2010年04月
2010年04月30日

竜ヶ岳 最終回

竜ヶ岳  其の壱 竜ヶ岳  其の弐 竜ヶ岳  其の参

と言う訳で、竜ヶ岳の山頂をあとにしました。
気持ち分。。。雲が少し増えたかな? なんて思ったり。
下山はかなり気楽な感じでした。 ピストン道だったので
危険箇所も無ければ時間や天候の荒れもなさそうだし。。。

暢気に下ったって まだ渋滞に巻き込まれない時間に帰れそう。


IMG_9048























広い山頂をあとにします。笹の道はやっぱりいつ歩いても
気持ちが良いであります。


IMG_9051



































親分はカメラに大きなゴミが入ってそれが気になるようであります。空に掲げてファインダーをのぞいては。。。の繰り返しです。


IMG_7793























で、この辺りからでしょうか? なんだか 下界が非常に騒がしいです。 原因は 暴走族のバイクであります。

こんなに離れていてもこんなに音がするんだな〜と感心しながら
見下ろしますが それはそれはもの凄い数の台数です。


IMG_7802























なだらかに下ります。 てけてってって〜。


IMG_7803























そそ、親分もタイツをシェイクダウンしていました。
サポートの機能は サイズを間違って買ったのでないらしいのでが
黒ければ良いっ! という念願は叶ったようであります!

で、下りはなにやら色々話していて あっというまに
東屋に到着。 そして休まずにそのまま下る事にしました。



IMG_9076























下の シバザクラでも見に行こうか〜。 とか ワニ塚のサクラを
見に行こうか〜という話をしながら先を急ぎます。

で、下っている間は ブーンブーン ブブ〜ン。
と相変わらずバイク音。 そして なにやら 近い救急車の
サイレン。

それが? 2回。 なにかあったんじゃないのかな? なんて
心配したり。。。して 下っていた記憶です。



IMG_7804























あっというまにベンチも通過してしまい。。。 それから 最後の
下りはちょっとハイペースで下りました。 

オレは トレランがやりたい。! オレはけっこう早いと思う!

と言い出した。 なので

それは  違うね〜 いつも私と一緒だから
早いかもって錯覚してるだけだよっ! うん。錯覚。錯覚。

と必死の説得をしたアルヨ。


IMG_9088



































で、親分は大して早くないんだよ。と思わせる為に二人で
下りはトレランモドキで下ります。 親分と差がつくと
オレは早いんだ! と言い出してトレランデビューされて
しまうのでは?と。。。



それはそれは 必死に それほど早くないという記憶を
植え付ける為に親分を必死に追いかけるアフー。


必死すぎたのは。。。言うまでもない。。。けれど
涼し気な顔の親分に こちらが辛そうな顔を見せては。。。


と必死に涼し気な顔を見せたアフーでありました。本当は
辛過ぎて青ざめていたかもであります。 なんちて〜。



そんな訳で トレランモドキで下ってしまった。。。
なので、帰りはあっという間にキャンプ場。




IMG_9090























トレランモドキでオーバーヒートしたアフー。 帽子を取れば
蒸気機関車のように 湯気が出てる気がするくらい。。。


そそ、行きでもキャンプ場の方に声をかけられたのですが帰りも
4名の方とそれぞれお話を交わしました。 山頂の様子や
寒くなかった?と なんだか 始めも終わりも途中もすべてが
この竜ヶ岳は素敵な思いででいっぱいになりました。



IMG_7810























辺りはなんだか騒がしい。 それは 富士五湖チャレンジマラソンが開催されていたようで 112km の超チャレンジなマラソン。
目を奪われながら帰路につきました。 


IMG_7812
























で、行こうとしていた ワニ塚のサクラは。。。 思い切りもう
サクラは散って緑色に変わっていると情報が。。。 そんな訳で
高速でひとっとびでおうちに到着であります。





IMG_8796























朝早く行動するとこんなに時間を有意義に使えるんだな〜と
改めて実感したアフーであります。


IMG_9007






















竜ヶ岳。 今日も山頂はピーカンなんだろうな〜。


さてと、風邪もいい感じに楽になってきました。 GW。
親分にレツモープレスであります。なんちて。 プレスをかけると
拒絶する傾向にある親分。 むずかしいのであります。。。


全部読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん。 なんちて♪ 素敵なGWを!



Posted by theslowpace at 10:15ヤマノボリ
2010年04月29日

竜ヶ岳 其の参

竜ヶ岳  其の壱 竜ヶ岳  其の弐


こんにしょわ。まだ 喉は痛いは咳は出るわの残念アフです。
GWなのに。。。 


IMG_8891






































さて、石仏を出発した訳の親分大佐とアフー中佐。
空はもう 文句無い青空。


IMG_7616



































九十九折りの道をぐいぐいと登って行きます。
景色が良いから苦ではないけれど もし、これがとても
閉鎖的な道だったとしたら この九十九折りもちょっとばかり
うざったくなってしまうくらいに クネッ。クネッ。
と登っています。


IMG_8931























傾斜は緩い分、ツヅラッテル訳です。


IMG_7709























で、アフーが公園のあづまやと言った 場所が下に見えます。


IMG_8924
























親分は 太陽沢山浴びる ダンデライオン さんを発見です。
日本語だと蒲公英。たんぽぽさんです。


IMG_7724




































で、今日も親分のザックを見つめながら 登ります。



IMG_8943

























親分、そしてアフーも けっこう九十九折りのあまりの長さに
(毎回足を止めるから特に長く感じる様になってきて。。。)
なかなか、先があるね〜。 と。。。



IMG_7732























一富士見たよ。アフナスビ。 ε=ε=(;´Д`)寒いギャグを
言ってみました。ラークー要らずです。 なんちて。
今日は背中に大きな富士山を背負って登ります。



IMG_7750























実は、富士山とはアフーはけっこう相性が良い。
と実は自分で信じ込んでいるアフーです。 なぜなら、遅過ぎて
高山病にならないのであります。


IMG_7761























人間の足って凄いな。。。親分の足は今、竜ヶ岳の山頂直下。


IMG_4952

























で、数年前の親分の足は あっちの富士山のてっぺんの
オカマさん。

そんな親分も贅沢になり、この景色と青空はここちが良いけれど
そろそろ山頂でもいいんじゃない?と言い出した。


IMG_7767























でも、なんだかもうこれ以上 頭上になんもなさそう。
なんて思って居たけれど ちょっとつづらが終わるとまっすぐ
進んで 分岐。山頂は、左手の方にあるらしい。

親分はさぁ〜。一気に終わりにするよ〜。
山頂まで一気に行くぞ。。。
とその言葉で
ちょっと不安になっていたアルヨ。山頂すぐ近くだと良いな。
また、親分走って行っちゃうのかな。。。なんて。

IMG_8985


























あとどれくらいだろうって

心配だった頃、すれ違う際にお声をかけて下さいました♪

山頂まではあと 100mくらいです♪頑張って下さい♪

IMG_8975

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しいお言葉に完全復活でありますっ! お言葉をかけて
下さった素敵な紳士のtrekker-kさんでした♪

 

IMG_8996

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な出会いに嬉しくて♪ 疲れは吹っ飛んでいました!!!

ゴボウ抜きで山頂に到着であります。追い越したのは親分だから
ゴボウではなくピーナッツ抜きでありますっ!

 

IMG_7769






















山頂に到着の親分は 
この開放的な山頂にかなり感激していました。


IMG_9007






















ガイド本では看板がポツンとあったのだけれど今はその看板を
守るように木が植えられていました。


IMG_9000























記憶がなにかと間違っているかもしれないので かなり曖昧では
ありますが。。。(照)


そして山頂には 沢山の有名なお山、そして海の方向を指した
看板がありました。 赤石岳、八ヶ岳、金峰山。そして駿河湾。



IMG_7776























南アルプスを見にちょっと 毛無山方面へ。

南アルプスは雲の帽子を被っていました。 
開けた山頂は風通りも良くて少し肌寒くなってしまいました。


IMG_7779























それもそのはず。 アホな半袖はアフーだけでした。親分に
着用を促されてジャケットを着用です。

。。。ここで風邪ひいたのかな? まっ 気にしな〜い。気にしな〜い。 

IMG_9018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな訳でここのベンチで食事を取る事に。さっきモーニングを
ガッツリ食べちゃったからと持って来たカップラーメンは
食べずにセブンイレブンの 薄皮クリームパンもどきを食べました。それとお湯を持って来たので暖かいカフェオレと♪

 

IMG_9026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂を満喫して♪ 下る事にしました。
とても素敵なお山で大満足なアフーであります♪

 

IMG_9007






















本当は下山まで一気にと思ったのだけれど。。。暇人アフなので
また明日やる事を取っておく事にしたアルヨ。

親分がさっきどっか縦走できる良い山ないの? 
あっ。駄目だ うちにはエースが居たんだった。


だって。。。一人でノリ突っ込みしてたアルヨ。
本当に失礼しちゃうね〜。 


続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。




Posted by theslowpace at 12:41ヤマノボリ
2010年04月28日

竜ヶ岳 其の弐

と言う訳で続きです。竜ヶ岳  其の壱




この日はいつもと違いカメラごと交換した一日でした。
APSCとフルサイズをフルに活用であります。
アフ7D には 24-70mm F2.8  オヤビン5DMk2 には 16-35mm F2.8

レンズ交換で埃が入るのも避けられるしという訳であります。



IMG_7602




































ここからは 開けた道と書いてあったガイド本。
珍しいくらい開けた道を登って行くような表現で書いてあり
とてもとても。。。楽しみだった。

でも、そこまでの道もそれほど 閉鎖的なコースではなく
木漏れ日がまた新鮮な素敵みちでしたよ。


IMG_8804



































だって、久しぶりに青空であります。 この時をどんなに
待っていた事か。。。 1ヶ月以上待ったな〜。
それはそれは、毎回 連れて来てくれる親分に後ろめたい気分で
雲を恨んで歩いていた訳であります。 なんちて。嘘です。

でも、やっぱり 若干の後ろめたさはアッタアルヨ。


IMG_8808


































そして、歓迎してくれる様に♪ サクラが一本咲いてくれて
いました♪ 
満開とは行かないけれど 青い空にとっても似合っている
桜さん。


IMG_8809








































親分は早速、動かない。 で、サクラの写真を撮ると思うけれど
どうせ親分が撮る写真には 敵わない。。。 から




IMG_7608
























親分のザックの写真と空と桜さんを撮りました。昔から
親分のザックを撮るのが大好きなアフーでありますっ! 

なにしろ、山の景色と同じ位に親分のザックを見ながら
後ろをどうにかひっついて歩いている訳であります。



IMG_8812








































と言う訳で、たまには 逆も♪ と思って先へ進みました。

親分は ついて来てくれるものだと思って。。。 スタスタ
と進みましたよ。。。



IMG_8814




































うん。でもだいぶ長い事 放置されていただけだった。 


まぁ、慣れてるアルヨ。


登りはいつも単独行みたいなものだね。 が親分の口癖。

登りはいつもエースアフーはついて行けないのでこういう
口癖が出来たと思われ。。。 でも今日は 景色も天気も
コースもすべてが味方!



IMG_7609




































とっても心強い味方が一杯で! いつもの自分の足では
無い位、とっても軽い♪ んっ。もしや、今頃ドーピングが
効いて来たのだろうか? なんちて。 


IMG_7616



































さっきのベンチを越えてからはいつだって 頭上と富士山側は
大きく開けた視界。 こんな開放的なお山は本当に なかなか
思いつかないかもです。


IMG_7634
























下に広がるのは青木ヶ原樹海。 と言えば、なんとなく色々
考えてしまう。  けれど 気分を入れ替えよう。


IMG_8831


























それにしてもここの景色は見事です!
富士山から 遮るものなく どかんと聳える竜ヶ岳。


竜ヶ岳って 名前はとても逞しく厳しそうな山名。


IMG_8834
























でも実際に歩いてみるとコースも
景色もすべて名前の強さとは真逆なイメージ。

そのイメージは山頂について更に思ったアルヨ。
優しい竜の背中を歩きます♪



IMG_7680























標高差は確か600m弱。 その400mくらいは笹の道。
ではないかと思うくらい開放的です!


IMG_8823

























つまりは3分の2が
なんだか天空を歩いている気分になれる訳です。
景色を見ていると本当に竜の背中に乗って見下ろしている気分です。



IMG_8840



































あまりの眩しさにカメラのディスプレイも見え難い。

うんうん。 やっぱり降り注ぐのは雨じゃなくて太陽光が
嬉しいな〜。


IMG_8849
























そそ、今日の白組さんは 負けだったけれど 空に
おにぎり を作っていました。


IMG_8859




































大きなオニギリ! ちなみに 親分は梅干しのオニギリが苦手。
アフーはオカカはあまり子供の頃は好きじゃなかった。

コンビニのオニギリだと メンタイマヨがスキアルヨ。
でも 一番大好きなのは あったかい 塩むすび。特大の。



IMG_8861























これ、一番ダイスキっ!

話が暴走しちゃった。。。


で、親分はというと 九十九折りの道を曲がるたびに足を
止めて写真を撮っています。 ちなみに高さが数m上がるだけで
景色は変わらないのだけれど。。。

毎回カーブを曲がってみるたびに 富士山もそして眼下の景色、
青空も素敵に見えちゃって。。。 


IMG_8851























でも、それは他に居た方もきっと同じ思いだったはず。


IMG_8864

























皆さん、カーブを曲がっては足を止めてこの景色を堪能して
います。


IMG_8853




































で、さっきのベンチで見た 山頂かなって思った場所は
石仏という場所でした。 そんな山は甘くないよね♪ というのも
もう、さすがに自分の中で理解出来る様になっていて。。。



IMG_8855























昔は え〜。 まだなの。と 怒っていたけれど最近は
まっ。まだまだ山頂な訳無いよねと 軽く流せる。 


IMG_8870

























で、たまに えっ?もう山頂と言う事も最近増えて来た。

これを たぶん。 タナボタモチ というのかも。。。。



IMG_8872

























そんな訳で アフーが見上げるその先は。なんだか








IMG_8877



































公園の様な感じに下から見ると見えた訳であります。

山のあづまやのイメージは比較的暗い場所にある事が多い。
あくまでアフーのイメージだけれど。。。 そんな訳で
ちょっと ここは違っていて 公園なイメージなのであります。


IMG_8882























で、景色は 。。。 きっと 景色のきれいな あづまや の
ランク付けをするならば かなりの上位になると思われ。。。。




残念ながら、あづまやは人気だったので 上がる事はできなかった
けれど ムーチョ感激な場所でありました。



IMG_7705
























この あづまやがある場所が 石仏。 名前の由来はすぐ横に
小さな小屋に守られた 仏像さんが居た訳できっとこれが由来かな? 



IMG_7704
























景色は富士山方面だけが綺麗な訳じゃなく 360度すべて素敵。
ちなみに 下も上も素敵です。 


この場所を満喫していた親分が いきなりのスタートです。


IMG_8891







































さてと、大佐に遅れをとらない様に アフ中佐も出発アルヨ。



IMG_8817







































と言う訳で、なんだか ひたすら長くなりそうですがあと2回
おつきあい頂けたらうれすぃです♪




IMG_8895

























パブロンは眠くなる。 以上であります。

続きも読むよ♪ お尻ぺんぺ〜ん。



Posted by theslowpace at 12:05ヤマノボリ