2007年05月
2007年05月08日

吾妻山 【後編】

吾妻山 【前編】 はこちら。

親分山頂到着です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ無事登頂できたのですが、ここまでかかった時間は・・・2時間10分。

まぁまぁです。

IMG_6749

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ、山頂で異なるルートで下から登ってきた二人組のオジサマに出会いました。登りで4時間30分かかったようです。

少しお話をしてから我々はゴンドラの時間も気になりつつ、山頂を
後にします。

 

オジサマが別れ際に・・・

「木のそばは歩いちゃダメだよ。深いから・・・」 

 

なるほろ〜。なんで(・_・?) と思いながら出発です。

IMG_6791

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、後から スタスタ とスノシューみたいのですごい勢いで追い上げて
くる男性。振り向くと・・・

IMG_6783

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バサッ 

 

と 首まで突然、落とし穴に嵌ったように落ちてしまいました。

親分が助けに行ったので、アフーも後をついていったら・・・(´ヘ`;)ハァ

案の定、 アフーも落とし穴に・・・脇で止まりましたが、それでもまだ、
足は土についてませんでした。そうとう深いと思われ。

実はねアフーは落ちる瞬間を見ちゃったので・・・笑いを堪えるのが
必死。だっても〜、どうだっ!新人!スノシューはこんな早いんだぞ〜
てな感じで追い風吹かせて歩いてきたのに・・・
アフー達が振り向いた途端 バサッ っと・・・首というか・・・もうすっぽり。


 
アフーはよく吹出さなかったヨ。頑張った! と、 でも、きっと顔はタコみたいに真っ赤にして、笑いを堪えていたと・・・ ちと思う。

IMG_6794

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不謹慎だけど、いつも笑われちゃう方だから、
たまにゃ〜笑ったって、いいよ(^_-)ネッ

でっアフーは木に捕まって自力で脱出。
やっぱり、山頂のオジサマが言っていた事は正しかった!

IMG_6781

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーポーズV(^0^)

IMG_6797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、アフーは何度も転ぶのですでに
カメラをザックにしまっています。

IMG_6797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい! 楽しい! 楽しい!

IMG_6754

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分も軽快にスタスタ下ります!

でもっ でもっ でもっ ふっ ふっ ふっ

親分転ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねっ、結構深い! 

IMG_6774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの上でランチタイムにする予定♪↑(^^_)ルン♪

えっさこら〜さっさ〜

IMG_6784

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のランチパックは アップルシナモン!

IMG_6788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにパンパン。

IMG_6789

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく破裂しなかったね。

IMG_6786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパッツ君もアルモンド君もしっかりアフーの頼もしい助っ人君です!

IMG_6813

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯に入ると、少し傾斜が増すので転びます。

あ〜アイゼン君、雪だらけだもんなぁ〜。

IMG_6816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度転ぶと、腰が抜けて慎重になると・・・これまた転ぶ・・・
何度も親分とらないでくらさい・・・(´ヘ`;)ハァ

IMG_6815

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘロヘロにて到着・・・

そして、ここまでは非常に楽しいヤマノボリ・・・しか〜し。

登りではココまでゴンドラとリフト3本を乗り継いで来たのですが
下りでは上の2本のリフトがつかえません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので・・・こんなスキー場の横を下るのですが一番上のリフト部分は
中級から上級コースでなかなかの傾斜&距離なのです・・・

IMG_6819

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ〜スキーとかスノーボードとかでビュ〜ンと降りれたら・・・(´ヘ`;)ハァ

機嫌悪そうなアフーであります・・・

IMG_6831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、昨日電話に出てくれた人は・・・
雪は無いって言ってたのになぁ〜。。。本当に ふ・し・ぎ・だねぇ(・_・?)

IMG_6826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフトの人達の視線を感じながら・・・ (´ヘ`;)ハァ 
転んだら笑われちゃう・・・なぁ〜。

IMG_6832

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキーヤー風 アフー。 でもちっとも進まんっ(`へ´)プンプン
ちと、恥ずかしかった_(^^;)ゞ。だって、かっちょ悪い・・・

IMG_6836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のリフトはバッチリ使いました。

下り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、吾妻山はいい山です!

IMG_6842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、無事ゴンドラの時間にも間に合い・・・V(^0^)

IMG_6844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事レガシィ君に到着。  (^。^;)ホッ。

 

でっ、この後、どうしようか〜。と悩むアフーと親分。 

なので、とりあえず
カ〜ナビ君に聞いてみた。 ちなみに蔵王の刈田岳山頂パーキングまで
何キロですか?と・・・すると、 カ〜ナビ君は83キロと答えた・・・

 

じゃあ 行っちゃおう! でっのんびりドライブで
山形市内に到着したのですが・・・(°◇°)~ガーン はいっ!睡魔君。

しか〜し、道の駅は見つからず・・・我慢できずにスーパーの駐車場で爆睡。
2時間ほど・・・ 起きたのですが、なんか目が変。。。痛い。

 

それと、刈田岳山頂パーキングに通じる有料道路が朝の8時から。


健康ランドや日帰り入浴施設は・・・GWで何処も駐車場からごった返していて、混雑しており、道の駅も見つからず・・・

 

車中泊を予定していたのですが何処で眠ろうか・・・と考えているうちに
少し疲れてしまいました・・・
そろそろ、9時か・・・

 

暇人アフーはカーナビ君で一番近くの ビジネスホテルさくらんぼ という
ちょっと名前だけ聞くと怪しげなBHですが、ダメモトでTELしてみたら、
お困りでしょうからシングルルームにエクストラベッドを用意で宜しければ・・・
と仰ってくれました・・・

二人で駐車場込みで8300円。 GWなのに・・・通常料金でした。

IMG_6849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、部屋もとても綺麗にされていて、宿無しアフーチームには充分過ぎる
優しいホテルでした。オーナーさんも、そして、電話口に出てくれた
オバサマも本当に優しい方で、本当にありがたかったです。

山形駅から徒歩5分の場所で駐車場もあり、少しですが山形駅付近も
お散歩してきました。


お風呂で疲れをとった後、
明日の朝には少し目の痛みが良くなっているといいけどなぁ〜。
と・・・切に願いながら就寝。

 

 

翌朝の9時まで爆睡してしまいました・・・ あはは_(^^;)ゞ

とそんなこんなで吾妻山レポは終了です。 

IMG_6762

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最後まで読んでくれてとってもうれしいです。m(._.)m

このあとは・・・ 蔵王山につづきます・・・たぶん・・・明日くらい_(^^;)ゞには・・・




Posted by theslowpace at 19:49ヤマノボリ
2007年05月06日

吾妻山 【前編】

前日になんとなく予定を立ててみました。

でっ親分にこんなプランを立ててみましたが・・・とお尋ねしてみた。

 

雪と・・・それとリフトと道路状況も心配だったので電話して聞いてみました。

 

アフー「リフトとゴンドラは運行していますか?西吾妻まで登りたいのですが?」

オジサマ「はいっ、通常どおり運行しております。でもリフトが3本のうちの上の2本は下りでは使えませんのでスキー場の横を歩いて下ってください」

アフー「え潤オとアイゼンとか必要ですよね。かなり雪はありますよね?」

 

オジサマ「あっ!いらない。いらない。雪は木の所だけ、あるけれど

あとは無い感じですよ。」

 

とても感じの良い素敵で元気な回答だった。
これでとりあえず西吾妻山に行く事に決定。

 

夜中の3時におうちを出発。東北自動車道⇒磐越自動車道⇒
磐梯高原ICで降り、ナビ君に任せる。

 

裏磐梯を通り抜け・・・

桧原湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧原湖からの磐梯山もまた 綺麗ですね潤オ。
なんていいながら、西吾妻スカイバレー道路 へ。

しか潤オし、この道路は朝の8時からとの事。ここから8キロ戻って
コンビニで朝食を調達。でもって、ゲートの脇に車を止めて朝食。
アフーは・・・山の前に縁起担ぎに食べる物がある。

これは、本当は教えたくなかったけれど・・・特別に教えるアルヨ。

ねぎ塩豚カルビ弁当

 

これとチャーハン味のオニギリが
あったら、アフーはもう、
なにもいらないアルヨ!

百万馬力。なんちて_(^^;)ゞ

 



セブンイレブンの お弁当。 地区によっては白米を麦飯にしてある。
で北岳の時も雨飾も他の山の前にも朝食が取れなかったらとりあえずこのお弁当でカタヲツケル。

 

なんて、ふざけている間にゲートが開きます。8時には車は沢山いました。
のんびり、他の車が出発してからのんびり出発しました。

 

でもって、ロープウェイ駅に到着。

おさるぴょん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ! おサルさん! でっ駐車場を整理してくださるオジサマも
とても感じがいいです!
おサルさんは家族でこの辺りを牛耳っているようです。

駅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと、準備は完了! すっぱつしんこ潤オです!\(^O^)/ヤッター

登山届

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ、親分が登山届を・・・初めて見た気が・・・その間にアフーはチケットを購入。

まず、ゴンドラ往復 1080円 リフト1本300円*4(登3下1)なので、二人で4.560円也。

ゴンドラの中はスキーヤーさんとボーダーさんの方でごった返しています。

リフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、アフーは・・・ウィンタースポーツはまったくできず・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


リフトが・・・・ちとコワイあるよ。

リフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に乗れたけど・・・降りれるか・・・心配だなぁー

 

 

 

 

 

 

リフトに乗る親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り降りで毎回足をリフトの下に挟みます。痛くないからいいけど・・・
二本目のリフトは親分と一緒だったので、ひと安心。

第二リフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三本目。のリフトは長かった。これ下りは自力で下るのか・・・

いい天気です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば・・・昨日電話したオジサマは・・・雪無いって言っていたのに・・・
(・_・?)、と不安はツノル。

皆さんとっても優しいスタッフさんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


苗場ではリフトで怒られたけど・・・ここのスキー場の人は・・・
見事なほど、皆さん感じが良くて優しい。本当にヤサシイ!のですっ!

雪あるねぇ潤オ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、雪が・・・た潤オっぷり・・・( ̄□ ̄;)!!

雪が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分はアフーが違う所に電話をかけたのではと疑っている・・・
でもリフトの運行状況はあっていたし・・・

アフーなにしてるの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふ・し・ぎ・だねぇ〜。 (・_・?) とりあえず、軽アイゼン装着完了。

あががが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは4本。親分は6本。でも安心感は150%くらいアップしました。

それと、GWなので、トレースがしっかりしていたので、
行ける所まで行く事にしました。

アイゼンつけたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!アフーイチコケ。 カメラは・・・フゥ。大丈夫!

雪道は歩き易い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏期はきっと樹林帯。木はアフーの足の下。おかげで
とっても歩き易いV(^0^) あ潤オたのしい!

でも、雪が靴から入ってくるので、本当はお見せしたくなかった・・・

本当はこのスパッツちと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーチームのスパッツ。もう、何前に買ったか忘れたけれど
初めてのゴアテックス素材でした。でも、・・・お蔵入り。

田吾作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は・・・皆さんはなんだかカッチョイイのに・・・なぜか苗場でつけたら・・・
田吾作 風に・・・親分が付けないのでアフーも付けなかった・・・訳で_(^^;)ゞ

むふふふ。へなちょこスパッツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今日はそんな見た目よりも快適さを・・・w(゜o゜)wワオ!!快適!
もっと早く付けておけば良かったと・・・ちと後悔・・・

アフーはこの辺りから・・・目が痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは目が痛く。ウィンタースポーツの出来ないアフーは雪目を
知りませんでした(;´д`)トホホ。

たのしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サングラスがあったら、こんな事には(;´д`)

ここは天国(・_・?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となんとも残念なアフーな訳で_(^^;)ゞイヤー でもヒトツ勉強になりました。

傾斜は増しても歩きやすいです。

 

原色使いの親分。 素敵ですょ! あはは。

 

オヤビン。あれが山頂ですか?

うっほほ潤オい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んな訳ないね・・・だってこんな楽なワッキャナイドゥー!

アルペソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはちと・・・思った。 アルピニストになれると・・・

綺麗だ潤オ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かっちょいい・・・

おっ 親分はアフー待ちだねっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

でも、そんなヘナチョコアルピニストアフーは
あいも変らず・・・アフーは親分を待たせる・・・

まってくらさい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルピニストになりきっているアフーも頑張るっ!

アルペソアルペソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山家アフー。はエベレストに登っている気分です。

登山家になりきっているオオバカモン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここでエベレスト気分を満喫しているアフーは安上がりなオンナです!
(´ヘ`;)ハァ残念なアフーです。

んっ あと山頂まで少しだ潤オ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ。アルピニストアフーはココで・・・終わりを告げる・・・
先行した人に・・・

(´ヘ`;)ハァ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何しに来たの?私達は登山に来てるの・・・」と・・・

( ̄□ ̄;)!! ・・・・・言われてしまった。

「私達も一応登山です」 って本当は言いたかった・・・(×_×;)

そっか・・・やっぱりアフーはアルピニストじゃないのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、初心者に見られちゃうんだな潤オ・・・まっ いいや!

そっか・・・アルピニストにはなれなかったアフーは次のターゲットに・・・
クロスカントリーで先行しているカッチョイイ人を発見。

クロカンアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必死に・・・

追いかける・・・オオバカモンアフー。

おっ これはいけるかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マテェ潤オ。

まってぇ潤オ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´ヘ`;)ハァ やっぱり、ダメだ。

(´ヘ`;)ハァ やっぱり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、アホアホアフーでしかなかった・・・(°◇°)~

そうして・・・足は・・・へたへた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして、アルピニスト&クロカンの野望に破れたアフーに残った物は・・・

アルピニストになりたかった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの ダメダメアフーな足だけだった・・・それにしても深すぎです。

実は多くの人がこの時期の山頂を見つけられずに
帰ってしまうことが多いらしい。看板が雪に埋まってしまうので・・・


親分にすれ違うオバサマが本当の山頂へは足跡が右にそれる箇所があるから
踏み後は二人分しかないから・・・気をつけて見ていくとあるからね・・・と

教えてくれた。

 

山頂はその心優しいオバサマの一言でアフーチームも無事
登頂する事ができました。山頂看板は雪の下に・・・

西吾妻山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルピニストになれなかったアフーをずっと山は待っていてくれました。

 

西吾妻山に登れました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分も膝痛なく、ここまで登頂。 \(^O^)/ヤッター \(^o^)/バンザーイ

運動音痴を克服したい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残るは下山であるよ! 後編に続く。

どんなに遅くっても山頂は怒らずに待っていてくれました!
だから、アフーは山が大好き! 




Posted by theslowpace at 19:34COM(0)ヤマノボリ
2007年05月04日

吾妻山 【前編】

前日になんとなく予定を立ててみました。

でっ親分にこんなプランを立ててみましたが・・・とお尋ねしてみた。

 

雪と・・・それとリフトと道路状況も心配だったので電話して聞いてみました。

 

アフー「リフトとゴンドラは運行していますか?西吾妻まで登りたいのですが?」

オジサマ「はいっ、通常どおり運行しております。でもリフトが3本の
うちの上の2本は下りでは使えませんのでスキー場の横を歩いて下ってください」

アフー「え〜とアイゼンとか必要ですよね。かなり雪はありますよね?」

 

オジサマ「あっ!いらない。いらない。雪は木の所だけ、あるけれど

あとは無い感じですよ。」

 

とても感じの良い素敵で元気な回答だった。
これでとりあえず西吾妻山に行く事に決定。

 

夜中の3時におうちを出発。東北自動車道⇒磐越自動車道⇒
磐梯高原ICで降り、ナビ君に任せる。

 

裏磐梯を通り抜け・・・

磐梯山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧原湖からの磐梯山もまた 綺麗ですね潤オ。
なんていいながら、西吾妻スカイバレー道路 へ。

レガシィ君4万キロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しか〜し、この道路は朝の8時からとの事。ここから8キロ戻って
コンビニで朝食を調達。でもって、ゲートの脇に車を止めて朝食。
アフーは・・・山の前に縁起担ぎに食べる物がある。

これは、本当は教えたくなかったけれど・・・特別に教えるアルヨ。

お弁当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これとチャーハン味のオニギリが
あったら、アフーはもう、
なにもいらないアルヨ!

百万馬力。なんちて_(^^;)ゞ

 



セブンイレブンの お弁当。 地区によっては白米を麦飯にしてある。
で北岳の時も雨飾も他の山の前にも朝食が取れなかったらとりあえずこのお弁当でカタヲツケル。

 

なんて、ふざけている間にゲートが開きます。8時には車は沢山いました。
のんびり、他の車が出発してからのんびり出発しました。

 

でもって、ロープウェイ駅に到着。

おサルさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ! おサルさん! でっ駐車場を整理してくださるオジサマも
とても感じがいいです!
おサルさんは家族でこの辺りを牛耳っているようです。

駅です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと、準備は完了! すっぱつしんこ〜です!\(^O^)/ヤッター

親分が登山届をめずらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ、親分が登山届を・・・初めて見た気が・・・その間にアフーはチケットを購入。

まず、ゴンドラ往復 1080円 リフト1本300円*4(登3下1)なので、二人で4.560円也。

天元台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴンドラの中はスキーヤーさんとボーダーさんの方で賑っていました。

これからリフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

でもって、アフーは・・・

うっふぉふぉ〜い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

ウィンタースポーツはまったくできず・・・

ゴンドラゴン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


リフトが・・・・ちとコワイあるよ。

ひとりりふと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

無事に乗れたけど・・・降りれるか・・・心配だなぁ〜

次のリフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

乗り降りで毎回足をリフトの下に挟みます。痛くないからいいけど・・・
二本目のリフトは親分と一緒だったので、ひと安心。

親分と一緒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三本目。のリフトは長かった。これ下りは自力で下るのか・・・

3本目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

そういえば・・・昨日電話したオジサマは・・・雪無いって言っていたのに・・・
(・_・?)、と不安はツノル。

すっぱつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 


苗場ではリフトで怒られたけど・・・ここのスキー場の人は・・・
見事なほど、皆さん感じが良くて優しい。本当にヤサシイ!のですっ!

あらら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

あっ、雪が・・・た〜っぷり・・・( ̄□ ̄;)!!

たっぷりあるね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

親分はアフーが違う所に電話をかけたのではと疑っている・・・
でもリフトの運行状況はあっていたし・・・

え〜と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふ・し・ぎ・だねぇ〜。 (・_・?) とりあえず、軽アイゼン装着完了。

またもたついてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは4本。親分は6本。でも安心感は150%くらいアップしました。

それと、GWなので、トレースがしっかりしていたので、
行ける所まで行く事にしました。

イチコケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!アフーイチコケ。 カメラは・・・フゥ。大丈夫!

雪道は歩き易い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏期はきっと樹林帯。木はアフーの足の下。おかげで
とっても歩き易いV(^0^) あ〜たのしい!

でも、雪が靴から入ってくるので、本当はお見せしたくなかった・・・

 

スパッツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーチームのスパッツ。もう、何前に買ったか忘れたけれど
初めてのゴアテックス素材でした。でも、・・・お蔵入り。

スパッツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は・・・皆さんはなんだかカッチョイイのに・・・なぜか苗場でつけたら・・・
田吾作さん風に・・・親分が付けないのでアフーも付けなかった・・・訳で_(^^;)ゞ

 

(☆_・)・‥…━━━★ピキューン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今日はそんな見た目よりも快適さを・・・w(゜o゜)wワオ!!快適!
もっと早く付けておけば良かったと・・・ちと後悔・・・

 

親分は歩くのがはやいね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

アフーは目が痛く。ウィンタースポーツの出来ないアフーは雪目を
知りませんでした(;´д`)トホホ。

 

目が痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サングラスがあったら、こんな事には(;´д`)

 

アルピニストなアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となんとも残念なアフーな訳で_(^^;)ゞイヤー でもヒトツ勉強になりました。

 

まって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傾斜は増しても歩きやすいです。

 

傾斜がましても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原色使いの親分。 素敵ですょ! 

 

カラフルオヤブン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤビン。あれが山頂ですか?

 

おやび〜ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んな訳ないね・・・だってこんな楽なワッキャナイドゥー!

 

うっほほい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはちと・・・思った。 アルピニストになれると・・・

 

おやぶん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かっちょいい・・・

 

待っててくれる親分

 

 

 

 





















 

 

 

 

 

でも、そんなヘナチョコアルピニストアフーは
あいも変らず・・・アフーは親分を待たせる・・・

 

頑張る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルピニストになりきっているアフーも頑張るっ!

 

アルピニストなアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山家アフー。はエベレストに登っている気分です。

 

アルピニスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここでエベレスト気分を満喫しているアフーは安上がりなオンナです!

 

ちらいー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(´ヘ`;)ハァ残念なアフーです。そして・・・鈍足です。

 

スタコラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ。アルピニストアフーはココで・・・終わりを告げる・・・
先行した人に・・・

 

かなすぃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何しに来たの?私達は登山に来てるの・・・」と・・・

( ̄□ ̄;)!! ・・・・・言われてしまった。

「私達も一応登山です」 って本当は言いたかった・・・(×_×;)

 

だめだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、初心者に見られちゃうんだな・・・まっ いいや!

 

まてぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっか・・・アルピニストにはなれなかったアフーは次のターゲットに・・・
クロスカントリーで先行しているカッチョイイ人を発見。

 

ターゲット発見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必死に・・・

追いかける・・・オオバカモンアフー。

 

まて〜なんちて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マテェ〜。

 

クロカンな人を追いかけた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´ヘ`;)ハァ やっぱり、ダメだ。

 

飛行機くも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、アホアホアフーでしかなかった・・・(°◇°)~

仕方が無いので・・・飛行機雲に励ましてもらった。

 

( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして、アルピニスト&クロカンの野望に破れたアフーに残った物は・・・

 

足がヘロヘロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

いつもの ダメダメアフーな足だけだった・・・それにしても深すぎです。

実は多くの人がこの時期の山頂を見つけられずに
帰ってしまうことが多いらしい。看板が雪に埋まってしまうので・・・


親分にすれ違うオバサマが本当の山頂へは足跡が右にそれる箇所があるから
踏み後は二人分しかないから・・・気をつけて見ていくとあるからね・・・と

教えてくれた。

 

山頂はその心優しいオバサマの一言でアフーチームも無事
登頂する事ができました。山頂看板は雪の下に・・・

 

親分山頂到着です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルピニストになれなかったアフーをずっと山は待っていてくれました。

 

山頂のアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分も膝痛なく、ここまで登頂。 

\(^O^)/ヤッター \(^o^)/バンザーイ

こけた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残るは下山であるよ! 後編に続く。

どんなに遅くっても山頂は怒らずに待っていてくれました!
だから、アフーは山が大好き! 

続きも読むよ。お尻ペンペンっ!クリック 続きへ




Posted by theslowpace at 21:34ヤマノボリ