2009年05月
2009年05月28日

飯綱山 (飯縄山) 其の四

大きな大人の小さな祈りが届いた青空。

飯綱山(飯縄山) 其の壱。  飯綱山 (飯縄山) 其の弐  飯綱山 (飯縄山) 其の参


IMG_4347

























小さな願いは大きな喜びに変って♪ 下山開始です。
すると・・・下山開始からほんの僅かだけ(分岐まではまだ展望があるコース。
それを知ってかな? ギリギリで

IMG_2965

























飯綱山君は・・・きちんとアフーと親分にお土産を持たせてくれました。
今日は一度も見る事が出来なかった・・・戸隠連峰君たち・・・

IMG_2969

























本当に本当に嬉しかったアフーです。そして、それはきっと親分もそう思った
ことでしょう。

そして・・・モウヒトツ。お土産を貰いました。

IMG_4428

























↑ 上の写真のアフーの正面にある・・・小さな山。ひょっこりと出来たような
お山。 数週間前に土砂崩れによる通行止めで断念した 一夜山です。

IMG_2851

























この飯綱山から見下ろした一夜山への思いはもっと増えたアフーです。
展望台と言われる山からの景色も見ないとですね。

IMG_4430

























一瞬の出来事だったけれど・・・しっかりと目に焼き付けて・・・
そして空と雲とフーフー隊の皆さんに感謝して♪そして飯綱山君にも感謝して。
満足したその頃には・・・

IMG_4436

























すべては雲の中に・・・再び消えていきました。

忍法雲隠れの術。なんちて。むふふ。実はこの飯綱山は忍者ととても所縁の
ある山でもあります。

それはとってもとっても昔のお話。幻の術を使う者を 飯綱(いづな)使いと
呼んでいた時代があります。それは戸隠流忍術があった時代。
このお山は修行の場であったと言い伝えられているお山のようです。
飯綱山はそこからきたのかもしれません。

IMG_4437

























実は南峰でご一緒した方とお話したのですが3年前の8月にご夫婦で高妻山に
登ったと教えてくれました。 あの山頂直下はとても急でとても辛かった
思い出があると仰っていました。歳の頃、70歳くらいのご夫婦さんでした。

お写真をお願いされたのですがそれはフィルムカメラ。デジカメに慣れていた
私でしたが・・・それはとても新鮮な感覚でした。とても懐かしく・・・

変らないってとっても素敵な事だな・・・と ひっそりと羨ましくも思いました。

IMG_4443

























ここからは樹林帯に入るのですがお蕎麦屋サンに行こうという事で少しだけ
急いで下ろうという事になりました。

IMG_4450

























そんな訳で・・・行きにビックリした5合目はあっという間に到着しました。
ちなみに私も親分も行きには一合目から5合目の間に 他の合目の
存在すら気がつきませんでした。

IMG_4454

























気がつくと・・・アフーの肩に乗って楽をしている緑虫少佐を発見です。
マクロでズームっ!

少佐悪いけれど君をこのまま下界には連れて行けないよ。と葉の上に置いて
アフー中佐、先を急ぎます。なんてね。

IMG_4463

























下山はいつの間にか光が飯綱の森に差し込んでいました。
緑が光って綺麗です。 と・・・ 浮かれて歩いているアフーの掌に激痛。

イタッ

手袋をしているのに・・・掌に激痛。

親分に手袋を渡してチェックして貰ったのですが大丈夫という事で再び手袋をはめて歩き出すと・・・ 手袋の中の指の中でパタパタと。。。 
急いで手袋を外してみると

ミツバチさんでした。 お腹を丸めていました。。。 いつなんで入ってしまったか判らないのですが・・・とても可哀想な事をしてしまいました・・・


IMG_4458









































凹んでいるとすぐに感づかれます。
親分に仕方ないことだよ。と言われて気分を変えます。 
道中は花も輝いていました。特にイワカガミさんの葉は光っていた記憶です。

IMG_4465


























行きは色々あった道も帰りに楽しく色を塗り替えて♪
そして・・・見えなかった物もたくさん。 
お花や木の傷とか色々楽しみながら・・・そして見えなかったと言えば・・・

IMG_4467










































1合目と5合目の間には・・・きちんとした 合目があったでアルヨっ!

IMG_4469


























見失って歩いてしまうって事は本当にあるんだね・・・って。
やっぱり山は余計なことを考えないで歩けるから楽しいんだよな〜。と再認識。

しかしながら、単純に出来ているアフーの頭の中は・・・戸隠お蕎麦が充満しています。なんちて。

IMG_4470



























整備された道も標高差が800m近くとなるとさすがに久しぶりと言う事もあり膝が大笑いし出して・・・ストゥッキの登場です。

IMG_4471



























行きの事はもう忘れた! 帰りは楽しくて楽しくて仕方ないアフーです。

IMG_4478











































帰りもたくさんの写真を撮ってきました。チゴユリさん。 
日影に咲くお花さんです。群生をたくさん撮ったり・・・

IMG_4482











































山頂は曇りだったけれど・・・お花にも青空にも逢えたから満足です。これ以上は何も望みません。 

膝は相変らずゲラゲラと声をあげるように大笑いな程、
ガクガクアフー到着です。

タダイマっ!帰ってきたよっ! 

IMG_4488


























と狛犬さん達に挨拶して
レガシィ君への最後の道のりを軽い足取りで進みます。

IMG_4491



























むふふ。たぶんこの日も結局 ビリだったかな? でも楽しかったです♪ 

そそ。実はね。アフーはこの先の鳥居の下でとっても嬉しい出会いをします。
そのお話はまた・・・明日。一滴ます

長い長いレポになってしまってゴメンナサイ。もう少しだけ続きます(^-^)

明日も読むよ♪お尻ぺんぺ〜んクリック♪うれしいです



Posted by theslowpace at 08:31ヤマノボリ
2009年05月27日

飯綱山 (飯縄山) 其の参

IMG_4290


























昨日のお話はココまでだったので、今日はその続きです_(^^;)ゞ
其の壱、     其の弐  デアルヨ。


今居る場所は、飯綱山の南峰。 三角点のある北峰まではあっというま・・・
なのですが途中の大きな岩があったのでお天気待ちの小休止。
でも・・・空は晴れそうに無く (×_×;)

IMG_4291

























どちらかと言えば・・・悪いほうに流れているような・・・気がする空模様。
良い事を期待し過ぎたアフーは・・・ガックリモード。


IMG_4293

























そんな残念アフーを消したいように 雲が覆ってきました。
途中で親分は先へ・・・ 本当はこの稜線が・・・このお山の見所と言っても
たぶん・・・過言でナイアルヨ。

で、アフーが見た稜線は。

IMG_2927

























┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・ 
┗(-_-;)┛オ・・オモスギル・・・


IMG_4294








































で、一足お先に親分は山頂へ♪ これは毎度の事であります。
トップガンアフーはまだ チンタラ歩いています。

IMG_4295

























ヒィ〜コラ ヨッコラ〜。 雲も重いけれど 体も重い・・・なんちて。

で、残念アフーは気持ちばかり先に山頂に到着してしまったようで・・・
遠くから看板を見つけて写真を撮ります。

いつも適当なアフーに親分は・・・もう少しシャキッとしなよ。と言います。

IMG_2928

























で・・・飲み物は500mlペットボトルが1本余りました。もう余裕です。途中に
水場もあるし♪モーマンタイです。 でここでゴルフ場で買ってきた
SOYJOYを食べます。

IMG_4302

























バナナとイチゴ。運動後の水分と糖分は ス〜っと体に吸収されていきます。
で、皆さんが美味しそうな匂いでランチ中に・・・我家は非常に寂しい昼食。
あっという間に食べ終わって物足りなさ・・・120%

そこで、アフーは思い出しました。 先日、土砂崩れのため登る事が
出来なかった一夜山の情報を集めている時に拝見したブログの中で
地元の方がお薦めしているお蕎麦やさんがあったのです。
 

IMG_4305

























アフー 「 親分。親分。美味しそうなお蕎麦屋サンがあるみたいだけれど下山
してから行ってみようか?」

親分 「 いこ 行ってみよう! 」

と言う訳で山頂に15分くらい居たのですがどんどんと増える雲に別れを
告げ山頂を後にします。

IMG_4311

























でも山頂に来れただけでも 嬉しいアルヨ♪ はじめはどうなるかと思ったけれど_(^^;)ゞ  そそ。終わりよければすべて由。という訳で昔の人は良く言った
ものだな〜と感心するアフー。

IMG_4297

























さっきの稜線では雲で見えなかった物が少しだけ帰りは見えました。
まず・・・ヤマザクラさん。 私の記憶が確かならば(カッチョツケテ)
ヤマザクさんはココだけ。そして・・・

IMG_4315

























ショウジバカマさんもここの南峰と北峰の間のこの場所にしか咲いて
いませんでした。 むふふ。自分でいうのもなんだけれど最近、お花の
名前が少しずつ判って喜んでいるアフーがいます。

IMG_4321

























で・・・あっけなく 南峰に到着です。

IMG_4331

























雲は少し退いてくれました。で・・・そのまま下る予定でしたが・・・

IMG_4325

























風が吹いてきました。それは強い風で無いけれど雲をどかすには十分な
風な気がしました。

IMG_4328

























同じ事を思ったのか・・・親分も戻ってきました。 南峰で少し 青空の
出るのを待つことにしましょう♪

IMG_4340

























アフーはそそくさ ザックを降ろして チョロチョロします。
雲が退いたその景色はとてつもなくスンバラスィ♪山頂を持つ飯綱山です。


IMG_4368

























ちなみに、山頂の看板は 飯綱山。 そしてカシミールでは 飯縄山でないと
ジャンプデキマセンデシタ。 ガイドブックによってもマチマチ。ヘイオマチで
あります。なんちて_(^^;)ゞ


IMG_4341

























下界は晴れているようです。 そうです。今日の天気予報は晴れギッシリだった
はず・・・ なんて 思っていると・・・ ヤッテキマシタ!!! フーフー隊の皆さんが飯綱山の山頂の雲を フーフーしてくれました!!!

IMG_4348

























ニキニ〜ン!!! 青空です!!!

IMG_4347

























あまりに嬉しくて意味の無い 1番ポーズをしています。_(^^;)ゞでもこの日は
このくらい嬉しくなるほど青空を待っていたであります!

そして、この南峰からすぐ横の場所に神社があります。そちらに降りてみましょう。すると・・・ そこは 長野市が一望できる場所でありました。

panorama3








パノラマ写真に挑戦です。 ↑アフー撮影 ↓ 親分撮影。
クリックで拡大します。

panorama2







こちらの神社は少しだけ荒れていました。どうしてでしょうか?
と思いながら南峰へ戻ってみると・・・高妻山さんのお出ましです。
ちなみにココまで・・・南峰はずっと貸切です。

IMG_4413

























実は下山は相当早く下れるだろうと踏んでいます。整備されている登山道
なのでここはトレランでも非常にメジャーなコースのようです。
あっ! そういえば思い出してしまいました。 


実は山頂を結ぶ稜線で大きな石の上で休んでいる時にもの凄いスピードで
登ってくるめちゃくちゃカッチョヨイ女性ランナーさん。その方が実は

私と同じCWXを履いていらっしゃって・・・ 非常に恥ずかしくなった
アフーであります。ハイキング的なこのお山ですら 休みまくっているアフーと
メチャクチャ早いランナーさんが同じタイツを履いている訳で・・・内心。
自分のCWXに申し訳なくなってしまいました_(^^;)ゞ

IMG_4408

























どうスッコロンデモ トレイルランニングは出来なそうな訳で・・・鈍足もだけれど
即座に足元を確認して走るとなると動体視力も必要な訳で・・・アフーだと足を
引っ掛けてすっコロンで顔面強打する自分が見えてしまうデアルヨ。

IMG_2944

























そそ、山の上から見下ろす景色は・・・ジオラマそのものです。
おっと時間になってしまいました。 それでは 1滴ます。

IMG_4410


























続きも読むよ♪お尻ペンペンクリックとってもうれすぃです(^-^)


Posted by theslowpace at 08:32ヤマノボリ
2009年05月26日

飯綱山 (飯縄山) 其の弐

其の壱はこちら。


色々・・・あった5合目までの道のり。 でも5合目からはいつも通りです。
長く引きずらない。ところが親分の良い所です。なんちて。


IMG_2875

























親分頼みだった・・・ルートについてはもう9合目だと思っていた場所がまだ
5合目だったということで・・・バビッタアフーと親分であります。
親分にチョットだけピッチをあげようと言われます。

IMG_2913

























いつのまにか 柔らかくなだらかだった道が岩場になってきました。でも足場は
しっかり。浮石も少なく小刻みに足を確実に進めれば数十センチずつでも
先に進めます。 ピッチを上げようと言われたアフーですがピッチは上がらず・・・(´ヘ`;)ハァ

IMG_4243

























ダイヤのように輝く水滴さん。そそ。空は曇り空だけれど雨のち曇りだった
週間天気予報でのこの日のお天気は直前に変ってくれただけでも感謝です。

実は駒つなぎの場という昔、馬で登ってきて休憩する際にお馬さんを繋いで
休憩をしていた場所があるのですが・・・実はそれにすら気が付かずに
登ってしまいました。_(^^;)ゞ


IMG_2886

























あっ!・・・ 目の前に。 鳥さんが来てくれました。
逃げようとしません。 なにか細かく動いています。しばし観察して
見ることにしましょう♪ ↑ は何かくわえています。

IMG_2888

























と思ったら今度は 黄昏ているようです。なんちて。


IMG_2895

























むふふ。可愛いお尻ですね。 ペンペンしたくなります。はいっ。
で、この写真はどうやって撮っているかと言うと・・・

IMG_4252

























こんな感じです。 この場所は水場の少し手前。実はまだ5合目から然程
進んでいません。_(^^;)ゞ

IMG_2898

























アフー あの・・・今日は晴れますか? 

IMG_2899

























鳥さん。 「 それは・・・ボクには言えないよ・・・」
なんていう会話があったかもです。なんてね。

IMG_2908

























この場所は霧に包まれた場所でした。水場があるからでしょうか。帰りは行きに聞えなかったカエルさんの声も聞えました。 大きな鳥から小さな鳥まで
霧に包まれた楽園のようです。耳を澄ますと・・・ 綺麗な声が沢山聞えます。


IMG_2909

























↑ 美声の持ち主さん。 魅惑のチキルームです。なんちて。
さて♪嬉しい足取りは早くもなければ遅くもなく・・・ それでも徐々に山頂に
向かっています。

IMG_4259

























余所見の理由は 雲と睨めっこであります。 今日はウェザーニュースで
9時から18時までずっと晴れマークだった。。。 でないと・・・山頂からの
景色が見えないのでアルヨ・・・

IMG_4247









































夜はまだ冷えるのかな? 暖かそうなコートを着ています。
今日はジュース500mlのペットボトル2本。そしてSOYJOYしかない・・・
少し5合目で足りるかなと不安だったけれど・・・大丈夫かな?

IMG_2914

























親分が・・・ 「うちのトップガンはめちゃくちゃ遅い」


(・_・")??なんのことだか判らなかったのですがトップガンは私のようです。


IMG_2915

























開けた場所に出ました。 笹の道です。 笹を見ていると・・・あっ!


IMG_4248

























またまた見つけちゃいました! おっ。コッチ見ていますね。
大きな山の中にある沢山の命を見つけるのはとても楽しいです。
宝捜しのような感じです。

IMG_4249








































あまりに可愛いので手袋を外して触ってみようとしたら・・・ 
  イタいッ! 

大きな山の中の小さな命は自分の身を守る為にこの葉っぱに居たのかもです。写真で判るように・・・大きなトゲが葉っぱの先についておりテントウムシ君
を守っていました。 反省です。 ごめんなさいm(._.)m

IMG_4250

























見えない発見はとても楽しいです。と言うこんな感じに時は流れ・・・
時間もどんどん過ぎていきます。

IMG_4254

























でも、実は開けた場所に出てから・・・僅かの道のりもゆっくり進みました。
空の雲が目まぐるしく変るのでもしかしたら晴れるのでは?と期待を抱いて
わざとな鈍足モード。


IMG_4263

























こんにしょわ〜トップガンです。。 なんちて。 で、実はこのお山。
結構な数の虫さんが飛んでいます。 ネットをザックに入れているのですが
まぁ、歩いているうちは我慢できるのでしませんでしたが・・・
止ると・・・すぐに 群がって寄ってきます。

IMG_2918

























何度も・・・何度も 目の中に入ってしまいました。 

IMG_4265

























さっきのトゲが刺さった場所が痛くて顔がヨジ曲がるアフー・・・なんちて。

IMG_2919

























今日は2人ともザックはとっても軽いです。背負っている事を忘れてしまうくらい
軽いです・・・ 飲み物が足りそうなので・・・さらに軽量化。

IMG_4271

























親分とアフーは南登山口から。そしてここは西登山口との合流地点です。
親分が言うにはココからは早いとの事。 ポカリ君を飲むと・・・同時に汗が
吹き出てきます。

IMG_2920








































親分がなにやら撮っています。 アフーを撮ってくれているのかと思ったら・・・


IMG_4276

























後ろの青空さんです。 嬉しさがこみ上げているポッチャリアフー。
あはは。実は5キロ近く太りました。 本当に体重変化が酷いです・・・

IMG_2921

























写真チェック中。 この日このお山に持ち込んだレンズは
親分 EF50mm F1.8【出番なし】  EF24-105mm F4L     
    TAMRON SP90mmマクロ   エクステンションチューブ。

アフー EF18-55  EF55-250

IMG_4277

























この時のアフーは 山頂につく頃には晴れてくれると決めつけていました。
信じる物は救われるのでアルヨ・・・たぶんね_(^^;)ゞ

IMG_2923

























分岐から僅かの場所には飯綱神社がありました。 広くなっているのでココで少し休憩。

IMG_4280

























虫さん攻撃にあうアフー↑

このお山はまだ春が来たばかりなのかもです。 お花さんも蕾をつけています。

IMG_4285

























飯綱神社から・・・ちょっと登ると・・・広い場所に出ました。ここは山頂?

少しだけ飯綱山の紹介をします。 

いいづな
























このお山は双耳峰です。はじめに着くのは南峰。
 山頂(三角点のある)北峰より8m低いですが広さはこちらの方が広いです。 



IMG_4290

























今日は沢山のお地蔵さんに励ましてもらいながら登って来ました。この南峰にもかわいいお地蔵さんがいました♪今の空模様は思い雲が山頂を覆っています。

本当はすぐに下山してすぐ高速に飛び乗って帰る予定だったけれど・・・
予定を少し変更する事にしました。

と言う訳で・・・其の参へ続く・・・

明日も読むよ♪ お尻ペンペンクリック。うれすぃです(^-^)


Posted by theslowpace at 08:14ヤマノボリ