2008年06月
2008年06月30日

2008前半ヤマノボリ

Posted by theslowpace at 06:42ヤマノボリ
2008年06月29日

のんびり日記。

土曜日の出来事は・・・

相変らず寝坊してしまいました。

でも目覚ましの無い生活ってステキです(☆_・)・‥…━━━★ピキューン!

 

で・・・家を出たのは17時過ぎ・・・( ̄□ ̄;)!!

ステキなブログに誘われて♪

 

ラベンダーに逢いに1滴ました!

DSCF1710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一面綺麗なお花はモチロン!いい香りです!

DSCF1686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このいい香りは人間だけではなく 蜂さんのことも魅了しているようです!

DSCF1701

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは写真教室もやっていました! 皆さん凄いカメラです。

DSCF1682

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは今日はコンデジ F10君です(^-^)

DSCF1686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと・・・実はのんびりしていられないのです。何故なら。

17時に家を出たけれど・・・今日も自転車です。

DSCF1718

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21段変速と言いながら・・・アフーのチャリンコは上の7段のギアが
入らないので・・・親分に追い付きません。

結局家についたのは・・・マックラでした。

bbb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また・・・驚かされてしまいました。 ↑この写真を加工すると
彼が現れます。

DSCF1725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで・・・で 肉眼だと・・・ 目だけがキラキラして 
びっくりバビルアフーです。

DSCF1724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラには写らないけれど・・・

aaa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キラリ〜ン♪ポエット君とチョビに出迎えてもらってとっても嬉しい一日でした!

 

次はカメラを持って、もう少しゆっくりと見てみたいです!

今日のチャリンコ。 36キロ弱。 平均 20.4キロ。

DSCF1712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダラダラハワイレポ完了しました。

出発編 
2日目 
マウナケア4200mへ前 
マウナケア後 
マウナケアの星と夜明け
【世界遺産】キラウエアへ・・・
ビッグアイランド最終日
5日目 【前】
5日目 【後】
ダイアモンドヘッド+6日目
ハナウマ湾
ハワイ 真珠湾
ハワイ 最終日

今日も読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪クリック。なんちて。




Posted by theslowpace at 08:32ニッキ
2008年06月27日

ボクは精一杯がんばりました。

こんにちは。

あれは2002年の7月のお話だったね。

日光の男体山でアフーは登りに思ったより時間がかかりすぎて
しまって、下りで雨に降られながら足が痛くて
半べそで下ったあの樹林帯。

 

アフーは 原因となったボクの事をうらんでいたよね・・・

 

そう、結局暗くなってしまったけれど・・・ボクはその時に傷ついて

あれからずっとそんな状態が続いていたね・・・

靴下2枚履きもボクが原因だったね。

 

でもボクはどうにか 厚みを増して頑張ったんだ!

そして、そこから長い年月を共にアフーと歩いたよ。

アフー ポーズ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご機嫌なアフーも知ってるし

こけた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズッコケアフーも知ってるよ・・・

青とアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ、ボクはオニギリザックだって知ってるよ。

キャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹雪の時も一緒だったね。

前が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凹む姿は・・・もう見飽きるくらい・・・ あぁ。またかって感じだったね・・・

凹む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今日突然、お別れが来てしまったんだ・・・

いつか来てしまうとは判っていたけれど・・・

 

でもねボクの最後の山は鳳凰三山だった事がとっても嬉しいよ。

IMG_2045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はもうあの時、ボクは限界だと思ったけれど・・・
アフーはもうヘロヘロで・・・まともに歩けなかっただろ・・・

IMG_2109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに転んじゃうだろ・・・だから僕は必死に頑張ったんだ!

どうにか、アフーを無事におうちまで送り届けたから・・・

 

ボクは少し安心して 力尽きてしまったよ・・・

 

いつもいつも 一歩一歩を共にして来たね。

まって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう・・・この写真の瞬間もボクは必死に頑張っていたよ・・・

 

ボクは アフーを守る事ができたのかな?

 

アフーは怖くなると腰が引けてすぐに手をつく癖があるだろう・・・

BD60

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにアフーは ステッキが伸びていてもずっと気が付かない
残念鈍感な感じだからね・・・

おっだいぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ボクは少し心配・・・

tume

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・アフーが今日スリッパをしっかり履いていてくれれば僕はもう少し
ヤマノボリが出来たかも・・・ アフーが転んだから・・・モゲテしまったんだよ・・・

 

だから、ボクは消毒中のアフーの痛みに耐えてる
シャクレ顔を見て少しザマミロと思ったよ。


なんでアフーは我慢する時にシャクレ顔をするのかそれだけは
いまだに不思議だね・・・

蓼科から飛んできました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに30歳過ぎて、スリッパ履きなよ と親分にいつも怒られているアフーは
どうかとおもうよ・・・

 

                イジョウ   ツメクンノヒトリゴト。

DSCF1681

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・足の親指の爪がとうとう剥がれてしまいました。

ここだけの話。生まれてずっと親指の足の爪がなくなったことは
ありませんでしたが・・・なくなってしまって思う事は・・・

こんなに心細い事は無いです。たかが足の爪。されど足の爪。
とっても大切なパーツをナクシテシマイマシタ・・・(・_・、)靴を
履くのも・・・怖いです。頑張ってくれた足の爪君に感謝しています。

よりみち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も読んだよ!お尻ペンペンッ!なんちて_(^^;)ゞ




Posted by theslowpace at 05:53ニッキ
2008年06月24日

元気です!

ども。傷だらけのポエットです。

 

IMG_1684

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の若いニャンコは ボクの耳を集中攻撃してくるんだよな〜。
本当に痛くて泣きたいよ・・・

でもボクはやっぱり逃げずに頑張ってます。
毎日元気に生きています!




Posted by theslowpace at 20:01ニャンコ
2008年06月23日

実験結果。

どーでも良い話・・・

鳳凰三山に登る時に 今回もモチロン持って行きました!

テッパン 深煎りピーナッツ。

深入り

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しかった。けど ロングコースにはちと 足りない。

 


で・・・親分がイチオシの ロング用には・・・


これは 大当たりでした! 中身はギッシリ! エネルギーもギッシリ!

usukawa

 

 

 

 

 

 


ちなみにアフーはネオバターロールを持っていったのだけれど・・・
中身・・・カタヨリ。 う〜む・・・

 

IMG_1780

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしかったなぁ・・・思い出しちゃうな・・・

 


 

apple

 

  そういえば、これを北岳に持っていった。
  翌朝・・・ 

  中身がカチコチに凍って
   歯がたたなかった。

   

 


 

でも 本当は・・・ アフーはこれを山に持って行きたい。

gold

 

 

 

 

 

これが大好きです。 ずっと 渦巻きロールって


呼んでいましたが 正式名を今日知りました。

ミニスナックゴールド。 由来はスナック界の金メダルらすぃ。

 

 

でも親分は 手が無駄に汚れるから止めた方が良いと言う・・・

でも山で食べたら美味しそうだな〜。

gold2

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も読むよお尻ぺんぺ〜ん。なんちて。




Posted by theslowpace at 06:33ニッキ
2008年06月21日

鳳凰三山 【其の四】

と・・・ 永遠と続いてしまった・・・残念レポ。本当にスイマセン。

IMG_1985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯を食べて・・・出来るだけ早めに三山目を目指したかったのです。

IMG_1961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道は残雪はホンノリあるけれど 昨日の近道の何倍もラクチンでした!
で、先に行った親分が 「アフーこっちの雪のある方が楽かもよっ!」
と・・・ 言うのでそちらに・・・

IMG_2001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事に嵌りました。  カチカチで・・・進めずに嵌ってしまいます。

天然滑り台のようです。(´ヘ`;) 本当に残念です。この記憶確か
仙丈でも似た記憶が・・・

IMG_2084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


残念アフーもルートに無事に戻ります。もう親分の助言は
聞きません・・・ (`へ´)プンプン

IMG_2012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


脱出してからは少し滑るけれどモーマンタイな傾斜を
スタコラ と登ります。

IMG_2017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日の道に比べたら〜♪ こんなのは アサメシマエ〜だね〜♪ なんちて。

IMG_2021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日の教訓で今日はすぐにスパッツをつけました。

IMG_2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分が後を見て 雄叫びをアゲテイマス。なんちて。 で・・・理由は!

IMG_2024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲海です。 久しぶりに見ました!

IMG_2027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと滑る所は手を使って・・・ 直下部分は結構傾斜があります。

IMG_2028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


素敵ですねっ! 

で、実は鳳凰小屋から地蔵岳までは1キロとありましたが
GPSでは800m弱でした。 

IMG_2030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天空の城 な感じです。

IMG_2031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実は昨日小屋でテントの手続きをしている際に小屋のオジサンに
ルートを聞かれました。

中道からテント装備で来たことを褒められてしまいました!
それから・・・途中の近道を通ってきた事も♪

そうしたら・・・「荒れてて大変だったでしょ」

と。 でも終わった事だったので 「はいっ!ちょっと」
暢気に笑いながら言えた事はなんだかとっても嬉しかったりです。

IMG_2037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで少し 成長したかもよっ!と自分で思っていた アフーの
背後から・・・ 彼が姿を現します。

IMG_2066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフー それはカンティガイだよ・・・ ちっとも成長してないよ。
と毎回南アルプスで痛い目にあっているアフーに富士山君からの
言葉だったかもです。

IMG_2068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南アルプスに登る時はいつも見守ってくれている富士山くんです。
今回もしっかりとアフーが山頂を頂く際には見守ってくれていました。

IMG_2070

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本一の山に見守れて 安心して、そろそろ3つめ頂きます。

IMG_2045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲海と・・・ アフーと・・・太陽です。 

IMG_2048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オベリスクです。 鳳凰三山 やっと頂くことができました。

IMG_0933

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オベリスクに向かう親分をここで待つことにします。 親分がとっても
小さく見えます。 目印は いひひ。あのスパッツです。

IMG_0935

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはのんびり写真を撮る事にしましょう!親分はとっても
小さく見えますよ〜。

IMG_0939

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もいなくなった賽の河原?をひとりウロチョロします。するとお地蔵様です。

そして・・・その後には!

IMG_0942

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


遠くは 北アルプスも見えました! すぐ隣には 甲斐駒君。

IMG_2050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分が撮ってきてくれた甲斐駒君です!雲がしたから湧き上がり
神秘的でした。

IMG_2057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥には北アルプス。たぶん・・・

IMG_2055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フーフーはバッチリと届いていました。 鳳凰三山を無事に頂き
アフーは大満足です! とっても名残惜しいですがまだこれから
今日は青木鉱泉まで下らねばなりません。 

IMG_2083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下りは慎重にと思いましたが結構 サクサク〜と下れてしまいます。

IMG_0957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分と雲海と富士山。 

IMG_2081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーとオベリスク。 さようなら・・・また来ます。

IMG_2082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


早く出発したのでどうにかこうにか親分の足をひっぱらずに山頂に
辿り着く事ができました! で・・・テント場に戻ると・・・

IMG_0967

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらら・・・ 北岳の時と一緒です。少しのんびりしすぎたのでしょうか?
でもまだ8時です。 で テントを片付けている間にアフーは眠ってしまいました。

IMG_0968

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・今回も ピンッ と張る事は出来ませんでした・・・(´ヘ`;)。

困ったものです... しかもテント内は トッチラカリ状態です。
急いでお方付けをしている間に親分が!!!作ってくれました!

IMG_0970

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっほほ〜い! と言う訳で テントを片付けながらのんびりと
赤いキツネさんを食べました! オアゲが二枚はポイント高いです!なんちて。

テントの片づけが終わった頃・・・ 2日間続いたフーフーも翌日の八ヶ岳に
向けて移動中かもです。

74396d49

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋のオジサンとしばしお話をして下山開始です。 その前に
IMG_0974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

かわいいお花を見つけました。 クモイコザクラさんです。
珍しいお花さんとの事でした。

IMG_0975

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オジサンと雷鳥のお話もしました。 雷鳥の声を聞いたのですが
いるのですか?と伺ったらやはりこの山にもいるようなのです。

とっても喜んでいらっしゃいました。なんだか私まで嬉しくなってしまいました!鳳凰小屋のオジサンはとっても優しい素敵な方でした。また行きたい小屋が増えてしまいました_(^^;)ゞ

IMG_0980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと、ここからは ドンドコ一本勝負です!

IMG_0983

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


始めはとっても歩き易い道でとっても安心していたのですが・・・

IMG_2089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川を渡り・・・ ますが なかなか高度も距離も進みません。

IMG_2088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さすがにザックの重さが足に来てしまいました。

IMG_0984

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中道ルートとは違い途中で滝を見れるのですが 1つ、2つは鳳凰ニ山までと
同じく比較的 モーマンタイでしたが・・・

IMG_2093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りもまだヨユウシャクシャク。

 

IMG_0993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰の滝からが めちゃくちゃ長く感じます。

IMG_2104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


湿気を含んだ地面は滑りやすくなり・・・ もう流石に足に疲労感のきている
私には踏ん張りも ちょっとずつ鈍ってきて・・・

IMG_2106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何度も小川を渡り・・・ 足場の悪い道を進みます。 
・・・もう ダメになってしまいました。 早くスタタタと歩くのは無理で
一歩一歩。と

IMG_2107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くて・・・ツライです。 しかも なぜか登る道も何度か出てきて・・・
アフー ヘロヘロです。 スローになってしまい、親分はブチキレテイマス。

親分は機嫌は悪い事はあっても絶対に 怒鳴ったり怒ったりする事は無いのですが親分も流石に疲れていたようで・・・

IMG_2099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「頼むから 歩いてくれよ〜」 
「どうやったらそんなに遅く歩けるんだよっ!」
「後ろ向きで歩いているんじゃないのっ!」 

IMG_2108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となんだかメチャクチャ怒っています。あまりにいつもの親分とは違うので

あ〜これは親分じゃないよ・・・ なんだか 違う人が出てきちゃってるな〜。 
と無視する事にします。

IMG_0996

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が・・・また やっとのことで親分の元に辿り着くとまた怒っています。

「何年山登ってるんだよっ! いい加減にしてくれよ。
いいから ザックよこせっ!」

IMG_2096

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あ〜違う人・・・違う人・・・これは親分じゃないね・・・ スタコラ〜

それでも危険な箇所ではしっかり待ってくれています。 ・・・

足はもういう事を聞いてくれません。↓もはや四次元空間です。意味不明。

IMG_2109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ザックの重さは2日間かけてズッシリと足を攻撃していたようです・・・
帰ってきてみたら足の爪は左右とも・・・数本 亀裂が横に入っていました。

アフーのザックで邪魔になっていたゴミとマットを親分が持ってくれました。

IMG_1001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSで青木鉱泉をゴールに設定していたのですが 数百m進むのに
結構時間を要しました。この堤防が出てきてからは平坦な道が
増えたので 一安心です。

IMG_2111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンドコの川沿いコースを歩いています。 やっぱりさっきの親分は
違う人だったようです。

IMG_2114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しっかりつけたスパッツも ずり落ちています。 
気持ちは全然ヘロヘロではありませんでした!

IMG_1004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう、鳳凰三山の思い出話で盛り上がっています!

IMG_2117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜! 昨日の朝に通った分岐です!
嬉しかったです! この時、山頂はすでに雲隠れしていました。


IMG_1007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑を抜ければ 青木鉱泉! ゴールしてしまいました。
なんだか 少し寂しいです。

IMG_2123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンドコ一本勝負は・・・長かったです。 結局5時間以上かかってしまいました。
親分には今回も迷惑をかけてしまいました・・・

IMG_1012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰一山。薬師岳。

IMG_1811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰ニ山。観音岳。

IMG_0868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰三山 地蔵岳。

IMG_0938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

今回も一筋縄では行かなかったけれど、たくさんの思い出と・・・

IMG_0821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事な景色をたくさんたくさん 記憶にインプットしてきました。

IMG_1821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤快速アフー・・・ タダイマ、 薬師岳山頂付近を通過中で〜す。

↓通勤快速アフー待ちの親分。

IMG_0836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分「今日の通勤快速、遅れてない?」

IMG_1822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

おすぃまい。長くなってしまってゴメンナサイm(._.)m




Posted by theslowpace at 05:40COM(207)ヤマノボリ
2008年06月20日

鳳凰三山 【其の参】

其の零  其の壱  其の弐 は こちら。

 

IMG_1898

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰ニ山の観音岳の山頂で先程のご夫婦と一緒に
姿を表してくれた 甲斐駒君を眺めます。

IMG_0864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観音岳への道はとってもラクチンだった。

IMG_0868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思っていたよりもあっけなく鳳凰一山、そして鳳凰ニ山を頂きました。

IMG_0880

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の事を言うと・・・中道ルートは長かったけれどとっても歩きやすくて
標高差1700mと言ってもそれほどの苦痛感はありませんでした。
たぶん・・・ 甘利に長すぎて忘れてしまったようです・・・

IMG_0883

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オベリスクが見えていました。 親分のあちら側には八ヶ岳君。蓼科君も。

IMG_0893

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は自然のベンチで休憩中です。実はここで相談です。時計を見ると
15時過ぎ。出来れば小屋には16時30分までに到着したかった訳で・・・

IMG_0894

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図を見て相談します。 地図には丁度、観音岳と地蔵岳の間に鳳凰小屋に
降りる近道ルートがありました。

IMG_0909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご夫婦は地蔵岳まで登って下れなかったら山頂付近でビバーグするという
事でした。 

IMG_1894

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達もその手もあったのですが、ザックの水の量を考えたら
やっぱり小屋に下りるべきかもと・・・。

IMG_1927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決断を下します。

IMG_0911

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オベリスクまでは近いので急げば間に合うと思うけれど・・・
アンパイを踏もうと・・・

IMG_0916

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分岐につくと・・・ 近道 という看板が ありました。
小屋まで30分 と書いてあります。

IMG_0917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑親分のすぐ右が 近道への入り口です。

IMG_1911

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のこの景色に別れを告げて・・・ 鳳凰小屋まで一気に30分で下って
しまおうっ!

近道の入り口へと 導かれた直後の写真です。
この日の最後の写真となることとなります。

IMG_1980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は近道の入り口は ココだけの話 恐怖の登山道でした。
話は少し長くなるので間に余った写真を入れることにします。

IMG_1931

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近道に進んだは良いけれど 踏み後は・・・ ゼロに等しいです。
それもそのはず。地蔵岳まではあとほんの少し。
地蔵に行ってから鳳凰小屋を目指す人が多い。もしくは
その逆で鳳凰小屋から地蔵岳をパスしてこのルートを通る人も
たぶん・・・滅多な事ではいないかもです・・・

IMG_1952

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詰めの甘さを痛感です。実はこの山に来る前に状況を確認する為に
小屋に電話をしていました。装備の事もお伺いした際に雪が残っていると
しても深くて30cm程度なので軽アイゼンも要らないくらいですよ。と

確かに他の場所では一切要らないほどの残雪です。

IMG_1954

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山はやはり予測が不可能です。 このルートはとにかく荒れ果てていました。
残雪は深く 空洞が出来ており踏み込んでも ズボッっと 足がすっぽり
入りツケネ部分で止っても足はまだ地に付いていない。

途中、引き返そうか迷いながらも中途半端に
進んでしまい、戻るにも踏み切れない状況下。 

IMG_1959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザックにある軽アイゼンももはやつけても危険な感じです。とにかく一歩進むのが本当に本当にきついです。 そして 驚くのは雪だけでなく・・・倒木です。

IMG_1961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間伐で倒れた木ではなさそうな大木が 
登山道の真ん中に何度もありました。
親分も前で苦戦しています。一歩目に踏み込んで 埋もれて急いで
もう片方の足を前に出したけれどまた 埋もれで前傾に倒れています。

IMG_1962

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も一歩が進めず。そして埋もれた足は もう腰まで埋もれていて出ようにも
出れず、脇の泥の部分にどうにか手をついて這いつくばって脱出という感じが
続きます。 ようやく下に小屋の屋根が確認できた頃でした。

IMG_1965

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から・・・ 雷鳥の鳴き声が聞えました。 鳳凰三山に雷鳥がいるとは
思わなかったのですが紛れもなく雷鳥の声でした。親分とツライなかも
上を見ましたが確認できず・・・でした。

IMG_1973

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋の屋根が見えてからも 苦戦は続きます。
腐った雪。脇にもそれる事が出来ず・・・
毎一歩が股まで埋まり 休憩すら出来ずとにかく進みます。
倒木や残雪のあまりに酷い部分は仕方なく ルートのない
場所を手探りで進みました。

IMG_1977

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それでもどうにか小屋の付近まで来たときにはもうヘトヘトでした。
小屋の直前には梯子がありそれを下って川を渡りました。

すでに鳳凰小屋の前では他のテント泊の皆さんが談話をしていました。

そこについた私と親分は もの凄い注目を浴びてしまう事になります。

IMG_1963

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・ 理由は 全身 ドロダラケ だからです。

 

登山靴はもうドロドロ。そして途中でスパッツをつける場所も無かった為
私の靴の中は雪まみれ。 トドメに・・・ アフーのお尻まで グジャグジャの
ドロンコまみれでした・・・

 

IMG_1942

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山は予測が付かないということを思い知りました。

テントの申込みをする為、小屋の中に入りましたがオジサンが1人で
忙しそうに夕飯の支度をしていました。

「今は会計が出来ないので18時頃に来てください」

「テントは張っていても良いですか?」 「いいよ」

と言う事でテント場に向かいます。テント場は小屋のすぐ裏。

IMG_1854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



場所が無くて どうにかドロダラケの状態でテントを張るのですが・・・

あまりにドロダラケだったせいか、それともテントの設営方法が
可笑しかったからか・・・ 皆さんがこちらをずっと見ていらっしゃって・・・
一秒でも早く設営してテントに潜り込みたかったです・・・

IMG_1985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ・・・1年ぶりのHEX君登場です。 緑の蚊のような虫さんがメニメニで
ネストは不要かと出発前に悩みましたが持ってきて良かったです。

テントに潜り込んでから ドロダラケの洋服を全部着替えます。

置いてくるはずの着替えをギリギリでザックに詰め込んできました。 
それとレインウェア でテント待機です。

IMG_1961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「会計の済んでいない方、お願いします」の声で小屋に向かいます。

ビールとジュースとテント2名分で1900円でした。

本当は今日の夜ご飯もしっかりと食べようと持ってきていたのですが
もう ヘトヘトでした。  残ったパンとジュースを飲んで 6時過ぎには
眠りについてしまいました。 しかし夜中に・・・寒くて起きてしまいました。

 

アフーの寝袋は−12までは耐えられる物を木曽駒で痛い目にあい
購入していたので頭や顔、体は暑かったのですが・・・

IMG_1966

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濡れた靴下は 乾かずに末端冷え性のアフーは夜、何度も足が冷たくて
起きてしまいます。 親分が気づいてくれて、ネックウォーマーそして
ホカロン君を出してくれて 足の裏に貼り付けてくれました。

それでどうにか眠りつく事が出来ました。 


寝ている間に聞えた ペミカン と聞えた単語が耳から離れません。

ペミカン=ミカンの缶詰 と思っていました。
そして、甘いものが食べたくて、飴の夢を見てしまいました。

okokokok

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の累計標高差は1818m 距離は8.6km。 

今日は少し疲れていたのかもしれません。
それでも見れた景色は やっぱり登ってきて良かった!と
思えるものでした! 今日の疲れは・・・ すべて消えていました。

(・・・その疲れはバッチリと 火曜日にやって来ました(´ヘ`;))

IMG_0821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・まだ 親分とアフーは 鳳凰一、鳳凰二しか登っていません。
三山をコンプリートは明日に残してしまいました!

IMG_2068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれは たぶん・・・正解だったのかもです。
と、今はそう思っている自分がいます。

アフーはひとつ勉強になりました。

急がば回れ
急ぐときには危険な近道より、遠くても安全な本道を通るほうが結局早い。
安全で着実な方法を取れという戒め。


で・・・文字制限がまだ大丈夫そうなので・・・続きます。
翌朝。起きてから 朝ご飯です。 このテント場はトイレも水場も
すぐ近くでとっても楽です。(整地もしてあって快適でした)

IMG_1982

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



小屋の前の水場近くのベンチに移動して アフーは腕を振るって
ご飯を作ります・・・ なんて言っても・・・ またレトルトです。

IMG_1987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クスクスです! が・・・ また、やってしまいました説明書を読まずに
作ってしまい・・・ かなりノビタ君です・・・

IMG_1990

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作りすぎてしまいました・・・ 親分はアラビアータ。

アフーは 刈るボナーラ。 ・・・味が薄くてお吸い物の粉末を投入。

IMG_1992

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・ドロドロになりすぎた お湯に浸った状態の
クスクスはオートミール化してしまいました。
実はアフーはオートミールトラウマがあり・・・

思い出してしまい・・・半分も食べれず。ビニールに二重にしてお持ち帰り
することにしました。結論。 お水は程ほどの量が美味しいです。 

家では成功していたのですが種類が違うからでしょうか・・・

IMG_1994

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やはり、山での美味しいご飯は アフーにはハードルが高いようです。

さてと・・・ご飯を食べたら!


 

IMG_0930

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


残りの一山 頂に 一滴ますっ! 最終回へ続く・・・

IMG_2063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



最後も読むよっ!お尻ぺんぺ〜ん。




Posted by theslowpace at 11:23ヤマノボリ
2008年06月19日

鳳凰三山 【其の弐】

其の零 其の弐

IMG_0812

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で・・・長い長い樹林帯を無事に越え 鳳凰一山の薬師岳

IMG_1811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


を頂いた後は まったりと足を進めます。

IMG_1816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰ニ山へ・・・三山の中での最高峰である観音岳へ向かう事にします。

IMG_0821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰三山より白鳳三山と交信中の親分です。ピーピピピーなんちて。

IMG_0825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


白鳳三山は北岳から間ノ岳までの道はこんな余裕の状況ではなかったなぁ〜と
思いながら歩きます。

IMG_0823

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の南アルプスと比べると アフーの中では少しだけ鳳凰三山は地味な
存在でした。 

IMG_1820

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どの山そうだけど・・・ 登ってみてみないと判らないアルヨ...

DSCF0180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北岳に登りながら見た鳳凰三山。

P1020512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2年前に、いつか歩きたいと思っていた稜線を今日は歩いています。
やっと・・・来る事が出来ました!今のアフーの頭の中はそんな場所が
メニメニです。

IMG_1821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・親分に怒られるのでまずは 一歩を進めます。

ス〜タコラ。それでもこの景色を素通りするのはもったいない・・・

IMG_1822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北岳〜間ノ岳 そして 小仙丈〜仙丈
そして今回は鳳凰山。3回目の空中散歩! サイコーです!

IMG_0826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分もとても楽しそうで何よりです!実は今回はここの写真がタップリです。

IMG_1823

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ・・・金曜日に新しいヒールを履いて歩いてしまった為、
アフーの両足には大きな靴擦れが出来ていました。

IMG_1824

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも靴下が靴擦れをココまで守ってくれていました!
靴擦れは実は両親指だったので登り一辺倒だった事が救いだったのかもです。
ツイテルナァ〜

IMG_0827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観音岳まではとにかくフラットで楽な道です。それでも足は一向に
前へ進もうとしません。

IMG_0828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い樹林帯で今日一日。こんな空が広がっていたのも知りませんでした。
原生林の樹林帯は視界をすべて奪っていたので・・・

IMG_1842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも悪い事ばかりではありません。直射日光から守ってくれたと
考えたらなんだか 国体ルート!素敵な気がしてきました!

IMG_1825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスっていると思っていた山頂は、長い樹林帯を上がってきただけの
ご褒美以上の眺めでした!

IMG_0829

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


青空だって!待ってくれていました! フーフーの効果は絶大です!

IMG_0831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は薬師岳からほぼ同じペースで あのご夫婦と入れ替わりな
感じでのんびりと空中散歩をしていました!

IMG_1828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのご夫婦も私達もお互いの距離を確認しながらなんとなく
遠くなく、近くなく、安心な距離で進んでいます。

IMG_1847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木から来られたと仰っていたご夫婦はもう見るからに柔和な感じで
シャクナゲが今綺麗な山を教えてくださったりと、なんだか今回も
とっても素敵な出会いでした

IMG_1831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山で不思議な間に できる連帯感というか・・・あの人は大丈夫かな?とか
気になったりする人がいて、目的地が一緒だったりするとちょっとホッとする
自分がいて・・・

IMG_1862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えながらこういう道ではアフーも のんびりと鈍足に
なれるわけなんです。景色がよければ親分もご機嫌です!

IMG_0836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもあまり待たせるとこんな感じです。

IMG_1838

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は・・・目を合わせないのが一番です。なんちて。
それか、なんかよく判らないけれど笑っちゃうとか・・・

IMG_1850

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元は滑りそうな砂でした。

IMG_1868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも景色に気を取られて歩きづらさもありませんでした。

IMG_1872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、帽子は頭に乗っけているだけの状態です・・・(´ヘ`;)

IMG_1852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言っているけれど・・・ちっとも進んでいません。(´ヘ`;)ハァ

IMG_1874

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時折、アフーはこうやってザックの重さを 横流しです・・・

IMG_1876

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも今日持ってきていた水分はこの時点で2人で1?だけ残っている
状態でした。すでに3リットル以上飲んでいるようです。

IMG_1851

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目と鼻の先くらいの距離の薬師と観音の間をできるだけ時間をかけてゆっくりと
歩きました。

IMG_1886

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の事を言えば明日が曇りだったり何かの事情で
登れなくなってしまう事もあるので・・・ 

IMG_1864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木々の間からも南アルプスを見て、とにかく たくさんの景色をこの眼に
焼き付けています。

IMG_0844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・ またもや お待ちの親分です。 うっしっし〜。

IMG_0846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トコトコと付いていきます。

IMG_0847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!そうそうお揃いのザックは今回親分が使って気にいらなければ
あの黄色の前のザックを使うと言っていましたが!!!

IMG_1866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら 無事合格したようですV(^0^)

IMG_0848

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると親分が何かを見つけました!

IMG_1877

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお花の名前は・・・ シャクナゲのお友達?

IMG_1880

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて親分と話しながら短い距離の長い長い散歩は続きます。

IMG_1891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はずっと、登って歩いている間、左ばかり気にしていたけれど・・・
右側には 美しい街並と山並みが・・・あったのですね。

IMG_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また足を止めてみることにします。

IMG_1899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、次、したの街並からこの山を見た時に 山頂はこんな感じだったと!
アフーの頭にインプットが完了です!

IMG_1917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはたぶん 親分の頭にも・・・

IMG_1904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この先の人生に ほんのりな楽しみを1つ増やせたようです!

IMG_0861

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前には 岩がメニメニ。と言う事は どうやら
最高峰についてしまったようです。

IMG_0866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一箇所だけザックが引っかかると言うので親分に助けを借りてアフーも
観音岳に登頂です。

IMG_0870

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で!!! 鳳凰ニ山。無事頂きました!

IMG_1921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰ニ山に辿り着いた時に!!!お目見えしたのは!甲斐駒君!
今回は・・・勝負を挑むのはヤメテオクネっ!なんちて_(^^;)ゞ

IMG_1940

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

距離にして・・・数百mしか進んでないのにこの長さ・・・
本当にスイマセンm(._.)m

と言う訳で・・・

IMG_1758

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い長い樹林帯の後のご褒美は!!! この景色でした!

IMG_1855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      そして・・・長い長いレポは まだ続く・・・続きも読んでくれますか?
         お尻ぺんぺ〜んっ!クリック!なんちて。




Posted by theslowpace at 12:30ヤマノボリ
2008年06月18日

鳳凰三山 【其の壱】

と言う訳で・・・ 鳳凰三山 【其の零】

韮崎ICを降りて コンビニに寄って 青木鉱泉を目指します。

青木鉱泉というのは鳳凰三山へ続く道というのは昔から知っていた。

そういえば・・・ポンコが亡くなってから5日後。家にいるのが嫌で
ロングドライブに出た事があった・・・

記憶ではその時、この青木鉱泉の入り口を
見て、シャッターを押したのを記憶していました。これは2007年3月18日。

IMG_2046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時はまだ冬季休業中でした。 それから1年と3ヶ月 この先に進む
事となります。 

ナビの案内に任せながら進んでいくと 少し気になるものが・・・

熊出没注意 という看板でした。 それはもう見慣れているけど・・・
道路の左右には熊対策の電流の流れた有刺鉄線を見た時は少し
不安になりました・・・


青木鉱泉へ通づる道は・・・ ハッキリ言って レツモーな悪路でした。
落ちたばかりと見られる頭くらいの大きさの石が道路真ん中に・・・

車高が低いレガシィ君では通過できず降りて石を除けてから進みます。
未舗装の林道は落石が至る所に と言った感じです。

無事に青木鉱泉についた時は少し違う疲れが襲っていました。
でも他の車もたくさん入ってきていたので少しホッとしました。

IMG_1738

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レガシィ君の中でお弁当を食べて・・・出発の準備です。タダイマ6時5分

準備中に青木鉱泉さんのオジサマが駐車料金の徴収に来られました。

IMG_0778

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日750円*2日分 ¥1500円をお支払いしてフロントに置く紙を
頂きます。 これはまたアフーにとって嬉しい記念品です。

IMG_0782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、やっと出発です。ここから中道コースで
鳳凰三山の頂へ・・・ 

青木鉱泉さんで 登山届を出して出発です。

IMG_1740

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青木鉱泉からは川コースと書いてある方へ一度進む事になります。

IMG_0784

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑が綺麗です!


IMG_1739

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ドンドコ沢の川沿いコースに入って5分位でしょうか・・・キャンプ場の間を
歩きます。

IMG_0786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

するとまたまた分岐が出てきました。

IMG_1742

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にいらっしゃった皆さんはドンドコ沢コースに行ってしまいました。

IMG_1743

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分と不安になりながらも中道コースへ向かいます。

実はどうしても中道コースに進みたい理由があった訳なんです。

それは丁度、一年前に話を戻します。仙丈のバスで一緒だったご夫婦の
奥様と小仙丈の手前で周囲の山を教えて頂いたり色々な南アルプスの
小屋のお話を聞いていた際に、静かなルートが好きならば国体ルート
が良いですよ!

IMG_0787

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑まずは川を渡る事になります。

と教えて頂いていたのです。昔はこの中道は笹薮のルートだったのですが
甲斐路国体の際に整備されたので通称国体ルートと呼ばれているようです。

IMG_1744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑丸太は苦手です・・・

実は国体ルートと言うのが本に載っていなくて色々調べた場所が
国体ルート=中道という訳でした。

IMG_0788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中道ルートは川を渡り前の石垣を登って案内表示にそって進みます。
すると今度はジャリ車道に出ます。

IMG_0789

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタコラと九十九な感じでゆるや〜か〜に登ります。まだまだ余裕ドゥエス。

IMG_0791

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば今回はGPSで各ポイントを設定していました。で始めの目的地を
薬師岳に設定します。

IMG_0792

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しばし・・・時間にすると青木鉱泉から50分で薬師岳山頂への登山口が
出てきました。 バイクが一台止まっていました。(廃屋がありました)

IMG_1745

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは雲竜漠ですでにこのテント泊用のザックを使っていたのですが
親分は今回がシェイクダウンです。おそろいのザックでアフーはうれしいです!

IMG_1747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


背面パッドが今までのノースフェイスよりもしっかりしていて
重さを丁度良く分散してくれているのが判ります。

IMG_1766

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中道コースはとにかく樹林帯が続きます。九十九折に・・・でも道はそれほど
狭くなく歩き易い方だと思いました。

IMG_0797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んっ。しばし樹林帯を登った所に 
ダート道ですがどうやら繋がっているようです。小屋専用の道路かもです。
南御室小屋と書いてある車が一台止っていました。

ここで、初めてこのルート上で他の方にお会いしました。
ご夫婦でした。マットをザックにつけていたのでテント泊なんだと
安心したアフーがいました。

IMG_1760

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・この少し開けた場所にもまた、入り口とあります。
何箇も入り口と書かれると 困ってしまいます・・・ スタートが何回も訪れます。

IMG_0798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは・・・一気に写真が減ります。
ずっとずっと ずっと ずぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと樹林帯です。

IMG_1758

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑は綺麗ですが・・・さすがに3時間程歩くと・・・ザックの重さが
ズッシリと肩に・・・ 強引にウエストベルトで腰に負担を横流しします・・・

IMG_1755

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


で この中道コースは山頂直下まで標高差は1700m。

IMG_1770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わり映えの無い景色なので、毛虫さんが歩いているだけでもなんだか
仲間が出来たようで嬉しくなってしまいます。

IMG_1771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにヘロヘロです。
それでもどうにか・・・親分にこの辺りではついていってます。

時折、ドリンク休憩とGPSで残りの距離を把握しますが思っているより
全然進みません・・・


標高1700mも上げて登るそのルートの間の見所は・・・

IMG_1777

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石君です。 えっ!と言われてしまいそうですが・・・樹林帯しか
ない道でこの石に遭遇すると不思議と嬉しいモンデス!

ココダケデス・・・ (´ヘ`;) で、実はここに山頂まで1時間30分と
ありますが、青木鉱泉まで2時間45分と書いてあるのを見て・・・


( ̄□ ̄;)!! 正直ショックでした。 
下りの時間とはいえ・・・
すでにココまで5時間以上樹林帯を歩いています。

IMG_1772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから樹林帯をまた登るのですが・・・アフーは鈍足が加速してしまいました。
親分とドンドン距離が離れてしまい、一人ぼっちの登山が始まります。

で・・・心細くなってしまい 親分を呼んでみても返事がなく・・・

不安になってしまい、登っても登っても何も見えない不安さに半べそ状態に
なってしまいました。誰も来ないと思っていたので・・・

そこへ 下りのオジサマが下っていらっしゃいました。急いで半べそを
押さえて道をお譲りしましたが、コンニチハと言われた際に挨拶を
したさいに半べそで鼻が緩んでいたせいか・・・

なんとも ハナチョウチ を作ってしまいました。半べそハナチョウチン・・・
本当に申し訳ない事をしてしまいました。そんな恥ずかしさで少し元気が
出てきてとにかく足を進めます。

 

すると上から チャリチャリ〜ン とずっと鈴の音が聞えます。
親分が少し開けた場所で待っていてくれていました!

IMG_1775

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これがそのときの写真! アフーは大喜びの顔をしています。
ここからは親分もペースを少し落として一緒に歩いてくれました!

イチ・ニ・イチ・ニ と掛け声をかけながら登ります。
少し飽きてきたら100まで数える事に・・・
そうでもして気を紛らわせて登ります。親分も少し疲れている感じだったので

ふざけて世界のナベアツアフーで 1・2・さ〜ん と・・・ 初めてやってみたら
間違ってでもアホになってしまいました・・・ 困り者です。(´ヘ`;)ハァ

本当にお馬鹿ですがそれでも笑いは疲れを紛らわせてくれます・・・

で・・・この道のちょっと怖いところは・・・

IMG_1776

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんな感じに上が開けて喜んでも 尽く裏切られます。
何度も何度も、上の写真の様に 開けるのですが巻いては
また薄暗い樹林帯に戻されます。

 

樹林帯を歩き始めて7時間。まだ樹林帯を歩いています・・・

 

そこへ・・・下りの男性2名にお会いします。ここで・・・・
本当に珍しい事が起きました。

親分「あとどのくらいで開けますか?」 と聞いたのです。

「開けるのはすぐですよ!でもその先は雪渓ですよ。気をつけて。」

親分は滅多に道や先のことを聞くことはありませんが・・・さすがに
樹林帯が長すぎてそして、開けそうで開けないのです。

でもオジサマの言っていたとおりにすぐに開けました!

そこでランチにします。 ランチパックと薄皮あんぱんを食べます。

IMG_1780

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑山頂の見える場所でランチ中です。 13:15

粒あんが嫌いなアフーですが!粒あんが好きになってしまいそうな程
美味しかったです! 

IMG_0802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・ランチも嬉しかったですが!山頂が見えた事がうれしいです!
さてと先を急ぎます。 で、ランチの際、

IMG_1781

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は鳳凰小屋にテント泊という予定でしたが 親分はアフーの
遅さとバテ気味を見て・・・今日は南御室に予定を変更しようと言います。

IMG_1782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも・・・遅いけれどアフーはまだ しっかり鳳凰小屋に行く余力は残して
あります・・・ あんぱん食べたし。。。 そこで、言葉を濁しておきます。

IMG_0801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪渓はステップが踏み固められていてとてもラクチンです!

IMG_1785

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから山頂まではあっという間だった気がします。でも親分とは
差が付いてしまいます。

IMG_1786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で先についた親分はなにやら 怒っています。

IMG_1788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはいつも5秒遅いんだよ!(`へ´)プンプン

IMG_1802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と・・・やっと山頂直下に来たのに・・・ なんで親分が機嫌が悪いか
判りません・・・(・_・")?

IMG_1796

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由を聞くと・・・ 

IMG_0805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも お日様が照っていたから写真を撮りたかったんだと・・・

IMG_1798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の雲を待てばよいよ〜・・・と アフーはチャッカリと座り込んでズル休みしています。

IMG_1804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜それにしても この開放的な景色!!!

IMG_1801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここまで8時間歩いた事になります。少し雲は多いけれど、

IMG_1795

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8時間歩いた分を忘れさせてくれる景色が山頂には広がっていました!

IMG_0808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い砂。時折見せてくれる青い空。

IMG_0807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから白い雲。フーフーが届いています!

IMG_1806

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開けた所から奥に進むと地蔵岳の山頂となります。

IMG_0804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで歩いてきた道とは正反対の 世界が広がっています。

IMG_0809

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂に進む親分。

IMG_1805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーと親分を出迎えてくれたのは 北岳君でした!

アフーもスカサズトリマクリです。

IMG_0812

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧巻とはたぶん こう言う時に使う言葉なんだな・・・と思わせる景色です。
堂々たる南アルプスの景色には 圧巻と言う言葉がピッタリです。

IMG_0815

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間はとってもとっても小さいです...ここで先程、小屋の車が止っていた場所で
お会いしたご夫婦とお会いします。 お話をした所、この方達はこれから
三山巡りして鳳凰小屋に下る予定と仰っていました。時間が間に合わなければ
山頂付近でビバーグしようと思っていらっしゃると仰っていました。

IMG_0818

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず無事に一つ目の 鳳凰一山を頂きました!後は北岳君。

IMG_1814

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山パンツは上がり・・・帽子はコロンボなアフーも まだまだ元気です!
親分に「どうするアフー。南御室に泊まる?」

IMG_1811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフー 「 鳳凰小屋まで行けますっ!」

という訳で 空中散歩を楽しんだ後・・・ 鳳凰小屋に向かうのですが・・・

災難は小屋に付く前に待っていました・・・・・

                続く... 

 

続きも読むよッ!お尻ペンペンっ!クリックなんちて。
 




Posted by theslowpace at 06:25ヤマノボリ
2008年06月17日

鳳凰三山 【其の零】

2008.6.13(金) 夜 から14日の朝までの出来事。

 

仕事が終わってから親分と幾つかの候補より山を選びました。

久しぶりのテント泊。 とってもo(^-^)oワクワクドキドキです。

いつものザックから全ての荷物を取り出して そしてテント泊用の

ザックに詰め込んでいきます。

 

親分 「 できるだけ 軽量にしていこう 」

といいながら、結構省く物がないのです・・・

ネックウォーマー。それからホッカイロ。
を追加して放り込んでいます。替えのスキーソックスを入れようとして
いたので・・・

それを見ながら・・・アフーは 「全然軽量になってないよ〜靴下は置いていきなよ〜」

親分は渋々、替えの靴下を取り出していました・・・

私も自分の冬用の備えより
替えの靴下。ネックウォーマー。ホッカイロ。 全部放り出してしまいました。
軽くなったと喜んでいた私には後にしっかり 天罰が下りました。

 

 

後にアフーが親分を笑い飛ばした 補助用品 にアフーは助けてもらう
事となります。

冬じゃないからという言い訳は通用しない事を身をもって痛感です。

 


GPSに地図とルートをセットして、我家を出発です。
いつも通り・・・無事に帰れますようにと出発時に心に誓います。

 

東北自動車道、首都高、山手トンネルを抜け中央道、
そして韮崎ICまでヒトットビです。

韮崎ICについてからすぐにコンビニに寄ります。

 

行動食用のパン。ランチパックは深入りピーナッツ。そしてアフーは
ネオバターロール。親分は薄皮あんぱん。
スポドリジュース、予備食のカップラーメン、それから飲み物を補給して・・・

青木鉱泉に向かいます。

 

と言う訳で・・・ザックの重さが確定しました。カメラも含め

アフーの荷物  13.4キロ 

親分の荷物   14.5キロ

 

ザックの重さのウェイトを占めているのは・・・ 水です。
共に2?以上積み込んでいます。

 

パッキングから始まって帰ってくるまでの間・・・ 要る物。要らない物。
そして現在あるけれど軽量化しなおす物。など色々な発見がありました。

 

そして・・・・一番 は 心の準備が未熟でした。

 

鳳凰三山。 残念アフーは一応、南アルプスは 甲斐駒から始まり
北岳、間ノ岳、そして仙丈 と登ってきていて・・・標高から考えたら
鳳凰三山は楽だと思い込んでいました...

 

これはカンティガイでした・・・

鳳凰三山恐るべし。

一つ目の山頂まで標高差1700m 
なんと・・・99.5% 視界の無いオール樹林帯一本勝負。

そんな訳で・・・・ 2日間。長い様で短かった・・・

そして、辛いようで、楽しかった、鳳凰三山のレポの始まりです。

続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。クリック(^-^)




Posted by theslowpace at 13:42ヤマノボリ ,ヤマドウグ