2006年09月
2006年09月30日

赤城山

赤城山 【黒檜山1826m & 駒ケ岳1685m】 2002年4月22日 天気

ルート:ビジターセンター⇒赤城神社⇒黒檜山登山口⇒黒檜山⇒駒ヶ岳⇒
     駒ヶ岳登山口⇒ビジターセンター

記念すべきアフーチームの初登山は赤城山でした。
(自分達で山に登りたいと選んだはじめての山です。)

ちなみに、画像は35万画素。(リコーDC-3)かなり画像悪です(*^^*ゞ

駐車場はビジターセンターを利用。この日はお天気最悪でビジターセンターには
車はありませんでした。ここから黒檜山登山口を目指します。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


大沼の脇の車道を歩き、まずは赤城山神社へ。お参りを済ませて再度車道へ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジターセンターから黒檜山に行く途中の車道に駐車スペースがあり、そちらで
他の登山客の方もチラホラいらっしゃいました。

黒檜山登山道から登りはじめると・・・
いきなり樹林帯の急登が始まります。

アフーはまったくダメで初めの15分でダウン。
親分は元々サッカーをやっていたので、スタミナ充分です。
今と変わらず、余裕( −_−)。

ちなみにデビュー山はこんなに素敵・・・じゃない・・・天気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうだめだ・・・と思って諦めようとした時に、単独のオジサマに
「山は逃げないから、自分のペースでゆっくり登りなさい。」
と優しい言葉を頂きました。今でも鮮明に覚えてます。

暖かい言葉のお陰で、諦めずにどうにか、登る事ができました\(^O^)/
そして、今に至ります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒檜山の頂上♪
この時から、今までずっと毎度のようにV(^0^)ピース・・・(←成長してない・・・)


 

 

 

 

 

 

 

 

 


まだ、山の事はまったくわかっていないので、
本当に普通のシャツで登ってました。(*^^*ゞ

ここから駒ケ岳山頂に向かいます。たしか階段だったような・・・
今、考えると、黒檜山⇒駒ケ岳 がアフーの尾根デビューな訳です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらには数名のパーティがいらっしゃいました。丁度みなさんランチだったようです。
この日、アフーはおにぎりを持って行ったのですが・・・
下山が怖くて嫌なのと不安で、ヒトツも食べられなかったのを
思い出します。(←軟弱女)
今では、山頂だろうが何処だろうが食欲旺盛で困ってます(;´д`)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃は、ステッキの重要性も、軽量化も、まだな潤オんにも判らない二人です。

この日、駒ヶ岳の山頂で他のパーティの人が「これで駒ヶ岳は3つ目だよ」と・・・
これを聞いて、へ潤オこの他に二つもあるんだ潤オ。と感心していたアフー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今ではアフーの登頂した駒ヶ岳は4つ。
甲斐駒ヶ岳、会津駒ヶ岳、赤城の駒ヶ岳、木曽駒ケ岳、
まだまだ、日本の色々な所に駒ヶ岳という名前の山がある事も知りました。

駒ヶ岳を登るたび、あの赤城で逢った人は何個の駒ヶ岳に
登ったのかな潤オなんて、思ったりしてます。

今回もまた、自己満足的な記憶を辿る山行日記でした♪チャンチャン♪

 




Posted by theslowpace at 20:33COM(1)ヤマノボリ
2006年09月25日

八ヶ岳 【赤岳】

八ヶ岳 【赤岳】 山行日 2006.9.24(日)   標高2899m 天気
ルート 美濃戸⇒行者小屋⇒文三郎登山道にて赤岳⇒地蔵尾根経由にて行者小屋⇒美濃戸 タイム:歩行タイム 5:55 休憩 1:25 合計7:25

先週の会津駒ヶ岳に登ったものの、体重減らず・・・
という事でどこかのお山に・・・最後まで悩みました。

日帰りの出来る山。という事で八ヶ岳に行く事に♪
土曜日の夜に仕度をして、
日付が変わると同時に家をでました。
ガソリン満タン完了後、出発です。ちなみに諏訪南ICが登山口に
一番近い降り口となります。

美濃戸登山口がありまして、ここから美濃戸までは徒歩で1時間くらいなのですがここは車でショートカットが出来ます。ちなみにけっこうなオフロードですので車高の低い車やリップエアロとか入っちゃってる車は多少のガリガリは覚悟で入ってくださいね♪うちのレガシィでも車高、かなりギリギリでした。でも駐車場は前日から入っている人たちの車も含め沢山停まってました。

ここには やまのこ村 と赤岳山荘 があります。アフー車は赤岳山荘に駐車♪

DSCF0082

 

 

 

 

 

 






 

 

 











あと、駐車場代金が一日1000円となります。アフー的には往復2時間の徒歩を考えれば安いと思います♪しかもトイレありで安心です♪(50円)

明るくなったら歩き出そうと決め、仮眠準備に入ったら・・・

( ̄□ ̄;)!!すぐに明るくなる訳で!!で、結局毎度の事ですが・・・
今回も無睡眠(泣)!

日帰りという事もあり、早めに出発。ちなみに寒すぎです。気温約6℃。

P1020295

 

 

 

 

 


























チラホラ日帰りの方もいるのでちょっと安心♪

P1020296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓美濃戸山荘の横を通過します。

P1020299

 

 

 

 

 


























ここから行者小屋まではガイド本によりますと・・・2時間ね♪なんて話しながら

DSCF0083



















 

 

 

 






登山口。

DSCF0085

 

 

 

 

 


























南沢と北沢に分れます。この看板を10分後にまた見るとは・・・

ちなみに赤岳には南沢の方が近いのでそちらから〜

すぐに石の階段があります。この階段を下りたらすぐ右に曲がってください♪
まっすぐに行く道もありますが ここは × です。 

万が一、ジャリ道が出てきたら戻ってくださいね♪その道は北沢ですから・・・
という事で、アフーチームがこんなに詳しいのは・・・

間違えちゃったから♪また、登山口に戻ります。

あ〜これで10分くらいロスしちゃったな〜・・・なんて思いつつ、橋を渡り

DSCF0086

 

 

 

 


























川沿いの登山道を進みます。何度か川を渡ります。

P1020302































 

 

 

 



ちなみにアフーは丸太系が苦手・・・↓腰抜けアフー

DSCF0087

 

 

 

 






 

 

 

 








 



でっ、何故か道に迷う。

P1020303
































 

 

 



いくつか分岐があるのですが毎回悩む・・・
後にいた人が途中で前にいたりと、している訳なんです。

DSCF0089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


で気がつくと逆だったりなんて・・・

迷っても大丈夫みたいです。いくつもルートがあるみたいですょ(*^^*ゞ
ちなみに今回も不親切なガイド本持参。そういうことは一切書いてないし・・・・・・(`へ´)


DSCF0088

































行者小屋(標高2350m)へはガイド本では2時間♪この区間は約3.9kmで標高600m上がります。つまり、アフーがお伝えしたいのはですね まったり 3.9km 登る訳なんですよ。標高は上がらないし、なんだかアフーチーム二人ともダルダルです。

P1020305































 

 

 




ついに、あ〜ツライ。今日はダメです。先週のような元気はナシ。

あっ、お伝えするの忘れてました。本日、快晴。
ということでどうにかですが(*^^*ゞダラダラ歩いて行者小屋に到着です。

DSCF0090

































テン場あり。水場、トイレあり。小屋の前にはテーブルイスがあり、休憩できます。
ここで15分休憩。

P1020308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





で、ここからまた分岐があります。

で、アフーが取り出したのはあの、どうしようも
アフーガイド本、今日は疲れちゃったからな〜赤岳ピストンといことにして
すかさず、距離の短い方を選択♪

DSCF0094

 

 

 

 

 

























・・・・・しかし、 ま〜た やっちゃったよ。アフーさん。ニヤニヤしてる場合じゃないですよ・・・!

DSCF0092

































日帰りチームが6チーム程あったのですが・・・こちらには「いかにも登れます」っていう感じの単独の男性の方が2組だけ・・あとは、誰も来ない・・・

DSCF0099
































 

 

 

 




まっ、いいか、深く考えない・・・ってイキナリ スゴイ急登りっすね・・・


P1020312





















 

 

 

 

 

 

 

 






って え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

P1020314




























 

 

 




 



これっ、写真でお伝えできないくらいの角度です。
しかも、この階段、アフーのヘビィな体重に耐えれないのか・・・

DSCF0100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グニャフニャなのです(・_・、) 上を見ちゃったのだけど・・・

DSCF0101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あの傾斜を・・・・くっ〜 あのガイド本め〜
無事下山したらビリビリの八つ裂きにしてやる〜(▼、▼メ)

DSCF0106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



とりあえず、この登山道は文三郎登山道というらしいです。

DSCF0091

 

 


























 

恐るべし、文三郎。

とりあえず、階段を登りきると・・・・
あの・・・ 鎖だらけなんですけど・・・・・一見ラクチンそうに見えますが・・・

DSCF0111

































この足場の石は滑る。しまいには固定の石なんて無いんです。全部の石が浮きまくり(×_×;)
チェーンに頼りながら登ります。

DSCF0118

 

 

 

 



























下を見た・・・ アフーは バビッタ。 ビビッタ。 そしてチビッタ(←これだけは嘘です)

DSCF0115





















 

 

 

 





でも、こわい・・・・・ 硬直している残念アフー↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こちらからの登りが 悪いことばかりではございません。
それは・・・景色♪ しばし、展望をご覧あれ〜♪

DSCF0112
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


DSCF0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



親分は既に分岐に到着。

P1020323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーも遅れて到着。(^。^;)フウ


DSCF0122

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 





擦れちゃってる分岐看板。

DSCF0125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分と阿弥陀岳。

P1020317

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 



親分と看板と青い空

P1020327

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ここから、次の分岐まではこれ以上にスゴイ登山道になります。

DSCF0134

 

 

 




























もちろんチェーンだらけっ。(足場が悪いし傾斜もスゴイ為、途中での撮影は厳しいです)

DSCF0135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらの道はやはりあまり使われないらしく降りてくる方、ちなみに2チームのみですが
誉められる誉められる♪単純なアフー。なんだか嬉しくなってきたぞ〜

DSCF0137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 



でも、もうこんな道は絶対上りも下りもイヤジャ〜〜〜〜。(+_+)
シツコイヨウデスガ・・・この先にもう一つ分岐があります。

P1020339

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そこまでがさっき以上に岩マクリりです。

P1020340

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 


待って〜あのガイド本め〜聞いてないよ・・・

P1020334


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 




スパイダーマン?

P1020335






























 

 



 



あっ、違った親分ジャン

P1020342
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








 


 

 



ありがたい看板

P1020336

 

 

 

 

 

 


























↓これ二つ目の分岐看板


DSCF0138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





(^。^;)フウ  やっとこ 赤岳にたどり着けそう 

P1020344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




と、思ったのも束の間。

P1020331






























 

 

 


 



やっぱりね〜DSCF0142 でも もう慣れちゃったよ(;´д`)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に梯子が2箇所。

DSCF0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、最後の梯子(・_・、)ついた〜
見えます。親分の前に あの あの 看板が・・・

P1020346
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは↓ クリック。

続きを読む




Posted by theslowpace at 06:45ヤマノボリ
2006年09月18日

【世界遺産】ブルーマウンテンズ

2006年9月6日

ひとつ山登ってました・・・といってもかなり反則気味ですが・・・

【世界遺産】ブルーマウンテンズ です♪
シドニーから車で2時間弱。

0000093C0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年に世界遺産に指定されたばかりのようです。
ブルーマウンテンズは大体、皆さんオプショナルツアーで
来られるようなのですが、アフー達は暇人に必須アイテムの
レンタカーでしたので時間には余裕があります。
夜の飛行機の時間までにシドニー空港に
戻ってくればよい訳で・・・

000022920

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、世界遺産 ブルーマウンテンズの目玉とも
いえる、スリーシスターズ。

00002C160

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


これなんですが、ちなみにこの写真を撮影したのはエコーポイントという
場所なんですが・・・ここだけで帰るのもモッタイナイナ~。

DSCF8430

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずここから、少し歩いてみる。
ちなみに、ツアーな方々はすべて、ここ、エコーポイントで写真撮影をして
すぐに帰っていっちゃいました・・・暇人2人は・・・とりあえず先があるので
歩いて行くと

000057760
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し下からスリーシスターズを見る事ができる。ちなみにこんな感じ。

DSCF8437

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


ちなみに、うちは昔から、お馬鹿方面まっしぐらなんで、こんな
お馬鹿写真ばっかりです_(^^;)ゞここの写真.本当にこのポーズばかり・・・(;´д`)トホホ

00004BC40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


ちなみにパーキングは前金制。

DSCF8426

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お金を入れた分だけ、時間が表示されその出てきた
レシートをフロントガラスに置いておくシステム。

00005DBC0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急ぐ親分↓

00005F1C0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも、今ひとつ、盛り上がりに欠ける・・・
つーことで、まずは、シーニックワールドに向う。

DSCF8440

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず、わざわざ来たのだから、行ける場所は
すべて行こう♪ということで

0000631A0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為にはこんな乗り物にも乗るさ〜♪最大傾斜52度650mを
一気に上下します。

DSCF8450
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイ傾斜なんですよ。

DSCF8451
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗車時間はあっという間ですが、なにせ、垂直に近い角度で急降下します。

ここまで来て見ましたが・・・

DSCF8449

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、さっきよりは広く見えるけれど・・・
まだ・・・もの足りない・・・

え〜アフーチームに告ぐ。「あのスリーシスターズの懐に潜入せよ!」

DSCF8465


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


_(‥;¢…そんな声が聞えたような・・・聞えなかったけど まぁ 時間あるしね♪

P1020093
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲートへ・・・すると・・・

P1020100
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんな注意書き看板が目立つところにあります。

DSCF8452

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山歩きというよりハイキング♪


 P1020096

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


空いてるし、いい空気♪しかも飛んでる鳥は・・・白くてデカイオウムさん。

DSCF8453
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たのすぃ♪
ちなみになんでブルーマウンテンズって言うのかちょっと調べてみました。
ここの9割はユーカリの木らしく、ユーカリの葉から出る油分が蒸発し
空気中に舞う事で遠くから見ると青く見える・・・だから
ブルーマウンテンズ♪ うん わかり易い♪

DSCF8435
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その油、結構火事も起こしちゃったりするようです・・・

話は戻り・・・

P1020105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな寄り道したり、階段の上は・・・これ ↓なんだろう?(・_・")?

DSCF8455
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆立ちしている木を見つけたり

P1020102

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな木を見つけて・・・手を広げたり

P1020098
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真撮ったり・・・でも 道のりはそれ程長くないかもです・・・

P1020110
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、すれ違う人はいろんな国の人♪スペイン、イギリス、アメリカ・・・
みなさん、山好きそうな感じの人ばかり♪

P1020114
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


う〜綺麗だ・・・ って なにが・・・かよく判りませんが・・・アフーも真似します。
眩しくて 目が・・・やられてしまいます。なんちて。

P1020115
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でっ、どのくらい歩いただろうか・・・スリーシスターズの懐に入る
事ができましたが・・・

DSCF8459
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)!! 実は期待したほど、よく見えませんでした(・_・、)
まっ、アフーチームにはピッタリなおちな訳で・・・

DSCF8465

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でもね、登山道は整備されているし、なんと言っても、色々な見た事も
ないカラフルな鳥がたくさん飛んでいるし、もう すっごく 楽しかった。

DSCF8466

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び、あれっに乗って上に戻るわけで・・・今度は後ろ向きな訳で・・・

DSCF8468
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、一応、任務遂行いたしました!

DSCF8439

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己満足ブログなんで・・・
一応、マウンテンズという名前に託けて・・・で・・・歩いた時間は一時間30くらい。 これはとってもアバウトですが・・・_(^^;)ゞ でもって

DSCF8428

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所もかなりアバウトですが たぶん・・・この辺りまで進んだのではないかと・・・

P1020125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーニックワールドの屋上にはテラスカフェがありブルーマウンテンンズを
見ながら軽食が取れます。

P1020128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアの物価は高い・・・
ジャンクフードでも1人1000円はかかるもんな〜。AUS1ドル90円換算

DSCF8435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれが世界遺産ブルーマウンテンズ木はユーカリの木
あの、▽(・o・)▽コアラちゃんのごはん♪です。

コアラさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ、どうしても言いたい事がひと〜つあります。

でも・・・日本の山って本当に綺麗だよな〜♪
アフーだったら、まず富士山を世界遺産にいれちゃうけどな・・・

読んだよ。お尻ぺんぺん。なんちて_(^^;)ゞ




Posted by theslowpace at 19:35ヤマノボリ ,ガイコク
2006年09月10日

半月山

栃木県 標高1753m 2006年9月10日

ずっとヤマノボリをしていない・・・しかも・・・親分&私、体重増。
このままでは と思い明日は山でも行こうかと・・・そのまま就寝。

翌朝、うっ寝坊した・・・
8時過ぎ、ETCに間に合わせる為、急いで出発。
とりあえず東北道に飛び乗り完了。しかしまだ、山は決まらず・・・

そこで以前から行きたかった半月山に行く事に♪
親分も大賛成♪
ちなみに持ってきた本を探しても半月山が掲載されておらず、ナビに任せて
とりあえず近くまで・・・

途中 大谷PA にて 空腹に勝てず朝食。私「ラーメン&ミニチャーハン」親分「ラーメン&カレー」
 痩せる為に登るのに 誘惑に勝てない(・_・、)

ドトールにてコーヒーを飲み、高速を降りて、のんびり
いろは坂を登り中禅寺湖へ♪いろは坂を降りてすぐに
半月山展望台という道路標識があったのでそのまま道路標識に従い
中禅寺湖スカイラインに入ります。
一つ目の駐車場ここに来る間に一つ登山口があったのですが
あまりにウッソウトしている登山道でいかにも蛇君を踏んでしまいそうだったので

中禅寺湖の第二駐車場より登る事にしました。

ここの駐車場からは正面に中禅寺湖と男体山を一望できる
絶景Pと言う事もあり、ドライブ&ツーリングの人たちで混みあってます。

P1020141

 

 

 

 


























登山口は駐車場脇となります。入り口には看板があります。

P1020142

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹薮というか、多少登山道はウッソウとしていますが
山頂まで迷うことはありません。

P1020143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ちなみに、今回親分のカメラフジF10君はマタマタ入院中です。
撮影は全部 私です♪ 日の丸写真ばかりになってしまいますがご了承をm(._.)m

P1020147


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



今回、激ブトリの私・・・白山のザックをお尻に背負っているくらいのお尻の重さ・・・
下半身ブトリで足が動きません・・・( ̄□ ̄;)!!
私はお尻に親分はお腹に 相当、脂肪を溜め込んでおります(;´д`)トホホ

P1020154

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまにこんな登山道も

P1020147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく道は開けません。

P1020148















 

 

 

 

 

 

 

 





ちょっと小休止

P1020150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今回はコンビニに寄るのも忘れ、時計も、地図も、なにせ、
急いでオウチを出たので忘れ物だらけ(°◇°)~です。

P1020152

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにこんな事が日常茶飯事なので、我が家の車には山用の
飲み物&非常食&お菓子をたっぷり常備しております。

P1020151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、かなり役に立ちました。
アミノバイタルを各自3個とお菓子を持ってきました♪

P1020155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小休止しながら、てくてく進みます。
程なくいきなり半月山の山頂に到着となります。

P1020160

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂の展望は ゼロでした。

P1020161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかしながら、山頂は開けている場所ではない為、写真を撮影後、
頂上にある地図をみれば200m先に大展望台があるとの事。

これは行くしかない、と再び出発。ダウンアップすると間もなく

P1020164

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



大展望台到着 ← これが大きな間違いでした。

200m先ということだったので勝手に自分達の尺度で200mと決め付け
開けたところがてっきり大展望台かと・・・ちなみにこちら 偽展望台です。
標識とか看板とかないわけです・・・帰ってきてから しりましたよ・・・大展望台

( ̄□ ̄;)!!

本当にここが大展望台かな・・・ とちょっとは 疑っていたものの多分正解と答えを
出して・・・下山をはじめちゃいました。・・・

偽展望台の先は標高が高いところがなかった為、少し行って、やっぱりここが
大展望台なんだね〜とか言っている アフーな 二人。知らないってなんて幸せ♪

引き返している間に途中で抜いた方々が登って来られた方達と少しお話などして、
あとは親分と談笑しまくりしている間に駐車場に到着です。


P1020168

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

ちなみにこの第2駐車場からの景色が本当に見事なのでもう2枚♪


P1020179

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

それにしても 男体山 って綺麗な山ですよね♪登ってよし、眺めてよし♪

P1020183

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


キツインデスケドネ・・・(*^^*ゞ 雨に降られて靴擦れで爪が半分剥がれちゃうし・・・下山したときはもう暗くなっちゃって・・・散々でした・・・いつかもう一度登ってきます。

P1020181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山靴を脱いだ後はアフーはすぐにオヤジサンサンダルに変身です!ラクチン♪

片づけをして、頂上付近の駐車場でお昼寝しようかと行ってみましたが
日差しが暑く窓を開けてのんびり寝ていられそうになさそうだったので
そのまま中禅寺湖スカイラインを後に・・・

P1020185

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく味気のない感じだったので、のんびり足こぎボート(スワン)に
乗ろうと中禅寺湖付近を車でぐるぐる・・・その間に 目的が ボートから
なぜか 光徳牧場アイスクリームに 変更 (笑)


P1020195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太っちゃうから二人で一つの約束が光徳牧場ではしっかり一人1個ずつアイスを
手にしているではありませんか・・・

P1020197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑親分。中指だけは立ててはいけません(`へ´)
美味しいです。ちなみに久しぶりに登山だったのですが体が重い・・・重い・・・

P1020204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉛のように重たい体⇒元に戻すにはやっぱり 登山かな~ ・ ・ ・

P1020206

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに久しぶりの登山は やっぱり たのしぃ〜〜〜〜〜〜〜♪
帰路もいろは坂を下りのんびり家路へ・・・

レガシィ君。 祝13万キロ!

P1020182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、親分と話していたんですが、小さい頃は入道雲がもっと大きく見えませんでしたか?
最近は自分達が大きくなったのか、入道雲が小さくなったのか・・・昔ほど
大きく感じることがなくなったような・・・(^_^)3 


P1020215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに見た入道雲です。with男体山です♪

P1020214

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コースタイム:第2駐車場12:00  → 13:00 半月山山頂 13:05 → 13:10 偽展望台  → 14:05 第2駐車場 (トータル 2時間5分 休憩含む)




Posted by theslowpace at 00:43ヤマノボリ ,ニッキ
2006年09月02日

ケアンズ 2日目

レンタカーを返しに・・・

朝はバッチリ5時に起床できました♪急いで適当な服に着替えて
一日お世話になったレンタカー君を返却しにケアンズ空港まで・・・

ケアンズ空港は日本から(成田、関空、名古屋)からのフライトが到着するので
空港内は沢山の日本人の方達でごった返してました。

ちなみにレンタカーの返却は簡単である。専用の返却用パーキングに車を停めて
必要書類とキーをカウンタにー持っていけば良いだけです。

( ̄□ ̄;)!!がっ… やはり今日もAVISカウンターには誰もいない・・・頼むから営業時間内はしっかり
仕事して欲しいな〜なんて思いながらも、先日同様、カウンターの上の電話にて連絡。

OZ女性スタッフ「ハロー♪」
アフー「あのー車を返しに来たんだけど・・・」
OZ女性「特に問題とかないわよね〜」
アフー「いえ〜す、問題ないわよ♪」
OZ女性「じゃあ、カウンターの上に書類とキーを置いて帰っていいわよ♪」
アフー「おっ オーケイ」
ってそんなに簡単なの・・・・ちょっと不安。まあ いいか・・・

てな訳であっけなく、返却完了。

初めてのタクシー

オーストラリアはタクシーが安い。という事でホテルに戻るのにはタクシーを利用しました。
国際空港前なのでタクシーは日本の駅前と同じように待っている状況です。
ホテル名を告げればあっけなくホテルまで連れて行ってくれます。

グレートバリアリーフに行けちゃうの?

という事で事前にトラベルターザンにて、オプショナルツアーを申し込んでおきました。
世界遺産【グレートバリアリーフ】 ちなみに、グリーン島が一番メジャーではありますが
それじゃあ なんとなくツマラナイ。ということで ちょっと マニアックな場所を選びました。

日本人の少ないツアーで綺麗な所。っでミコマスケイ VS ウポルケイ になった訳ですが
船酔いが嫌なので出来るだけ乗船時間の短い方に決定。 ウポルケイに♪
ちなみに送迎付のツアーを申し込んでおいたので、ホテルの玄関前に7時過ぎに集合です。
シャワーを浴びて、予め水着を着用。短パン&日焼けしないようにUVカットの長袖シャツを着用して
ホテル玄関へ。

ちなみに他のクルーズ系のオプショナルツアーなども大体この時間になるようで他の方もバス待ちしてました。
定刻どおりにバスは迎えに来まして名前をチェックしてバスに乗車。このホテルからは私達二人だけ・・・
cairns

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


他のホテルにもより、ハーバーに到着したときは私達含め16人(ちなみに全員外人さん)
船はデッカイヨットです。乗船前に記念撮影がありました。
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


送迎付ではない方達含め、この日の参加者は35人との事です。いろんな国の人達がいましたよ〜。

ちなみに・・・・空模様は案の定・・・ど〜んより しかも小雨が・・・
再び、名前チェックをして、それからヨットに乗船。

まず、コーヒ OR 紅茶 のサービスがあります。いつの間にか、出発してました。
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フロントデッキに行く事もできます。天気が悪いですがやはりケアンズ。海は綺麗です。
ここからオイスターリーフという所に向かいます。オイスターリーフではシュノーケリングが楽しめます。

ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにアフーはカナヅチな上にシュノーケリングなんぞ、洒落た事は今までに一度もやった事がありません(・_・、)
でも、せっかく来たんだからとりあえずやってみる事に♪

ちなみに親分はここでは見学とのこと。う〜 ザンネンだな〜 せっかくなのに・・・
ヘルニアに負担がかかるらしい・・・一緒に泳ぎたかったのに・・・

ちなみにブログでご存知の方も多いかと思いますが、アフーはよく足をつってしまいます。
なので、足の届かない場所では海、プール、川、何処であろうと浮き輪か救命胴衣を付けない限り
親分から入水の許可がおりません。という事で、救命胴衣を借りてきまして・・・
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ゴーグル、フィン、あと、あと・・・なんだっけ、ストローみたいなやつ。をお借りして
あと、寒いからウェットスーツ、こちらはレンタル5ドルです。ウェットスーツだって
初めて着用さ♪ウジウジしてると怖くなっちゃうから速攻入水さっ♪

ちなみにアフーの前にいる浮き輪の彼。この方、顔はかなりのイケメンにも関わらずアフーと一緒で
泳げないみたい。アフーが救命胴衣借りに行ったときに浮き輪を貸してくれって懇願してたの♪
カナヅチは万国共通。アフーのほかにもチラホラ付けている外人さん達いるでしょ〜♪ウレシイ♪

シュノーケリングデビューが世界遺産♪ デビュー これって贅沢〜〜〜〜♪
でっ、シュノーケリングは口だけで息すりゃー良いんでしょ♪簡単さっ。ってイキナリ鼻から吸っちゃったのさ!
証拠写真↓  痛いのなんのって・・・でもあまり塩がキツクナイカモ。

ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コツを掴んだアフー。海の中は本当にすっごい 綺麗 綺麗 綺麗。
水中カメラがあったらな〜お伝えできるのに。
ちなみにここグレートバリアリーフはファインディングニモでも有名ですよね♪
海の中は本当にあんな感じ。っていうかもっと数十倍キレイ。珊瑚が凄いキレイ。
足は全然つきません。水深10メートル位はあるんじゃないかな〜(・_・?)

う〜む アフーの幼稚な表現力じゃあ、まったくお伝えできない(・_・、)
とにかく 声を大きくして 言いたい。

ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



すご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い 
きれい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
o(^^o) (o^^o) (o^^)o キャアキャア♪もう、時間を忘れて  潜りまくり(*^^*ゞ
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最後まで潜ってたサ・・・
ちなみに溺れちゃった人が居たみたいですょ。船長さんが常に監視していてゴムボートで助けてくれるようです。

ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



うひょ〜 たのすぃ〜〜〜〜〜〜♪ (叫んでばっかりですいません。)

昼食

このウポルケイツアーには なんとも嬉しい事にコールドフードではありますが
ランチバイキング付♪
オイスターリーフから上がったら、すでに準備は出来ていました。
ランチをしながらウポルケイまで移動します。

泳ぎまくったアフーはお腹ペコペコ。たっぷり取ります。(^^ゞ
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにご覧の様にキレイに盛り付けるのが苦手です。お味はソコソコ美味しいですょ。
ちなみに全て冷たいです。

食事の後はデッキに移動。

   いざ 出発♪

ウポルケイの奇跡。

いよいよ、お目当てのウポルケイへ♪
 ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見えました。朝よりは天気が良くなったものの・・・まだ雲が・・・

と思ったその時・・・



雲が退き出したんです・・・海はみるみる明るいエメラルドグリーンに・・・
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ちなみに、ウポルケイは島ではないんです。この白いのは珊瑚の粒なんです。
何年も積み重なって突如、海の上に現れたようです。

ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



遠浅なのでヨットをつけられないのでグラスボートに乗っていざウポルケイ上陸です。

ありえな〜〜〜〜い。

ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ありえない・・・・
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


キレイすぎる。(ちなみに2台のカメラなのでちょっと色合いが違うけど・・・マジでキレイすぎ)
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに、先程オイスターリーフで泳がなかった親分は今回は泳ぎます♪
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


遠浅ですがちょっと行くともう足はつきません。でもね・・・
浅いところにも沢山魚がいるんですよ。結構大きいのが・・・
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でっ、珊瑚のところまで行ったら、もうニモのお友達がたくさんいる訳なんですよ!!!!
しかも海ガメや小さいサメもね(゜ロ゜)


でっ、どんどん晴れていくんです。  奇跡は起きましたよ。
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


天国みたいです。
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



↑アフー ハシャギまくり 

c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓つられて親分も

ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こちらでも時間ギリギリまで遊びまくり♪
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ちなみに、みんなとっても親切でいっぱい2ショット写真を撮っていただきましたょ♪
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


晴れまくり♪帰りたくな〜い。
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さようなら〜ウポルケイ (・_・、)

ca

 

 

 


 

帰りはシャンパンサービスとケーキのサービスがありました。
メインイベントが終わってしまいちょっぴり淋しい・・・
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


帰りは帆を立て、スピードアップ?なのかな〜暇なので広角で・・・
ca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


空を見てください。奇跡はウポルケイでのみ起こったんです。
ケアンズのボートハーバーについた時は雨。
このあと、送迎のバスに乗り、再びホテルへ戻りました。
さすがに泳ぎ疲れたのもあり、速攻寝てしまいました。

明日は再び早起きです。早朝にケアンズを立ちシドニーへ向かいます。




Posted by theslowpace at 03:05ガイコク ,オデカケ
2006年09月01日

ケアンズ 一日目 其の壱


ケアンズ空港出発

今日は到着早々、レンタカーを借り(出発編を見てね♪)飛行機が到着した時は外はまだ真っ暗だったのですが入国手続きやら、している間に外はすでに明るくなっていました。天気予報では「雨」しかし、なんとかお天気は曇り。諦めていたのでLuckyでした(^-^)

下記のルートにて、まる一日フルにケアンズの地を走り回ります♪
1ページでは書き切れないのでピンクルート部分を紹介しま〜す。
map

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


空港を出発する訳ですが、ここは日本ではありません。運転は親分がしてくれるのですが
大丈夫なのでしょうか・・・・

ちなみに空港を出てすぐの写真です。

答えはモチロン 大丈夫です♪ オーストラリアは日本と同じ左通行、左ハンドル、
オマケにKm表示なのです。 ほぼ日本と一緒なのです。

がっ、 ROUND ABOUT ラウンドアバウト というオーストラリア独特の交通方法があります。(英国にもありますね)
これは主に交差点で多く見受けられるのですが交差点で右に行きたくても右に曲がってはいけません。必ず左一方通行、下記の図みたいな感じの通行方法です♪
1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ラウンドアバウトに車が既に入っている場合は
そちらを優先して(右側絶対優先)という形になります。

事前に知っていたのでそれ程、驚きはしませんでした。
空港をでて、すぐにランッバウッ(ラウンドアバウトです)があります。空いているので大丈夫なのですが
シドニーのランッバウッは交通量も多く大きい為、多少ビビリますが、コツさえ掴めばこんな楽で
要領の良い道路は是非日本にも採用すべき。(田舎の交差点なんかは特に!!)

世界的にも、このラウンドアバウトは注目されており、採用している国も最近では多くなっているようです。

パームコーヴへ (TO PALM COVE)

空港を出てひとまず PALM COVE へ向かいます。
ケアンズはまだ、自然がたっぷり残されている土地で幹線道路はHWY(高速道路)となっております。
高速道路といっても普通にランッバウッや交差点があり、もちろん無料です。
2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↑ Captain Cook HWY

海岸線を走っている 44号Captain Cook Highway キャプテンクックハイウェイ に入り
とにかく海岸線を突っ走ります。黙っていればPALM COVE の看板が出てくるので
右に曲がればそこは PALM COVEです。
3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに、OZは かなり 車の運転飛ばします。これは帰るまでずっとそうなのですが
かなり地味な道路でも70k〜100kの制限速度となり、容赦なく煽られます。しか〜し、
OZは抜けるところであっさりと抜いてくれるので特に気にすることも無いです。
煽られる事は日常茶飯事ですが、キニシナ〜イ♪ ちなみにケアンズの交通量は本当に少ないです(*^^*ゞ


朝が早いという事もあり、とにかく人が少ないです。静かな海岸線です。
4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


時間は朝の6:10。
ちなみに現地の人しかいませんでしたが、ジョギングしている人が多く軽く挨拶を交わしながら
あっさり、写真撮影後、出発。

ルックアウト巡り

オーストラリアの至る所に LOOKOUT ルックアウト があります。
これは主に「展望の良いところ」なのです。見つけたらとりあえず Must See ですぞぉ〜。

見つけ方は簡単。道路標識に 【〇〇m先 ほにゃららLOOKOUT あり】と書いてあります。
ちなみにコチラは Captain Cook HWY にある、REX Lookout です。ここはお薦め。
PALM COVEの海岸が一望できます。駐車場ありです。
5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにハズレルックアウトもあります(笑)



ポートダグラスへ 
(To Port Douglass) 4MILE BEACH

とりあえずケアンズの見所を制覇する為、ポートダグラスへ、PALM COVEから
再びCaptain Cook HWYに乗り(ケアンズシティーと反対方向)へ向かいます。
6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


REX LOOKOUTを経て綺麗な海岸線沿いを走ると 「Port Douglass」の看板が出てきます。
CC HWYを右折してヤシの並木道?&高級住宅街を走ればそこは ポートダグラス。 

ショッピングモールや小さなお店なんかもあります。
7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

メインストリート付近をグルグルしていると「名前忘れちゃったLOOKOUT」の看板が
とりあえず LOOKOUT は 必ず見る。これをテーマ化した私たちは
4マイルビーチはさて置き ほにゃららLOOKOUTへ♪かなりキツイ坂を登り切ると
ほにゃららLOOKOUT 到着♪

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分がLOOKOUTから見ている景色は コチラ↓
11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ポートダグラスの名物。4マイルビーチを見渡せます。ちょっと雲行き怪しい(・_・、)グスン

とりあえず4マイルビーチに下りてみま〜す。
13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにガラガラです。只今朝の7:15

私「あ〜お腹すいた〜。もう歩けない」
見兼ねた優しい親分は朝食タイムにしてくれるとの事。ソソクサ 4マイルビーチを後に・・・

マリ-ナミラージュで朝食を 

【BREAK FAST AT MARINA MIRRAGE】

ポートダグラスをグルグル周ると見つかるMarina Mirrageここはいわゆるショッピングモールです
小さなお店が沢山入っています。ちなみに朝なのでほとんどのお店は閉まっています。
14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにここはハーバーと隣接しています。グリーン島ツアーでおなじみのクイックシルバー号や
その他、ツアー用の客船や個人所有のクルーザーも停泊しています。
15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分、お腹すいた・・・
再びマリーナミラージュに入り、美味しそうな地元向けのお店発見!!!
もちろん 入ります♪
16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お店の名前は
17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ナイス & イージー COOLな名前です♪早速オーダー、出来上がったらテーブルまで持ってきてくれます。
           ジャーン
18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



親分【スクランブルエッグ WITH ベーコン】 $8.90
私  【ベーコン&エッグ WITH トースト】  $8.90
ジャンクでウマイッス♪う〜ん まさに ナイス & イージー (笑)

ここで開いているお土産店、発見。T/C両替がてらにお菓子とジュースを調達。

内陸部へ・・・

自然な状態に近いロックワラビー(絶滅危惧種)がどうしても見たかったので【MAREEBA】マリーバに向かいます。

ポートダグラスから再び Captain Cook HWYに入り(ケアンズ市街反対方向)へ少し走ると
看板を見ながら走ると【MAREEBA】マリーバの看板を見つける。左折。ちょっと牧場地帯を
走り山道に入っていくような感じの道路に変わります。この山道でもOZは容赦なく抜いていきます(;´д`)

途中、ルックアウト発見。
19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でっ、ここから見える景色は コチラ ↓
20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


突っ込まないでください。いわゆる ビミョーなルックアウト!

 

 

 

再び道路を走ります。綺麗な景色で驚きます。雄大です。写真では
伝え切れないのがザンネンです(・_・、)ちなみに内陸に入るにつれお天気が良くなってきます。
21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


途中のガソリンスタンド♪ちなみにこの辺りは日本人&観光の人含め本当にいませんでした。(マニア過ぎたのか・・・)
のどかで静かな道路をひたすら走ります。
22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


また、湿度もおち、本当に快適です♪海岸線からそう離れていないのですが
天気、地質、気候すべて別世界でした。

23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この道に入り、空の青さ、雲の近さ、なんとも日本にない、空と雲で
「あ〜ここはオーストラリアなんだな〜」と実感しました。

ちなみに道路は44号線です。途中PENNSULAとの分岐にぶつかります。
ここでも【MAREEBA】マリーバ方面へ曲がります。ここから81号線となります。

81号線に入り間もなく小さな町が現れます。【MOUNT MORRY】マウントモリーです。

と、目に入る 立看板 HOT PIES この看板を見るなり、小腹が空いちゃった(*^^*ゞ
二人とも迷わず 立ち寄る ことに♪ これが 大正解!!!

ちなみに先客は近所のおばあちゃん3人組。談笑しながらのんきにティータイム。
24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お店に入って、とりあえず看板メニューのホットパイ二つとコーヒー二つをオーダー
ホットパイは3種類あって、種類を行ってくれます。「トマト、チーズ、オニオンミックスとカレーともう一つ」とりあえず、トマトチーズオニオンミックスをオーダー。

すぐに袋に入れてくれてその場で手渡し、
「コーヒーは入れたらテーブルまで持ってくね〜」と体格のいい お店のオバちゃん♪
ちなみにこれだけ頼んで11ドル。
25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


外のテーブルで待ったりパイを食す。マジ、その旨さにオドロキマシタ。
本当に美味しいんですよ。う〜ヨダレガ・・・ちなみにここはベーカーリーですべて手作りです。

しばらくして、コーヒーを持ってきてくれました。ちなみに、失礼な話ですがコーヒーは期待していませんでしたがしっかり、豆から挽いたトテツモナク美味しいコーヒーでした。う〜、さすが地元のお店だけのことはあります。
観光用のちゃちいものは出しません。あ〜もっと食べたかった・・・

26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ちなみにこのお店、観光客やASIA系はあまり来ないようで オーダーの時、オバちゃんは引き気味だったのですが帰るときはすっかりフレンドリーで何気にこれもとっても私たちにとっては良い思い出になりました(^-^)


ワイナリーへ・・・

再び81号線でマリーバに向かいます。道路わきには様々な大きさの蟻塚があります。
27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


途中、ワイナリーの看板をやたら目にします。
ちなみにマンゴーワインをお土産に買って帰るつもりだったので寄る事にしました。
81号線を左折です。看板があるので迷うことは無いと思います。
28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにこの辺り、空 本当に綺麗です。 写真を パシャパシャ 取りまくりです。
29

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


橋を渡り更に進むと マンゴー畑が現れます。
30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


入り口看板を見つけたら左折。正面がワイナリーです。
31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず中に潜入。(笑)奥の左側に小さなお店があります。
ちなみに日本語通じませんが皆、親切なので大丈夫です♪お薦めです。
ココだけの話、親切なOZのオバサンが猛烈な勢いでテイスティングを薦めてくれます。

全種類飲んでみて♪ってあのー運転なんでというと、口に含んでバケツに吐けばいいわよ、っていいますが、なかなか、日本人たるもの人前で口の中に含んだ物を出すのはちょっと・・・気が引ける

親分、見事に全テイスティング完了です。

ここでワイン6本購入。ドライ、ミドル、スウィート、でも本当に美味しいです。お土産としてもかなり好評でした。

さすが工場直販、あとでシドニーの免税店にてこちらのワインを見つけることに
かなりお安く買えちゃいました。ラッキー♪


さ〜て、ここから ほろ酔いでかなり良い顔色の親分の運転となります。飲酒大丈夫だろうか・・・
32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


本当に綺麗なワイナリーです。名前は マンゴーワインの GOLDEN DROP です♪


ロックワラビーに逢いに・・・  

MAREEBA Granite Gorge 

寄り道ばかりしていたので 目的のロックワラビーに逢いにマリーバーの町へ
33

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マリーバの町です。ここから、ちょっと判りずらいのですが、
小さくGranite Gorgeの看板があります。

ここからは細い道を進みます。ちなみにケアンズの道路には沢山の動物の死骸があります。
たぶん、カンガルー、ワラビー、バンディクー、ウサギ、だと思われます。
本当に自然の真中に道路があるので仕方ないような・・・かわいそうな・・・

ちなみにたぶんマリーバーから10km程あったと思います。途中から、土の道に変ります。
34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


土の道に変ってから程なく グラナイトゴージ に到着です。
35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


駐車場に車を停め、小屋の方へ、ちなみに車は5台ぐらい停まってました。
入ると、OZのとっても明るいおばさんが説明をしてくれます。
入場料は一人5ドル、えさは一袋1ドルを2袋 お水、2ドルを購入します。

いよいよ、日本からと〜っても楽しみにしていたロックワラビーとの対面です。o(^-^)oワクワク
36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ロックワラビーはすでに絶滅危惧種となっています。弱肉強食の世界では比較的底辺にいるので
致し方ないことなのですが、本当にとってもカワイイ動物でいなくなってしまうのは本当に寂しい事です(・_・、)
37

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにここまで親分はいまいち、ロックワラビーに食いつきが悪かったのですが
見たとたん、ワラビー好きに♪もう、ワラビー君に レロレロ状態に
38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ちなみに ここ グラナイトゴージ ネイチャーパーク はロックワラビーだけでなく、景観のステキなところが沢山あります。


40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コースが色々あり、おばさんが丁寧に説明してくれますが30分コースや長い2時間程の
コースもあります。自然のプールもあり、私たちが行ったときは地元の人ばかりでした。

ちなみに、暑いです・・・すごい良い天気でカンカンデリでございます。

42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに、安全な土地柄なのか、現地の子はとっても人懐っこいです。
このカワイイモデルさん達には撮影許可を得ています♪私達の持っていたワラビー君の残りえさをモデルさん達に渡して、次の目的地に向かう事に♪


ひとまず マリーバへ・・・

グラナイトゴージを後に  次なる目的地は 世界遺産 キュランダ へ
グラナイトゴージからマリーバの町に戻る途中の道で素敵なルックアウトを発見。
43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まるでアフリカみたいです。脇には こんなに・・・
43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大きな蟻塚が・・・拡大図↓


44

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

本当にデカイデス・・・・  一日目 後半へ続く・・・




Posted by theslowpace at 03:46ガイコク ,オデカケ

ケアンズ 一日目。其の弐

世界遺産 キュランダへ

ちなみにま〜だ、一日目。しかも地図のピンク部分。(ケアンズ1日目前半参照)

とりあえず目的のお土産ワイン購入&グラナイトゴージにて ロックワラビー君達との出会う事にも無事成功。

でっ今はまだ、グラナイトゴージ。
時計を見ればすでに11時30分を過ぎているではありませんか!
今から次なる目的地、急いで世界遺産であるキュランダに向かいます。
1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにキュランダへは殆どの方はオプショナルツアーなどで 行かれる事が主流になっているため、
午後はガラガラということは 事前に調査済みだったので午後狙いになった訳でございます。

マリーバから再び81号線に乗り更に先へ進みキュランダ方面へ向かいます。 しつこいようですが
来た道へは戻りません。

キュランダへはマリーバーで81号線を少しだけ走り、1号線の KNNEDY HWY(ケネディHWY)が出てきたら
左折です。ちなみに今まで走ってきた81号線はこの先1号線と名前を変えます。キュランダ方面と看板があるので
まず、迷わずいけると思います。

ちなみにこの44号線と81号線&1号線を走ると ケアンズを自動的にグルッと回れる訳なんでございます。

でKennedy HWYでケアンズ方面(キュランダ方面)に走っているとキュランダ入り口と大きな看板が出てきますので
ひとまず右折。キュランダ鉄道の駅とスカイレール(最長のモノレール) の駅を見てくることに。

右折して少し走ると小さな商店が建ち並びいかにも観光地と いった感じです。
私達が到着したころはもうツアーなどはすべて帰った&電車に乗った後なので 
お土産店もほぼヤルキナシ閉店状態です。

道路両サイドのパーキング(無料)に駐車して歩いてキュランダ鉄道のキュランダ駅&
2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スカイレールの 駅にて
3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず、記念撮影。

ちなみにツアーでくれば両方に乗れるツアーや何かと組み合わせた一日ツアーや半日ツアーなんかもあります♪・・・
自分で切符を買って電車とスカイレールを乗る方法もあります。ちなみにお値段は片道30ドルチョイ位ではないでしょうか・・・
往復で50ドルチョイだったと思います。なにせ乗ってないんで(*^^*ゞ正確ではないです・・・


ちなみに私達がこれに乗らなかった理由は まず 第一に 以外に時間がかかるんです。

乗車している時間が少々ながい・・・のとどうしても時間に拘束されてしまう訳で・・・_(^^;)ゞ
まあ、世界遺産の 中をゆっくりできるのでかなりお勧めではあります♪


とにかくいろいろな所に行きたい欲張り親分と時間に余裕がなかったのも含めレンタカー移動です。
っていってもどの国でもいつもレンタカー専門なんですが_(^^;)ゞ
でも キュランダの見所はレンタでも殆ど見れますんで予算と時間のない私達みたいな方々にはお勧めです♪

最強ツール で再び登場。

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


レンタカー♪ あ、しつこいね・・・_(^^;)ゞ

でっ、これからはバロン滝を でも その前に・・・コアラ

レインフォレストへ・・・

次なる目的地、オーストラリアといったら やっぱりコアラ▽(・o・)▽でしょ〜♪ 

ちなみに ここ クィーンズランドはコアラを抱っこして 記念撮影ができるんです。
最近ではオーストラリアでも規制などにより抱っこして撮影 できないところも増えているようです。

コアラガーデンなる物もあったのですが、ここはレインフォレストという場所にて
水陸両用車も乗ってみたかったのでレインフォレストに向かいます。

ちなみに地図にも掲載されていなかったのとやはり日本の旅行ガイドブックは
オプショナルツアーを推奨しているのでアクセス方法なんて載ってないんです(・_・、)・・・

なんとなくでキュランダをでてケアンズのシティー方面へ進みました。
(来る途中に無かったので先に進んだだけなんですぅ♪)

5キロ程走ったところで、本当に運良くレインフォレストを見つける事ができました。ラッキー
6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにオーストラリアって本当にお店が閉まるのが早いんです。
娯楽施設や観光施設なども例外ではありません。

16時までという事だったので急いでチケットを買います。ピンクのシールを胸元に貼るよう指示があります。
とりあえずミニ動物園に入りました。コアラなどオーストラリアの動物が 飼育されています。

ちなみにカンガルーとワラビーはオリに入っていないので 好き勝手に触ることができます。
7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↑カンガルー ↓ワラビー(ロックワラビーではありません。ちょっと大きなワラビー君)

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


慣れていて本当にとってもかわいいです♪

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あと、クロコダイル・・・半端なくデカイデス。
10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに、本当に本当に残念な話なのですがこの二日後、世界的に有名な
クロコダイルハンターこと、スティーブ アーウィン がポートダグラス沖にて
撮影中にアカエイの尾に胸元を刺されて亡くなってしまいました。
日本にいるときからアニマルプラネットやディスカバリーCHでも見ていたので
本当にシドニーでニュースを見たときは悲しかったです・・・ ご冥福をお祈りいたします。



話は戻りまして、コアラも近くで見ることができます。以外にコアラちゃん達は活発に動きます。
11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


っで 

ここで 私達 二人を釘付けにする動物に遭いました。 それは 彼です。↓
12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


彼はウォンバットというオーストラリアに生息するコアラと同じ有袋類の 動物です。
彼は写真を撮られたり人が好きなようで近くに寄ってきてくれます。

これが本当に本当に カワイイノ。。。。
13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


んも〜ぅ本当に、写真じゃお伝えできない(`へ´)ぬいぐるみ欲しくなっちゃったくらいです。

ちなみにどうしてもまた逢いたくて日本の動物園にいないか調べてみましたが・・・
彼はたぶんウォンバットの中でも数種類ありミナミケバナウォンバットという種類だと思うのです。

このミナミケバナウォンバットは残念ながら日本にはいなそうなのです・・・

あと、園内には
14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エリマキトカゲ、蛇、ディンゴなどがおります。

ちなみにお目当てのコアラを抱っこしての記念写真はレインフォレスト入り口で
まったく、この動物園とは関係のない感じで撮影していただけます。
ちなみにミニ動物園は入園料が一人14ドルです。

なのでコアラ抱っこ目的だけなら動物園に入園しなくてもいいようになってます。
でも面白いですよ♪ウォンバ君に逢えます♪ シツコイヨウデスガ、もう一枚♪

15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コアラの撮影はレインフォレストの玄関口のお土産店の中にあります。
普段はすごく混雑するようで並ぶレーンがずら〜とあるのですが すでにこの日は誰もいなかったので
受付のOZお姉ちゃんにお願いして すぐに念願のコアラとご対面となります。

ちなみに前払いで15ドル 同時に 写真に二人まで入れます。 
ここは 是非 親分に抱っこして頂く事に♪ 抱っこの仕方を教えてもらっている間に
別のスタッフの人がコアラを連れてきてくれました。

親分が抱っこして 「はいっ ポーズ」 ちなみに私、コアラの背中触りまくりです。
コアラの毛は やわらか〜い とってもフカフカな毛並みなのでございます。

でっ、親分の感想は かわいい & お○っこ臭い とのことです。 でも二人ともとっても満足です♪ 

写真はすぐに出来上がります。 何枚か撮ってくれたので とっても素敵な写真♪
16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


家宝にいたします。

バロンフォールズへ バロン滝

次々と目的を果たしつつある、アフー御一行はどうせなら〜と言う事でバロンフォールズへ

バロンフォールズはレインフォレストから再びキュランダに戻ることになります。

キュランダのお土産店の手前からすでに 道路わきには BARRON FALLS の看板があるので 
指示されている方向に 進めばOKです♪  

途中 LOOKOUT を発見。
17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もちろん よります。
18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに こんな感じ。すでに先客二組 地元の方々でした。 ここからは滝(バロン滝じゃない滝)
キュランダの熱帯雨林が見渡せます。
19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


写真を撮り、いざバロン滝へ・・・
駐車場到着。
20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バロン滝へは駐車場から結構歩きます。
21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


途中、LOOKOUT あります♪
23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バロン滝 (BARRON FALLS) ひぇ〜 お水がチョロチョロな滝です・・・ちょっとガックリ。
っで びっくりです。ちょうど キュランダ鉄道が来たんです。 ラッキー♪
24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにこのキュランダ鉄道は日本でも有名なんです♪
25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世界の車窓からのオープニングに使われた程の鉄道なんです。
ちなみに駅に途中停車して、10分程バロン滝を眺めたり記念撮影したりと 電車から降りて休憩できるようです。

で、ほとんど観光の方なんですけど 8割日本人ツアーの皆さんでした。
でっ、みんなが降りてパシャパシャ写真を撮っている 間に・・・

迷わず、中に潜入&撮影、椅子にも座ってきましたよ♪
26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



後から来た親分は電車から降りてくる私にビックリしていました… イヒヒ♪
27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず親分にも電車に乗ってもらい写真を取りまくり。 本当にラッキーですよ♪
ちなみに休憩を終え電車は出発のようです。
みんな電車に戻り    さ〜出発。。。 って、ホームに残っているのは私達と数人の現地の方達・・・

「あ〜あの人達 乗り遅れちゃったんじゃないの〜」 ぐらいの
28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


冷たい視線をなが〜い電車が行くまで沢山の目線を受けながら・・・ お見送り&気にせず写真撮影でございます。
28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でもちょっと 楽しい♪ オリジナルツアー って たのすぃ〜〜〜〜^バロン滝にお別れを告げつつ
28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、と駐車場に戻ります。これが結構長いんです…駐車所までの道のりが、しかも登りとキタモンダ・・・
熱帯雨林ぶりを撮影して(笑)
30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


途中 陽気なイタリア人観光客と軽く会話をして歩いている途中。急に・・・

親分が

「アサートンって行ったっけ?」

( ̄□ ̄;)!!
行ってないじゃ〜ん・・・ 「今から行く・・?・・?・」

オフコース  ハーイ(^O^)/

アサートン高原へ

と今までは地図のピンクの部分。
ここから、水色部分、アサートン高原まで再びドライブです♪

31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


相変わらず内陸に入るとお天気はとても良くなります。

32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリアの天気予報は当てにならないと実感。でもいい方に転んでよかった(*^。^*)
33

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アサートンまでは本当にのどかで静かな道を走ります。OZは相変わらず飛ばしてパスしていきます。

34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アサートンに入るとアメリカではおなじみのターゲット発見。アサートンもとっても小さな街です。

35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ターゲットは既に閉店・・・
35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↑アメリカ同様 KENOなどのくじ売り場があります♪
↓日本でもお馴染みのサブウェイ。こちらで適当に夜ご飯を買ってどこか
ロケーションの良いところで食べることに♪
36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日は土曜日という事で5時まで・・・
38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それにしてもOZは 日本と正反対で本当に働かない・・・これはちょっとカルチャーショックでもあり
と〜っても ウラヤマシイ ところでもあります。


ティナルー湖へ To Rake Tinaroo

サンドウィッチを購入後、ティナルー湖へ行く事に...
外はうっすら暗くなりつつあります。
ちょっと迷いながらも道路の看板の指示に従い 無事 ティナルー湖へ到着。
でっ、ティナルー滝もあるということなのでとりあえず滝も見てみようと
ぐるっと回ってみたのですが 滝は見つからず・・・ 後で調べたら湖から10k程あるようです。

がっ、滝ではない、こんなステキナ所に到着。とりあえず撮影。
39

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


逆噴射滝?正式名、ワカリマセン。ちなみにスゴーい音と大きさなんです。
40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ねっ♪本当に大きいし凄い逆噴射なんですょ・・・


でっ、ティナルー湖に戻ります。

まずは記念写真♪実はアフー達は二人で写真が撮影できるように日本から
三脚持参でラリアに入国いたしました♪
ラリアにて三脚使用♪これがまた、後日で面白い事になるんです。イヒ
41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


撮影した後は湖畔で二人っきりの夜ご飯です♪綺麗なBBQ用テーブルがあります。

42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにこのコカコーラゼロ シュガーフリーなのに リアルテイスト♪スンバラシイデス。
是非、日本でも発売して欲しい。タブン、人工甘味料が日本では聞きなれない名前だったので
入ってくることは相当先かなさそうですぅ


カロリーを気にするアフー達はいつもダイエットコークだったんで、
この衝撃は大きかったです。帰るまでずっと こればっかり飲んでました_(^^;)ゞ


ホテルへチェックイン・・・まで

本日の最終イベント

ちなみに明日の予定は朝の7時過ぎから 世界遺産グレートバリアリーフ のウポルケイツアー参加予定。
申し込み&支払いを済ませている為、どうしてもレンタカー君を今晩中に返したかったのです。

スコールは上がったので、すぐにケアンズ空港へ車を返しに行きました・・・
ちなみに空港に到着したのは22時ちょっと過ぎ。

( ̄□ ̄;)!!  あの〜 空港 真っ暗& 誰もいないんですけど・・・国際空港・・・なのに・・・恐るべし・・・

しかたがないので、明日 朝一番で返しに来る事に・・・
でっ、行く予定はなかったのですが 再び 道に迷ったアフー二人は

ケアンズの中心、に到着しました〜。(゜゜;)ワーッ! 日本人がたっくさん♪

そうです、有名な ナイトマーケット です。
43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バリバリ どの店舗も日本語OKです♪
44

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも、私たち ヘトヘト・・・ ちなみに ネットカフェなども近くにあります。
ナイトマーケット付近の商店は開いているお店があるのでとっても賑ってました。

45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ソソクサ、返せなかったレンタカー君に乗り込み、ガススタと併設されたコンビニで
ホットパイとコカコーラZEROを買い、再びホテルへ・・・・・・・・

46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



これが 本当に ホテルに たどり着けない・・・・ 困った・・・
親分が絶対見つけてやる〜 と 意気込み 路地を グルグル。助手席の私、
(^_^)( ^_)( ^)( )(^ )(_^ ) 目が まわる〜〜〜〜〜。 ラウンドアバウト 連発でございます。


どうにか到着して、親分は道もだいぶ把握できたようです。


ホテルについたら も〜 記憶ないです。 
即行 就寝。 {[(-_-)(-_-)]} ...zzZZZ 〜♪

明日、起きれるのか・・・ それにしても 充実した 一日でした♪




Posted by theslowpace at 01:01ガイコク ,オデカケ