだったかな? 少しこの時間になると気温が
高く感じました。 倒木君。 道を塞いで居た訳でなんとなく痛々しい。

IMG_5839



そして、風景は森から草原へと変わる。
行きはその逆だった。突然変わるギャップがまた自然の面白さなのかもです。


IMG_5843


ついちゃったね。と少し物足りなそうな親分。でも空を見ると戻って来て
正解だったのかもしれない。実は車でこの299号を走っているとき、雨が降って来た。
山の上だけの雨だったのかもしれないけれど久しぶりのお山と言う事もあったので。。。
高見石までで良かったのかもしれない。。。


IMG_4491



今度は青組圧勝の時にまた訪れたい。その時は にゅぅ〜まで。中山にも
しっかりと足を伸ばそう!

IMG_5846



麦草ヒュッテには観光バスが数台。
そして白駒池の駐車場にはメニメニの車が停まっていた。




IMG_5849



少しだけ物足りなそうな後ろ姿。 また行こう! 来よう!
お天気予報は見事に外れたけれど 満足な時間でありました!


IMG_5850


再び、鹿さん除けネットゲートをくぐって駐車場へ。
車はもう道路にはみ出す勢いで停まっていた。
で、ご機嫌斜めから入った親分大佐はと言うと。。。こんな風に
珍しくズーポーを決めてくれた。


IMG_5853



だいぶリフレッシュできたみたいであります♪
疲れた時こそ、どんな薬よりもお山の空気は効くのかもです!

IMG_5787


ちなみに私はいつも元気であります理由は毎日が適当人間だからなのかもです。
それでもお山の空気が吸いたくなるのであります。

IMG_4365



と言う訳でお山って不思議な力を持っているな〜と登るたびにそう思うのです。

さてと、北八ヶ岳のお話はここまでであります。そこから。。。お話はもう少しだけ
続きます。そのお話はまた、明日♪

読んでるよ。お尻ぺんぺ〜ん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 19:36ヤマノボリ ,ニッキ
2011年07月29日

北八ヶ岳 丸山&高見石 其の参

IMG_5752



こんにしょわ。。。現在、3度目の正直の丸山にいるアフーです。
ちなみに道標のある森の2カ所にて勝手に丸山だと勘違いして小休止したので
本当の丸山の山頂は ほぼ、スルー状態でアリマス。。。


IMG_4376



さてと、ここからは高見石小屋でジュースを飲む! と言う事が目標に
なっている親分大佐とアフー中佐であります。

IMG_5753


丸山から高見石までは傾斜の丁度良い感じの下り道。
雨が降れば岩がスリッピーになって嫌な道に変わるのかもしれないけれど
この日はぜ〜んぜん、快適快適道であります


IMG_4390



ご機嫌斜めな若干一名な親分大佐もこの頃はもうすでにというかスッカリいつもオヤビン。
こうでなくっちゃね♪ アフーは良い山を見つけるね! とまで言われたアルヨ。
そこまで上機嫌にしてくれたのは この森なのであります。


IMG_5772



と言う訳で、この森 ここまでアフーがべた褒めしている訳で きっとなにか他にも
素敵な事が隠れていると思って調べて来ました。
さて、アフー中佐 ご報告申し上げます!


IMG_4398


なんとこの森は日本三大原生林に選ばれている森なのであります! なんとなんと!
やっぱりそうでありました〜! と中佐もご納得であります。。。なんちて。


IMG_4400



そして、このアフー中佐の周りを囲んでいる苔の森!
実は日本三大原生林だけでなく 蘚苔類学会 
が選んだ日本の貴重な苔の森の11カ所の中でもこの白駒池周辺の苔の森は
格別な森なのだそうであります!

IMG_4406



でそ、でそ。。。 やっぱり そう思ったのであるよ。。。
と言う訳で、まだ行った事の無い人♪ 

アフー中佐は 声を大にして言いたい!

百聞は一見に如かず

なのであります。。。さてと。。。

IMG_4413



熱く語ったので喉が渇いたのであります。。。高見石小屋でジュースを飲むぞ〜
と言う訳で道を下り終えたらなだらかになります。
すると分岐が。。。サイの河原。。。 山でよく見るこのサイの河原。
詳しくはこちら。


IMG_5774


そして再び分岐が出て来ます。写真はないでありんす。
こちらから登られて来られて高見石に行かれる方も多かったようです。
丸山君は人気がないのかな???ちなみに原生林は丸山経由の方が圧倒的に素敵アルヨ!

IMG_5776



ちなみに丸山から分岐は2カ所あるけれど トニモカクニモまっすぐであります。
すると高見石小屋に到着であります! ひゃほ〜い!


IMG_5781



うぉ〜〜〜〜〜〜〜! 来てみたかったのであります。念願の高見石小屋であります。
そして、迷わずジュース2本。

IMG_4422



そして、しばし待ちます。


IMG_5782



すると、出て来ました! つい、メニューに誘われて然程
暑くも無いけれどかき氷を食べます! 美味しかったな〜。


IMG_4426



親分はペットボトル1本まるまる制覇。氷ののれんとかき氷♪
夏だねぇ〜。 と言いたい所だけれど あんまり夏らしいお天気ではなかったこの日。


IMG_4431



実は、中佐は急いで食べ過ぎて頭キンキンになったのでちょっと親分に手伝ってもらいました。


IMG_5783



ん?なんだか晴れてる? ちょっとばかり 北八ヶ岳の女神が味方したかな?
空は青組の優勢な感じに変わっていた訳で。。。


IMG_4439



晴れているうちに本日の絶景ポイント!に行きましょう!


IMG_5785



氷ののれんが オツであります♪ 今度はホットドッグも食べてみたい。。。
それからおでんと ウインナー4本というメニューも気になった食いしん坊中佐であります。
さて、高見石は小屋のすぐ裏。 大きな岩をピョンピョンと飛び越えて高台に出れば
そこは絶景ポイントアルヨ。


IMG_5787



そそ、大きな岩をピョンピョン飛び越えて行ける人は早く絶景を見れる。。。
で、そうでなくモタツク人は。。。なかなか絶景が見れない。。。


IMG_5789



小屋からこのくらいの高さで高見石。なんという素敵なロケーションにある小屋なのだろうか?
で、ちなみにあちらの丸い山が 文字の通り、さっきの丸山なのであります。

IMG_4445


で、まだ高見石の絶景に辿り着けない人はとりあえず、手を挙げて喜んでみる。
丸太の他に大きな岩が苦手な事を知る。
で、辿り着くと親分大佐はすでに少しだけ絶景の見える左側の大きな岩の上で心地良さそうに
していました。

IMG_5791



。。。アフ中佐もついたアルヨ。ちと白組攻めて無いかい???
でもこの景色!見れました! 何度も何度も候補に挙がってはなかなか見れなかった
この景色であります!


IMG_4449


親分、お昼寝しそうであります。
寒くもなく暑くもなく なんという心地よさなのだろうか。。。。
昼寝したくなっちゃう気持ち判る訳で15分くらいまったりとぼけ〜っとしていました。


IMG_5794



さてと、下りましょう。さっきまで空いていた高見石小屋は
少し混んでいる感じにも見えました。


IMG_4459_-1_1_tonemapped



大きな岩を不器用に下りながら。。。今日の目的地、高見石を後にします。

IMG_5800


ここからは予定では白駒池経由で下る予定でした。
今日は私がしっかりとナビゲーターであります。

IMG_4465


ナビゲーター。高見石小屋前にて 左も右も 白駒池と書いてある道標で
ナビゲーターを放棄します。。。親分と小屋前の地図を見て確認をして小屋の左脇の細い道を
抜けて白駒池を目指しました。


IMG_4467



。。。ナビゲーター放棄の図。撮られている事も知らず あそこに地図があるよ。と
親分大佐にご報告するアフー中佐なのであります。

と言う訳で、最終回へ。。。続く。

読んでるよ。ハヨカケお尻ぺんぺ〜ん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 07:24ヤマノボリ ,オデカケ
2011年07月28日

麦草峠からの。。。妄想、暴走。。。

こんにしょわ。。。そそ、先日 麦草峠までの道。
実を言うと峠と聞いてなんとなくもの凄い峠道なのかな?と敬遠していた私は
思ったよりも素敵な道路過ぎた事と、国道299号線、別名 メルヘン街道という名を持つ
道路に興味を持った訳であります。

そんな訳で調べてみると。。。この麦草峠のある道は日本百名道に選ばれていました。
なるほど。。。と麦草峠への道、メルヘン街道から暴走してみる事にします。


この日本百名道は須藤英一さんが日本津々浦々巡り日本の美しい道路を
100選んだ本なのであります。
百名山ほど歴史はないにせよ、素敵な発見がある事には間違いなさそうであります。
と言う訳でリストアップしてみました。

e4a33e40



















  1. 知床横断道路 (北海道)
  2. 道道106号線 サロベツ原野 (北海道)
  3. 国道243号線 美幌峠 (北海道) 
  4. 大雪国道、層雲峡 (北海道) 
  5. 阿寒横断道路 (北海道)
  6. 大雪国道 (北海道)
  7. 黄金道路 (北海道)
  8. 宗谷国道 (北海道)
  9. 野付風連公園線 (北海道) 
  10. 厚岸浜中線 (北海道)
  11. 積丹半島カブトライン&セタカムイライン (北海道)
  12. ニセコパノラマライン (北海道) 
  13. 津軽岩木スカイライン (青森県)
  14. 海峡ライン (青森県
  15. 龍泊ライン (青森県)
  16. 大間越街道 (秋田県・青森県)
  17. 奥入瀬瀑布街道 (青森県)
  18. 十和田ゴールドライン (青森県)
  19. 八幡平アスピーテライン (岩手県) 
  20. 八幡平樹海ライン (岩手県) 
  21. 寒風山なまはげライン (秋田県)
  22. 鳥海ブルーライン (秋田県・山形県)
  23. 月山道路 (山形県) 
  24. 蔵王エコーライン (山形県) 
  25. 西吾妻スカイバレー (山形県・福島県) 
  26. 磐梯山ゴールドライン (福島県) 
  27. 磐梯吾妻レークライン (福島県) 
  28. 筑波スカイライン (茨城県) 
  29. 磐梯吾妻スカイライン (福島県)
  30. 那須甲子道路 (栃木県) 
  31. ボルケーノハイウェイ (栃木県) 
  32. 金精道路 (栃木県) 
  33. 妙義山道路 (群馬県)
  34. 霧降高原道路 (栃木県)
  35. 万座ハイウェー (群馬県)
  36. 鬼押ハイウェー (群馬県) 
  37. 志賀草津道路 (群馬県・長野県) 
  38. 戸隠バードライン (長野県)
  39. ビーナスライン (長野県)
  40. 国道299号線、麦草峠 (長野県) 
  41. 奥志賀林道 (長野県) 
  42. 上高地乗鞍林道 (長野県) 
  43. 乗鞍エコーライン (長野県)
  44. 美ヶ原高原道路 (長野県) 
  45. 野麦街道 (長野県・岐阜県) 
  46. 飛騨合掌ライン (岐阜県・富山県) 
  47. 白山スーパー林道 (石川県・岐阜県) 
  48. なぎさドライブウェイ (石川県)
  49. 奥多只見シルバーライン (新潟県)
  50. 三方五湖レインボーライン (福井県) 
  51. 富士スバルライン (山梨県)
  52. 伊豆スカイライン (静岡県) 
  53. 西伊豆スカイライン (静岡県)
  54. 富士山スカイライン (静岡県) 
  55. 箱根、芦ノ湖スカイライン (静岡県) 
  56. せせらぎ街道 (岐阜県)
  57. 乗鞍スカイライン (岐阜県)
  58. 茶臼山高原道路 (愛知県)
  59. 三ヶ根山スカイライン (愛知県) 
  60. 伊勢志摩スカイライン (三重県)
  61. パールロード (三重県) 
  62. 奥琵琶湖パークウェイ (滋賀県) 
  63. 伊吹山ドライブウェイ (滋賀県・岐阜県)
  64. 比叡山ドライブウェイ (滋賀県)
  65. 嵐山高雄パークウェイ (京都府) 
  66. 奈良奥山ドライブウェイ (奈良県) 
  67. 大台ヶ原ドライブウェイ (奈良県)
  68. 高野竜神スカイライン (和歌山県・奈良県)
  69. 信貴生駒スカイライン (大阪府・奈良県)
  70. 六甲山、明石神戸宝塚線 (兵庫県) 
  71. 但馬コースタル街道 (兵庫県) 
  72. 岡山ブルーライン (岡山県) 
  73. 鷲羽山スカイライン (岡山県) 
  74. 大山環状道路 (鳥取県・岡山県)
  75. 五色台スカイライン (香川県)
  76. 祖谷渓道路 (徳島県) 
  77. 国道381号線 四万十川 (高知県)
  78. 龍河洞スカイライン (高知県) 
  79. 横浪黒潮ライン (高知県)
  80. 足摺サニーロード (高知県) 
  81. 四国カルスト公園縦断線 (高知県・愛媛県) 
  82. 佐田岬メロディーライン (愛媛県) 
  83. 石鎚スカイライン (愛媛県) 
  84. 秋吉台道路 (山口県) 
  85. 西海道路 (愛媛県) 
  86. 湯布院〜別府 湯けむりの道 (大分県) 
  87. 県道28号線、俵山峠 (熊本県)
  88. やまなみハイウェイ (大分県・熊本県)
  89. 阿蘇ミルクロード (熊本県)  
  90. 阿蘇登山道路 (熊本県)
  91. 県道149号線、九十九島 (長崎県) 
  92. 仁田峠環状道路 (長崎県) 
  93. 天草パールライン (長崎県) 
  94. 神話街道、高千穂峡 (宮崎県)
  95. 霧島バードライン (宮崎県・鹿児島県) 
  96. えびのスカイライン (宮崎県・鹿児島県) 
  97. 日南フェニックスロード (宮崎県) 
  98. 佐田岬ロードパーク (鹿児島県) 
  99. 指宿スカイライン (鹿児島県) 
  100. 桜島溶岩道路 (鹿児島県) 

 

6aa07718


とこうやって見てみると 山に行く途中に通る道が沢山含まれている事に
気づく訳であります。

cf921631-s


とりあえず記憶に残っている道路を探してみるとすでに20道路くらいは
通っているかな?

4e88ec86-s


でも遠い記憶の物の中に通った事のある道も他にあるはずな感じです。

d1e64f90-s


まだまだ、登りたいお山もメニメニある訳なのですがそこまでの道のりも
他の人達よりもきっと素敵な景色を見ながらお山に向かっているんだなと
そう、つくづくしみじ〜みと痛感してご満悦な今日も残念アフーなのであります。

2ccdd79e-s


と言う訳で明日も読むよ。お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちて。




Posted by theslowpace at 13:04ニッキ ,ヤマノボリ
2011年07月27日

北八ヶ岳 丸山&高見石 其の弐

そんな訳でグダグダな感じで今回もスタートを切ります。
で、案の定、大佐のご機嫌は空模様と同じ感じであります。。。

必死について行く訳であります。

IMG_5700


駐車場からとりあえず麦草ヒュッテまでの道は100mくらいだろうか?
兎に角 この木道を通ればすぐに麦草ヒュッテに到着なのであります。
ちなみに無料駐車場だったのですが帰って来たら満車になっていた訳であります。
でも満車になっても麦草ヒュッテさんや白駒池には有料で開放しているようです。

IMG_5701



鹿さん除けネットのゲートが出て来たらそこはもう 麦草ヒュッテさん。
なんとも可愛い建物のヒュッテさんです。
晴れてる空だったらもっともっと三角屋根と小屋の感じが素敵だっただろうな〜。。。
このドゥーンな空模様。 どうかしてるぜぇ〜♪ とちと言いたい。


IMG_5702



麦草峠。 実は私はしょっちゅう、山の名前や土地の名前の読みがなを間違えるので
大きな声ではあまり言わない。。。。。バクソウトウゲ? ムギクサトウゲ?

ちなみにここで ムギクサとふりがなで書いてあったのを確認してから言葉にする。。。
そんな感じであります。



IMG_5703



ちなみに、ずっと北岳のお山のお隣の間ノ岳を マノダケだと思っていた。。。
かなりの長い期間。。。カンチガイオンナだった訳であります。


IMG_4320



さて、勘違い女は進みます。 そう、真っ青な青空の下♪を! と絶対に言えない
もはや、雨をも降らせそうなそんな重い雲の下を。。。

IMG_5704



麦草ヒュッテを背中に背負って まずは丸山に向かいます。
で、実はある程度のコースの概要は漠然ながら入れておいた。 
とにかく丸山まで一切の眺望が無い事を私は知っていました。

IMG_5705



で、オヤビン大佐は知りません。それを知れば 更に更に ご機嫌斜めになること
間違いない訳で。。。 ちょっとばかりこのまま 森に入って眺望なくて丸山の山頂も
眺望がないので間違いなく親分は怒るだろうなと予測するアフー中佐。


IMG_5706



再び鹿さん除けネットゲートを通過です。そして少し先へ進むと森に入る。
実は親分は高原が好きな訳でどちらかというと樹林帯があまり好きではないらしい。
私はどちらにも転がれる調子良いハイカーなのであります。。。
しいて言えば丸太が大嫌い。


IMG_4324



さて、森に入ると。。。そこはちょっといつもとは違う森。
それは何が違うのかと問われると? 不安げに 苔 ?かな
というレベルではあるものの兎に角 鬱蒼としているのだけれど
なんだか神秘的で素敵なのであります。

IMG_4327a



買ったパンツを履いてみた。 マジックテープじゃないから
踏ん張り時にパッツンパッツンでもビリビリっとなる事はないアルヨ。


IMG_5707


さてと、笹のある道。 序盤はなだらかに登る感じで深い森に入って行く感じだった。
なんというか、もののけ姫。を先々週、録画して見ていたのでその森にも似ている気がした。

IMG_4336



ジブリの世界に限りなく似ている気がした。気温は高度のせいなのか?
それとも分厚い雲のせいなのか涼しく感じる訳であります。

IMG_5709



木もそして土も岩もきっと数百年後にはすべてを苔が包んで行くのかなとそんな
風にも思ったアルヨ。。。手間の木、キミも苔君がこれから包み込んで行く様なそんな
感じだね。。。

IMG_4339


綺麗な景色の中にちょいと。。。気になる ブヨ大群。
ちなみに一応、対策として長袖を着用したものの。。。。
結局1カ所 登りだし序盤にて服の上から肘を噛まれた。

IMG_5712



苔のある美しい森は親分大佐のご機嫌斜めになる原因である
イライラな心を少しずつ浄化していっているようです。

IMG_4342a


光が射せばきっともっと光り輝くのかもしれないけれど
この深いグリーン♪ アフーは好きアルヨ。

IMG_5715



そそ、道の途中には私の苦手な丸太が出て来た。
何年経っても丸太道が大嫌い。

理由はとても簡単。 何処を歩けば良いかちと判らないのであります。
丸太同士の間の凹みを歩くのか?それとも丸太の上を歩くのか?


IMG_4347



凹みを歩けば脚が挟まったり。。。もしくはその凹みが凹みでなく大きすぎる
凹みだったり。。。そして丸太の上となれば 滑ったり丸みを帯びた感じの場所に
脚を乗せてどっちかにふらついたりと。。。そんな訳で苦手な理由付けはこんな感じ
であります。


IMG_4350


この森は麦草峠から歩いてたぶん20分くらいだろうか?30分くらいだろうか?
兎に角 車道からソレホドでもない距離なのにこんなに素敵な森がある訳で。。。
ちょっとばかり何度も脚を止めて森を眺めてしまいました。それは私だけでなく
親分大佐もであります♪


IMG_4354



丸太に悩む残念人間の絵。その丸太が地面にあっても苦手なのであります。
どこかでなにかトラウマでもあったのでしょうか?記憶に無いけれど兎に角
これだけは克服出来ない。。。


IMG_5716


更に奥へなだらかに進みます。そして途中から少しずつ傾斜がキツくなって行く感じです。


IMG_4359



ガイド本には木の根と石で歩き難いお山だと書いてありましたが
全然にそんな事はありません。もし、私がガイド本を書かせてもらえるのならば。。。
石と木の根が程よい階段を作ってくれて貴方の助けをしてくれるでしょう♪
と書きたいアルヨ♪


IMG_5719



そそ、森の中にこんな三角点の石のような物を見つけた。。。これはなんなのか?
よく判らない。でももの凄く気になって帰って来て調べてみたけれどやっぱり判らなかった。



IMG_4360a



で、傾斜がキツくなって登りきったら丸山山頂。実はこの日、大失態を。。。。
二人とも飲み物を持っていない。
車に置いて来てしまったのであります。喉が渇いたね〜とお互いに。
で、親分にここで高見石小屋のお話をした。


IMG_5729



そこでジュースが買えるはず。とすると親分は山頂付近に小屋があるとは知らなかったので
かなり嬉しそうな感じでした! 不思議と汗もでない。ブヨに噛まれた肘が痒くて
仕方が無い。ちなみにブヨはこの付近にはもう居なかった。


IMG_4362



ぐいぐいと登ります。苔はずっと続いていて森は深い分、あたりの景色は何一つ見えない。

IMG_5733



登りの傾斜がきつくなって丸山の山頂に近くなった頃、森に一気に光が差し込んでくれました。
さらに神秘的!

IMG_5723



でも空は気まぐれであっというまに森から光を奪って再び深い森にしていきます。
こんな一面な緑の景色って凄い! 肉眼だともっともっと素敵です!
足元は急な登りをサポートしてくれるしっかりと固定された石と木の根達。

IMG_4369



脚を止めて横を見ているのは この日は休憩ではなく純粋に森を見ていました。
そのくらいに目を奪う原生林の美しい森であります♪

deep green forest.....


IMG_4371



木の根はかなり入り組んでいる登山道。この日はまったくもってモーマンタイだったのですが
雨が降ったらちょとばかりスリッピーになりそうなそんな感じであります。
さてと、登りが一段落 した場所に道標が。


IMG_5746


丸山は鬱蒼とした森の中にあると聞いていたのでこちらがてっきり丸山かと。。。
丸山山頂と書かれた看板はもしかしたら無いのかもと。。。
と言う訳でちょっと休憩。本当に山頂はなにも無いんだねと親分と話す。

IMG_5747


じゃぁ!ジュースを飲みに高見石小屋に向かおう♪ ここからたしかすぐだったはずだよ♪
とスタートを切ると。。。。

不思議だねぇ〜。また丸山山頂らしい感じの場所に。誰かサングラスを忘れて行っていたので
てっきり、ここが本当の山頂だと。。。 そそ、ここはちょっとだけ頭上が開けていた。
でさて、再びジュースのある高見石へ。。。と5歩進んでみると。。。


IMG_5749



さっきのサングラスの看板から本当に少しだけ下った場所に
山頂を発見! これが本当の 3度目の正直アルネ!
と言う訳でここからはギュイーンと下り高見石へ。
空には大陽が姿を現していた訳であります。でも青組も白組もちょっと曖昧な
勝負具合。。。


IMG_5751


そそ、親分はもうすでにいつもの親分大佐であります!いつからかは
忘れたけれど深い苔の森の中の途中から楽しい時間となりました。
出かけた時はどうなるかと思ったけれどやっぱりツマラナイ山なんてナイアルネ!
と言う訳で、今日はこの丸山山頂までのお話であります♪

続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちて♪


Posted by theslowpace at 11:15ヤマノボリ
2011年07月26日

明日の朝ごはん。





なんとなく節電だと思ってオーブンを使わなかった。。。
けれど今日は久しぶりにオーブンを使ってみました。。。

親分と一緒にベーグルを焼いてみました。 全粒粉の割合が多いから
ちょっと色が悪いけれど 明日は久しぶりにベーグルモーニングであります。

と言う訳で今日のおまけのお話であります。。。

明日も読むよ。お尻ぺんぺん♪


Posted by theslowpace at 22:58ニッキ

丸山&高見石 其の壱

こんにしょわ。。。
と言う訳で土曜日の夜、親分大佐はテレビを見て の〜んびりしていた。



で、私はと言うと コソコソとプリントアウトしたりそれからカメラ、携帯
そんな充電すべき物を充電したり アフー中佐は結果はどうであれ 一人で
テンションをあげつつ。。。。




で先日交渉前にブログの記事をアップしたのだけれど。。。その記事は簡単には
これから親分大佐の様子見と交渉を試みますという内容の非常に薄い記事だった訳で。。。



実はそれからは簡単に交渉が行った訳ではない。
親分大佐はあまりにもまったりテレビを見ているのでなかなか言い出せなかった
訳で思い切ってどこか歩きに行こうよ。。。 と言ってみたけれど反応鈍し。


504e3708


だらだら文が長いので関連性の全くない写真ですが差し込んでいます。


で、テレビの区切りが良い頃、親分が 良いよ。どこ行くの? と
え。。。。
じゃあ!クルミを買いに行こう!
 クルミのついでをお山歩き♪
そんな感じで敢行する事にしました。




クルミ。実は体に良いと聞いてビールのお供に食べるようになったのだけれど
日本のクルミを食べよう! と言う事になって国産クルミを探したら長野県の湯の丸山の
近くの雷電にくるみの里があるという。。。少し前から買いに行こうと話は出ていた訳なので
あります。


912ff027



ちなみに上信越道上り斜線を走っていると左手に見えるあの道の駅なのであります。


そんな訳でそこも行ける場所。そしてお山にも登れる場所を探した訳であります。
候補は3つ 簡単に 八子ヶ峰。 それから水ノ塔、それから高見石&にゅう。
水ノ塔はすぐに却下された。 

行った事のあるお山は今日はいいよ。。。 という大佐。
ちなみに水ノ塔に登った事はまだない。。。不思議な事を言う親分大佐であります。

7e6a0ce8


おそらく。。。ここと間違っていると思われ。。。

けれどもここで否定をすると面倒な事になるのでじゃあ、佐久まで行って直前で
決めよう!という事になった。


ちなみにお山に行くのにこんなにも大変なのは最近の親分はちと多忙気味のようで
気が荒い訳で支度をして出発したけれどなんだか また、微妙に機嫌が悪い。


なんで機嫌悪いの? と聞くも機嫌悪くないと 機嫌の悪そうな顔で答える。


じゃあ、今日はどこかでラーメン食べて帰って来ようというと クルミだけは買ってくる
という。。。高速が渋滞になるから午前中には帰路につく。と条件を。。。
単なるダダをコネクル親分なのであります。で、残念アフーには通用しない事も
たぶん親分は解っているのだと思う。ただ、きっと何かしら当たりたいようであります。



そんな訳で家を出たのは夜中の3時。 ガソリン満タン。
それから高速へ飛び乗り妙義山撤退以来の上信越道です。



高速はもちろんこんな夜中だからノー渋滞。あっという間に佐久ICに到着。
そこから朝食を取ります。行く場所は決めました。高見石へ行く事に。

49)


あっ。。。これは高見盛だった。。。なんてね♪


そんな訳で141号線を韮崎方面へ、そしてひたすら進みます。それから299号線へ
麦草峠へ。実はもっと道が悪い峠道だろうと思っていたらなんとも綺麗に整備された
道であります。 日本一の白樺林。それから八千穂スキー場など通り過ぎ 白駒池の
駐車場が出て来たらすぐに今度は麦草ヒュッテ、そしてすぐその先にはトイレありの
綺麗な駐車場があります。

44)


そちらにはすでに車がメニメニ。そして天気予報は晴だったはずなのにドゥーンと重い雲。
大佐の機嫌は一気に悪化してしまい、不貞寝をしてしまいました。いつもはとても頼りがいの
ある大佐ですがこの日はどーにもこうにも 面倒な大佐であります。



しばらく眠って見たけれど空の雲は退きそうにない訳で急遽、にゅうまで行かずに
とりあえず丸山と高見石を見て来ようと言う事にそしてクルミを買いに行こうと。。。

IMG_4431


あまりにも晴天になったならにゅうまで行ってみようと言う意見一致で出発であります。
でも実はこの時点で空の感じはほぼ。。。期待が出来なかった。訳で心の中でゴールは
すでに高見石と決めていた感覚でした。
と言う訳で、続く。。。

IMG_4359


イライラ気分は歩いたり綺麗な景色が全部浄化してくれる訳で。。。
ちなみに大佐のご機嫌はこのあと少しでモーマンタイになります。

と言う訳で、続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちて。


Posted by theslowpace at 08:33ヤマノボリ ,ニッキ
2011年07月25日

昨日のお山

と言う訳で。。。
何度もお出かけしようとしていてなかなか行けなかった場所であります。。。 


IMG_4450




お手軽登山ではあるけれど そこまでの道のりは 八ヶ岳らしい美しい
苔の森が広がっていました。


IMG_4359



と言う訳で本編へ続く。。。

ハヨカケお尻ぺんぺ〜〜〜ん♪ なんちて。


Posted by theslowpace at 17:53ヤマノボリ
2011年07月24日

今日の最後の寄り道場所



お山も行けました。


Posted by theslowpace at 23:25ニッキ