2010年03月
2010年03月31日

箱根山(駒ヶ岳&神山) 其の参

という訳で こちら、箱根神山山頂のアフーです。


IMG_6619
























聞こえますか? ど〜ぞ?なんちて。 大湧谷に降りたかった
けれど断念したアフーと親分。山頂で今度は携帯の電波の
違いを比べてみました。



そんな事をしていると大湧谷方面から男性二人組が。
そして駒ヶ岳ロープウェイ方面に降りて行かれました。


IMG_6157
























時計を見て、急がねばと我が家も下ります。


IMG_6187



































けっきょく懸念した帰りの泥濘は
酷いけれど先日の栃木三峰山に比べたら傾斜はなだらかで
苦戦すると思われた場所はまったくモーマンタイでした。


IMG_6620























靴だけは悲惨な状態になっていましたが。。。。



IMG_6631























写真を撮りながらそして今日は出発を急いだのでスント君を
忘れてしまいました。


IMG_6638
























そそ、このお山はけっこう頭上注意な感じです。

時計はカメラと携帯電話で確認して
16時50分なので40分までに辿り着けば状態です。



ちょっと下っていると先行の二人が登り返して来ました。
はて? でも急いでいるような。。。 でもしかしたらこのお二人
はあの道の塞がった部分でルートをミスったと思ったのではなど
と思ったアフーです。

IMG_6645
























なぜなら山頂で 駒ヶ岳を
コマゲダケ方面と読んでいた記憶。それともやっぱりピストンにと
変更したのかな? あまり深く考えずに進む事にしました。


IMG_6659
























今考えると沢山泥濘があったのですがあまり写真に写っていない
訳で。。。信憑性に欠けちゃうなぁ〜。なんて
もともと、この残念ブログに信憑性などなかった。。。



IMG_6193























のんびり歩いても下りはあっというまで工事の場所まで
到着です。

IMG_6674























「おっ!」 「おかえりなさい」 「おつかれさまです」
と。。。皆さん親分とアフーを覚えてくださっていました。
行きとはだいぶ違う姿です。行きはヘロヘロ。帰りはヘラヘラ。


IMG_6679























本当に皆さん、感じが良くて優しいです。 


IMG_6195

























心地よく、下ります。 


IMG_6201

























親分とレンズを交換したりして写真を撮ったり


IMG_6657








































遊んでいるとあっという間に平の場所に到着。




IMG_6703























雲の流れが速くてそれを写真に収めてみました。
が全部 ボケピンで真っ白でありました。。。


親分の脚。


IMG_6205























アフーの脚。


IMG_6691























靴下もグジャグじゃだった。


IMG_6689
























そして、登り返せばあとは駒ヶ岳。


IMG_6215























だけれど、なんだかもの凄い勢いで。。。もやってきました。


IMG_6232




































親分と富士山どころじゃなかったねと。


IMG_6225




































登り返した所に再び分岐。


IMG_6695
























駒ヶ岳に向かいます。


IMG_6234
























それは左に逸れる感じで。。。

IMG_6744
























どちらでも行けるのですが駅経由か
直接駒ヶ岳かの違いです。



IMG_6235
























ササッパラ。これを青空のしたのんびり歩くはずだった。。。
だった。。。アルヨ。


IMG_6238





































富士山を見ながら。でも先日述べたように、富士山どころか
親分も見えず。


IMG_6239

























救いは笹の道があるから良い訳で本当に数m先が
まったく見えないです。

IMG_6762








































ここまでの靄は滅多に無いかもです。


あっ。親分の前に見えるのは。。。もしや。。。
もしや 槍ヶ岳。。。 なんてね。


IMG_6240



































小槍まであるアルヨ。なんちて。



IMG_6242


























で。。。これは山頂なのかな?


IMG_6246
























という感じの広い場所に到着。看板らしき物は見つけられず。


IMG_6247
























岩が見えるだけ。



で、神社が今度はどこにあるかまったく見えず。親分と悩む。


とりあえず数mあるいた。するとうっすらとすぐ前に神社登場。



IMG_6251
























あったっ! と。。。本当に靄に隠されていて見えなかったので
こんな前にいた事に正直驚くアフーと親分。




お参りして下ろうと
言う事に。ちなみに中には入れずです。時間的にだと思います。



IMG_6768
























真っ白すぎて笑ってしまう。外からきちんとお参りをして時計を
みるとまだ16時20分。 うだうだしていると


IMG_6256



































神社の中から人が出て来ました。宮司さんなのかな?
最終16時50分だけど30分のに間に合うよ〜。と
ここから駅を目指します。と言っても3分くらい。


IMG_6258



























道は相変わらず真っ白。宮司さんとロープウェイに乗り込み
そしてお話を聞きます。貴重すぎるお話を沢山してくださいました。そしてロープウェイを降りてからも沢山楽しいお話を
聞かせてくださいまして気がつくと1時間近くお話を聞かせて
頂きました。


IMG_6768


























すると、宮司さんと話し終わると丁度、そこへ工事の
皆さんが一斉に帰って来られまして、そこで


「あっ!!!」
という事になりまして(笑) 
再び談笑してお別れです。


IMG_6775

























なんというか、不思議な箱根山の印象でしたがもの
凄く楽しかったです。で。。。



寒かったけど。。。


IMG_6774
























急ぎます。どこにかと言いますと アウトレットです。


買い物が終了後。今度は親分に睡魔君。高速はすでに25キロ
渋滞を表示中。 無理だ。。。という訳で。


親分大佐を時之栖(箱根店)へご案内。


bf7b4ad5.jpg












































箱根店は初めてでしたがかなり巨大施設でした。
この日は連休明けという事もあり空いていたのでゆっくりと
過ごして夜中まで休憩して帰路についた訳であります。



IMG_6681
























という訳でいろんな事をひっくるめるとなんだか楽しい日だった
訳であります。



春山を目指したけれど。。。


IMG_6748























ツゥララが。。。

そこは冬山だった。春山の格好にはちと厳しかった。


IMG_6750























でも悪い事ばかりでないよ。



IMG_6676
























次は泥濘道だってこの丸太君達は一歩一歩を助けてくれる
んだろうな〜と思ったそんな事を思ったり♪


IMG_6684























良い事ずくしだった一日という事にしておこうっ!


全部読んだよお尻ぺんぺんっ!



Posted by theslowpace at 13:14ヤマノボリ ,オデカケ
2010年03月30日

箱根山(駒ヶ岳&神山) 其の弐

箱根山 (駒ヶ岳&神山) 其の壱


という訳で、駒ヶ岳山頂駅をスタートしたけれど
実は駐車場で親分は山の帰りという雰囲気の方を見て
心配していた事がありました。


「アフーなんだか、みんな泥だらけなんだけれど。。。」

「たぶん大湧谷方面から登って来た人なのかも」

という感じに話は終わっていた訳で。。。
実はこの数時間後自分たちも泥んこ祭りを開催する訳で
あります。


IMG_6576


























そして空はというと 思いっきりの雲まくり。


とりあえず消化試合的な雰囲気になって来た訳で。
というよりはひとまず泥濘道をひたすらそうでない所まで
進みたい気持ちが。。。。

IMG_6157




























一歩一歩は ヌワァ〜 グニャ〜 グジャぁ〜 という感じ。
それだけならば良いのに程よく雪が混ざった土は進もうという
一歩を引き止めるように靴と地面を吸着させる訳で



IMG_6578



























体は前に行くのに足が。。。みたいな事が何度も何度も。
少し進むと男性二人組が相談をされていました。



IMG_6159


























「こんにちは〜」

「この先に進まれますか?」 「はいっ。行ける所まで」
「じゃあ僕たちも行こうかな〜」


IMG_6583



























という訳で泥濘道に少し戸惑っていたようでした。確かに
戸惑う程の泥濘です。 


IMG_6160









































そんな訳で、進む訳ですが。。。実はアフーは来る途中に
親分に昔見たなにかのHPを探してと言われて運転中に珍しく
それを探していたんです。 それと行きに食べ過ぎたパンで
なんだか、胃がムカムカ。目がぐるぐると回ります。




IMG_6166









































で、大渋滞。お天気悪い。大泥濘。にさすがの親分も
堪忍袋の限界が来たようで先に行ってしまいまして。。。
いくら進んでも親分は見えず。




IMG_6585



























地面が揺れる感じ。久しぶりに酔っているようです。ふわりふわり
歩きながら気分が悪くなってしまい、頭痛の前兆か?と薬を飲んで
暑くなりすぎたのでインナーダウンを脱いでから再スタート。



アホアホアフーは一応、ドーピングはしているので歩く足は
普通に登って行くけれどなにしろ地面が回っていて笑って
しまう程。すると親分を発見です。



IMG_6170



























実は分岐、広場を通過すると
登りになるのですがこれからのシーズンに向けて新しい登山道を
作っているようです。




IMG_6586



























その方とお話をしていました。斜面の土を掘り起こして
木の階段をひとつずつ設置して行くとても大変な作業です。
親分はこんな事を教えていただいたようです。


「ちょっと待っていると野ネズミが餌を探しに遊びにくるよ」
階段を設置する為に土を掘り起こした所になにかご馳走が
あるらしいのです。


そんな素敵なお話をしてくださったようです。そしてさらに
進むのですが親分は兎に角めちゃくちゃ歩くのが早く全くついて
行けず。 登山道を造ってくださっている工事の皆さんは10人
くらいいらっしゃったでしょうか? 


ヘロヘロを見て 「登りキツいもんね、頑張って」や色々優しい声をかけてくれる。 「あっそっちより。足をこっちに置いた方が登り易いかも」 など。。。



IMG_6162









































ありがたかったです。そして、さらに進むと道が。。。ない。
正直道迷いしたと思いました。


で、親分に先に言っててと告げます。次に親分と会えるのは
山頂となるわけであります。それまでまた、一人旅になってしまいます。






今だけ(工事中)の事なのかもしれませんが登山道が
止まった感ありの場所が一カ所だけあります。足跡だけが手がかり的な場所でした。リボンもなければどの道も木が行く手を阻んでいて。。。



IMG_6173


























とりあえず足跡を辿りましたが気温が低いと雪も泥濘にならず
白いまま残っていて土ではなく岩になり。。。↑上の写真が
登山道のようです。たぶん。。。




合っているのか? そしてそういえばピンクや白、ブルーだった
テープだったのに今見える場所にあるテープは黄色で。。。
危険と書いてあって不安になりました。でも帰りに知った黄色の
テープは頭上の木に注意という意味らしい。少し低い木が多いので
このテープがあるようです。




大きい声でオヤブーンと呼んでも返事は無し。。。GPSだと
携帯を取り出すと圏外。 親分に電話もかけられずとりあえず
少しの足跡を辿って行きました。すると正面からおじさまが
下っていらっしゃいました。 


「山頂まであと10分だよ。頑張って」
という言葉を頂き、山頂までの10分も嬉しくそれから
この道でも大丈夫なんだという安堵感が込み上げて来ました。


で。。。さっきまでのぐるぐる目が回っていたアフー。実は
道に迷ったという緊張感か?それとも頭痛薬かどちらかは
分からないけれど。。。吹っ飛ばしてくれたようです。



親分もこの道で登ったのかな?もしかしたらこれは相当な
近道で親分よりも早く山頂に着いちゃうかもしれないなどとも。。
驚く程、単純構造であります。


IMG_6602



























山頂に到着すると。。。私の方が早かった!と。。。一瞬
思いました。が。。。 待ちくたびれた親分が

「遅すぎてもう怒りも通り過ぎた。」

と呆れ返っていました。


IMG_6174



























と言う。でも時計をみるとCT通り。親分が早いんだよという
説得に入った。それを見てまた呆れ返る親分。


「アフーは本当にタフだよね。
何言っても効かないからこっちが疲れるよ。。。」



自分の携帯が使えなかった事を親分に告げる。

地図を見て親分が大湧谷方面に行けるの?というお話になり。
行けるよ。バスがあるはず。と。。。 
ちょっと調べてみるよ。と。。。


IMG_6615
























で、 私の携帯はやはり山頂でも圏外。親分の携帯は場所によって
電波あり。同じドコモだけれど違いは歴然でした。
で、調べていたけれど結局、大湧谷に降りて車を取りにバスや
タクシーとか考えだしたら面倒になってきて。。。下る事に
しました。 ロープウェイの最終時刻は16時50分。


IMG_6608

























そうゆっくりもしてられない訳で。。。そして山頂で
少し時間を過ごしただけなのに体が一気に冷え込んで行くのが
判る程。体を温めるために少しだけ急ピッチで下る事にしました。


IMG_6590




























と言う訳で下山からトキスミまで突き進みます。

続く。。。 続きも読むよ。ハヨカケペンペンっ!なんちて。




Posted by theslowpace at 12:09ヤマノボリ
2010年03月29日

箱根山(駒ヶ岳&神山) 其の壱


こんにしょわ。アフーです。少し遡って
今、ココに居ます。

IMG_6548






































場所は箱根、そして乗ろうとしているのは駒ヶ岳ロープウェイで
あります。そして今から乗り込むであります。





IMG_6141

























と言う訳でここまでの道のりを遡ってお話する事に。

広角レンズを買って喜ぶ残念アフー。


IMG_6551
























それを横目で冷ややかに見ていた親分。そんな1週間だった先週。
で、土曜日はもうワクワクして朝の3時に起きていた残念アフー



IMG_6143
























そして、そんな事も知らずに爆睡する親分。 で、待つ事3時間。
親分は朝の6時に起床。何処かに連れて行ってくれると言う!!!



お天気を考慮して箱根方面へ。。。長年取っておいたお山に行こうと。。。それは岩崎元●さんの選ぶ百名山的なお山の本に掲載されていた箱根山。

IMG_6553

























で、先日述べた様に天気予報は寒いけれど日差しはたっぷりと
言う言葉に100%信用して出発。


IMG_6554

























ガソリン満タンにして。。。そして高速へ。。。しかし、
うだうだしている間にすでに高速は渋滞まくりだった訳で
親分と相談して下で東京ICまでの方が早いかもという決断。





IMG_6556



























途中、パン屋さんでパンを買って(20個)物欲親分はいつも
取りすぎてしまう傾向にあります。。。そんな訳でパンを食べて
環八へ。。。しかし大渋滞。甘かったな〜と道を反れた物の
嵌る嵌る。 今度はようやく東名川崎につくと25キロ渋滞。


IMG_6149

























と言う訳で駒ヶ岳ロープウェイに到着した時間はすでに午後に
入っていました。出発したのは7時前。(笑)なんと。。。
5時間以上もかかってしまいました。距離は短いのに時間を誤った
事を痛感したアフーです。実は親分には前々から言われていたんです。 東名の時は必ず暗いうちに出発と。。。

IMG_6145



































私が一人で張切っている時は一番危険なのです。方向は
止めどなく悪い方向に進んで行く。。。



IMG_6147
























お天気は物の見事に太陽の光すら感じる事できない分厚い雲。
取っておいたから余計に悩む。けど、来ちゃったという場所が
ここ駒ヶ岳ロープウェイの乗り場なのであります。


駐車場700円。ロープウェイ往復一人1050円×2


IMG_6152
























お姉さん。
「上はマイナス6度で朝まで雪が降っていまして登山道は除雪出来ていないのと霧で景色が見えない場合がありますが宜しいですか?」



と、見事な悪条件が出そろった感あり。。。



IMG_6566

























隣を見ると親分は アフーさん。やっちゃってるね〜。顔に


IMG_6568

























(((( ;゚д゚))) マイナス6度。 たっぷりな日差しは。。。
もうどうにでもなれぇ〜。という気持ちにスイッチが入った。


IMG_6557




そのスイッチは親分にも入った様で 
とりあえず行ける所まで行ってみようと親分。救いの一言。

IMG_6564
























ロープウェイは13時20分。 目指すは神山&駒ヶ岳。




IMG_6150























と言う訳で今ロープウェイであります。見上げる山頂方面は
少しだけ青空があって、まだ期待を抱いていたアフー。


IMG_6571























午後は晴れる。きっと晴れる。って。。。そんな風に。


ロープウェイを降りると外に出てすぐにみんな戻って来る訳で。
神社までも行かない人まで居た訳であります。様子を見て
外の寒さはなんとなく。。。 


IMG_6153























でもうっすら青があるではありませんか! これは
駒ヶ岳は後ほどにして神山に行って来ようとっ! きっと
帰りの駒ヶ岳は青空一面間違いないっ! と。。。


IMG_6156























木も笹も凍り付くのに。ハーフパンツ。 完全に
残念極まりない訳であります。


IMG_6572

























寒過ぎて。。。誰もいない。。。


急いでインナーダウンと
親分はネックゲイター、私はバラクラバ。ツバ付き帽子は
風が。。。邪魔で即座にザックにあったニット帽子にチェンジ。


IMG_6573








































神山に進むのでありました。

しかし。。。その道は。。。 近いのに。遠い。


と言う訳で 続く。。。
続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。



Posted by theslowpace at 09:34ヤマノボリ