2008年12月
2008年12月31日

ヤマノボリ 2008【後編】

そんな訳で前編はこちらです。

IMG_3333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから・・・ 平地では半袖が心地よい頃・・・硫黄岳に行きました。

それが・・・7月中旬の頃。

IMG_1336

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり八ヶ岳は人気のある理由がたっぷりなわけで・・・
楽しかった。 でもって 会いたかったコマクサ女王は・・・

IMG_3499

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ちくたびれたよ・・・と言われてしまったけれど・・・どうにか逢うことが
できました。

IMG_3538

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな山に囲まれるなんて普通の生活ではまず無い訳で・・・
ストレスをぶっ飛ばしたっ!

IMG_3632

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか一厘。正確には2厘しかなかった・・・クロユリさん。そして
帰り道。寄り道では・・・ トトロとロボコンに出会った。

gousei

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大。 アタマヤマも八ヶ岳も一望できる特等席がうらやましい。

IMG_3754

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳の森は独特な気がします。緑が濃いというか・・・
コケの緑が光っているというか・・・ 

totoro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トトロが出てきそうな森だった。

そのレポはこちら。


それから・・・約2週間後。

任務が下された。 海外からのゲストを富士山の山頂へ・・・
プロジェクト。

プロジェクトには1人のゲストに対して 4人の助っ人が用意された。

IMG_5064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・2名の助っ人は7合目で山小屋に消えた。
そして・・・ 助っ人アフーは8合目付近でついていけず離れた。

IMG_5123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後の助っ人親分も・・・ 高山病でダウン。

・・・・・・・ でも ゲストは無事に富士山の山頂を踏んだわけで・・・

IMG_5156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストが一番健脚だった訳で・・・ んでもって・・・一人は下山時
転倒、手首骨折、靭帯損傷となり・・・ 山を引退すると断言した。

IMG_5161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々あった富士山でしたが・・・ やっぱり その場所は日本一の高さ
でした。 上には空だけ・・・ 

IMG_5242

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい思い出になりました。 

IMG_4952

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


山頂はこうなっているわけで・・・ 富士宮口と河口湖口を制覇したので
次にこの山に登るときは違うルートでという野望ができた。

3adfc5fe

 

 

 

 

 

下山したときの顔はこんなくらい・・・どろんこだった。

そのレポはこちら。


それから・・・焼岳に登った。

天気予報が見事に外れたけれど 木の下の雨宿りは楽しい思い出。

IMG_5619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この山の印象は・・・静かな山でした。

IMG_5492

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、少し痛々しいチョウチョ少佐にあったけれど・・・
元気に飛び回っている姿を見て元気をもらいました。

IMG_5786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


山頂は・・・やっぱり曇り。 しかたない。

IMG_5888

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも一瞬の青空が嬉しくて♪ 両手を高く!!!

IMG_5882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それから・・・この辺りから とにかく まったりと登り親分待ちが多くなった。

IMG_5977

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもなんだか慣れちゃった。 山の上だとそれほど時間も感じない。

IMG_5971

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まった甲斐があったというのは本当に瞬間だったけれど 見えた上高地に
ちと感激。

IMG_5972

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、GPSで気になる山のお陰で 素敵なヒサさんとの出会いがありました。

その素敵な山は霞沢岳。 いつのひかきっと。 木を掴みながらでも
登りたい。

素敵がいっぱい ヤキソバ岳レポはこちら。


そして・・・今年ナンバーワンは・・・ やっぱりここです。

燕岳&大天井。

mIMG_7171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、ここは素敵だった。 また行きたい!!!

mIMG_7192

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンボ少佐にも出会えた。そして・・・

IMG_6995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火照った体にシトルリン投入。

mIMG_7217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックの見過ぎでソフトボールの選手と同じように 人差し指を天高くあげた。で・・・辛くなれば 一人で 水泳の北島選手の

ナンモイエネェ〜。 と真似をしてみたり・・・

mIMG_7218

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じでひとりで楽しむ残念アフー。

IMG_7018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっきょく・・・親分は先に到着していた訳で・・・
その日の景色は・・・今年一番。

mIMG_7260

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出になる景色でした。 色々外国も行ってみたけれど・・・やっぱり
この景色に勝るものは無かった。

mIMG_7359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


貸切の山頂での影絵遊びも・・・ 童心に返ったり

IMG_7158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イルカ中佐にも出会った。

IMG_7211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たそがれ親分。アフーはこの後・・・なべを焦がした。

IMG_7219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空はいろんな色に七変化。 していたけれど・・・夜は少し寒かった。

IMG_7229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、一番楽しかった場所でした。 そして・・・今年一番思い出になるランチを
食べに・・・ 

IMG_7262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おでかけしました。 インディアンランチは遠かったけれど・・・

mIMG_7491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行ってみようかと当日に決めた。

IMG_7360

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景色がよすぎて足進まず。 自分でもなんていう所を歩いているんだろうと
歩きながら考えてしまうような景色でした。

mIMG_7571

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりアルプスって別ものなんだ・・・と実感の親分&アフー。

IMG_7422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お猿さん達はまったりとしていた。 見慣れた景色というのだから・・・うらやましい。

IMG_7465

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチまで・・・あと少しだけれど力尽きそうだった。

IMG_7502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

至福のランチ。なによりも親分が喜んでくれていたのがアフーは嬉しかった。

IMG_7536

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年のベスト宿泊所。 燕HEX。

そんなレポはこちら。


それから・・・日本をしばし脱出して・・・居たけれど・・・

IMG_9115big

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香港大平山。 


サイパン。 マッピヤマ。別名 スーサイドクリフ

IMG_8904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイパン 最高峰 タボチョ山。

IMG_8957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


文字制限。続きを読むをクリックすると現れます♪

続きを読む




Posted by theslowpace at 02:39ヤマノボリ
2008年12月30日

アフーより。

すいません。

有言不実行・・・なアフーです。

 

明日は親分がスキーに連れて行ってくれるというので・・・

宿題を丸投げします。

 

本当にやっぱりダメ人間です。

私の両親がこのブログを見たら・・・あまりにも成長していない私を見て・・・
呆れる事マチガイナシです。。。(;´д`) いひひ。なので絶対に誰にもヒミツなブログです_(^^;)ゞイヤー。


 

2008年もたくさんの山に登ったり・・・泳いだり、笑ったり、怒ったり、

と色々な一年でしたが トータルで言えば楽しい一年でした!

 

終わりよければ全てよしです!

実はビビリアフーは・・・ 本厄だった今年・・・一年中 悪い事があると
全部 厄年だからと片付けてきました。

 

でも、今考えれば それほどワルイコトハありませんでした。

 

いつもこんな適当で残念なブログですが・・・本当に今年も御世話に
なりました。 来年はもう少し 真面目なブログに変身したいアフーです。

 

って・・・無理だな(´ヘ`;)ハァ。

 

2009年が素敵な一年でありますように。

 

そんな私とは違い・・・

ポエット君にとっては今年は非常に変化の多い一年でした。

IMG_3047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やつれたポエット君でしたが・・・ 

IMG_9662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピスターチオでしたが・・・

IMG_0433

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年越しは シッカリポエット君復活です。

 2008年。 アフー&ポエット君共々本当に御世話になりました。

来年も・・・ ポエット君&アフー 共に残念系ですが_(^^;)ゞどうぞ宜しく

お願いしますm(._.)m

 

            良いお年を。。。




Posted by theslowpace at 23:51ニッキ

【深夜特急】 最終国 マカオへ・・・

【深夜特急】 出発の日。 10月8日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【其の壱】 10月9日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【続き】
【深夜特急】 タイバンコクからシンガポールへ 10月10日
【深夜特急】 シンガポールからマレーシアへ 10月10日
【深夜特急】 マラッカでの出来事。  10月11日
【深夜特急】 マラッカからクアラルンプール・・・そしてバンコクへ  10月11日
【深夜特急】 バンコクチャイナタウン 10月12日
【深夜特急】 バンコクチャイナタウンと世界遺産のアユタヤへ 10月12日
【深夜特急】 タイマッサージ&買い物天国バンコク最終日 10月12〜13日
【深夜特急】 バンコクから香港へそれから中国へ
【深夜特急】 香港ビクトリアピークへ・・・

【深夜特急】 香港ツアー

IMG_8682

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ツアーである為・・・強制的に参加せざる得ないお買い物&観光ツアーに
参加してDFSで少々早めに解散させて頂きすぐにタクシーを拾いました。

タクシー料金は確か・・・ 16ドル 300円弱くらいかな?香港のタクシーは
かなり安いです。 赤と緑。2社のタクシーがあります。

IMG_8684

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、通常マカオに向かう船は香港島からの船が有名ですが
事前に九龍島からも時間帯によっては出ているのを知っていたので
ひとまずすぐに船に乗りたくて・・・ チャイナフェリーターミナルへ
向かいました。

IMG_8686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシーの運転手さんはとても優しくゲートまで教えてくれました。

そして搭乗チケットを購入する為にカウンターに行くと・・・ギリギリ間に合うと
16時のチケットを・・・

IMG_8688

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買いました。 値段は 133ドル レート換算で片道大人ひとり2000円弱 

IMG_8690

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九龍から出るフェリーと香港島からのフェリーはマカオまでの時間が10分
程、九龍からの方が長いのですが座席は広く綺麗です。

IMG_8692

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ・・・ラストの国へ向かいます。座席は直前に指定されるシステムです。
シールが座席番号です。空いていた為、窓際から 程よく間隔のある席でした。

IMG_8694

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイミグレカードへの記入も少々うんざりなアフーでした。

でも終わりに近づくと 丁寧に書きたくなってくるので不思議です。

IMG_8697

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出航の時は・・・夕日の傾きかける16時。 定時に出航していきました。
もう・・・この景色を夕方に見ることはできません。ゆっくりと目に焼き付けました。

IMG_8703

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから70分の間。どうやら爆睡してしまったようです。
気がついた頃にはもう・・・大陸が見えていました。

IMG_8707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大陸は マカオでした。 香港と違うのでしょうか?まったく未知なる土地ですが
ガイドブックもさほど見ずに上陸してしまいました。

DSCF2796

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまずカジノは後にして・・・ 観光をする事に・・・でも フェリーターミナルと
カジノ街は少々離れています。

ひとまずホテル系列のシャトルバスに乗ることにしました。
詰めの甘いアフーはたくさんの中からどのシャトルにするか迷ったのですが・・・

IMG_8712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MGM GRAND のシャトルバスに乗車しました。
ラスベガスのイメージのMGM GRANDとは少々違いますが
アメリカ系列は アーバン それから出来たばかりのベネチアン
 を始め比較的綺麗でした。

IMG_8713

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナショナルジオグラフィックでよく マカオのカジノについて色々見ていたのですが・・・ 中国系とアメリカ系で競い合うかのようでした。

IMG_8717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カジノはリスボアでと思っていたので・・・ひとまず マカオタワーまで歩く事に
しました。

IMG_9363

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MGM GRANDの対面にリスボアが見えます。街もあちら側です。

IMG_8724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ開拓中なのが一目瞭然です。 建設中の巨大建造物が幾つかありました。

IMG_8731

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・MGM GRANDから マカオタワーへの道は・・・(歩道ですが)

ボコボコです。とても歩き辛い道でした。

平気で深さ15センチくらいの穴が ポコポコ開いていています。

IMG_9359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中の川?海ではつりをのんびりしている人もいて・・・
そして煩いのかな?と思っていたのですがまったく逆でした。

IMG_9365

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ここ マカオは世界遺産の1つです。

450年間にわたり 東洋と西洋が共存して出来たような島です。

IMG_9370

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダラダラ歩いている間にもあたりは暗くなってきます。

IMG_9376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マカオタワーとアフー。 ここで登ればよいのですが・・・なぜか
面倒になってしまいました。(;´д`)トホホ ここからタクシーで移動です。

IMG_9381

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホールでタクシーに乗り込み・・・まず セナド広場に連れて行ってもらう
ことにしました。タクシーは香港もマカオもメーター制でした。

IMG_8759

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その場所へ向かうのは・・・さっきまで歩いた道とは打って変わって
車も人もたくさんで驚きました。地元の人。観光の人。割合はわからず。

IMG_9384

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セナド広場ではたくさんの観光客でごった返していました。そして色々な国の
言葉が飛び交っていました。

IMG_9386

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マカオの市街地はお洒落なお店や貴金属店、それから銀行、郵便局、
お土産屋さん。と飽きない光景が広がっていました。


IMG_9389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・人ごみが苦手なアフーは・・・写真を撮って用事がすんだら・・・
帰りたくなってしまいました。

そそ、有名なのはこの波紋のタイル床。

IMG_9395

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分も同じ意見で・・・カジノに行こうという事に・・・でも・・・

IMG_9402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その前に食事をしようという事にしました。美味しそうなお店がないか
探しますが・・・

IMG_9403

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分とアフーの目に止ったお店は・・・ 

IMG_9406

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むふふ。ここでなくて・・・

IMG_9413

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ こちら。 このお店に入ることにしました。

IMG_9539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


で・・・親分は指差してオーダー。アフーはチャーハンとまた・・・
ワンタンミー♪

DSCF2799

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分のご飯到着。が・・・親分の顔が強張っています。
( ̄□ ̄;)!! 牡蠣が食べれないのに・・・牡蠣ゴハンをオーダーして
しまったようで・・・牡蠣をよけています。

DSCF2801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャーハンはどの国に行ってもあるのでとても助かります。

DSCF2802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンタンミーもチャーハンもモーマンタイでした。量が多くて親分に
食べてもらい・・・そして食べながら行儀が悪いですがガイドブックを
見たりして・・・ すると少し元気が出てきました。

IMG_9416

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セナド広場を抜けて・・・ガイドブックに載っている場所に行く事に
しました。それは文化遺産に登録されている有名な場所へ。

IMG_9417

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランは地元の人が普通に食事を取るローカルなレストランでした。

日本と違いお茶とお箸、小皿をテーブルに バーンと置かれて(ノ゜?゜)ノびっくり。でもここではこれが当たり前の世界。とくに感じが悪いと言うことではなくて
静かに、丁寧に置くという習慣がないだけです。

IMG_9422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山頼んでみたら・・・絶対に食べきれないみたいな感じのジェスチャーで
教えてくれました。 これは・・・台湾でもそうでした。 日本ではなかなか
ない光景かもです。

IMG_9423

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セナド広場からの路地の中もとてもオサレです。

IMG_9430

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・文化遺産の場所までは道にきちんと看板があるのでそれを頼りに
進みました。

IMG_9431

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セナド広場から離れると道は一気にアジア♪ そしてこの頃
微妙に世間を賑わせていた・・・メラミン問題。

IMG_9432

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・途中でなんとも惹かれる看板を発見です。それは・・・

エッグタルト。なんとも金賞をとったらしい感じのお店を見つけて・・・

IMG_9434

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べて見ました。 あたたかいエッグタルトをヒトツずつ。
ちなみにこの国についたとき・・・アフーには/(-_-)ヽコマッタァ事がありました。

IMG_9435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な国を歩いたせいで・・・レート。つまり通貨換算がまったくアタマの中で
出来なくなっていました。香港とマカオでは・・・親分にすべて任せきりです。

お行儀悪いですが歩きながらエッグタルトを食べて進むと・・・

目の前になんとも大きな建物が・・・

IMG_9438

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聖ポール天主堂跡

完成当時は「ローマ以東でもっとも傑出した教会」と言われていたほど。1602年から1640年にかけ聖母教会(聖ポール教会)として建築され、施工には中国人ほか、長崎から幕府の弾圧を逃れて渡ってきた多くの日本人キリスト教徒も携わりました。

IMG_9441

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1762年のイエズス会の追放後、大学は兵舎へと変わり、1835年の火事で校舎と天主堂の本体が焼け落ちて現在のファサードのみの姿となりました。

続きます。続きを読むをクリックしてくださいm(_ _"m)ペコリ↓

続きを読む




Posted by theslowpace at 09:24ガイコク
2008年12月29日

ヤマノボリ 2008【前編】

そんな訳で毎年振り返っている訳ですが_(^^;)ゞ

今年も・・・というより毎度適当ですがとりあえず駆け足で振り返ってみます。

ヤマノボリ 2007はこちら。

2008年。と言うよりも・・・紅白見ないで寝てしまって朝早く起きてしまった方の
お誘いで・・・どっか行こうという事に・・・

でもって・・・なぜか こちらに♪

それは 2008年1月1日のお話です。

ふかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光 キスゲ平にある丸山という 女峰山に繋がるお山に向かいました。
しかしながら・・・ かなりの雪でラッセル状態の親分とアフー。

つかれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも楽しい山アケとなりました。 でも・・・結局吹雪きになりまして・・・
山頂は断念。

撤退

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ、下りはゲレンデを下るのに・・・本格的に尻セードデビュー・・・
しかし・・・加速したアフーは トンチンカンな方面に滑っていってしまった
訳で・・・

怖い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッケルが欲しくなったアフーでした。

それでも年明け早々高いところから見える景色はやっぱり素敵ダナァという
幕開けに始まった訳であります_(^^;)ゞ

残念丸山敗退編は コチラです。


それから・・・1月5日。

オニギリザックと一緒に・・・

キャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大菩薩峠の曇り様に少しがっくりしていながらも・・・
白と黒の世界がこんなに綺麗なんだ〜と少し・・・興味を持ちはじめたのは
この辺り・・・

振り向いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも寒くて・・・

白い世界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは鼻が冷たいからでなくて・・・ オハナミズがすごいから・・・
なんちて_(^^;)ゞ

2000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と・・・アフー達はあまり登った山に二回行く事はなかったけれど・・・
今年は2回目と言う山が少しだけいつもより増していたかもです。

なきたいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


結局山頂を踏んで戻っても・・・まだ空に青は無かったアルヨ。

もうそろそろ峠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・諦めて峠を下って間もなく・・・

空の色が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空から雲が退いたから・・・

諦めて下ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分も・・・アフーも 再び峠に戻ることにした。
以前この山に来たときは・・・完全なる ピークハンター。
峠も見なくて良いからとにかく最短ルートでピストンした訳で・・・

綺麗だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびりと違うルートで歩いたり・・・二度来てみると新しい
景色が見れることもとっても楽しいんだっ!という事を知っちゃいました。

そんな素敵なお山の楽しみ方を教えてくれたのが・・・この大菩薩嶺だったかな? とその残念レポはこちらです。


1月16日 入笠山

朝から写真を撮りたくて親分と八ヶ岳付近をウロチョロ。
この日はこっちの方がアフーにとって印象が強かったかも_(^^;)ゞ

かっちょいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳。

駐車場からは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから・・・ この付近は 南アルプスも見える。

甲斐駒君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーのライバル・・・(・_・")?

甲斐駒君も雪化粧。

あっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・晴天率の高い入笠山は・・・ 曇っていた。( ̄□ ̄;)!!

山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ・・・お天気ばかりは仕方ない・・・

まっまさか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後の・・・ドライブが楽しかったアフーです。

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とそんな入笠山レポはこちら。


そんな訳で・・・

2008年アフーの一番ダイスキなエリア。

伊那丸看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イナマルフジミダイの駐車場が好きなアフーです_(^^;)ゞ

えへへ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指すはモチロン アタマヤマっ!

まつ親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと・・・これは親分のアタマだった_(^^;)ゞ なんちて

うひょひょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで・・・とっても素敵な再会がありました(^-^)♪

へっぽこ山ちゃんさんです♪

そして・・・アタマ山はキセキ山かもしれません♪

山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 山頂では♪ cyu2さんとお会いしました♪むふふ。アタマヤマはやっぱり素敵な事がメニメニです!

てくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えへへ。調子に乗って 山ちゃんさんとご一緒させて頂きましたっ!

が・・・ やはり残念アフーは凹んでしまいました。

もちろん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも蝶々深山に到着してとっても楽しいヒトトキでしたV(^0^)

やっと晴れてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キセキのアタマヤマ&蝶々夫人はレポはこちら♪


おっと・・・まだ1月のお話です。 ちとスピードアップします。

1月27日

蝋梅を撮りに・・・行きは自分の脚で・・・

てくてく歩いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは・・・ モンキー君に乗って・・・

切符

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蝋梅は・・・

夢中です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にロウで出来ているみたいだったアルヨ。

だんだんだん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗だな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麓ではジャガバタを食べた。そしてニャンコさんに逢った。

猫さんだって必死に生きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キミハ無事に冬を越せたのかな・・・

ここの山はアフーにとっては少し寂しい印象の山です。

でも・・・ここは 宝に登る山。 そんなレポはこちらです。


ここからは・・・撤退続く・・・訳で・・・

運命の雲竜漠。

アフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても行きたかった場所に・・・滝の凍る姿。

場所は女峰山の真ん中あたり・・・ 

飛び越えた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪崩箇所を越え・・・

カラフルアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


頑張って突き進んだ。

慣れてないから恐い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川に落ちてしまった人もいて・・・正直帰りたい気持ち半分だった・・・

大きさは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ もたつきながらも・・・到着したけれど

また川です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり・・・正面で見た景色はやっぱり無理だと思った。

まだ先です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・親分に先を行ってもらう事にした・・・
けれどその日はやっぱり 雪が多くて。。。他の男性陣の方と
戻ってきた。

友知らず5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また来ようということで・・・帰ることにした。

晴れてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッテロ・・・・ウンリュウバクっ! と誓ったアフーでした。

そのレポはこちら。


そして・・・その2週間後・・・ ついにリベンジをする日がやってきたっ!

それは挑発的に高速のSAで雲竜漠の写真が飾ってあった事が発端だった。

暑いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は前回よりも雪が少なかった。。。 ラッキーと思っていたのは・・・
歩き出しの頃。

今日ははやい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空にはほんのり青空と・・・ アフーはこの日稀に見る・・・軽快な足取り・・・

今日はイケルと思ったアルヨ。

( ̄□ ̄;)!! しかし山は甘くないと知った。

いっきに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹雪に見舞われた・・・あと少しという所で・・・

ビバーグを強いられた。

しかし・・・練習していないツェルトの組み立てにアフーは手間取り・・・
ステッキを雪にコツンコツンと打ち込むと・・・

親分のアタマが・・・ ツェルトの骨組みになった。

zelt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・体のデカイ2人には・・・中は争奪戦。 

とばされるもんか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が少しだけ収まった頃・・・急いで撤収をしたけれど・・・吹雪は
やっぱり容赦なく・・・ アフー達をフッ飛ばしそうな勢いだった。

そして・・・ここでアフーはピッケルを落としてしまいました。一度も使う事無く・・・
とても痛い思い出となりました。

前が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と・・・ウンリュウバクをやっつけるのは・・・ 2009年に持ち越しになった。

と撤退に次ぐ撤退レポはこちらです。


それから・・・なぜか ヒョンなことからスキーを始める事になったわけで・・・

体育の通知表がアヒルちゃんなアフーに・・・

スタート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなカッチョイイスポーツが

どた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


すんなり出来る訳もなく・・・苦戦しながらも・・・

こけた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり・・・難しい。そこで親分と猛特訓です。トイッテモ・・・

こけても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われたとおりに滑るのは・・・難しい。

でも・・・ここはキセキのアタマヤマ。

山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここをホームゲレンデにした。

BCはだめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・すんなりイカナイコトモ 続けてみると楽しくなってくるっ!

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味方は蓼科山君だった。 苦い苦い・・・アタマヤマスキー編


 

それから・・・2007年に逢う事の出来なかった ハナネコノメを探しに
仙人ヶ岳へ向かった。

が・・・変な登山者さんに絡まれて・・・ 親分は御立腹。
その人のお陰で単独登山に近い状態で
とても不愉快な一日になった・・・山でした。

コケもとても綺麗だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも・・・花はとても素敵でした。

カタクリ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りもお花に夢中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・お花はね・・・午前中よりも午後の方が元気な事を知った山。

そんなレポはこちらです。


そして2007年に達成できなかった事・・・ のモウヒトツ。

コチャルメルソウを探しに・・・

ちなみに2007年に親分に線香花火みたいなお花だよと教えてあげたけれど・・・

ちとちがう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分はカンチガイ男だった訳で_(^^;)ゞ

今年はしっかりアタマにインプットした親分と♪

コチャルメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな コチャルメルソウ 一本勝負レポはこちらです。4月6日のお話です。


続きを読む




Posted by theslowpace at 07:23ヤマノボリ
2008年12月28日

危険な週末

アフです。 宿題がたくさんと判ると逃げ出す傾向にある・・・

残念人間であります。(;´д`)トホホ

 

でもって・・・ 今週末は少々危険な週末となりました。

土曜日お出かけして帰ってくると・・・ ご近所のというか・・・ほぼ隣の
車が炎上しておりまして・・・

 

我家の前の道路は閉鎖状態。 でもこの乾燥時期に飛び火しなくて

良かったなぁ〜と思いつつも お巡りさんに放火かどうか聞いてみると

微妙なお答えでビクビクしていました。

 

それから・・・ 土曜日の夜つまり・・・車炎上から数時間後・・・ 
のんびりテレビをみていると・・・
外から怒鳴り声が聞こえだし・・・

 

男性数名の殴り合いの喧嘩が始まってしまったようです。
ちなみに危険なお薬を服用している方がいるようで・・・包丁を振り回して
いるようなのです。

 

ビビリアフーは電気を消して息を潜めておりました。親分は
平気な顔をしていましたがアフーはずっと顔が強張った状態です。

 

聞いた事のないような こわ〜い台詞がご近所を駆け巡ります。

結局 警察は12時過ぎに来ましてまたもや、付近は赤いサイレンに・・・
そんな訳で 警察官が到着して 第一声が

「 まずその物騒な物を降ろしてください 」 と

その後、逮捕者が出たようですが・・・アフーは気配を消していたので・・・
詳細はわかりません。

( ̄□ ̄;)!! コワスギル・・・ というまぁ そんな危険な土曜日でした。

なにやら、トラブルに巻き込まれていそうなご近所さん・・・
今後のトラブルが少々不安です・・・(´ヘ`;)

親分の命令でアフーはなかなかお外にのんびりと外で遊んではイケナイ
命令が下されました。(×_×;)

 

でもって・・・ 心配の 彼らは大丈夫です。 なんていったって・・・
アフーと違い逃げ足は レツモー速いわけであります。

IMG_0431

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で怖い土曜日の後は こっそりとポエット君と隠れて遊んでいた
アフーです。 

いひひ。今日のポエット君です。

聞いてみると・・・

IMG_0433

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ギリギリ ピスタ〜チオで年を越さずにすんだよ♪」

とご機嫌でした。それから親分とまたお買い物に出ました。

IMG_0439

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高い場所から偶然見えた・・・富士山とどこかの山脈です。

IMG_0438

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風はとっても冷たい一日でしたが・・・そのお陰の景色です。

本厄のアフーですが・・・残りあと3日。どうか平穏な日々でありますように・・・

それでは・・・宿題続けます。 

      ・・・もう間に合わないかもなぁ_(^^;)ゞ お尻ぺんぺ〜んっ!なんちて。




Posted by theslowpace at 21:23ニッキ
2008年12月26日

【深夜特急】 香港ツアー

宿題途中を突っ走っているアフーです。

【深夜特急】 出発の日。 10月8日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【其の壱】 10月9日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【続き】
【深夜特急】 タイバンコクからシンガポールへ 10月10日
【深夜特急】 シンガポールからマレーシアへ 10月10日
【深夜特急】 マラッカでの出来事。  10月11日
【深夜特急】 マラッカからクアラルンプール・・・そしてバンコクへ  10月11日
【深夜特急】 バンコクチャイナタウン 10月12日
【深夜特急】 バンコクチャイナタウンと世界遺産のアユタヤへ 10月12日
【深夜特急】 タイマッサージ&買い物天国バンコク最終日 10月12〜13日
【深夜特急】 バンコクから香港へそれから中国へ

【深夜特急】 香港ビクトリアピークへ・・・

IMG_8571

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日、バンコクから香港、、そして無事に中国に入ってそして百万ドルの
夜景も見ました。でも体は・・・すでに1週間、睡眠はとっているけれど
疲れは少々ピークだったのかもしれません。

ギリギリで目覚めてから・・・どうにかホテルのバスに乗りました。

それは香港ツアーに参加する為です。と言っても・・・格安ツアーには必ず
と言ってよい程セットになっている強制ツアーです。

IMG_9229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、ホテルのバスに乗ったかといえば・・・それは宿泊先のホテルが
香港の市街からはだいぶ遠い為、ガイドさんの迎えはないという。

自力で集合場所まで来てくださいというけっこうパンチの効いたツアーなのです。

 

IMG_8574

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で朝の8時30分に待ち合わせ場所の香港島のチムサーチョイ駅に
到着。昨日の夜もここに居たのにな〜なんて思いながらバスを待ちます。

ホテルのバスではなくて今度は今日のツアーバスです。なんだかややこしいです。でもって・・・ 程なくして合流後、向かう場所は・・・

二階建てバスに乗ろうということになります。

IMG_8580

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路面電車とバスはあたりまえのように二階建てです。ここ香港はとにかく
狭い場所にたくさんの人がひしめき合って暮らしているわけで・・・
駐車場なんていう余裕な場所は皆無に等しいです。そんな訳で皆さん
公共の交通機関を頻繁に利用しているようです。

 

IMG_9233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町の中はまた台湾とは違う雰囲気です。

IMG_8599

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路面電車もバスもとってもカラフルです。広告カラーの色々な
車体が灰色の町を彩っている感じです。

IMG_9239

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果物屋さん、クスリ、海産物、衣類、雑貨と色々なお店がメニメニです。

IMG_8601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BALLYの路面電車。と色々な車体の広告をみているだけでなんだか
楽しいです。

IMG_9241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、町の中もやっぱり眺めていると楽しいです。

そして、ツアーのバスには日本人の方と韓国の方で香港ツアーとなるのですが・・・ なんとも忙しいツアーです。でもガイドのデビさんという方が
サバサバしていて小気味の良いお話をしてくれます。

デビさん、流暢な日本語を話していますが日本に滞在していたのはわずか9
ヶ月間と言っていました。 ただただ感心してしまうばかりです。

IMG_9244

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町はとにかく人が多いです。そして路地も多くて・・・建物はどれもグッッと
首を上に上げないと最上階が見えないくらいの高さです。

IMG_9250

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較的・・・乗用車の少ないイメージでした。駐車場付きのおうちは珍しく・・・
車の所有率もかなり低そうです。

家賃やテナントはとにかく 口をあんぐり開けてしまうほどのお値段です。

IMG_9252

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道路は二階建て路面電車ばかり。それとたまにバス。

二階から眺めるバスは眺めが良いです。

IMG_9262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳でせわしなく二階建て路面電車を乗った後は再びバスで
どこかを目指します。それは海底トンネルを抜けて香港島へ・・・

そうです。昨日行ったビクトリアピークに行くようです。昨日はピークトラムで
登った場所を今日はバスで・・・しかし 渋滞に嵌ります。

そそ、九龍島から香港島までの海底トンネルは結構なお値段のようです。

さてと・・・ビクトリアピークに到着しましたが・・・展望台には行かないようです。
少しずれた場所で眺めます。ツアーはおまけだから仕方ありません。

でも皆さんどこの世界のツアーもこちらに連れてこられていました。

IMG_8611

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の展望台も良いけれどコチラからもなんだか素敵です。ビルの上から
見下ろしている感じです。

IMG_9264

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにやら皆さんがみている場所にアフーも・・・進んでみるとそれは綺麗な
絵画がおいてありました。 ここからの色々な季節と時間の景色が
描かれていました。

IMG_9266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・このツアーにはプロのカメラマンさんがいらっしゃいまして
写真を撮っていただきました。この写真はのちに 半ば強引に3000円ほどで
購入させられる訳ですが(∩。∩;)ゞテレテレ・・・ ツーショットを撮って頂いたり
と照れながらも撮ってまいりました。

IMG_9270

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮りますがやっぱり少々こちらも時間がタイトです。

IMG_8617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君はいつもここに居るの?と聞いている間もなく・・・

下りはピークとラムに乗せていただきました。

IMG_9280

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピークトラムからの景色はあっという間だけれど夜とはまったく違って
またまたとても新鮮でした♪

IMG_9281

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


木のベンチのピークトラム。傾斜がきつくて背中がベンチの背もたれに
ぐっと引き寄せられる感じです。 腹筋に力を入れての移動です。

IMG_8622

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中には駅がいくつか・・・それはここに住んでいる人達のための
駅なのでしょうか? 止まっている車は・・・フェラーリー
ランボルギーニなどなかなかお目にかかれないような車が何台も
止まっているようなおうちばかりです。

IMG_8636

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから・・・九龍島まではスターフェリーに乗ります。このツアーは色々な

香港の乗り物に乗せてくれるようです。しかし・・・とにかく忙しないです。

IMG_8645

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番高いビルは最近できたばかり。通称 ヒゲソリビルです。

IMG_8646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それは、ガイドのデビさんが教えてくれました。ヒゲソリヒゲソリと何度も
言うのでとても印象深いです。 素敵でキュートでちとファンキーなガイドさんでした♪

IMG_9291

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ、ここにも私を応援してくれる日本企業の看板が沢山でした。

背中を押してくれる看板達に感謝しながら・・・ 買い物ツアーです。

IMG_9297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪しい 漢方薬のお店。それからシルクのお店。それから貴金属店。

IMG_9305

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!そそ、露店では日本の雑誌も売っていましたよ。でも言葉は中国語。
日本のファッション雑誌が人気あるようです。

IMG_9284

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアーに組み込まれているお買い物店はどこのお店もマンツーマンです。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ガツンガツンとセールスしてきます。

でも貴金属店で私達についてくださった方ははとっても控えめな人で・・・

他の人は皆さんかなりゴリ押し状態だったのですが、全然押し売りしてこないのでついつい 買ってしまいました。 それでもなんだかとっても穏やかだとお財布の紐も緩んでしまいます。

とても気持ち良くお買い物をしてしまいました。そういう術をしっているのかな?
と思いながらも今でもここで買った翡翠のアクセサリーがお気に入りです。

これは 昔に読んだ童話の 太陽と北風 のようです。

IMG_8652

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから お寺に行きました。でも・・・どこだかもさっぱり判らない状態でした。

ヾ(_ _。)ハンセイ…。

IMG_9312

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお寺では ガイドのデビさんと話しながら時間を潰していました。
デビさんはとにかくさっぱりした女性で話していて気持ちが良いです。

IMG_9320

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


蜂の巣のようなマンションとお寺がベストマッチなのかミスマッチなのか?
判らないけれど 香港なんだと思う訳であります。

IMG_9322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここには少々過激なポスターが貼られていました。目を背けながら・・・
次はランチとの事です。 あわわ・・・安いツアーなのに申し訳ないです。

IMG_9324

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lunch at  Kowloon City。です。 ホテルの大きなホールを貸しきっての
ランチでした。 美味しかったです。ビールも飲みました。チンタオビアです。

IMG_9329

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


食い気より睡魔君でした。 さすがに疲れが・・・ドッと・・・

IMG_9332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここまで5カ国。 弾丸で駆け抜けてきましたが・・・今日は最終日。
このツアーが終わったら今度はマカオに向かわねばなりません。

IMG_9334

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、DFSに向かいそちらで解散という事でした。

IMG_9350

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りの貴金属店で見た工場の写真です。アフーは親分とお揃いの
携帯ストラップ。 ここで買いました。

IMG_9354

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから・・・バスで揺られながら転々としましたが・・・ 最終目的地のDFS。

IMG_8672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドのデビさんが私達がこれからマカオに行く事はさっきのお寺で
お話をしていたのですが・・・気を利かせてくださって
DFSの受け付け完了後、中を見なくても大丈夫だからマカオに出発をと
背中を押してくださいました。

IMG_8673

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いて行けないからタクシーで タクシーでも安いから大丈夫と・・・
九龍島からマカオに行くフェリーターミナルを教えてくださいました。

IMG_8674

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弾丸ツアーの・・・最後の1ヶ国。国としてカウントするのはちと
反則気味だけれど マカオに向かう事に・・・
シグナルは青。 

IMG_8675

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィナーレのマカオへ・・・ ギャンブルをしに・・・

しか〜し・・・こちらで大負けする事になる訳であります。( ̄□ ̄;)!!

続きも読むよ♪ お尻ぺんぺ〜ん♪なんちて。




Posted by theslowpace at 03:33ガイコク ,オデカケ
2008年12月25日

大阪から京都へ・・・

2008.12.14のお話です。

大山からの帰り道  大山のレポ

そんな訳で・・・鳥取大山から砂丘、そして大阪城と移動した親分とアフーは・・・
翌日、のんびりとレイトチェックアウトで12時ごろ大阪を出発しました。

ラジオを聞こうという事になり、聞いているとラテン系のテンポの良い女性DJ
さんの神戸のラジオ番組を聞いていました。すると今日は京都でライトアップ。
そして兵庫県でも赤穂浪士のイベントがあると言います。

その番組は FM COCORO の SLOW STYLE SUNDAYという番組でした。

IMG_0304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷いました・・・でもおうちにできれば近づいておいた方が親分は後に楽かな?と
思い京都へ・・・ 実はどうしても気になっていたラーメン屋さん。

大きな黄色の看板に赤い文字で らーめん という看板。2年前に来た時に
伊吹山から大阪を目指した際にとても気になっていたお店。

横綱ラーメンというお店によりました。 とにかくお昼で混んでいましたが
あっというまにラーメンとオニギリと餃子が出てきました。ジャンクフード大好きな
アフーの好物が並びあっという間に 完食です。

IMG_0327

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって・・・京都についたけれど眠くなってしまい・・・少々眠ってしまいました。

aIMG_0331

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間も適当につぶしてお土産屋さんを見たりしているうちに・・・ライトアップに。

京都嵐山です。

aIMG_0332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むふふ。楽しそうです。 どちらかと言うと 引っ張りたい方です。_(^^;)ゞ

aIMG_0347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトアップは1箇所だけでなくこの近辺(嵐山)の数箇所で行われています。

IMG_0333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹林に向かいます。でも 混雑混雑で進みません。そしてやっぱり人の多い場所では三脚を立てる訳にもいかず・・・写真も我慢我慢です。

IMG_0336

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青紫のライトとグリーンライトで照らされた竹林は不思議な感じです。

IMG_0340

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは。あのライトの前のキグルミはアフーです。またまた全部着込んでいます。

親分の写真待ちは恐ろしく寒いのです。なので身なりより・・・キブクレです。

IMG_0344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは暖色系のライトが好きです。

IMG_0349

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


だからね・・・こっそりここだけの話。 この竹林のライトの色・・・そういう色なら
もっと良いと思うのです。

IMG_0352

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青紫の光はとても冷たく感じます。 

IMG_0355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑のライトは好きです。 

そんなアフーのタワゴトはどうでも良いとして_(^^;)ゞ 三脚を持って
橋に向かいます。トイッテモ・・・実は 親分の三脚は鳥取砂丘で壊れまして
復旧不可能でした。

IMG_0359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・アフーはチッコイ おもちゃのような三脚で写真を撮る事にします。親分にアフーの三脚を託します。

IMG_0361

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗ですっ!ライトアップは今年は終わってしまいましたが毎年やっているので
機会があったら是非♪ とても綺麗です(^-^)それと美味しい食べ物がメニメニ
です。

IMG_0371

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーのチッコイ三脚は かえって注目を浴びてしまいます。そして・・・
クスクスと笑われていますが・・・ モーマンタイです。

ちと・・・さみすぃ。

でもね、チッコイ三脚でも下の二枚はアフーとチビ三脚で撮ったのでアルヨ。

aIMG_0364

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さくてもとっても頼りにナルノサっ!とチッコイ三脚を笑った人に伝えたかったよ・・・

いひひ。でも高さ80cmは 可笑しいあるね。

aIMG_0408

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・

 IMG_0378

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋から少し登ったお寺に行きました。ここではライブがやっておりまして

ライトアップにあわせて音楽が流れます。

IMG_0380

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも・・・やっぱりライトアップは単色でよい気がしてしまいました。
なんとなく幻想的なお寺とはかけ離れた気がしてしまいました。

IMG_0381

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまたタワゴトを述べています。ごめんなさいm(._.)m でも綺麗な物は
なにもしなくても綺麗なのにと言いたい訳です。

IMG_0385

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗だな〜。カラフルな神社の奥に進むととても素敵な灯篭が
出迎えてくれました。

IMG_0389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この灯りが好きです。 しかもひとつひとつの絵もとっても素敵です!

IMG_0391

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


冬のさくら。 冷えた体が少しだけ楽になった気がします。

IMG_0398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・そろそろおうちに帰る準備ですね。

ここから遠い道のりですが・・・去年は大手前から電車で行こうか迷った
花灯篭、来れてとっても嬉しかったです。

IMG_0405

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ライティングは5時から8時30分だったかな?ほとんど居た気がします。
人の多い場所では写真を撮らずにいたので綺麗な場所はもっともっとあります。

IMG_0409

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日の砂丘であった満月さんから少しだけかけてはいるけれど
再び京都で会えたお月様とアフーです。

IMG_0406

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから見える山がとても素敵でした。

そして・・・京都南ICから高速に乗って我家まで帰るのですが・・・

急に行きたい場所ができてしまいました。それは・・・ ナビにデータが
あればのお話です・・・

うれしい事に たぶんこれだね。という場所に設定して案内して
もらいます。

IMG_0413

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅籠です。 それは 言わずと知れた 寺田屋です。

アフーは幕末が好きで昔からやたらこの時期だけはアホのように詳しいので
あります。むふふ。そして後はサッパリです。/(-_-)\

むふふ。そんな訳で一度どうしても来たかったこの場所です。

池田屋は・・・もうないので行けませんが・・・

IMG_0414

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


坂本竜馬先生はこちらにいらっしゃいますでしょうか?

IMG_0415

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夜ももう遅い為・・・静かに写真だけ撮ってきましたがなんだかタイムスリップ
をしたようです。 本当にここに 坂本竜馬が来ていたなんて考えると
なんだか不思議ですね。

IMG_0418

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で親分とレガシィ君に鳥取大山から始まっていろいろな場所に
連れて行ってもらえました。 短いけれど本当に楽しい弾丸旅行はこれで
おすぃまいです(^-^)

aIMG_0367

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってうれしいですm(._.)m

あっ!そうそう、妖怪さん達も楽しいクリスマスを過ごしたのでしょうか♪
なんて思っている残念アフーの今日この頃です_(^^;)ゞ

IMG_0171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年内中に全部のレポを終わらせたいと1人勝手に思っているアフーです。
ガンバレお尻ぺんぺ〜ん。なんちて。

あっ・・・今日、チャーハンを作りました。我ながら・・・不味いチャーハンに
撃沈なメリークリスマスであります。 (;´д`)トホホ




Posted by theslowpace at 02:08オデカケ ,ニッキ
2008年12月23日

前倒しクリスマスプレゼント

アフの残念日記です。

お休みな23日は・・・夕方までうだうだ、それから親分と
カメラ屋さんに出かけました。

 

目的は壊れた三脚の代わりを買うことです。実は結構前から
今までの三脚が使いづらいという事で セッティングに時間がかかって
いました。

それで色々調べた結果・・・・ 自由雲台が良いと言うことになりました。
でも我家の安物三脚には取り付けられず・・・だった訳で

なぁなぁで使っていました。

そんな訳で親分の三脚はジッツォにしようという事になりましたが・・・
お値段ぶっ飛びで断念しました。それで 同じイタリア製の
MANFROTTO というメーカーの定番190系を購入。

それに自由雲代は ベルボンの484を購入。両方で2万円弱でした。
しか〜し・・・

物欲王子・・・余計な物を見つけてしまいこちらも購入です。

promug2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LOWEPRO プロマグ2

アフーが買ったロープロの ノバ4AWでは親分のカメラセットでは小さくて
取り出しが面倒だったのですが・・・

IMG_9269

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はけっこう良いバッグないかな〜と親分は探していたのですが・・・
なかなか見つからずだったのです。品揃えの良いショップもなくて・・・
でも実物を目にしてみて一目でこの プロマグが気にいったようです。

そんな訳で・・・ ロープロ3兄弟です。

IMG_0430

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で スリングショット200AW。これはアフーのです。使い勝手が良いので手放せません。 

aIMG_0310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストラップをクルンとすればバッグが簡単にフロントにくるので
楽にレンズ交換ができます。。。 予備でもうひとつ欲しいくらいです。

なんでもつけちゃえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと_(^^;)ゞこちらね。 小さすぎて今のカメラは入らないため・・・
お休み中です。

それから ノバ4W。これはキスデジN用となって・・・
親分は新しい プロマグ2AW となります。ノバ4の倍くらいの大きさです。

00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもプロ用なようでかなりつくりがしっかりしているようです。

 

で・・・話は変って・・・自由雲台は484を買ったのですが・・・
クイックシューがついている自由雲台の方が使い勝手が良いと言うので
さらに物色しているようです。(;´д`)トホホ

IMG_9798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物欲の旅はさらに続きそうです・・・




Posted by theslowpace at 03:30ニッキ ,カメラ
2008年12月22日

2008ラスト百名山 大山【後編】

そんな訳で続きです(^-^)  前編はこちらです

山陰鳥取大山町公式観光サイト さんに
お電話した時に雪は6合目からは確実に現れるという事でした。

それは本当に的確なアドバイスで・・・そしてお天気だって本当に12月
とは思えない程の暖かさでした。きっとこの日は恵まれていたのかも♪

と思いながら登るものの・・・前にはどっしりとした山頂らしい塊君と雲。

aIMG_0044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が出てきたのですがこの雪はもう1週間以上前に降った雪。
大山は一年中人気のある山なのでもう雪は踏み固められている
状態で・・・気を緩めると滑ってしまうのであります。

そんな時はすぐにアイゼンです。

aIMG_0046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山道の少し開けた場所で親分とアフーはそれぞれアイゼンを装着です。
久しぶりのアイゼン。一瞬つけ方を忘れてしまっていたけれど・・・
どうにか5分くらいかかって完了。親分は待っていてくれました。

しか〜し・・・親分は少し歩いてみるとアイゼンが取れそうだと言っています。

そのお話は・・・まだ六合目の少し手前。

IMG_0188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


六合目でみてみようということで・・・六合目に到着して親分のアイゼンを見てみると・・・なんだか・・微妙に違う。 アフーのと比べてみると足首の手前にくる
はずの紐がかかと側にある訳で・・・それがグラグラの原因でした。(;´д`)トホホ

そんな訳でこれが六合目のお話。

aIMG_0047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・この上の写真がアフーと六合目と・・・分厚い雲。

親分は雲に怒っている・・・なだめる為に言ってみた。

「しかたないよ・・・歩いている最中に晴れる事もあるし曇っちゃう事もあるでしょ?」 と・・・歩いている間に曇っちゃう原因はたいがい私が遅いからであって

IMG_0189

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともらしく言ってみた。けれど・・・ 説得力は・・・自分で言っていてまるで
ナイな。と思ったアルヨ。

実は・・・この日。雲が退くかもと期待しながら時間稼ぎをして出発は12時過ぎ。
ガイドブックのCT通りに私が登れる訳もなく・・・それでも自分なりには
ほとんど足は止めずに少しずつだけれど登ったアルヨ。

aIMG_0069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


後ろには雲と日本海。そしてうっすら青空だって。 そう。実は曇り君は
大山の頂上付近にだけ停滞していて・・・他の場所にはきっとこの日青空
だったはず。

それと・・・もうヒトツ。暑さを原因にして脱いだフリースを着た。親分は
すでに冬用ジャケットを着用。アフーはだいたい・・・用意が悪い。

aIMG_0071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・休まず歩くととってもぽかぽかして丁度良い。

ノースフェイス。北壁。いつかNHKで見たっけな〜と思いながら眺めます。
まさか来れるとは・・・でもまだ山頂は先。

IMG_0191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


後ろだけはいつも青空でした。 貴重な青空だったのでしっかり収めます。
お日様だって雲の上にはしっかり待機してくれているみたい・・・です。

IMG_0192

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・雪が現れてからは比較的楽に登る事ができました。
暑くなってくるとアフーはすぐに凹んでしまうけれど雪が上昇しすぎた
体温を丁度良く奪ってくれて・・・それで歩幅は自分で決める事が
出来て・・・

aIMG_0081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あっ!そそ。雪が現れた頃から少しして・・・辺りの木の枝は少し
白く樹氷ちっくになっていました。

aIMG_0084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・もう数年前になるけれど
樹氷をはじめてみたのは天城山。その頃は雪のある山には登らない
なんて思っていたけれど・・・

aIMG_0089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな時期の山が見てみたくなるから不思議です。でも・・・
これ以上の厳冬期はやっぱり私には・・・まだ無理だなと・・・思ったアルヨ。

IMG_0195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷惑かけちゃうしね・・・最近、親分はうちにはエースが居るから大変だと言う・・・
( ̄□ ̄;)!!・・・ちと ツライアルヨ・・・

aIMG_0093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず何合目とそれから標高の看板は交互に出てくる訳で・・・
みているとけっこう凹みがちになりそうな自分の性格がわかっていたので
見ずに登ることにした。

IMG_0201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪のある場所ではどうにか必死に親分の見える位置をキープして登った。
と言うよりは・・・正確には親分が待っていてくれていた訳で(照)

aIMG_0094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下りは滑ったら少しヒヤっとしそうな場所もあったアルヨ。

IMG_0205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ヒトツだけ敵がいました。という言い方はよくないけれど・・・
このたまに見える針金。これはまだ味方。

でも雪の下に隠れている針金君。これがアイゼンの歯に引っかかると・・・
かなり厄介でアリマス。親分も何度か引っかかっていました。

IMG_0198

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の道はとにかくアイゼンさえあればとても楽でした。特に丁度良い
硬さの雪だったからなのかもしれません。

aIMG_0097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一生懸命登っていると・・・いつのまにか雲の中。

aIMG_0099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、親分もこの頃は諦めていたよう曇っていようがあたりが真っ白くても
なにも言わなくなっていました。

IMG_0206

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず続く階段。アイゼンをつけた足には雪道以外はちとツライです。
ッギィ〜という音もそれからガリガリと言う音も・・・(;´д`)トホホ

aIMG_0102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのくらいの場所かはわからないけれど傾斜の強い場所も何箇所かありました。後ろには・・・さっきまで応援してくれていた日本海も太陽もなんにも見えず

IMG_0211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足を止めないように・・・親分の赤いスパッツだけを見て歩きました。

aIMG_0104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに見上げる山頂方面に高い物体がなくなった頃・・・
アフーは青が見えたあるよっ!

aIMG_0107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれはね・・・一瞬で消えちゃった。

aIMG_0108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でももう・・・山頂に近いから上にあった物体がなくなった訳で・・・あと少しで山頂なんだと認識しました。時計を見るとすでに15時を回っていました。

aIMG_0109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは高い塊に守られて登っていたから風が分からなかったけれど・・・
平らの場所になってからはとてもひんやりと冷たい風が吹いていました。

IMG_0213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲の中、木道を歩きます。そして・・・9合目。
そそ、ここまで実は5,6人の方とすれ違っていましたが・・・皆さん
口を揃えて 「今日は視界ゼロ」 「天気外れちゃったね」 と仰って
いました。

aIMG_0113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ・・・仕方ない。って思っていたけれど・・・ 関東からの

フーフーがアフーの鈍足を計算してくれていたかのように・・・

IMG_0216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂に付いて木道を歩いていると・・・サ〜と重たい雲を
吹き飛ばしてくれました。カルさんずさん本当にありがとうm(_ _"m)ございます♪

白と青の勝負をみているようでした。

aIMG_0120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フーフーはどんどん強力になって・・・ 青さが圧勝です。

IMG_0219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに嬉しくて沢山沢山写真を撮ってしまいました。

aIMG_0121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分も大喜びです

IMG_0220

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アフー青空のあるうちに山頂に辿り着いちゃいな」

といわれて歩き出します。

aIMG_0126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフの後ろには・・・山頂の試合に負けた・・・雲さんが・・・
でもって・・・親分の後ろには勝ち誇った青空さんが・・・

IMG_0225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分と一緒に これは本当にキセキだね〜と・・・そしてこの木道では
とにかく下山を考えたらゆっくりしている時間はなくて・・・
親分はアフー急げ。を連呼していました。

aIMG_0131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳でちと 急いでおります。

IMG_0232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!あれが山頂だっ! と 目標物が見えたところで・・・写真をパチリ

aIMG_0136

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと少しで山頂です。ここまでの道のり。。。800キロ。

aIMG_0139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠いけれど・・・来れて良かったと思った瞬間です。

aIMG_0143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分を待っています。紛れもなくさっきまで山頂にあった雲は退いて行きました。

aIMG_0153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相当・・・ご満悦なようです。

aIMG_0157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分に先に行ってもらいます。アフーは写真を撮ります。
その頃の空はこの日で1番青い青でした。

IMG_0233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで・・・雲の上で応援してくれていた太陽は影を作って
くれました。

aIMG_0163

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大山の山頂にアフーとアフーの影です。

aIMG_0164

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まだ・・・雲さんが待機しているものの・・・

IMG_0236

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は無事に青空のまんなかの山頂に到着です。

aIMG_0169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは・・・ほんのり青空だったけれど・・・でも十分です。うれしいです。

おっと、文字制限なので続きを読むをクリックして下さいm(_ _"m)

続きを読む




Posted by theslowpace at 09:13ヤマノボリ ,ニッキ
2008年12月21日

なまはげ君

fbe28a12.jpgきりたんぺ

追記はこちら。




Posted by theslowpace at 16:17ニッキ