2010年09月
2010年09月30日

編笠山&権現岳 其の弐

編笠山&権現岳 其の壱

と言う訳で無事に青年小屋にテントを張り終えて一段落。
おやびんが何処かに行ってしまったであります。

この時点ですでに眠さMAX。
親分のグリーンのパンツはサーフパンツなんだけれど
アフーがボードパンツは軽くて動き易いといつも言っていたので
親分も真似をしたらしい。いつもはアフーの方が真似をするので珍しい。


IMG_4892



































気に入った物がなくけっきょく ネットで購入したようなのだけれど。。。
5千円のパンツにサイズが合わず サイズ加工料6千円出して
洋服リフォーム屋さんから帰って来たばかりの
グリーンパンツであります。 親分はいつもそうでサイズはとりあえずを買ってしまうので
サイズ失敗した洋服が溜まって行くのがとっても悩ましい所であります。まぁ細かくないのが
親分の良い所と解釈しています。

おっと、ちょっと愚痴をこぼしてしまいました。。。

テント張り終えてまったり中。
飲んだくれのレジャーシートは 麒麟淡麗。



IMG_5324























親分が帰って来た。 手にはなにかを持っているようであります。
そして、気のせいか親分の表情はとても嬉しそう。

IMG_5331























アフー。このショットを撮っている段階ですでに袋の中身は判っていた訳であります。
もちろん、きっとそこの貴方も判っているはずであります。なんちて♪

IMG_5332






















で、買って来たのは秋味2本。


IMG_5333






















麒麟ラガー2本。 で、実は親分 山ご飯は面倒だからと オニギリを買って
来たのだけれどこのテント場で数を数えてみると。。。合計14個あった。

と言っても若干コンビニの海苔付オニギリよりは小さめ。


IMG_5338























今は眠気が先行していたのでとりあえずビールとオニギリを食べて眠る事に
しました。


IMG_5339






















秋味はちょっと私にはモワッとしていて 大人の味だった。
ホップ強めは苦手ラスぃ。 

私はたぶん第三のビールがお似合いなんだと思った訳であります。


IMG_4930























麒麟ラガーマンビールもちょっと 大人テイストだった。
私はやっぱり。。。 ビールならスーパードライ系が好きかもであります。
でも翌日飲んだサッポロ黒ラベルは美味しかった。結局 翌日までに一人ずつ
青年小屋にあるビールの種類を1本ずつ3種類飲んだ事になった。

ダイエットという言葉はもうすでにどっかに置き忘れてしまったようであります。


IMG_4893






















寝る事にした。そういえば パンも食べた。

ここは山だから
アトハノトナレ ヤマトナレ
状態になった残念二人。こんな感じがずっと続いている訳で
お腹周りだけは本当に正直すぎるほど。。。物語っている訳であります。


IMG_4895































親分は速攻で眠ってしまい、私もすぐに寝てしまったようであります。
毎日クーラーで今年は本当に夏バテとクーラー病で辛かった夏でした。

そんな事もあって天然で心地よく眠ったのは久しぶりな記憶。
で、続々とテント泊の人が到着している様でその音と声で
目が覚めた。


親分はまだ爆睡中。そそ、お水を持ってコヨット。
たまには役にたってみようと思い プラティ1L 2L ペットボトル500m×4
持って乙女の水まで一人散歩であります。

冷たくて驚く程美味しかった。素手で持って帰って来る訳だけれど
冷た過ぎたプラティパス。手がかじかむ程であります。


IMG_4896


































テントに帰るも親分はまだ起きなそう。暇人アフー中佐。

するとトンボ少佐が迎えに来たので遊びに行く事にした。


IMG_4905






















沢山居る訳ではない。 なぜか看板の人の少ない所に数匹居た。
けっこう 人見知りなトンボ少佐達だった。 手には乗るけれどすぐに
逃げちゃう。少佐と遊んだ後のアフー中佐は ちょっと居酒屋にも
遊びに行った。


IMG_4901






























             



日本一。かき氷のおいしい居酒屋さんであります。
小屋の方は女性の方も男性の方もとっても優しく親切であります。
受付の時は 雷がもしなったらすぐに小屋に来て下さいね。
トイレは混んでいたら山小屋のをお使いください。などと
始めから好感の持てる小屋だった。

暇人アフーがテントに戻るとテントのファスナーを開ける音で大佐が
目覚めました。 完全に寝起きの寝ぼけ状態。



IMG_4909






















暗くなると寒いし面倒だから また食べちゃおうと言う事になる。
大佐の食事係も兼ねる コックアフー。


IMG_5357


































もちろん、今夜のメニューもカップラーメンである。


IMG_5360





























凝った料理は失敗するからヤダという 親分大佐の切なる願いで
このメニューに至った訳であります。


IMG_5373























食後はだんだんと空の色が変わっていく。そして気温もだんだん低くなってきた。
小屋の方に歩きにいった。と言っても小屋まで1分。水場まで4分。
編笠山頂まで30分。権現山頂まで1時間30分というとても素敵な立地条件の
青年小屋であります。


IMG_5393






















テラスでのんびりしていると登りで ペースをひっぱってくれたパーティの
方達がいらっしゃいまして、そこで色々とお話をさせていただきました。
みんな程よくお酒も入っていて明るくて楽しいお話をメニメニ。

で、とっても不思議な事があるもんです。 実は
アフーの先日かった手作り靴のお店を皆さんよくご存知の方で
そのお店のお話やお山のお話で盛り上がりました。






靴の手入れやかっこいい靴の結び方を教えて下さったおじいさまと一緒に
海外トレッキングにいかれた方もいらっしゃいました。

世間はもしかしたら広い様で狭いのかもしれないと思ったアフーであります。
みなさんベテラン級の方だったのですが厳冬期のお山の登り方から選び方、
本当にとっても勉強になった楽しいひとときでした。

そして、残念アフーは楽して明日は
編笠のみで帰ろうと思っていたんです。。。が。。。
それは勿体ないよ。ここまで来たんだからと背中を押して頂いた訳であります。


IMG_5398






















が、それと同時にちょっと切れ落ちている所もあると言われて。。。ビビっている
アフーと親分。

気がつけば辺りは真っ暗。本当に楽しい一時の後。ちょっと不安も湧いてきた。
その事は明日考える事にして。。。テントに戻り就寝であります。

と言う訳で続くであります。 
ハヨカケお尻ぺんぺん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 19:17ヤマノボリ
2010年09月29日

編笠山&権現岳 其の壱

ここも長年行こう 行きたいと思いはメニメニだったけれど
月日は経過してこの日に決行をする事になった訳であります。

記憶では去年架空ちゃんとの蝶ヶ岳の時にこのお山と一騎打ちとなった
訳であります。

駐車場へは特に迷う事もなく、到着。


それから駐車場につくとすでに沢山の車。本当はゆっくりで良いから仮眠しようと言う事に
なったのだけれどひっきりなしで車が来て砂利駐車場で車が来るたびに大きな音に起きてしまう。親分に出発を促すと。。。


ミカモ山で良かったんだと言い出した。標高200mのお山でありますが。。。
最近の親分は登山口で面倒になると必ずミカモで良かったと言い出す。。。
少々文が長くなりそうなので写真と前後しちゃうけれど。。。



IMG_5248























完全に機嫌の悪い親分。帰ろうか?という事にまでなった。
眠さもあったんだと思うけれど親分のご機嫌は非常に悪い。
機嫌を取るのもちょっと疲れたアフーであります。

みんな楽しそうに出発しているのが純粋に羨ましくなった訳であります。


IMG_4861


































三脚を車に忘れて取りに帰るかどうするかでも なんだか面倒な親分。
。。。。その間もみんな楽しそうな会話を繰り広げて楽しんで登って行く。
そんなみんなの中で なんだか 我が家だけ非常につまらないように見えて来て。

つまらない+暑さ+登り = それは意味があるのかな?と
なんだか私まで一気にテンションが下がってしまった。 となれば足も重くなる。

発端は親分なのに。。。結局いつもの通り私が怒られる事になる。


。。。ずっとそのペースで登る気かよ。 6時間経っても到着しないんじゃない?
ここで帰るか 自分で先頭で少しペースを上げて登るかどっちか選べよ。


とちょっと言葉も乱暴な親分。二者択一


IMG_5265



































で、ここで帰るというと 後に帰りの車も雰囲気悪い事になるだろうし、
頑張ってみるかっ! というスイッチを入れた。

かと言って素直にハイっ。と言って登る程 そんな人間出来ていない。
ブータレアフーのいっちょあがり。返事無しで歩き出した訳であります。
ブータレアフー。ちょっと意地張りながらヒーヒー言いながら必死に登ります。

とりあえず頑張って思い体を必死に登りました。親分の前を必死に
歩きます。だいぶ頑張ったけれど オーバーヒート



IMG_5267


































気温はもはや味方してくれず。。。 10秒休ませて。と呼吸を整えて
すぐに出発。 親分は時に勝手に機嫌が悪くなるけれど
ちょっとすればすぐに機嫌が直ってくれる。

それと頑張ればそれをきちんと認めてくれる。


IMG_5256


































凹みそうになると もう少し頑張れ。と声をかけてくれる。
そこに一輪。不思議な感じで咲いていた紫のお花に親分が興味をしめしていた。

これはトリカブトだよ。って親分に教えてあげた。

親分が写真を撮っている間 少しだけ休めた。 小休止の救世主トリカブト君。


IMG_5272























雲海に到着。日なたに居れば間違いなくひからびる。。。
ザックを置いて小休止。するとパーティーさんがやってきた。
親分は日陰で休憩中。


IMG_4863























ここで、体の怠さに気がつき急いでドーピングダブルチャージ。
まだ3分の1。 ここから先が大変なはず。

で、さっき到着したパーティさん。なんだかとっても明るくて楽しそう。
でも我が家ももう機嫌が直って楽しい話をしていた記憶。

帰らなくて良かった〜と思ったアフーでありました。


IMG_5277






















そのパーティさんが出発した少し後に出発する事にしました。
親分が頑張ってあのパーティさん達についていこう。と。。。
判ったっ!と調子に乗っていたアフーに余計な物が届いた。


IMG_5278






















頭痛が到着。
雲海から次の休憩までの間はほとんど片目の視界が可笑しい状態。
片目がどうにか正常に見えているみたいだからとにかく登りました。


IMG_4867



































正直、山で頭痛になる事はたまにある。けれどそれをいちいち親分に報告して
心配してもらうのもそれに意味が無い事も知っている訳でここはロキソニンを飲んで
回復するのをひたすら待ちながら足を進めました。
トンカチトントンと後頭部に震動がくる感じ。。。 薬は基本痛くなってからだと
なかなか効かない。。。


IMG_5280























でもそのお陰で登りの辛さがよく判らなかった。
怪我の功名的な事が起こっていた訳であります。

IMG_5283























そのお陰で前のパーティさんの声に必死についていったので見える位置をキープ
しながら登った訳であります。



IMG_5291






















そして、本当についているのかも! と思うくらいに次の分岐地点では
薬が効いてくれていました。 

パーテーの皆さんはここでランチタイムみたい。

IMG_5300



































木漏れ日が綺麗な分岐地点。親分とアフーも大きな木の上に座って休憩する事にしました。


IMG_4869






















親分がキャラメルをくれた。
山でのキャラメル。アフーは大好きであります。


IMG_5310


































そそ、パーティーの皆さんは出発の時に番号を一人ずつ前から
大きな声で叫んでメンバーの確認をします。全部で21人。
と言う訳で番号は21で終わりなんだけれど

アフーは勝手に22番。そして親分は23番とそのパーティーさんに
ひっそりと仲間入りさせて頂いている気分で見えそうで見えない位置を
キープして歩いて来た訳であります。


IMG_4870


































ランチタイム待ちの間にちょこっとなお話。
小淵沢ICからはあっという間なのだけれど
途中でローソンに寄り道。 そそ、朝まだ6時。なぜか駐車場でバタバタしている
物を発見したアフー。 車を降りて見てみると。。。


カブトムシちゃんだった。女の子でなんだか見た事無い種類のフワフワな毛が生えている
カブトムシちゃん。ひっくり返っていてバタバタ。このままだとひかれてしまうと言う事で
親分に森に返してもらいました。 その後、丁度続々と車が到着したので危機一髪だった
ねぇ〜。と思った訳であります。

不思議な種類だったのでなんだかとっても印象深かった訳であります。


IMG_4872























さてと、ここから分岐。とりあえず青年小屋へ向かう事にしました。
なぜならザックが重い。早くザックを降ろしたい一心だった訳であります。


IMG_4876



































で、意外にもここから青年小屋が長かった印象です。
午後になり気温もあがって本当に辛い辛い。

でも素敵な出会いが。おじいちゃんといっしょに来ていた小学校5年生の
お孫さん。 松茸を取りに来ていて おじいさんは松茸の探し方を
教えてくれたりして下さいました。



IMG_4879


































で、お孫さんは小学校5年生。思春期なのか?なかなかお話するのは
恥ずかしそうなんだけれどとっても優しい子で 私だけ遅れをとって
しまいがちになると なにげなく待ってくれているのです。


IMG_4882


































おじいさんとお話したりしながら歩いていると だんだん男の子も
慣れてくれた様で ボソッと来年は赤岳に登るんだと話してくれました。
結局、この男の子はずっと青年小屋まで残念アフーを気にかけてくれました。


IMG_5316























きっと素敵に成長していくだろうな〜と思った訳であります。
さて、我が家の本当はとっても優しい親分。山になるとめちゃくちゃ怖くなる
訳であります。親分の言い分もかかないと。。。

一言。 遅過ぎてイライラするらしいです。


IMG_4885






















何年経っても早くならないのに怒りが込み上げてしまうようです。
。。。。迷惑かけないようにという気持ちは沢山あるのだけれど
なかなかこればかりは自分の思う様に頑張れる限界もある訳であります。

とこれがアフーの言い分。

毎回のお山で下りでは話したりのんびりと一緒の
ペースで下れるので楽しいまま山を終わる事が出来る事が唯一の救いです。


IMG_4888



































下りで終わる事が出来るからこそ、私がお山に連れて行ってもらえる
のかもしれません。本当にお山に感謝であります。(鳳凰だけはそうは
いかなかったけれど。。。)



IMG_4890






















と、くだらないお話をしている間に突如青年小屋に到着。
正直 本当にこの区間は長かった。。。 で 混雑する小屋の前で
おじいさんとお孫さんと色々とお話をした訳であります。 これから下ると言う事で
なんだかここでお別れするのがとっても寂しかった訳であります。

お見送りした後に青年小屋でテント受付をした後 テント設営。


IMG_5324






















またもや、いびつなフラフラテントがいっちょアガリであります。

と言う訳で続きはまた後程。。。 編笠山&権現岳 其の弐

続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。


Posted by theslowpace at 07:34ヤマノボリ
2010年09月27日

金時山 其の参

金時山 其の壱
金時山 山頂編

IMG_4813























はいっ。こつぃら 金時山山頂のアフーです。なんちて。
さて、下りは違う道も見てみたいと言う事で時間を見てもまだまだ
渋滞を考える時刻でもないので乙女口経由で下ります。


IMG_4817



































天気が良くて気持ちが良いねっ!こっちは開放的な道と山頂で教えて
頂いたアルヨ。 そういえば 公時神社コースは森に包まれたコースだった
なぁ〜と振り返る。 止まってのんびりと言うよりも一気に山頂へという
感じだったのに比べこちらのコースは


IMG_5158






















写真を撮ってのんびり歩ける様なハイキング道でありました。
どちらのコースも共に整備されているのでモーマンタイなのですが
登りと下りでどういうコース配分にするかは気分で選べそうであります。


IMG_4818



































唐辛子もどき? 
撮影者 アフー。 ピンボケボケだからすぐにわかっちゃうアルネ。


IMG_5148



































足取りは軽く♪健やかに歩きますっ! と言いたい所だけれど
気温はもうミルミルと上昇しているのが判る訳であります。
木漏れ日と言えどもの凄い気温上昇に手元の飲み物もどんどん消費されていきます。


IMG_4820






















直射日光だともう目が痛くなる程の太陽光線であります。
足早に。。。 でこちらのコースは小さいながらも登り返しがあります。


IMG_4821



































少々の登りでも汗が一気に吹き出ます。
美味しそうな色した実がなっていました。 浅草岳で教えて頂き
野いちごを食べたアフー。

もちろん、自分ではどれがOKでどれがNGかが判らないので
スルーですが懐かしい思い出がこの実のお陰で蘇りました。


IMG_5169


































と。。。山頂です。長尾山頂は広々した広場です。テントも沢山張れそうで
あります。眺望は無いけれどトンボ少佐がメニメニ暑さで放心状態の
残念アフー中佐を励ましてくれます。


IMG_5162




















そそ、今日は凍ったジュースを持って来たお陰で登り復活できたアフーで
あります。コンビニにこんなに便利な物があったのは知って居たけれど
こんなにお世話になったのは初めてであります。


IMG_4834























さてと、これ以上のんびりしているとさっきの唐辛子モドキのようになってしまいそう
なので足を進めます。 道は本当に整備が行き届いています。

落とし物?かな?


IMG_5177























持ち主さんの所に帰りたがっていました。。。
帰れるといいんだけど。。。

モクモクと下る事長尾山頂からは僅かの距離ですが突如 乙女峠。
お店はやっていないようです。 親分と二人で道があっているか確認後
とりあえず下ります。


IMG_4835























のんびり歩ける場所コースでも 少々慎重な残念アフー少佐。
親分はこういうのを見ると苛立つんだろうな〜と思いつつも
転んで迷惑をかけるよりは慎重に行った方が良いと決めて居る訳で
その結果がこうやってもたついている訳であります。 苦しい言い訳を
してみました。(照)


IMG_5172























。。。飲み物が尽きて来た。。。
親分はアフー飲んで良いよと渡してくれる。

IMG_5181























でも月山の時だけは飲み過ぎたアフーに飲み物のペースも考えろと
言われた。。。 初回の男体山では飲み物の奪い合いをした事も。。。

IMG_5178























木の根の凄さにあっけにとられた場所。
踏んで良いのか迷うのだけれど天然に階段を作ってくれる
木の根にちょっとばかり感謝して♪



IMG_5187


































根っこ階段を降りた頃。。。ちょっと長く感じて来た。
なだらかに下っている分仕方ないのだけれど
なかなか見えない先に不安が。。。
少しずつ。 あってるのかな?この道?


IMG_5190























でも車の音は近くなり安堵感と共に歩くと
道路に到着しました。

IMG_4843


































やった〜と喜んでいたのも束の間。
ここからはなんだか微妙に暑く辛い車道道。


IMG_4845



































暑さは森の中でもマックスと思っていたけれど
アスファルト道に出てさらに気温が上昇というか
土の道と違いなんだか異常な照り返しもあってそして
排ガスっぽいのも感じ取れて。。。


IMG_5204



































よし、親分バスに乗っていっちゃおうっ!と
本気モードでインチキモードのアフー。
しかし、神様はよく見ている。。。バスは行ったばっかり。
待っているよりも進んだ方が多分早く車に戻れる。


IMG_5211



































この暑さでは待っているも歩くも変わらないねっ!
という灼熱っぷり。


IMG_5213























車がビュンビュン通る観光地への車道を。。。
走る。 公時神社までは歩道が広い、狭い、無いっ!
という場所が入り交じっている感じであります。


IMG_4848


































右に転んだら大惨事になるくらい車と接近する場所もある。
今回一番緊張した道とも言えるかもであります。
そんな中で助けてくれたのはまたもやトンボ少佐。


IMG_4853






















とっても大きなトンボ少佐だった。。。
もしかしたら中佐だったのかもしれない。。。
灼熱地獄の中、頑張っている姿を見せてもらった記憶。
元気に羽をばたつかせて音を出していました。

さて、そんな訳で無事にテンタマ君に到着したみたい。
あまりに暑くて。。。でも渋滞も面倒だからって急いで
帰路につきました。


IMG_4855



































渋滞無し。人気の金時山。

IMG_4813























登って景色だけが人気の理由じゃ
無い事も判った訳で、きっとまた遊びに行くだろうな〜と
すでに思っているアフーであります。


IMG_5111























次は雪の頃に♪ 
と言う訳であります。 


全部読んだよっ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて♪


Posted by theslowpace at 10:32ヤマノボリ
2010年09月26日

ただいま。

今日は詰めのあま〜い。

甘過ぎた。。。お手軽登山。

岩船山。であります。 

IMG_5231























あまりに詰めが甘過ぎたので
山頂もいまいち何処か見つけられず。


IMG_5243



































2往復してきますた。 

親分のザックシェイクダウンであります。

でも、悪い事ばかりでなく良い事だってあった訳であります。

彼岸花 満開でありました。


IMG_5531






































と言う訳であります。 


でも汗をかいてのんびりと歩けた日。
充実感たっぷりの一日であります。


おし〜りぺんぺん。なんちて。


Posted by theslowpace at 23:43ヤマノボリ
2010年09月25日

金時山 山頂編

金時山 其の壱


IMG_5074



































と言う訳で金時山の山頂には富士山とニャンコさん。
柔らかいふかふかの毛並みに可愛いニャンコさんに癒される訳であります。
本当に疲れも暑さも吹っ飛ばしてくれるニャンコさんです。

そそ、ここだけのお話。実はニャンコさんは時に頭痛をも飛ばしてくれるんです。
その力に何度力を借りた事か。。。と急に思ったアフーであります。




IMG_4767























親分もニャンコさんと戯れています。本当に可愛いニャンコさんです。
さて、ニャンコさんも暑さで日陰に行ってしまったので 私達は
山頂を満喫する事にしました。


IMG_4785



































まだ朝早いのでちょっとばかり ガラガラの山頂を満喫中。
今日は北岳も見えているよって教えて頂きました。



IMG_5086























山頂にいらっしゃる方は一瞬山小屋の方なのか錯覚を起こす程
山慣れされた方ばかりで 色々と教えて頂いたり他のお山の事も
教えて頂いたり♪ 楽しいひとときを過ごします。



IMG_5103























探検隊アフー。 念願の金時山山頂であります。


IMG_5111























特等席を見つけた。危険そうだけれど下にはきちんとあるのでモーマンタイ。
景色を見ていると時間を忘れます。なかなか今年は山に行く機会が無い。。。
酷暑続きだったので親分も私も夏バテになった。そしてクーラー病にも。。。


IMG_5117






















不規則不摂生。クーラー漬けの生活を続けていたのだけれど
汗かいて無になって登るってたのすぃ〜。それと朝一番で登る楽しさも
先週の米山に続き楽しみになっている訳であります。


IMG_5120






















山を教えてもらって色々知ったアフー。
富士山が主役だけれど違う主役も沢山メニメニ雲海の上に見える。


IMG_4779



































富士山を撮ってみると自分が影になってフレームイン。
とっても楽しくてこれはきっと親分と一緒に写真が撮れるっ!と
お誘いしてみた。 実は我が家は2ショットがなかなかない。


IMG_5101



































万歳アフーとシェーポーズの親分。 来たかった金時山。
快晴でとにかくとっても嬉しかった!そして素敵な山というのを改めて
知る事になる。

IMG_4777





















そして実はずっとずっと
行ってみたかった小屋があります。中はとっても混雑していたのですが
手元のジュースも尽きていたので買わないと。。。

小屋のおかみさんはとっても優しくて 外に出て色々なお山を教えて
下さいました。そしてノートに記帳していらっしゃったら?と


IMG_4812


































いいんですか?と聞くと もちろん♪ と言って案内して下さいました。
で。。。。

んっ?私の前の方のこの山への登頂回数を見てみると。。。
(゚ロ゚;)エェッ!? 4千回を越えているではありませんか!!!!
ちょっとびっくりしすぎたアフー。

IMG_4788























でも。。。それに近い数字を並べる人の名前が今日の日付ですでに。。。
そしてそういえば、なんだか皆さん仲良しで さっき私が山小屋の人なのかな?
って錯覚するのも納得した訳であります。


IMG_4809























下り用も買って帰路を考える。来た道を下るかそれとも、ぐるっとするか。。。
すると周りに居る方が背中を押してくれた。と言う訳で金時山。乙女口へ向かい
下山する事にした訳であります。

IMG_4804























みんなが山頂に集う理由が山小屋とそして通われる人柄に惹かれてなんだなって
判ったアフーであります。 私も近くに住んでいたら。。。毎日通いたいと
思った訳であります。そうだったらきっともの凄い健脚にもなれるはず。。。

灼熱の下山編へ 続く。。。金時山 其の参


Posted by theslowpace at 14:00ヤマノボリ
2010年09月23日

金時山 其の壱

2010年8月30日 

その前の週の米山で朝早く登って早く家に帰れれば渋滞なしで
涼しい時間に登れて一石二鳥か山頂か?という訳で。。。
味をしめたアフーと親分。

な訳で今週もその作戦を遂行する事になった訳であります。なんちて。


狙うピークはキントゥキ山。
家を出たのは夜、未明。コンビニで買い出しをして駐車場で
ビールを飲んで夜食を食べてから朝登ろうという運び。

御殿場ICのコンビニは何処も混雑していた訳であります。車内では

親分 「もの凄い食べたい物がある。当てたら凄いね」
アフー 「わかるよ? ビーフン 」
親分 「 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!? なんで判ったの?」
アフー 「なんとなく。。。」

ずっと一緒に居ればなんとなく判る訳で。。。それよりも親分の驚き様に
びっくりなアフーでありました。とそんなエピソードも歳をとって思い出せる様に
書く事にしました。

さて、登山口は暗かったので若干迷った物の無事到着。途中でイタチさんと遭遇したアルヨ。
ビールとビーフン。そしてお弁当を食べて。。。暴飲暴食の後、就寝。

さてと明るくなって来て一陣がスタートしたようであります。なので我が家も眠気眼に
支度。結局また、適当な格好で出発をしてしまった我が家であります。

IMG_4755






















公時神社からスタートです。まだ明るすぎないため
ブレブレ写真ですがこんな感じの車道を少々歩きます。


IMG_5013






















そして、ほどなくこんな感じの本格的な山道モードへ。。。
ちなみに体もめちゃくちゃ重くなったアフーは本日
ドーピング。



IMG_4761





















軽快な親分の後を追うのだけれど なぜか親分めちゃくちゃ
歩くのが早い。どうにもこうにも追いつけず。。。でも私も
そんなに遅くはないはずなんだけれど追いつかない。


で、黙々と足を進めます。ちなみにちょっと虫さん多し。そして
気温ももの凄い勢いで上昇中。


IMG_5015























で、後ろから空荷のご夫婦が軽快に登って来られました。
あっ、やっぱり私遅いんだと認識した途端、ペースが一気に
ダウン。どうもメンタルが弱いのか? 悪い癖が出たアフー
であります。


IMG_5029


































汗ダクダク。で親分とはもの凄い距離が離れてしまいました。
登り傾斜がマックスな辺りでしょうか? 上の方を見ると
はるか上の急斜面を3人組が歩いています。

(((( ;゚д゚))) 先程のご夫婦とオヤビンであります。


。。。。寂しい。。。。。。゜゜(´□`。)°゜。

必死に登るももう傾斜はキツいし追いつかないし。。。
むなしくなって来た頃。。。辺りは霧に包まれていました。

IMG_5036























そこはようやく傾斜のキツさから開放された場所で
霧に包まれた場所はとても涼しかった印象。親分が
私の顔を見て驚きます。 顔が真っ青。

いつもは暑くてタコのように真っ赤になるのだけれど
この時ばかりは真っ青だったようです。オーバーヒートも
通り越してしまいまして。。。気持ち悪くなってしまいました。

が、コンビニで買った冷凍ペットボトルで首の後ろを
冷やしたら良くなりました。と言う訳で10分程ここで
休憩して再び登ります。

IMG_5059
























少し登ると霧から抜けたようです。後に山頂で判ったのですが
この霧は丁度雲海の中だったようです。 なかなか不思議な体験
をしたんだとちょっと山頂で嬉しくなったアフーであります。

IMG_5045



































気温上昇中。足を少しばかり投げやりに投げ出して歩いている
アフー。体が重い。そして親分も汗ダクで登ります

さっきの休憩のお陰で怠くなってしまったようです。


IMG_4762






















で、そんな事もありちょっとイラ気味の親分。
アフーはいつになったら期待に応えてくれる歩きをしてくれる
ようになるんだよ!
と怒りだした。

これはマジキレモードにならないように。。。
その日はいつか来るよ。。。。苦しい言い訳を言った。
ほんとかねぇ〜。
待つ程にその時の喜びが大きいはずよ。
。。。。


IMG_4764


































苦しい言い訳を聞いてくれたのか哀れに思ったのか親分は
怒らなかった。 そのかわり 早く山頂に辿り着いたら下山して
帰るよ。という事になった。


IMG_5060























木漏れ日にチョウチョ少佐。 
とても綺麗な森にようやく心の余裕が復活。理由はちょっとばかり
上空に山頂の雰囲気があったからかもしれません。

山頂の雰囲気とそれから 山小屋の独特のあの匂いには
非常に敏感なアフーであります。

山頂に到着です。

私の目にはじめに飛び込んで来た物は もちろん。。。

富士山。。。といいたい所だけれど。。。







IMG_5074


































富士山ではなく。。。
ヒナタボッコ中のニャンコさんだった。。。

IMG_5081






















得意技は甘噛み。疲れや暑さの感情は一気に空に放たれて
しまいました。 そしてニャンコさんと遊んだ後に見た景色は


IMG_4782























見てみたかった景色であります。ずっとこの景色を見てみたかった
のであります。ようやく見れたアルヨ。そしてさっき通過したと
思われる雲海の広がる景色。



IMG_5114























そして、このお山の魅力をもう一つ。知ったアフーであります。
其のお話はまた後日♪ な訳であります。

金時山 山頂編

ハヨカケぺんぺ〜ん。なんちて。


Posted by theslowpace at 17:29ヤマノボリ
2010年09月22日

ローコストターミナル

今日は色々なメディアで Air Asia 参入のお話が放送されていたので
そんなお話であります。

DSCF2328

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう2年以上前の話だろうか。。。 ちょっとドキュメンタリーチックに♪

なんちて。できないので普通に戻します。

 

タイからシンガポールやマレーシアに深夜鉄道で行こうと思ったアフー。
しかしながら日本から予約を入れようとしたけれど
丁度週末と言う事でチケットが取れない訳で詰めが甘かったようで
他に方法を探した結果


AIR ASIAを使えばいいんだっ!という事になり。。。

 

 

ok1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンコクからシンガポール そこから長距離バスでマレーシア入りして
マレーシアからバンコクにまた飛行機でというプランを練った訳であります。

予約は出発国の通貨での決済。

この時はサーチャージが高かったのと週末と言う事もありバンコクからシンガポール
まで一人片道一万くらいだった訳であります。

 

 

DSCF0024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、放送されている通り特別なサービスは無い。ちなみに座席も決まっていない。
オプションで先に入れるというサービスが確かあったのですがあとは基本早い者勝ち的な
感じでした。(ちなみにハワイの島々を渡るALOHA AIRLINEも同じであります。)

 

 

DSCF2339

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に困った事はなくかえって気楽に乗れて良いイメージだった訳ですが。。。

1つだけ。

巷で話題のLCCTだけは。。。ちょっとばかり衝撃的でした。

 

クアラルンプールだけLCCTだったのですが

イワユル ローコストターミナルだけあって なんもない。しかも
本当に荷物扱いみたいな。。。

 

 

DSCF2641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貨物ターミナルの横にある LCCT。税関のチェックもかなりゆるめ。

 


DSCF2647

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、免税店やカフェはあった。

で、乗る方法はこうであります。

待合室のドアが開きあっちだと。。。

 

 

 

歩くお荷物アフー。

そんな残念弾丸旅行の全貌はこてら。

 

【深夜特急】 出発の日。 10月8日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【其の壱】 10月9日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【続き】
【深夜特急】 タイバンコクからシンガポールへ 10月10日
【深夜特急】 シンガポールからマレーシアへ 10月10日
【深夜特急】 マラッカでの出来事。 10月11日
【深夜特急】 マラッカからクアラルンプール・・・そしてバンコクへ  10月11日
【深夜特急】 バンコクチャイナタウン 10月12日
【深夜特急】 バンコクチャイナタウンと世界遺産のアユタヤへ 10月12日
【深夜特急】 タイマッサージ&買い物天国バンコク最終日 10月12〜13日
【深夜特急】 バンコクから香港へそれから中国へ
【深夜特急】 香港ビクトリアピークへ・・・
【深夜特急】 香港ツアー【深夜特急】 最終国 マカオへ・・・

最終回

 

このまとめられなさ。。。
と自分で思うのだけれどでも記憶はどんどん薄れて行く訳で
記録は残る訳で今となっては私の宝物かもしれません。

と言う訳で明日の金時山レポもたぶん長くなると思います。なんちて♪

金時山、読んであげるよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。




Posted by theslowpace at 02:48ニッキ
2010年09月21日

米山 其の弐

米山 其の壱

IMG_4923























山頂についてから。。。テーピングを貼ろうと。。。しかしそこに
すでに親分の姿はなし。。。実は私のザックにはテーピングが無い訳で。。。

とりあえず、バンドエイドでも良いからと言う事で貼る事にした訳であります。
小屋の中でと思い ドアをガタガタ ゴトゴト。 なかなか重たいドアでアルヨ。

すると、開いた。(゚ロ゚;)エェッ!?
中に人が寝ていた訳であります。


IMG_4702























駐車場には車が2台、1台は我が家のでもう1台はすでに日の出を見て下って
いらっしゃったので。。。誰も居ないはずと思っていたアフー。


だから、力の限り ドカンドカンガタンガタンとしていた訳で
もちろん、そんな風に騒がしく開けられたら。。。中に居る方はとっても
怖かったと思います。 本当にすいませんでした。と謝って。。。

平謝りアフー。すると 中にいらっしゃったので山岳会の方でした。




IMG_4932























その間、親分はと言えば山頂を散策していたようであります。
で、私はその間 起こしてしまったおじさまが起きて下って色々案内して下さいます。
本当に優しいおじさまで 昨日の夜に登って来たと仰っていました。どこから登られたかと
聞いてみるともう一つマイナーな林道があり指差した方向を見ると
山頂から車が見える訳で。。。ヘッドライトで30分も登れば着いてしまうよと♪


IMG_4935























そして、目的はトイレを綺麗にする為に来たんだと仰っていました。
トイレはもの凄く綺麗で小屋ももちろん、綺麗。祠の中も開けてみせて下さいました。

昨日は花火大会があってそこいらで沢山花火があがっているのが見えたんだよと。。。

IMG_4936



































辺りのお山のお話やそして靴下の事、本当にためになるお話を沢山沢山して下さいました。


IMG_4941


































ついつい話に夢中になってしまいました。すると続々と色々な方面から
登山者の方が登って来られました。親分と合流後、私も少し山頂散策。


IMG_4704























小屋のお話、それからこのお山のお話。そそ、この小屋の中には沢山の
カモシカ君やイノシシ君のお写真が飾ってありました。下の方ではよく出没するんだよ。
昔は居なかったんだけれどきっと追いやられているのかもしれないな〜と。。。



IMG_4705



























このお山、もの凄く整備が行き届いています。山頂もそして登山道も、
冬もとっても楽しいからおいでよと♪ いつも新潟のお山では地元の方に
またおいでってお声を頂く事が出来るのですが本当にこのお山もそうで。。。
とっても嬉しかったアフーであります。


IMG_4942























ログハウスも素敵なのですが祠もそしてトイレもとっても可愛くて素敵なんです。
さて、この写真の一部分をちょっとズームアップしてみましょう。




IMG_4932






















デケデケデ〜ン。



IMG_4950






















なんとも良い表情をしているお地蔵さんなんでしょうか?
アフー ずっとこのお山に来たかったんです。
お地蔵さん ほほう。。ここは世界中からくるんじゃよ。

って言っていたか。。。もであります。


IMG_4948
























お地蔵さんの足元のお賽銭には クォーター硬貨が。。。
昔、アメリカに居た時に日本の10円玉と25セントは同じ大きさだから
アメリカのパーキングコインメーターはその区別がつかない事があるって聞いた事が
あったような。。。ないような。。。


IMG_4961































山岳会の素敵なおじさまとご挨拶を交わして下ります。新しい靴で
なかなか慣れない事を告げると下りは滑るから手袋した方が良いかもと
アドバイスを頂きました。山頂からしばらくは傾斜のきつい滑る道。
手袋は本当に役に立ちました。


IMG_4979


































で、下りは早い早い。だけれど気温は急上昇。 ↑ 何をしているかと
言えば。。。目に汗が入ってもがいています。コンタクトをつけている時の
汗はもう痛くていたくて目が開きません。


IMG_4989























黙々 汗ダクダクで下りながら見つけたのは。。。
マチュピチュであります。 なんちて♪ そんなお話をして親分と
下ります。


IMG_4722






















靴は意外に下りはしっかり靴ひもを結んだお陰で調子が良いアルヨ。
しつこくマチュピチュチックな方向を写真に収める残念二人組。



IMG_4726























親分はスタコラと行ってしまいます。あっという間に分岐。
いや〜それにしてもこの暑さって異常だよね。って口から出る言葉は
暑さ関連ばかり。。。(苦笑)


IMG_4729























ほとんど足を止める事なく下るのですが 足も汗もとにかく止まらず。
一気に、止めた記憶と言えばこのお花さんを見つけた時ぐらいかな?


IMG_4990






































滝のような汗。親分も辛そうです。でも親分曰く
こういう時に登っておくと体力が付くからと。。。
アフーに言い聞かせる。


が。。。親分 翌週にそうじゃなかったかもと思い知る事となる。なんちて。


IMG_4732


































とにかく暑いね〜。シャツはきっと絞れるくらい。
気がつくと カメラはもう汗が滴れ落ちていてカメラも汗をかいている
みたいになっていたアルヨ。

IMG_4998



































暗いうちに登った事もあって記憶にない道を歩きます。


IMG_4736


































森の緑が明るくてとっても綺麗。もしこの木々が太陽の光を
遮ってくれなかったら。。。。きっと倒れてしまうくらい
暑かったと思うこの日。


IMG_5004


































靴のシェイクダウン。
アルモンド君まで初回から不安がないとは言い難かったけれど
でもきっと素敵な相棒になってくれる予感。


IMG_4737























無事登山口に到着。すると駐車場はもう満車。道路脇にも、人気のお山というのが
判ったアフーであります。


IMG_4741























帰りの道はこんなに素敵な景色♪ あとは一気に帰路についた訳であります。

IMG_4748
























ほぼ、渋滞もなく無事に13時にはおうちに到着。


IMG_4747























帰りの車窓から見えた米山。ちょっと霞んでいたけれどとっても楽しい思い出が
メニメニです。そして、私の中では嬉しい出来事をもういっちょ。
いつか冬に見たキューピットバレーでの景色でみた米山。


DSCF3430

























今度は刈羽黒姫山にも♪登りたいっ!本当に1つのお山に登ると
色々な山にリンクをはってそちらに行ってみたくなるから不思議であります。

そして、米山。色々なコース色々な季節が楽しめるお山なのでまた、必ず
あのお山に遊びに行こうと思います。その時はたぶん、泊まりで♪ 
今からとっても楽しみな訳であります。

おすぃまい。 レポ読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて♪



Posted by theslowpace at 17:55ヤマノボリ
2010年09月20日

双方のためになる?

こんにしょわ。


ひきこもりアフーです。


今日は親分と昨日お話していた事を書く事にします。


よく我が家では二人家族なのでこの話が何年かに
一度出た事があります。






同時にという訳にはこればかりは行かず、我が家では
不謹慎にも先に旅立つ方が幸せだねと話す様に。。。
それは天国に飛び立つ時のお話です。


確かに考えるだけでとても私的には残されるのがとても
恐ろしく出来るなら本当に昔なにかの歌にあったように
一日早く旅立てたらいいな〜と思ったりです。(関白宣言?)


できれば最後を自宅で看取って欲しいという意見は
すでにお互いで相手に伝えてあるのですが。。。

これは看取る方にも自宅でと言う事がとても大きい事が
証明されたようであります。

一部抜粋 (GIGAZINE
病室やICUで亡くなった患者は在宅ホスピスの患者と比べ大きな身体的・精神的な苦痛を味わいQOLが低かったほか、看病をする家族も、患者が病院で亡くなった場合は自宅で亡くなった場合と比べPTSDとなるリスクが5倍だったそうです。



実はこれは正直な事を言えば 少々身に覚えのあるお話かも
と思いました。 特にそれを口に出す事は無いけれど


ポーちゃんが天国に出発する時に我が家は病院に連れて行った
訳で家を出て車に乗っている時にポーちゃんの体が堅くなって行った事に気がついていたのでもしかしたら一緒に帰れないのではと
思いました。これはまだ親分にも話していないけれど。。。
もしかしたら親分も心の中では判っていたかもしれません。


結局、急変後急いでもう駄目だと判り家で看取ってあげようと
急いで帰路についた所 踏切前の停車中にはポーは旅立って
いた訳で。。。


思い出すと恐怖心が
まだ今朝の出来事のような気がしてなりません。PTSDという
物まではいかないにしろ。。。未だに毎日通勤で使っていた踏切
はあれ以降、通る事は一度もありません。未だになかなか楽しい
思い出が思い出せずに最後の日の事しか思い出せなくなっている
自分がいます。こればかりはなかなか 時間も解決してくれて
いないのが正直な所です。



看取ってくれる人が
そうならないように、状況によりけりだけれど出来れば在宅で
お願い出来ればとちょっとばかり思った今日この頃であります。


QOL。 Quality of life.


Posted by theslowpace at 11:16ニッキ
2010年09月19日

初IKEA

今日は暇人だったので親分と一緒に 初めてIKEAに
お出かけして来ました。


実はお値段もけっこうするのだろうと思っていたのですが
色々と珍しいもの。オサレな物が安くてびっくりであります。



それとなんだかテーマパークのようでとっても楽しんで
来ちゃいました。 



で、3連休はなんだかまったり。


20





























チー君の寝相の悪さは天下一品。

その証拠写真です。

昨日のチー君です。

31
























で、、、あげくの果てには。。。


15




























やじろべえ君も元気です。食欲旺盛なやじろべえ君の
食欲の秋。。。がちょっと怖いであります。。。

なんちて。明日も読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。


Posted by theslowpace at 01:55ニッキ