2007年06月
2007年06月21日

仙丈ヶ岳 【其の四】

ということで、 其の壱 其の弐  其の参はこちら♪

大きい声が聞こえた後、中から親分が出てきました・・・
親分 「アフー 小屋の人、メチャクチャ怒ってるんだけど・・・それと・・・今日は素泊まりだよね。だけどご飯付きになってるみたい」

IMG_8918

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、チビ相談の結果・・・持ってきているご飯はレトルトだらけだし・・・
まっ!2食付きでいっかっ!という事に・・・

t-IMG_9238

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビクビクしながら 大きな声で 「すいませんでした」 と中に入りました。
あっさり許してくれましたが、でもやっぱり山は早い分にはいくらでも良いけれど
遅いのは絶対ダメっ! と怒られてしまいました。反省です。

t-IMG_9233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は空いていた小屋というのは初めてで・・・

IMG_8917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにをしてよいのか判りませんでした。靴を脱いで・・・端っこに座ります。

この日の宿泊者はアフー達を含め8人。夏の修学旅行の下見に来た
学校の先生2人。そのサポートに3人のベテランガイドさん。

そしてカメラマンの単独の男性のみとなりました。

t-IMG_9247

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋に到着したアフーは食事が出来るまで外で絶景を楽しみます。

IMG_8919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

槍ヶ岳もこんなに クッキリハッキリ” 

t-IMG_9262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に大展望な山小屋です。小屋のオジサンがアフー達を叱ったのは

楽しいヤマノボリをするには、余裕を持つ事が大事。だから朝10時の

バスでは遅すぎると怒っていたのです。この山は天候崩れだすと

すぐに視界が悪くなるので心配してくれてのお叱りでした。

これ以上遅くなったら、探しに出るところだったと仰っていました。

t-IMG_9241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちと、はじめは怒られて(⌒▽⌒;) オドロキましたが、色々山のお話や
登り方など教えてくださいました。

IMG_8925

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ雷鳥の生息地も色々教えて下さいました♪   

t-IMG_9234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この仙丈ヶ岳は30年前よりも
雷鳥君の生息数が増えているようです。
    

IMG_8951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴハンを食べながら、山岳ガイドさんと小屋のオジサンと

お話したりと、かなり本当に珍しくも楽しいお話が聞けました♪ 

その話はまた、そのうちに・・・

DSCF1115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、ゴハンを食べ終わると・・・

t-IMG_9272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにやら、外が赤に染まってきました。

t-IMG_9284

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋のオジサンが、そろそろ、赤岳が真っ赤に染まるよ〜と教えてくださって、

t-IMG_9263

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外に出て、再び絶景を楽しみます。

IMG_8921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、小屋ではテレビが見れるのです・・・なんだか不思議な
感じでしたが・・・あの美ヶ原の王ヶ頭のテレビ塔のお陰だそうです♪

t-IMG_9262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日に染まる北アルプス。

t-IMG_9255

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちと冷えてきたけれど・・・こんな景色次はいつ見れるかな〜

t-IMG_9296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後,晩酌会がありまして、山岳ガイドの皆さんは どなたもとっても
親切で、クライアントでない私達にも色々と教えてくださいました。

t-IMG_9283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 茅野市、諏訪市、大町市の街並と 名峰達が心を奪います。

t-IMG_9288

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山岳ガイドさんがボッカした、お酒をアフー達にも振舞ってくださり
消灯時間まで山の話。山岳ガイドの裏話。色々な小屋の話。など・・・・沢山!
この人数ならではの裏話が沢山ありました!

それでは・・・ オヤスミナサイ。 

 

Zzzzzz・・・・・・・ アフーはぐっすり。カールの横で眠りについています。

そとはほんのり色づいていました。

アフーはまだ 仙丈ケ岳のピークを踏んでおらず・・・無事に山頂につけるか

雷鳥君に逢えるのか・・・そして、帰りにあの雪の下りを降りるのか

と考えると・・・すこし不安が募りましたが

景色を見ていると何処に吹っ飛んでしまいそうです。

IMG_8960

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝はやっぱり{{{{(+_+)}}}}寒いです。それでも外の
温度計は5度くらいでした。小屋に入ると・・・

t-IMG_9298

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲斐駒ケ岳と北岳の間から・・・

キテヨカッタ! 寝坊してよかったと、ふと思った瞬間でした。

あっ! そういえば、雷鳥さんはお天気が良いと姿を現さないと
言っていた・・・でも朝は確率が高いと言っていたのを思い出し

t-IMG_9301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日が登ります。甲斐駒と朝日を眺め、しばらくして、

雷鳥を探しに出かけようとしたのですが、



今日は天気が良いから出ないかもしれないよ〜

と小屋のオジサンに言われたのですが、

どうしても諦めきれずに小屋の前でオロオロ(( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) ))オロオロ

迷っていたら、ガイドの一人のオジサマが何気なく先を歩いて

斜面に進んでくれました。アフーもガイドのオジサンの後をくっついて

ピョコピョコとついていきました。

凍った斜面だったので、滑るのが怖くて座っていると・・・

長年 思い焦がれていた雷鳥君との出会いは・・・

突然でした・・・

IMG_9309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごい、勢いで・・・雪の斜面を スタタタタ〜タ〜。

w(゜ー゜;)wワオッ!! 雷鳥君だっ!  んっ 早い・・・(・_・")?

IMG_9311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ もう一羽!こちらも スタタタタタタタター っ!

IMG_9322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑拡大写真。

雷鳥君といえば・・・おとなしいイメージを持っていたアフーですが・・・

IMG_9324

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑岩の上の 点点 が 雷鳥君 雷鳥君 となります。

うぉ〜〜〜〜〜〜(*・ω・)ノ〜〜 



飛んだぁ〜〜〜

しかも…2羽こっちに向かってきた・・・スンゴイ勢いで・・・

オロオロ(( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) ))オロオロ

IMG_9323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわ〜〜〜〜〜〜〜

 σ(・д・*)コッチ来た〜〜〜〜〜〜

どうしよう・・・ (;_; )オロオロ ( ;_;)オロオロ

と思うと、アフーのすぐ近くを通過して・・・

四方八方飛び回っています…

IMG_9326

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、飛びまくる・・・雷鳥君。。。

この時期の雷鳥さんはメスをめぐって、オス同士が争いを
繰り広げられるようです。(^-^)  

 

ものすごく近くで見れたのですが、アフーが見た姿は

弾丸雷鳥君でした(∩。∩;)ゞテレテレ・・・

IMG_9318

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え〜と、正直な事を述べますと・・・ 大人しい雷鳥さんで
近くまで寄って写真が撮れると思っていたので・・・・

ヒジョーに衝撃的な出会いでした!

アフーらしいと言えばアフーらしい出会いかも・・・しれませんが・・・

↓ アフー方面に向かってくる・・・雷鳥君 2羽。

 

IMG_9323

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく・・・飛びまくる雷鳥君。非常に珍しいような・・・

あの〜、すいません。

少し大人しい写真を撮らせてもらえませんか・・・

とお願いしてみましたが、二羽ともどうもお取り込み中だったようです!

でも、本当にキテヨカッタ!

やっと逢えました♪

DSCF11a23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑おじさまと雷鳥君。 ↓拡大図
DSCF1123

 

 

 

 

 

山岳ガイドのオジサマが喜んでいるアフーを見て、ヨカッタね♪

生え変わりの雷鳥と、こんな飛んでいるのは珍しいよ。と声を

掛けてくださいました。きっとこの山岳ガイドのオジサマは

アフー達が雷鳥に逢いたがっているのを知っていて先に進んで

くれたのではと今では思っています。

無事に雷鳥君に逢えたアフーは朝ご飯を食べて、小屋を出発し・・・
山頂へ向かう事になります・・・

今日も読んだよお尻ぺんぺ〜ん。




Posted by theslowpace at 07:05ヤマノボリ
2007年06月20日

仙丈ヶ丈 【其の参】

そんな訳で・・・ 其の壱  其の弐

続きです。まだ小仙丈にもついていないアフーと親分。

t-IMG_9068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はまだ雪のある山。慣れてないし・・・・・実は雪は怖いと言うのがホントの話。

開けた所にバスでご一緒だったご夫婦の奥様が座って休憩して
いらっしゃいました。

DSCF1082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開放的な景色と見事な青空で 「本当に素敵な山ですね」 

するとオバサマは 「そう!うれしいな〜」

奥様は毎年この山に5回は登っていると仰っていました。
旦那さまは小屋にお届け物があるので今日はここで待ってること。

色々な興味深々のお話をしていただきました!

DSCF1084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南アルプスでNGな小屋 それから下山後に絶対におすすめな
パン屋さん!と本当にとっても素敵な奥様です!

えへへ。鈍足はいつまでものんびりしてられないのでとっても楽しい
会話は名残惜しいですが 進む事にします。

t-IMG_9126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は前に見えた雪渓・・・怖かったので奥様に聞いてみました。
そうしたら、一歩一歩をしっかり確かめてから進めば大丈夫よっ!

と・・・・そして  登りきったら手を振ってね♪ と 勇気を貰います!

DSCF1085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開放的な景色の心地よさは雪渓に入る前にすべてアフーの頭の中は恐怖に
変換されてしました・・・ 

DSCF1088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先を進む親分。アフーはひとまずステッキを使います。

横を見ても、そして下を見ても上を見ても・・・怖いです。

DSCF1090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



うぅ。 でも幸いステッキが安定を保ってくれています。
前を見るとやはり親分も苦戦していました。人生で初雪渓で少し腐った雪質に
やはり親分だって怖いはずです。(しかも高所恐怖症)

DSCF1089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・ステッキを持たない親分が使った ツールは 手です。

DSCF1088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーもそして親分も必死でした。

t-IMG_9135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・ひとまず雪渓が無事に終わり後を振り返ると奥様が手を振って
くれていました。!!!! とっても嬉しかったのを思い出します!

t-IMG_9161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雪渓を越えたら・・・ そこは!

DSCF1092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


小仙丈ヶ岳でした。

t-IMG_9147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板はとても新しい物でした!そして そろそろ・・・越えたかな?甲斐駒君!

DSCF1105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に雪渓を越えたから安心です!

t-IMG_9157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


看板を見て胸躍らせるアフーが1人! 理由はね・・・

DSCF1102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この看板です! アフーがこの山に来た理由は・・・ズバリ雷鳥君!
長年会いたかったのに・・・ずっと逢えなくて・・・今年の目標です。

t-IMG_9162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷鳥君! どこに隠れているのかo(^-^)oワクワクドキドキです!

t-IMG_9167

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙丈ヶ岳はこの稜線沿い。

DSCF1110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう雪があるのには少し驚きました。

t-IMG_9173

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷鳥君。そして山頂君 今から行くので待っててね!

t-IMG_9181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタコラ進みます。もう危険な場所は無いことを祈りつつ・・・

t-IMG_9163

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


時間はやっぱり結構経過していたようで・・・15時を過ぎていました。

t-IMG_9191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小仙丈からの道はこんな感じです。なだらかで心地が良いです。

t-IMG_9186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーは甲斐駒君に勝ったようです。なんちて。

t-IMG_9197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに雪の道。でもしっかりと道は出来ていたので安心でした。

t-IMG_9212

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここで前からこられる人は、さっきの奥様の旦那さまです。
小屋にお届け物をして戻ってきたところです。
見るからに相当登りそうな方でした。 日本男児という言葉が
まさにピッタリの旦那さまは アフー達に・・・

「あ〜やっときたな〜。小屋のオジサンが心配しているよ〜」
アフー 「えっ!本当ですか・・・急がないと・・・」
オジサマ 「大丈夫だよ。急がなくても登ってきている事は伝えてあるから」
アフー 「ありがとうございます」

t-IMG_9205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフー 「この先は怖いところありますか?」
オジサマ 「ゆっくり行けば大丈夫だけれど、今日は山頂は諦めて明日も天気は大丈夫だから明日アタックすればいいよ。それと、誰に言われても小屋からのトラバースはキミ達はダメだよ。誰に進められても一度こちらのルートに戻ってから山頂に向かいなさい」

実は、このご夫婦とは5合目でお話をしていました。
その時はなにげない会話だったのですが、お2人にはすでにアフー達の
レベルがすでに判っていたのだと思います。

t-IMG_9215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきの奥様もそして旦那様も本当に的確なアドバイスを下さいました。
そして、アフーは思い出しました。バスに乗る前に1人不安でこの
張り紙をずっと読んでいました。

DSCF1059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この張り紙を読んでいた時に視線を感じていました。それは
奥様の視線でした。ずっと気にかけてくれていたようです。

また、知らぬ間に心配をお掛けしてしまっていたのです。。。
そんな自分にいけないなと思いつつも、オジサマにお礼を言って
再び歩き出します。

t-IMG_9215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回・・・南アルプスでは力の無さに反省ばかりです・・・でも景色は
今日も味方をしてくれました。

t-IMG_9216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ進みますが・・・また難所が出てきてしまいました。

DSCF1111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急ぎたいけれど急げずに・・・そしてこの難所も怖すぎました。

親分が左にずれたほうが歩きやすいかもというのでずれるも・・・
そこは泥沼状態で・・・手間取ります。アフーはもうドロンコ状態です。

t-IMG_9218

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでやっと分岐です。ここで左に行けば山頂。右は小屋です。
おじさまに言われたとおり今日はピークに行かずに小屋へ・・・
でも雪道のお陰でアフーの足は下手に力を入れすぎたせいか
足に力はいらず・・・鈍足度は加速です。

t-IMG_9224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも小屋の方が待っていると聞いていたのでひとまず親分に先に行って
チェックインして頂く事に・・・

DSCF1113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下りは特に足がプルルです。膝はもう大爆笑。ゲラゲラと笑ってます。
今日も親分に迷惑をかけてしまいました・・・

DSCF1112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋は見えますがそこまでの道は雪がたっぷりです。

t-IMG_9229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはやはり3000m。残念アフーは遅れて小屋前の雪渓に到着。
親分は先に行ってチェックインしてくれるはず。。頑張らねば・・・

が・・・ここの雪は凍っていて足は踏み込めず、そしてステッキも刺さりません。

t-IMG_9230

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はアフーはこのあと思いっきり転んでそのまま 自動尻セードです。
止まれず焦れば焦るほど・・・加速します。が・・・

人間って不思議です。スピードは速いのにアタマの中はスローモード。
カールの傾斜はかなりの物で止まらずに・・・ナナメに滑り落ちてくなか

小屋が保冷庫として掘った穴の中に入ってやろうっ!とギリギリ
な思考能力が機能していました。 どうにかステッキが刺さった部分で止まり
事なき終えました。

t-IMG_9233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中・・・アフーが小屋に着くと中から大きな声が聞こえます。

じゅーじのバスは絶対ダメっ!

?はて・・・ なにが起きているんだろう? 続く。

ハヨカケ。お尻ぺんぺ〜んっ!クリックなんちて。




Posted by theslowpace at 07:22ヤマノボリ
2007年06月19日

仙丈ヶ岳 【其の弐】

再び復活レポでゴメンナサイ。 其の壱はこちらです。

 

t-IMG_9031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うぉ〜〜! 甲斐駒ヶ岳君が どっしり!

t-IMG_9019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・アフーのひとりオバカ競争はここから始まる。

t-IMG_9042

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

t-IMG_9044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


競争相手は 甲斐駒ケ岳君!

t-IMG_9060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むふふ。 待っててよ〜 今 上から見下ろすからね〜!

t-IMG_9071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタコラ スタコラ・・・ (´ヘ`;) ちと ツライ・・・

t-IMG_9079

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやらアフーはちと手強い相手を選んでしまったようです・・・

t-IMG_9094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲斐駒君・・・おぬしもけっこうやるなぁ〜!(アフー心の声)

t-IMG_9087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに五合目から森林限界までは腐った雪。

t-IMG_9065

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこを過ぎると、雪はなくなり少し開けた場所にでます・・・

t-IMG_9076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青と緑と白の世界。 正面はまだ小仙丈岳ではありません・・・

t-IMG_9068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・周りを見渡すと・・・アフーの目線でどうぞっ!

t-IMG_9092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑手前は鋸。

t-IMG_9090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥は八ヶ岳連峰。

t-IMG_9098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっちからもコッチを見てくれているのかな〜♪

t-IMG_9064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑甲斐駒君・・・

t-IMG_9104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーをまだ見下ろしています・・・

t-IMG_9086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちと悔しいなぁ〜

t-IMG_9114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このカッチョイイ!山は !そうっアフーが去年苦戦しながらも
素敵な思い出たっぷりの 北岳君!

t-IMG_9121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に感謝で一杯な北岳の思い出です。!

t-IMG_9109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山もハッキリクッキリ!

DSCF1080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは・・・行きますよ〜 皆さん! 感激の3ショット!
感激しているのはアフーだけですね。

t-IMG_9106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本最高峰 富士山。 日本第二位の北岳。 そして、ヤマノボリ史上・・・
最強の鈍足の持ち主・・・アフー(´ヘ`;)。3ショット・・・

DSCF1083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑親分は写真を撮りはじめると・・・全然動かなくなるので・・・
むふふ。アフーは休み放題です♪

DSCF1084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今回も かなり、鈍足ブリを発揮しております...

t-IMG_9126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはソロソロ甲斐駒君を追い越すよ♪そして、素敵な人々と逢う訳です。

あっ それと、カンカンに怒られるなんて・・・
全然知らずに前へ進む訳です・・・




Posted by theslowpace at 05:49ヤマノボリ
2007年06月18日

仙丈ヶ岳 【其の壱】

仙丈ケ岳 標高3033m

おうちを出発する時は、実は燕岳と最後まで悩みました。

しかし、お天気も良し。これは相当混雑するかな〜と・・・

空いていそうな 仙丈ケ岳 を狙いました。

山頂の看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈍足な私は・・・どうしても皆さんにご迷惑をお掛けしてしまう為・・・
混雑を避ける傾向にあります_(^^;)ゞ

と言う事で、まず、アフーチームが立てた・・・予定。

ちなみに ガイド本では CT 6時間40分 標高差1000m

これなら・・・かなりレツモーに頑張れば
日帰りで行けるだろうと踏んでいました。

朝、始発の6:05 仙流荘から北沢峠行きのバスを使い

北沢峠に7:00着 〜 仙丈アタック〜バスの最終16:00 
に・・・ 8時間。

アフーチームにはちと

厳しいかもしれないので、最悪間に合わなければ

長衛荘に素泊まりをと・・・考えていました。

しか〜し!

残念・・・アフーチーム・・・

やらかしてしまいました・・・

仙流荘まではレガシィ君で 首都高⇒中央高速⇒諏訪ICまで

途中・・・すいません。 睡魔君登場・・・1時間寝ようと・・・

目覚ましをセット・・・そして就寝。

寝返りを打ったときに・・・携帯がピカピカ光っているのに気が付きました。

それは、弱足ママさんがメールを下さったので、ピカピカ光っていたんです。

ママさん♪本当にアリガト〜V(^0^)

でっ・・・ 時計を見たら・・・

( ̄□ ̄;)!!  

えっ8:00過ぎてる。

6時のバスに乗る人が・・・8時に

PAでまだ眠っていたなんて・・・

不思議だねぇ〜(・_・")?

本当にどうしようか迷いました。ちなみに アフー達が爆睡していたのは
諏訪ICヒトツ手前の 中央道原PA・・・

木曽御岳・・・ 乗鞍・・・に変更する?なんてプランも出ましたが・・・

やっぱり行こうっ! 

 こうなったら、山頂付近の小屋に・・・と言う事で、ガイド本に載っている
仙丈小屋に連絡。

素泊まり 2名 予約完了!

と言うことで、レールに乗れました。後は進むのみ!

夜のゴハンと朝ご飯をコンビニで急いで調達。そして、仙流荘にムカイマシタ。

バス停

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局10:00のバスに 乗りました。 ちなみに 往復大人2200円*2名。

DSCF1059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑仙流荘のバス停には・・・こんな張り紙が・・・不安はツノル・・・

でも、雷鳥さんに逢えるなら・・・ちと がんばってくるさぁ~♪

一滴ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間近くバスに揺られるのですが、運転手さんのお話はとても興味ある

話なのと、天候の良さ、景観の良さ、あっという間に北沢峠に到着です。

バスからの景色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにバスはアフー達を入れて8人。なんだか・・・皆さん凄そうな方ばかり・・・

スミレさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ムシトリスミレさん。 
運転手さんが教えてバスを止めてくださいました。カモシカさんも
いました♪

 

北沢峠・・・何年ぶりかな? 
親分パパプレゼンツのドンビキ甲斐駒強行ツアー以来です・・・

到着です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は違いますよ〜! 山好きにパワーアップして念願の雷鳥君に
に来た訳なんですっ!

バス君ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、今回のルートは先程の張り紙にあったので、藪沢ルートは
使えません。ので小仙丈経由の山頂⇒仙丈小屋の予定です・・・

t-IMG_8985


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、5合目までは樹林帯が続きます。

t-IMG_8989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、アフーはいつも通り・・・一合目から凹んでいます。

林道歩き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステッキの先端がいつも外れてしまう(・_・、)

t-IMG_8997

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっそうだった!こういうときは上を見ちゃいけないんだった_(^^;)ゞ

ひょえ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょえ〜。頭に血が登る・・・ 登るのは・・・山だけでいいアルヨ・・・

すっぱつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴天ナリ〜! 親分はいつも普通に歩けていいな〜...

綺麗だね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分「アフーさん・・・随分とペースが速いですねぇ〜」

t-IMG_8993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七三分けアフー・・・ 親分の言葉にちとカチ〜ン!

 怒ったぞ〜(`へ´)プンプン。

うひょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、アフーは残念なマイペース型。スピードは・・・

アフー4合目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

上がる訳も無く・・・・

ちと休憩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブドウ糖入りのチョコレートを持ってきたっ!そして・・・むふふ。梅干も食べたら 復活っ!

t-IMG_8996

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え〜と 五合目で親分と一緒に・・・ジュースを作っています!

コピー-(2)-〜-t-IMG_9010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ポカリの粉とブドウ糖をお水のボトルに入れてカシャカシャ。オイスィ!
でっ、ちなみに先をご覧下さい。5合目から雪が出現します。

DSCF1069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは序の口♪ 

DSCF1071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、なんだか上が明るいっ!

DSCF1070

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっ・・・もしや 森林限界(・_・")?其の弐へ




Posted by theslowpace at 15:05ヤマノボリ
2007年06月01日

涸沢小屋のカンチガイ女。

もう、何年前のお話かも忘れちゃったのですが・・・

 

親分パパの強引なプランに親分一家 総勢7名にて

涸沢小屋まで行く事になりました・・・

 

でもって、ヤマノボリなんて その時はだ〜れも興味がなくて

山小屋の事も、道具の事だって何も知らない そんな感じで_(^^;)ゞ

 

 

親分パパアフーちゃん。涸沢小屋に泊まろうと思うんだけど・・・7名予約お願いしてもいい?」

 

アフー「もちろんで〜す! とっておきますね〜」

 

でもって、出発一週間前。 涸沢小屋にデンワ。

アフー「すいません。 〇〇日に大人7名、予約可能ですか?」

優しいお姉さん 「はいっ。大丈夫ですよ♪お名前宜しいですか?」

アフー「はいっ。●●●と申します」 

ちなみに予約時の名前は親分パパの名前をフルネームで
伝えて、電話を切りました。

 

これで ひと安心。

 

でもって、出発前日。親分パパから予約の確認の連絡があり。

 

アフーは7人山の上で泊まれなかったらアフーの責任だしなぁ〜。

 

と言う事で・・・カンチガイ女アフーは再び、忙しい時期の

涸沢小屋に電話を・・・


でも優しいお姉さんは「大丈夫ですよ♪予約きちんとはいってます♪」

 

と答えてくれました。

 

そ〜して、出発の日。ヤマノボリを知らないカンチガイチームは

上高地を経て、涸沢小屋に向いました・・・

 

そ〜して、途中、ちょいとアクシデントがあり、時間を2時間ロス・・・

 

でもって、7名いたチームは其々のペースが異なる為、3チームに分散。

 

ドンケツチームは モチロン。 

アフー  と   親分パパの 二人・・・

ソートー オソイ フタリデアル・・・

 

そ〜して、暗くなり始め・・・遥か上の方の小屋の灯りが付いたときに・・・

 

あの時、実は誓いました。二度と山なんて来るもんかと・・・

 

でもって、宿泊先の涸沢小屋を知っているのは

アフーと親分パパのみ・・・

ミンナの元に到着したドンケツチームはコシクダケ。

 

ちなみに、もう真っ暗・・・

ちなみに、テント泊の人たちは・・・もう星とか見て
うっとり・・・している中・・・

 

ヘロヘロ ヘッドライトチームのドンケツチームが到着・・・

他のメンバーはどっちの小屋かもわからず・・・

数時間も待たされ・・・ブーブーです。

まぁ、親分パパもアフー

疲れちゃってそれどころではない訳で_(^^;)ゞ

 

そして、親分パパのヘッドライトは・・・もう風前の灯。

 

でもって、涸沢ヒュッテに間違っていってしまい・・・そこから

ヘロヘロで涸沢小屋に到着。

 

優しいお姉さんは、すぐに 

「●●●さんですよね!

あ〜良かった。ずっと心配していたんですよ!なんだか、お名前が

とても印象残ったのと、予約をずっと心配されていたので・・・良かった・・・」

あぁ、確かに親分パパのフルネームは時代劇に出てくるような
カッチョイイ変った名前でして・・・

 

でもって、やっと広い布団でゆっくり寝れると思った

 

で〜も〜 そう人生甘くはない・・・

涸沢小屋に到着したカンチガイオンナの案内されたお部屋は・・・

 

 



階段の踊り場・・・  へ・・・

 

部屋に入る事もできず・・・

布団1枚に4人とか言っていた気が・・・

 

 

実を言うと、予約した段階では・・・

8畳程のたたみの部屋に布団がひいてあって、外の景色を見ながら
まったり出来るのだと完全に

 

カンチガイしていました・・・

 

 

がっ まっていたのは・・・ ( ̄□ ̄;)!!トイレに起きる人々に髪の毛を踏まれ、足を踏まれ、イビキ合戦の審査員を務め・・・といった感じで・・・

 

やっぱりその時も、山なんて二度と来る物か・・・と思っていた訳で・・・

 

でも・・・今はこんな状態で・・・ 山大好き!

混んでいる時はテントという素敵な道具も手に入れた訳で・・・

今思うと、その時の涸沢は見事な紅葉でしたよ。
そして、今、考えると、もう少しゆっくり景色を堪能してくれば
よかったなぁ〜と思います。

でもね、また行けば いっか〜!次は身も心も万全でいけるはず!

ということで、涸沢小屋のカンチガイ女、アフーでした_(^^;)ゞ




Posted by theslowpace at 05:31ニッキ ,ヤマノボリ