2008年10月
2008年10月31日

浦島です。

ども・・・浦島アフーです。

 

まだ風邪をひいている状態で・・・親分にビタミンCを
取れと怒られてばかりでありますっ!

 

で・・・今日帰ってきました。 

 

そんな訳でファンキーフライデーでありますっ!

 

帰りの飛行機は実はNWのひとつ前の便が欠便して
しまったようで・・・飛行機は満席。

親分となぜかNWのパイロットさんの間に
挟まれて帰ってきたであります・・・ 緊張してしまったデアリマス。

 

そんな訳で ハァ〜〜〜〜クション。 

なんちて_(^^;)ゞ

 

素敵な連休をお過ごしください。

記憶の残っているうちに弾丸ツアーのお話を続けようと思います_(^^;)ゞ

DSCF0105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑これは弾丸ツアー中にマレーシアのマクドナルドの写真です。

猫さんはこの席の常連さんだそうです。(フィレオフィッシュの中身が好物との
ことでした_(^^;)ゞ アフーは・・・そのまわりのタルタルソースのついたコロモの
方が好きです。なので_(^^;)ゞ
このニャンコさんとは仲良くフィレオフィッシュを食べれそうであります!

 

アフサボルナお尻ぺんぺ〜ん。なんちて




Posted by theslowpace at 18:40ニッキ
2008年10月27日

マッピ山&タボチョ山。

風邪をコジラセテイルアフーです。 

 

どうやら●●でも風邪をひく事を証明してしまったようであります。

 

実は先週末から、こちらに来ています。

昨日はヒトツの山に一滴ました。

 

マッピ山です。 名前はとっても可愛らしいですが、

ここはとても悲しい歴史を持っている山でもあります。

別名は・・・   スーサイドクリフ 。

 

IMG_8904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今日はもうヒトツのお山に。

タチョンガ山。 サイパン最高峰のお山です。

IMG_8944

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高は400mとちょっとしかありません。が展望は360度です。

IMG_8957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で少々遅い・・・夏休みも終わりを告げます。

31日に帰国して1日からそのまま紅葉の島に渡ります。

 

私の見たサイパンは・・・ 喧騒をさけるかのように観光事業も
フェードアウトしながら
このまま、静かな眠りにつきたかっているように思えます。。。




Posted by theslowpace at 22:14ガイコク
2008年10月24日

【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【続き】

そんな訳であっけなく 文字制限になってしまい まとまりの無いレポの
続きです。

【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【其の壱】

IMG_8244

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泰緬鉄道を降りた後・・・向かった場所は 川でした。 ランチです。

IMG_7946

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なにせ550Bなので ランチがついている事態申し訳ない程です。

もちろんですが 期待はしていません。_(^^;)ゞついている事だけでありがたい。

IMG_7951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


パンチの効いた水上レストランでの少々揺れながらのランチタイムです。

テーブルは今度はオーランドのカップルと一緒でした。 
で サッカーの話とそれからK1の話をしました。彼らはチリの男の子と同じ
くらいフレンドリーです。
ちなみに彼らは1泊2日でこのカンチャナブリに
泊まるようです。 ちなみに宿は・・・この水上レストランに併設の水上ホテル。

オランダの彼女さんは・・・ とにかく綺麗で見とれてしまう程でした。

で・・・ピンクシールの人に集合がかかります。 靴を持って船に乗り込みます。

IMG_8250

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この川。 川幅が広いです。そして・・・見つけてしまいました。

なにか浮いています・・・なにかの亡骸が・・・豚さんかヤギさんか牛さん・・・
親分に伝えて親分も( ゜_゜;)状態。

IMG_7953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うぉ〜〜〜〜。エンジン付きボートで上流に向かいます。メンバーは8人。



そして・・・竹のイカダに乗り込みます。 (´ヘ`;)

IMG_7958

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これがまた 揺れる揺れる。 そして 頼りないバンブーラフティングの始まりですが・・・ ラフティングというよりは遊覧に近くて心地が良いです。

IMG_7966

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コースの流れは名目では知っていても内容はわからないので全てが
o(^-^)oワクワクです。

IMG_7987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここから20?なくそこはミャンマー。国境に近い村は穏やかに写ります。


川を下っていると不思議な村の光景を見たり・・・
こんな場所でも暮らしているんだなぁ〜と思うと なんでもすぐに揃う場所に
暮らしている私は恵まれている訳で・・・

でも、どっちがシアワセかは判らない。 たぶんどっちもシアワセ。

IMG_8259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・スタッフさんがあの橋を見ろといいますが・・・

IMG_8262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あははは・・・相当オンボロな橋だね。 穴ぼこだらけだよ。なんて思っていたら・・・

IMG_8263

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的地に到着です・・・ 川の脇の斜面を登って・・・行くと・・・

( ̄□ ̄;)!! さっきの橋を渡ることになります。

IMG_8265

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただでもつり橋苦手なのに・・・

IMG_8267

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分も苦手なはずですが行ってしまいました。 板がヘロヘロな橋です。

IMG_8274

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んも〜・・・聞いてないよ・・・ 怖いデアリマス。 あちらでガイドさんが
ジャンプして揺らしているデアリマス・・・

IMG_8278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは・・・なんだかもうワラケテしまいます。

で渡りきると暴走迎車が待っております。 で・・・次はどこよ・・・

IMG_8281

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら・・・象さんの場所に来ました。実はこのカンチャナブリには
いくつか象牧場があるようなのですが・・・カオサン発のツアーは
メジャーな象牧場でなく・・・かなりマイナーな象牧場です。

IMG_8284

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着したときはなにもなかったのですがジャングルから象さん達が
たくさん出てきました。 順番に乗り込みます。
象さんのサイズと人間のサイズをしっかり担当者が見てピックしていきます。
大きな人達には立派な大きな象さんです。

DSCF2284

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフー達も乗り込みまして・・・ジャングルというか草原をズンズン進みます。

DSCF2282

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここの象さんは なにせ・・・暢気です。 他の場所と違い足に鎖が
ある訳でもなくてあの 嫌な棒を使わないで欲しいな・・・とずっと見てしまいました。実はNHKのタイのチェンマイの象使いのドキュメンタリーを昔に見ていて・・・

IMG_8292

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私たちについてくれたのは ソン君 & 45歳のサンディーお婆ちゃん象さんです。 ソン君とサンディーはいつもコンビだと言っています。

IMG_8294

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この牧場にはあまり日本人は来ないという事で他の象使いの男の子も
日本のことを色々聞いてきます。 一番最年少の子は小学生・・・だと
見受けました。

IMG_8296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュージーランドのご夫婦です♪一番立派な象さんです。この象牧場は私たちの
象さん以外はみんなファミリーの象さんとの事でした。

IMG_8300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソン君を始め・・・この棒はほとんど使わずでした。どうやらこのツアー
オオマカなコースはある物の 象さんの気分によって微妙にコースが
変っていきます。 我チームのサンディは途中にランチタイムとなりまして・・・

他の象さんはタンクから水浴びを始めたりと・・・スッタカメッタカでほのぼのです。

IMG_8302

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

象さん達は思い思いの場所に進んでいきます。のんきなツアーです。

IMG_8310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一番最年少の象使いの少年に ドラえもんを歌ってくれと言われ歌ってみると
大喜びです。アジノモトオイシ と連呼している象使いさんも。

IMG_8313

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


サンディもランチを終えて合流です。 まだ ほっつき歩いている象さんも
見えます_(^^;)ゞ 本当に暢気なツアーです。

IMG_8320

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実は草原にある小屋と思っていた場所は・・・

ソン君たちのおうちでした。
 ・・・すこしだけ 色々な複雑な思いが湧いてきます。でもシアワセなのかも・・・

IMG_8332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


で・・・ソン君に聞いてみました。 象さんは夜はどうしているの
すると すぐ先にあるジャングルで寝たりしているよ。と・・・
比較的ここは象さんにとって過酷ではない牧場のようです。

IMG_8327

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この象牧場。象さんが小さく見える程の大きな山の麓にあります。

小さいアナコンダがいるんだとソン君が言います。

けっこうな時間乗っていました・・・ 集合もまちまちです。 

IMG_8335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あっ。そういえば 途中で写真を撮ってもらいました。

その写真。100B ちなみに・・・カンチャナブリの象さんツアーの写真の
相場は500Bらしい・・・

そして後日アユタヤに行った際の象牧場ではエサ代ひとかご
100Bとのことです・・・こちらの象牧場は1カゴ20B。

IMG_8342

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あぁ 恐るべきこのカオサン発ツアー。すべてが安い。かといって手抜きでは
決してありませんでした。
スタッフの人も感じよくてドライバーさんもタイの人はとにかく優しい。とにかく大満足なツアーです。

この後・・・滝を見に行きまして・・・

IMG_8359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滝は地元の小学生達で大賑わいです。

IMG_7999

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しそうに遊んでいるのを見てから・・・

IMG_8009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生と共に移動です。 かわいいです。

IMG_8368

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


滝公園の正面の商店街に繰り出します。 すると 鰹節やさんのような乾物屋サンを発見。 ・・・ あっ! どの国も一緒だね♪

 

IMG_8014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鰹節やさんのニャンコ。 むふふ。 顎鬚ニャンコさんです。

IMG_8372

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋台ではなにか不思議な物を作っていました。パイ生地を伸ばしてフライパンで
タマゴと一緒にくるんでいたような・・・

おっと 待ち合わせの時間ギリギリです。

IMG_8377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここでヒトモンチャクありました。 実は 初めからイギリスのグループの
マナーが悪くて・・・ 象の場所でも大きな象に乗りたいと言い出したり・・・

そして・・・帰りは乗り込むメンバーが増えた事もあり・・・ こんな狭いの嫌だと
ガイドさんに食ってかかります。

しかたなく・・・タイのガイドさん。じゃあ タイガーテンプルに一度行って
あちらのグループと合流後 車の振り分けをしますから・・・と 手配がその後
とても大変そうでした。

IMG_8082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タイガーテンプルに到着したら・・・あのイランのご夫妻が近づいてきて
「さっきは本当にありがとう。美味しかったよ。」 と・・・

嬉しい再会です。写真を一緒に撮る時間がなくすぐに車が別れてしまう
ため・・・忙しい挨拶でしたが 握手してお別れです。
本当に明るくて素敵な人達です。イランにも行ってみたくなりました。

IMG_8083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が・・・このあとまた揉めます。 さっきのイン●●ンドの4人グループが
席を決め出します。良い席だけ自分達で確保しようと・・・そしてそれを
止めに入るだろうと思っていた同国の年配夫婦は・・・ なぜかそれに
加担して自分達だけで席を割り振り出します。君たちはココでボクはココ。
みたいな感じで始まります・・・そして最後に・・・

同じ白人のニュージーランドのご夫妻の席を割り振りました・・・

私達の席の事は知らん顔です・・・

あまりに強引に決めだして話を進めます・・・さすがに頭に来て
「私達は?(`へ´)どうしたらよいの?」 と言います。目があいましたが

聞えないふり。ヌオッ〜〜〜〜 ! 頭にくるであります!
大人のする事ではありません。

そこにガイドさんが到着。そのテンパリおじさんご夫婦はガイドさんから見ても
頭に来たようで・・・ オンボロ車に移動させられていました。

一瞬。アフーの心の中で ザマミロ と思ってしまいました。\(__ )反省。

実は初日のレストランでもイ●●ス人と見られる人が ビールが温いと文句を言って食べた食事代金も払わず勝手に帰ってしまうという場に居合わせて・・・不愉快な思いをしていました。すべてがこういう人ではないと思いますがこの日は
他の皆さんが盛り上がっている時も何度も場をシラケサセテる状態でした。

おっと・・・話が脱線してしまいました。すいませんm(._.)m

そんな訳でバンコクに向けて帰りますっ!

他のガイドさんも乗り込んできました。 すると・・・またあのグループが

「TO WHERE? TO WHERE?」 彼は何処まで乗るの・・・
とキンキン声で叫んでいます。 

ガイドさんも仕事が終わり地元のカンチャナブリの町まで
乗っていくのですが・・・ 席が狭くなるから嫌だと言います。

このツアーが高級ツアーとでも勘違いしている御一行です。 

 

しかとしてガイドさんが乗り込み車は出発です。

 

で・・・昨日の移動から少々疲れていたようで・・・眠ってしまったようです。


ブブブブブー

けたたましい音。

私と親分は 一番左側の1人用座席に別々に
座っていたのですが、 目覚めてみると左窓に車がすぐ横というよりぶつかるっ〜
寸前でした。

目覚めて直後

あっ・・・死ぬな・・・と一瞬思ってしまいました。 親分も同じく思ったようです。
経緯は寝ていたので判らないけれどどちらかが車線変更したのでは・・・

ギリギリというよりカスッタ? と思うギリギリでセーフだったようです。椅子から転げてしまった
人もいました。

その後は・・・また眠りについたようです。起されて車を降りた場所は。

DSCF2299

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カオサンRDです。 ちょっぴり エキゾチックな匂いです・・・
でバックパッカーと思われる人達がワイワイガヤガヤです。 物価は恐ろしく
お安いようですが、買い物する元気はもう残っていません。 親分と相談して軽く
通過してホテルに戻る事にします。

DSCF2301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥクトゥクかTAXI。 で さっそく呼び込みに捕まります。 交渉開始です。
で・・・200B。 高いよ・・・ すると コインを出してきて表なら180B裏なら
150Bと言っています。 で・・・ 勝負するものの 表なので180B。
高いなぁと思いながらも もう面倒でボッタクラレテも600円ならいいや〜と
言う感じです。

DSCF2305

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかしながら アフーのビロ〜ン財布には多くのお金を入れていません。
多くのお金は親分のおなかのふくらみの原因である 大切バッグに
入っています。 で・・・お金を出すと 150Bしかない訳で_(^^;)ゞ

すると・・・

「 いいよ 150Bで連れて行くよ」 

 

ブォ〜〜〜ン ブンブッブブン〜ん。という感じです。

もしかしたら相場よりはボッタクラレテる訳だけどなんだか
どの人も皆さん憎めないのがこのタイの良い所。 しかもホテルの玄関まで
そして ビッグスマイル。 すると 少々ボッタクラレチャッテモなんだか



そう悪い気がしない訳で・・・ 商売上手なタイの人達です。

IMG_8278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




そんな訳で今日はおまけのツモリで頼んだ550Bのツアーでしたが
なんだかんだで 大満足な一日でした!

IMG_8014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



明日はイヨイヨ・・・ 歩いて国境を渡る日です! o(^-^)oワクワクなまま
お爆睡です!

怒涛の1泊2日シンガポール&マレーシアへ 続く・・・

続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん。




Posted by theslowpace at 07:32ガイコク
2008年10月23日

オヒサシ・・・ポ

ども・・・ オヒサシボケットです。

no title

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言っても これは9月1日のボクアルヨ。 あぁ。アホアホアフーの
口癖が・・・ウツッチャッタアルヨ・・・

IMG_3047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・あれからボクは 栄養をタップリ取ったんだ・・・

そうしたら・・・もう こんなだよっ!(☆_・)・‥…━━━★ピキューン!

 

 

 

ドスン。

no title

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク こんなに。 秋はいいね〜。 美味しいし良く眠れる。

アフーも同じ事言いながら マルセイバターサンドが食べたいって言ってた。

お馬鹿なアフーは一生マルセイバターサンドで生きていけるとか言ってた・・・
ボクもだけど親分も残念アフーの言動は本当に残念で仕方ないよ・・・(´ヘ`;)

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香港では ずっと ワンタンミー ワンタンミー。 タイでは パッタイパッタイって
言ってたみたい。相当 麺がすきなんだね・・・

あっ!そそ

ボクがこんなに満足満足な顔をしているのは アフーがモンプチを時間が
無いからって 一人1つくれたんだ。

いつもはゴハンと1缶を混ぜて3人で
だからね・・・量は多いけれどやっぱりグルメなボクはアフーと違って
マザリモノが嫌いだよ・・・

no title

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからボクもチョビも このとおり。 もちろん ジッジもね。大満足アルヨ。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャキ〜ン! これが毎日続いたら・・・ 寒くて雪降る冬も越えられるよっ!

 

アフー 「 ポエット君・・・ そう人生 甘くないよ。缶詰1缶ずつの朝晩なんて毎日は無理だよ。」

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

実は最近ポエット君は大変ワガママポエット君です。

カリカリゴハンをあげると・・・ カリカリを見て フゥ〜〜〜〜 と深いため息を・・

 

ま・・・ 固い物は 牙のないポエット君には少し辛いかな・・・ と缶詰とゴハンを
マゼマゼでアゲテイマス。

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ポエット君ですが・・・ しっかり栄養付けて 準備万端です。

ポエット君!今年の冬はこんなにならないでね・・・

おまけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑病み上がりポエット君

頑張ろうね。 では最後に・・・ ポエット君の カメラ目線を一枚。

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チョビもジッジもポエットもみんな元気ですm(._.)m いつもありがとうm(._.)m

 

明日も読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん。 なんちて_(^^;)ゞ




Posted by theslowpace at 12:09ニャンコ
2008年10月22日

【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【其の壱】

そんな訳で少々ハプニングがあったものの まぁ・・・危険というわけでもなく
危うい訳でもないのでモーマンタイです。

で・・・去年実はハワイ旅行の際に台風で日本から飛行機が飛ばないという
事があった際にオアフからビッグアイランドに飛ぶ飛行機の予約を一日到着日
翌日に猶予を得ていてホッとした事があったため・・・今回もそんな事があったらと到着日の翌日はフリーに近い状態をキープシテオキマシタ。

IMG_8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルから見えた朝焼け。

で・・・一応 行きたい場所を探している間に カンチャナブリという町に
行きたかった訳で・・・ 当初は自分で電車で行こうと思ってネットで場所や
アクセス方法を探している際に カオサンRd(バックパッカーの集う通り)
発のチープなツアーを見つけてしまいました。

実はカオサンはバックパッカー向けに格段に安いツアーエージェントが
ある訳でインドやカンボジア、ミャンマーへのツアーや航空券も破格で手に
入る場所でして・・・ 通常は私の取ったツアーに満たない内容でも
2800B(9000円程) が550B(1750円程) で行けてしまうと言う訳で自分で
コツコツプランを立てるよりもラクチンそうだと 早速電話してみましたV(^0^)

IMG_8071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに ホームページは日本語でもあります。こちらそして通常は日本人の
スタッフさんも居るようなのですが私が電話した際は日本人のスタッフさんは
9日まで戻ってこないと言うことでそのまま予約を入れてもらいました。


電話に出たのはタイ人の若いお姉さんで英語が話せる人でした。
で・・・感じがとっても良いです。ホテルの部屋が判らないため、到着日に
部屋番号を再度連絡くれということで一応予約番号を教えてもらいました。



ピックアップ時間は朝の6:30から7:00の間という非常にアバウトな時間でした。

親分と朝、朝食を取ったあとホテルロビーで待ちます。
待たせてはいけないと6:20から待っているのですが・・・

7:30になっても来ません。

IMG_7826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに親分と8:30まで待ってみて来なかったらアユタヤに
行こうと言うことになりました。その間・・・ ホテルのロビーには
空港への送迎のピックアップがたくさん来ているのですが・・・

どれも綺麗な新型ハイエースのちょっと大きいバージョン。

アフーはそんな新型ハイエースが来るたびに 「あっ あれかも」
と親分に言うのですが・・・

親分は・・・ アフー 覚悟しておきなよ 相当古いハイエースで来るよ。
オンボロツートンは覚悟しておきなよ。。。

 

で・・・すんごい勢いで オンボロツートンのハイエースがホテルの前に止まりました。

 

ほんとだ・・・( ゜_゜;)

で・・・それはやっぱり 我々を迎えに来てくれた訳で・・・

車に乗ってまた・・・( ゜_゜;)。びっくり。 ギュウギュウ詰め状態です。
そして、どうにか一番後ろの席に座るものの・・・

 

あの・・・シートがグラグラしちゃって・・・カーブとかブレーキとかで
いちいちお尻が浮いてしまうデアリマス・・・

 

そして・・・前の南米系のお兄ちゃんの ワキのオ臭いが・・・
けっこうキビスィであります・・・

 

カンチャナブリツアーは・・・ マルマル一日のツアーなのですが・・・
この状態ではずっとお腹に力いれていないと吹っ飛んでしまいそうだし
それに鼻もモゲテしまうでアルヨ・・・(;´д`)トホホ


やっぱり 安物買いの銭ホニャララだったと 
思って後悔マクリでした・・・

 

が・・・

 

なんだか 車が止りました。 ここはどうやら カオサンRDらしいです。

大勢の人がなんだかイライラして待っているようです。

で・・・ やっぱり ピックアップも1時間遅れたようですが全体的に
1時間遅れになったようです。

DSCF2224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話に出てくれたお姉さんらしき人を見つけて代金1100Bを
払ってコースを伝えます。すると・・・


かなりチャチイ2cm程の三角シールを胸元に貼られます。
このシールで途中コースによって車も替わるようです。そんな訳で・・・
シールを貼られたら皆と一緒に待っていると手際よくシールの
色に寄って各車に案内を受けます。

 

で・・・さっきの ツートンのパンチの効いたハイエースから・・・
一気にコチラっ! そういえば、空港からの送迎もこの車でした。
COMMUTERという車でタイではかなり走っていました。

IMG_8377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


内部は 左1 右2 フォーメーションシートで良い感じです。
広々しています。 そんな訳で この車のメンバーは・・・

 

まずアフー達の日本。そしてイラン、ニュージーランド、オランダ、フランス、イングランド、そしてチリ。

そんな感じです♪ 他にもう一台カンチャナブリに向かう車にも
オーストラリア、それからスペインの方々が乗っていました。

 

そんな訳で・・・ここから約160キロ離れたカンチャナブリに向かいます。ドライバーさんは ・・・ このドライバーさんに限らず・・・

DSCF2236

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ トバシマス。。。車の限界に近い程
飛ばしマクリで・・・ 体が緊張する程でした。


後部座席では・・・ みんながヒッソリとシートベルトをしだす程の恐怖感でした。

 

始めに到着した場所は・・・ ここです。

IMG_8073

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所は カンチャナブリ連合軍共同墓地。 

IMG_7834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欧州諸国の若い人達。
すべて日本軍との戦いあるいは捕虜などにて没した方々のお墓です。 

IMG_8084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカンチャナブリは悲劇の地として今も
語り継がれている場所でもあります。 

IMG_7836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墓石1つ1つに言葉が書いてありその横には1つ1つ種類の異なるお花さんが手向けられているのではなく咲いていました。

 

日本人は少し前まではあまり歓迎すらされなかった地でもあるようです。

IMG_8075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでの時間は15分。 

IMG_8081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても暑かったのを思い出します。 そして居づらかった事も・・・そしてさらに厳しい先が
待っていることとなります。

IMG_8077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、向かった場所は こちら。 

IMG_8095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JEATH 戦争博物館です。 このカンチャナブリで行われた戦争の資料博物館です。

IMG_8100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのツアーは現地に英語の喋れる
タイの若いスタッフさんが居て添乗してくれます。 

IMG_7945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この博物館。 日本人は私たちだけ・・・ 大変 居心地の悪い雰囲気で
冷たい視線が矢のように突き刺さってきそうでした。

IMG_8101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本軍が 他国の人たちに過酷な労働を押し付けている模様の人形があります。

IMG_8106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どこそこ・・・日本軍の行った過去の行為について書いてあります。 

 

関係のない国からであれば・・・
ちゃちい博物館という物で済むのですが・・・ 

IMG_8108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犠牲になったオーストラリア、そしてイギリスの
方達とそして日本の私達は他の方達よりもすべての資料に目を通していました。

IMG_8103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも歴史はもう曲げる事できない訳で・・・

IMG_7847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


真実な訳で冷たい視線を浴びながらもしっかり見てくることにしました。

IMG_8105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこに移動しても・・・私がやったのではないけれど・・・ やっぱり 厳しい状況下です。

IMG_7848

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく 居心地が悪いです。

IMG_8110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここは悲惨でした・・・ 本当にこんな事をしてしまったのですね・・・さすがにこの場所を見て
耐え切れずというよりも一通り見たので上階にあがります。

IMG_8109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・ガイドブックで見覚えのある

IMG_8113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋が見えました。

IMG_8115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対岸では地元のお子さん達が川遊びをしています。

IMG_7849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・ この後は歩いて 有名な橋を見に行きます。

IMG_7852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は軽量化の為、引退した親分のカメラバッグに再登場してもらいました!

IMG_8120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに橋まではJEATH戦争博物館から歩いて5分程です。土産店が軒を列ねます。

IMG_7857

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋は アカデミー賞受賞作 戦場にかける橋 の舞台の橋となります。

続きを読む




Posted by theslowpace at 03:41ガイコク
2008年10月21日

ヒカリがやってきた!

今日・・・ようやく 開通しました!

 

我家にヒカリがやってきた!

 

と言うのはネット回線のお話で・・・我家は長年回線速度に

悩まされていた訳で・・・ ようやく 早い回線を手に入れる事が

できましたV(^0^)。

 

思い起せば・・・ 1997年頃は確か NTTのテレホーダイという夜の23時から
朝の8時まで使い放題を利用していて・・・それから始まり

 

その後はISDN64kでようやく終日繋ぎ放題のプランができてすぐに入った訳で・・・


そこからADSLの波が来たものの・・・ 基地局から我家は遠い為・・・

リーチDSLやら それから東京電力だったかな?

衛星アンテナのような物まで色々試したものの なかなか思うように行かず・・・

 

そんな訳でずっと ADSLの12M に2002年から6年。

12Mと唄いながら。。。 我家は 平均 1Mに満たなかった訳で・・・

 

早い回線を手に入れるまでの道のりは本当に長かった・・・

本当に長かったデアリマス。

 

そんな訳で・・・ フレッツ光ネクストのファミリータイプ。

 

速度は・・・ 72Mbps叩き出しました!

 

72倍!( ゜_゜;)

 

感激です!V(^0^)  

ヘンガオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回線は早くなってもアフーは動作が鈍いからなぁ〜。(;´д`)
使いこなせないね・・・1Mbpsでも実際はモーマンタイだった訳で_(^^;)ゞ

アフハヨカケペンペン♪なんちて_(^^;)ゞ




Posted by theslowpace at 04:16ニッキ
2008年10月20日

【深夜特急】 出発の日。

結局・・・ フライトが決まってから丁度1週間後の 10月8日(水)

前記事 深夜特急2008のキッカケは

そんな訳で首都高の渋滞に巻き込まれる前に11時のフライトでしたが
6時に家を出ました。

いつものようにUSAパーキングにレガシィ君をデポします。

DSCF2176

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港に到着した頃のアフーと親分です。今年は荷物を極力減らしたツモリ
です。 帰りはお土産を入れられるように現地で着用した洋服は捨てても良い
洋服を選んで持ってきました。

DSCF2177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ノートPC、コンデジ、それから必要な書類のみGOLITE DAWNに入れて
後はデポします。極限に減らしたツモリでも結局不要な物が沢山ありました。

それは旅の記録の途中で書いていく事にします・・・

 

そんな訳で今年で海外バックパックの旅もこれで5回目となります。
キャセイ CX501便で香港まで・・・とりあえず。11時出発。

DSCF2180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の飛行機はキャセイを利用。キャセイはイギリス系の香港のエア会社です。
サーチャージが高い中、この航空会社だけ飛びぬけて安いのは香港の国側で
観光者が減ってしまう事を懸念してサーチャージ値上げの許可を降ろさないからという理由のようです。 

 

そして、この航空会社は香港経由のストップオーバーを使えます。
長時間座っているのがキツイので けっこうトランジットは腰と膝に
うれしい理由でもあったりです。

DSCF2184

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は旅行のプランをお願いした会社さんの都合により、深夜特急とは
逆周りの香港は帰り側に取って頂きました。

DSCF2185

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出国手続きを済ませて タイのニュースを見ながら・・・不安な思いで
飛行機を見ている時に私の不安な気持ちを心配してくださった cyu2さん から安全な地区とそれからとっても参考になる応援メールを頂き気持ちがなんだかとっても楽になりました。cyu2さん本当にありがとうございます。とっても元気になりました!

DSCF2191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩の荷がずっと軽くなって飛行機に乗り込むアフーですV(^0^)
ちなみに一日目はすべてコンデジで適当にオートで撮ってます。

DSCF2194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも座席もエコノミーの中ではやっぱり明らかに広く前の座席とも余裕がありました。キチキチのチャイナエアラインとは大違いです。_(^^;)ゞ

DSCF2197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾の上空です。 この国もとても楽しかったです・・・ 台湾旅行記はこちら。

DSCF2196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、機内食もやっぱり評判の良いのが判りました。量が多くて食べきれず
残してしまいました。その後はアイスも出てきました。アフーは頭キンキンしそう
だったので遠慮させて頂きましたが美味しいアイスだったようです。

DSCF2212

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって・・・香港に到着です。 

DSCF2199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯の電源を入れてみると
Shucreamさん からタイの一部地域の情報について連絡がありました。
事前にマイナーなオプショナルツアーを申し込んでいたのですが
集合場所がそちらだった為、電話にて急遽ホテルピックアップを
お願いしました。本当に助かりました♪Shucreamさん♪ありがとうございましたm(._.)m

本当に皆さんにご心配をお掛けしてしまいすいませんでしたm(._.)m でも
とってもうれしかったですV(^0^)

香港でのトランジットは1時間のみだった為、飛行機を降りてすぐに次の
バンコク行きの乗り場に移動しますが・・・

DSCF2202

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



成田でもそしてこの香港空港でも やたらアナウンスやら案内板にて
我家の名前が呼ばれました。トランジット時間がタイトな為、事前発券やら
それからマイレージなどの案内などでなんだか我家を除いて我家の件で
大変忙しそうなキャセイのスタッフさん達でした_(^^;)ゞ

 

そんな訳で香港空港のバンコク行きの待ち場所で 声を掛けられました

「どちらまでですか?」
「バンコクまでです? どちらまでなんですか?」
「バンコクに3泊してからインドに行く予定なんですが・・・とても不安で・・・」

やはりニュースのこともそして、その先のインドのこともとっても不安そうでした。
話し掛けてきた方はとっても若い綺麗な女性の方でした。1人旅と言う事で
「無謀ですよね・・・やっぱり。初めてなんですが 今日は半日以上日本人の
方とお話していなくて・・・お話できてうれしいです」

と・・・ 彼女はカオサンのドミトリーに泊まるようでしたが・・・
私から見ても彼女はとっても綺麗で1人でカオサンからそしてその先のインドまで
となると なんとなく・・・ 危ないよ・・・と言いたかった訳で

 

でもそれは たぶん大きなお節介になってしまうからと躊躇したけれど・・・
旅を終えた今でも大丈夫だっただろうかと心配な訳で・・・

 

飛行機に乗り込み
バンコクまで出来るだけ睡眠をと心掛けていた為・・・ 眠ってしまった訳で・・・

DSCF2210

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



キャセイはさっき食べたばっかりなのにまたこのバンコク行きでしっかりな
食事が出てきました。もちろん殆んど食べきれず・・・

DSCF2209

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹はモウハチキレそうです。

 

そんな訳でバンコクに到着です。 入国審査を済ませてバゲージレーンで
ザックを待ちます。ちなみにいつもそうなのですが・・・バックパックは大概
トップバッターで出てきます。 これも利点です。
DSCF1828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そんな訳で 1カ国目の タイ バンコクのスワンナプーム空港です!

DSCF2216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



実は我家の旅行は タイと香港のみ送迎とホテルを付けました。
タイはすべて朝食もついているバンコク駅(ファランボーン駅)のド真ん前の
バンコクセンターホテルです。

タイには安宿も沢山あって一泊数百円なんていうお宿もあるのですが・・・
今回はスケジュールがハードと言う事もあり 宿と要所の移動手段だけは
お金で解決する事に決めていました。

DSCF1827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ 温いバックパッカーですが・・・もう年齢的にさすがに安宿はやっぱり
きびすいです。 お許しあれ・・・

と言っても タイなので日本の旅行会社にお願いしても
2人で一泊朝食付き8000円でした。と言う訳で10月の8日から14日まで
このホテルがベースとなります。

IMG_8051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・荷物整理もとくに何も持ってきていないのでないのでそのまま
外に繰り出す事にしました。 ホテルを出ると・・・ トゥクトゥク勧誘に捕まります。

シツコイシツコイ。 チャイナタウンに行くから と行ってもずっとついて来ます。

じゃあ 20バーツで連れて行くから と言うので シブシブ乗り込みます。


 初めてのトゥクトゥクは それはそれは快適でした!

これは素敵な旅行になりそうだなっ! とウキウキで居られたのも
わずかな時間でした・・・ 土地感のない私達はてっきりチャイナタウンに
連れて行ってもらっているものだと思っていたのですが・・・

到着したのは 暗い道にある シーフード店。 水槽には伊勢エビさんが
泳いでいます。 トゥクトゥクの運転手さん曰く・・・ここはナイスだからココで
食べろと言います。

DSCF1834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強引に店内に押し込もうとするので 

「パッタイ(タイヤキソバ)が食べたいから。」
と言うと 負けずと 「ここにもあるから」

シーフード店のガタイの良い店主も強引に店に入れと言っている訳で・・・

・・・もう 初日で移動にも疲れていて。 本当にシツコイ・・・


さすがに頭に来た訳で この店には入らないよ(`へ´)プンプン

と少し怒った顔で言ってみた。こっちにだってガタイの良い親分が
ついている訳で・・・ちょっと強気だった。


のに・・・横を見るとなぜか親分は運転手と握手してサンキューバイバイ。
とビッグスマイルで言っている訳で・・・

すると・・・運転手は あっさり 諦めた。 20バーツ(60円くらい)
払ってその場所を離れた・・・

 

ココって ドコヨ ?

DSCF1835

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し暗い道を明るい方向へ進みました。すると・・・ 観光の人たちで賑う場所に出ました。
ホッとしましたが・・・ 何を食べればよいのか? どうやってオーダーするのか?も
予習をする時間も無かったのでお店選びも・・・

IMG_8055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせだから お洒落なイタリアンなどのオープンダイニングの店舗も沢山ありましたが・・・
そういうのではなくて
少しタイという感じのお店に入りたくて 屋台風オープンテラスのお店に行きました。

DSCF1836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューを見ずにパッタイをお願いしました。 それからビール。で親分はメニューを見て
チャーハンをオーダー。 親分のチャーハンは40バーツ(120円) そしてアフーのパッタイは
250バーツ(750円) 通常のパッタイはやっぱり40バーツくらいだったのですが・・・なぜか
そのパッタイだけはメチャクチャ高いパッタイだったようです。

そんな訳で・・・ボッタクラレルと言うよりは私の確認ミスな訳ですが・・・
ボッタクラレテモ 日本円にしたら大したダメージを負わずに済む所がまたこの国の
良い所かもと・・・ プラス思考に考えました。 パッタイを食べていると 足元に黒いチビ猫さん。

DSCF1840

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ノラさんでした。 エビをあげたら喜んで食べていました。 こんな場所で必死に生きている姿に
勇気を貰い・・・我家のクロチビさんは今頃どうしているかな?と少しホームシックになったりと・・・
複雑な一日目の夜でした。 この食べ物屋さんの周りにはたくさんのショッピング店がありました。
お土産屋さんが多かったです。

DSCF1841

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・食事をしたけれど ガイドボンをも持っていない残念アフー達は・・・もうトゥクトゥクや
タクシーの猛烈勧誘を断りながら とにかく 近くの駅を目指す事にしました。

IMG_8056

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸いすぐに駅は見つかりました。 

DSCF1843

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チケット売り場のお姉さんに 「ファランボーン駅まで2枚」
無事にトークンを購入完了。

ちなみに自動販売機で買えるのですがガイドボンを忘れた為・・・買い方判らず・・・
目的はチャイナタウンだったので・・・簡易地図しかない訳で・・・(;´д`)トホホ

そそ 歩いてついた駅は ルンピニ駅帰ってきて知った事ですが今日食事した
場所はスアンルゥム ナイトバザールという観光ガイドにも載っている場所でした!

DSCF1853

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々あったけれど あのトゥクトゥクの運転手さん!良い場所に連れてきてくれたなぁ〜と。
ちょっとラッキーな気分でした!

IMG_8061

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てっきり・・・ ファランボーン というので PHA または FA から始まる駅を
探す物の・・・ 見つからず・・・ もう2人とも疲れているので相手任せだけれど見つからず・・・
これじゃない? あぁこれだね。きっと

Phrom Phong と決め付けて電車に乗ろうとしていました。

ここで丁度通りかかりのお兄さんに ファランボーンはどれですか?と聞くと

DSCF1849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



これですよ。と教えてくれました。 

IMG_8063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予想外の スペルでした。 HUA で始まっていてまったく逆
方向でした。 タイの人 優しいです。 地下鉄はとても綺麗でそして乗り換えも
乗り降りも大変判りやすいです。 

IMG_8062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄はホテルが近いと言う事もあり本当に最後までとても重宝しました。 

ちなみに・・・タクシーとトゥクトゥクはこの国では事前に行き先を告げ値段交渉を
する訳ですが・・・日本人と言うだけで 始めの言い値はかなりなボッタクリ価格です。
そして、ガイドボンにあった メータータクシーと車の上に看板を掲げた車はメーター制ですと
書いてありましたが・・・帰るまでに利用したタクシーはすべてメータータクシーと掲げておきながら
一台もメーターを動かす事無く値段交渉となりました。 

 

さっきの20バーツのトゥクトゥクは 破格です。 シーフード店からのマージンで帳尻があうような
仕組みだったのかもです・・・

IMG_8064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・ 無事にファランボーン駅に到着するとあとはバンコクセンターホテルの
出口が日本の地下鉄と同じように出口を番号表記していてくれているので迷う事はありません。
出口階段を登るとすぐにホテルですが・・・

DSCF1854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシーとトゥクトゥクが とてもシツコイ。 オカマ オカマスキ? と言っている。

オカマショーに誘っているようです・・・ それか私がオカマに見えたとか? (;´д`)トホホ
そんな訳で、深夜特急 怒涛の一日目は終了です。そして・・・さらに怒涛な2日目に続く・・・

続きも読むよ♪お尻ペンペン。




Posted by theslowpace at 09:06ガイコク
2008年10月17日

深夜特急2008のキッカケは

我家には 親分の宝物のビデオがあります。

それは 「北の国から」 そしてもうヒトツは 「深夜特急」

深夜特急とは・・・ ← クリックでジャンプ。

著者は沢木耕太郎さん。 

ドラマ化された物を見たのですが大沢たかおさんが 実際に旅をしながら撮影されたその旅行記は始めて見た時は絶対にこんな旅行は出来ないと思いながらも鮮烈な印象が残っていました。

 

どうせならばこんな風に旅を楽しみたいと思っていたのですが・・・


実際にこの深夜特急を書いた沢木耕太郎さんは26歳の時に旅をしている。
今の私はもう30歳を越えている訳で女と言う事もあり・・・。 考えるだけで億劫になっていて旅行記をただ見ているだけの自分で満足していた訳で・・・やってみたい40%。 もう無理だな60%。心の中はこんな感じでした。

 

今年の旅行も海外ビーチでのんびりシュノーケリングを楽しむ予定でプランを
予定するものの・・・
以上に高いサーチャージ。燃油サーチャージはお金をゴミに捨てるのと
同じような物で出来る限りサーチャージの安い近場で探す事にしていました。

 

 

そんな中、飛び込んできたのは キャセイパシフィックの明らかに他の航空
会社とは比べ物にならない安い燃油サーチャージ。タイまで通常であれば1人
4万以上。2人で8万以上をサーチャージに払うのはどうしても・・・勿体無い気がして往生際悪く探してみた訳です。

 

キャセイのサーチャージは12800円。2人で3万円でおつりがくる訳で
その分を現地のほかの物に当てる事ができるのも魅力だった訳で・・・


実際は航空券そのものの金額が高いのでサーチャージのトータル分は
他の航空会社とはさほど差は無いものの・・・

でもサーチャージの高い航空会社に払うくらいなら
航空券が高くてもそちらを選びたかった訳で・・・

 

そして、香港のキャセイパシフィックには ストップオーバーの利用が
可能と言う事が判り たぶん・・・

これは深夜特急実行のラストチャンスかもと・・・

深夜特急

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分に聞いてみたら・・・ 行ってみようか・・・という返事だった。


早速、空席を探してもらった。 1週間後のフライトにキャンセルが出て
無事に行きのチケットと帰りのチケットは確保できました。

正直なことを言うと 心の準備が出来る前にチケットを確保してしまった
訳で・・・ 

 

不安な思いの上に 重石を乗せるかのように タイの大規模なデモの
ニュースが流れてきて・・・ 

 

不安 100%での出発となりました。 

そんな訳で 本編へ 続きます。

 

続きも読むよ♪ お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。




Posted by theslowpace at 23:44ガイコク

タダイマレーシア。なんちて。

こんにちは。

 

ムーチョ 元気です。 最後の二日間はパワーに圧倒された

二日間でどうにか生きている状態でした。

 

 

そんな訳でも無事に日本に帰ってきました。

 

9日間。 6ヶ国 コンプリートです。

 

シンガポールからマレーシアへ徒歩で渡るコーズウェイではシンガポールに
入国渋滞待ちの

沢山のトラックの運転手さんから GOOD LUCK を頂いた頃から・・・

 

 

これはこのまま突き進めそうな気がしていました。

DSCF2368

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ、マレーシア、シンガポール、マカオ、中国、香港。

カンボジアを諦めた代わりに色々な濃厚なプランが沸いてきて

結果的にはスンバラスィ旅行になりました。

 

 

 

記憶の消えないうちに今日から書こうと思います。

(今日はグタグタで仕事にならず・・・)

 

DSCF2370

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハヨカケ。お尻ぺんぺ〜ん。 なんちて。




Posted by theslowpace at 10:32ニッキ
2008年10月13日

色々な・・・思いで

アフーです。

 

香港からバンコクに入り・・・ そこから空路でシンガポールへ・・・

バスに乗り 歩いてシンガポール&マレーシアの国境を渡りました。

 

 

ジョホールバルというマレーシアの入り口は 危険だった為、下車予定を

変更して

長距離バスターミナル、ラーキンから長距離バスにて

夕日を見る為に 世界遺産に登録されたばかりの マラッカへ・・・

 

 

そこから再び 長距離バスにて・・・ クアラルンプールへ・・・

空路にてバンコクに戻りました。

 

 

多種の宗教と民族の入り混じる国を転々としてきました。

 

複雑な思いを胸に・・・

 

 

明日の朝、バンコクを後にします。 そしてストップオーバー利用にて

香港に入ります。 残るはあと、3ヶ国。

 

膝と腰が・・・残りあと・・・3日。もってくれるのだろうか・・・心配です。

IMG_8295

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルへ戻ると・・・ この象さんが出迎えてくれました。

元気を貰っています。

 

弱音を吐くな。お尻ペンペン・・・なんちて。




Posted by theslowpace at 23:57ガイコク