2006年09月
2006年09月30日

赤城山

赤城山 【黒檜山1826m & 駒ケ岳1685m】 2002年4月22日 天気

ルート:ビジターセンター⇒赤城神社⇒黒檜山登山口⇒黒檜山⇒駒ヶ岳⇒
     駒ヶ岳登山口⇒ビジターセンター

記念すべきアフーチームの初登山は赤城山でした。
(自分達で山に登りたいと選んだはじめての山です。)

ちなみに、画像は35万画素。(リコーDC-3)かなり画像悪です(*^^*ゞ

駐車場はビジターセンターを利用。この日はお天気最悪でビジターセンターには
車はありませんでした。ここから黒檜山登山口を目指します。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


大沼の脇の車道を歩き、まずは赤城山神社へ。お参りを済ませて再度車道へ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジターセンターから黒檜山に行く途中の車道に駐車スペースがあり、そちらで
他の登山客の方もチラホラいらっしゃいました。

黒檜山登山道から登りはじめると・・・
いきなり樹林帯の急登が始まります。

アフーはまったくダメで初めの15分でダウン。
親分は元々サッカーをやっていたので、スタミナ充分です。
今と変わらず、余裕( −_−)。

ちなみにデビュー山はこんなに素敵・・・じゃない・・・天気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうだめだ・・・と思って諦めようとした時に、単独のオジサマに
「山は逃げないから、自分のペースでゆっくり登りなさい。」
と優しい言葉を頂きました。今でも鮮明に覚えてます。

暖かい言葉のお陰で、諦めずにどうにか、登る事ができました\(^O^)/
そして、今に至ります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒檜山の頂上♪
この時から、今までずっと毎度のようにV(^0^)ピース・・・(←成長してない・・・)


 

 

 

 

 

 

 

 

 


まだ、山の事はまったくわかっていないので、
本当に普通のシャツで登ってました。(*^^*ゞ

ここから駒ケ岳山頂に向かいます。たしか階段だったような・・・
今、考えると、黒檜山⇒駒ケ岳 がアフーの尾根デビューな訳です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらには数名のパーティがいらっしゃいました。丁度みなさんランチだったようです。
この日、アフーはおにぎりを持って行ったのですが・・・
下山が怖くて嫌なのと不安で、ヒトツも食べられなかったのを
思い出します。(←軟弱女)
今では、山頂だろうが何処だろうが食欲旺盛で困ってます(;´д`)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃は、ステッキの重要性も、軽量化も、まだな潤オんにも判らない二人です。

この日、駒ヶ岳の山頂で他のパーティの人が「これで駒ヶ岳は3つ目だよ」と・・・
これを聞いて、へ潤オこの他に二つもあるんだ潤オ。と感心していたアフー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今ではアフーの登頂した駒ヶ岳は4つ。
甲斐駒ヶ岳、会津駒ヶ岳、赤城の駒ヶ岳、木曽駒ケ岳、
まだまだ、日本の色々な所に駒ヶ岳という名前の山がある事も知りました。

駒ヶ岳を登るたび、あの赤城で逢った人は何個の駒ヶ岳に
登ったのかな潤オなんて、思ったりしてます。

今回もまた、自己満足的な記憶を辿る山行日記でした♪チャンチャン♪

 




Posted by theslowpace at 20:33COM(1)TB(0)ヤマノボリ
2006年09月25日

八ヶ岳 【赤岳】

八ヶ岳 【赤岳】 山行日 2006.9.24(日)   標高2899m 天気
ルート 美濃戸⇒行者小屋⇒文三郎登山道にて赤岳⇒地蔵尾根経由にて行者小屋⇒美濃戸 タイム:歩行タイム 5:55 休憩 1:25 合計7:25

先週の会津駒ヶ岳に登ったものの、体重減らず・・・
という事でどこかのお山に・・・最後まで悩みました。

日帰りの出来る山。という事で八ヶ岳に行く事に♪
土曜日の夜に仕度をして、
日付が変わると同時に家をでました。
ガソリン満タン完了後、出発です。ちなみに諏訪南ICが登山口に
一番近い降り口となります。

美濃戸登山口がありまして、ここから美濃戸までは徒歩で1時間くらいなのですがここは車でショートカットが出来ます。ちなみにけっこうなオフロードですので車高の低い車やリップエアロとか入っちゃってる車は多少のガリガリは覚悟で入ってくださいね♪うちのレガシィでも車高、かなりギリギリでした。でも駐車場は前日から入っている人たちの車も含め沢山停まってました。

ここには やまのこ村 と赤岳山荘 があります。アフー車は赤岳山荘に駐車♪

DSCF0082

 

 

 

 

 

 






 

 

 











あと、駐車場代金が一日1000円となります。アフー的には往復2時間の徒歩を考えれば安いと思います♪しかもトイレありで安心です♪(50円)

明るくなったら歩き出そうと決め、仮眠準備に入ったら・・・

( ̄□ ̄;)!!すぐに明るくなる訳で!!で、結局毎度の事ですが・・・
今回も無睡眠(泣)!

日帰りという事もあり、早めに出発。ちなみに寒すぎです。気温約6℃。

P1020295

 

 

 

 

 


























チラホラ日帰りの方もいるのでちょっと安心♪

P1020296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓美濃戸山荘の横を通過します。

P1020299

 

 

 

 

 


























ここから行者小屋まではガイド本によりますと・・・2時間ね♪なんて話しながら

DSCF0083



















 

 

 

 






登山口。

DSCF0085

 

 

 

 

 


























南沢と北沢に分れます。この看板を10分後にまた見るとは・・・

ちなみに赤岳には南沢の方が近いのでそちらから〜

すぐに石の階段があります。この階段を下りたらすぐ右に曲がってください♪
まっすぐに行く道もありますが ここは × です。 

万が一、ジャリ道が出てきたら戻ってくださいね♪その道は北沢ですから・・・
という事で、アフーチームがこんなに詳しいのは・・・

間違えちゃったから♪また、登山口に戻ります。

あ〜これで10分くらいロスしちゃったな〜・・・なんて思いつつ、橋を渡り

DSCF0086

 

 

 

 


























川沿いの登山道を進みます。何度か川を渡ります。

P1020302































 

 

 

 



ちなみにアフーは丸太系が苦手・・・↓腰抜けアフー

DSCF0087

 

 

 

 






 

 

 

 








 



でっ、何故か道に迷う。

P1020303
































 

 

 



いくつか分岐があるのですが毎回悩む・・・
後にいた人が途中で前にいたりと、している訳なんです。

DSCF0089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


で気がつくと逆だったりなんて・・・

迷っても大丈夫みたいです。いくつもルートがあるみたいですょ(*^^*ゞ
ちなみに今回も不親切なガイド本持参。そういうことは一切書いてないし・・・・・・(`へ´)


DSCF0088

































行者小屋(標高2350m)へはガイド本では2時間♪この区間は約3.9kmで標高600m上がります。つまり、アフーがお伝えしたいのはですね まったり 3.9km 登る訳なんですよ。標高は上がらないし、なんだかアフーチーム二人ともダルダルです。

P1020305































 

 

 




ついに、あ〜ツライ。今日はダメです。先週のような元気はナシ。

あっ、お伝えするの忘れてました。本日、快晴。
ということでどうにかですが(*^^*ゞダラダラ歩いて行者小屋に到着です。

DSCF0090

































テン場あり。水場、トイレあり。小屋の前にはテーブルイスがあり、休憩できます。
ここで15分休憩。

P1020308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





で、ここからまた分岐があります。

で、アフーが取り出したのはあの、どうしようも
アフーガイド本、今日は疲れちゃったからな〜赤岳ピストンといことにして
すかさず、距離の短い方を選択♪

DSCF0094

 

 

 

 

 

























・・・・・しかし、 ま〜た やっちゃったよ。アフーさん。ニヤニヤしてる場合じゃないですよ・・・!

DSCF0092

































日帰りチームが6チーム程あったのですが・・・こちらには「いかにも登れます」っていう感じの単独の男性の方が2組だけ・・あとは、誰も来ない・・・

DSCF0099
































 

 

 

 




まっ、いいか、深く考えない・・・ってイキナリ スゴイ急登りっすね・・・


P1020312





















 

 

 

 

 

 

 

 






って え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

P1020314




























 

 

 




 



これっ、写真でお伝えできないくらいの角度です。
しかも、この階段、アフーのヘビィな体重に耐えれないのか・・・

DSCF0100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グニャフニャなのです(・_・、) 上を見ちゃったのだけど・・・

DSCF0101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あの傾斜を・・・・くっ〜 あのガイド本め〜
無事下山したらビリビリの八つ裂きにしてやる〜(▼、▼メ)

DSCF0106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



とりあえず、この登山道は文三郎登山道というらしいです。

DSCF0091

 

 


























 

恐るべし、文三郎。

とりあえず、階段を登りきると・・・・
あの・・・ 鎖だらけなんですけど・・・・・一見ラクチンそうに見えますが・・・

DSCF0111

































この足場の石は滑る。しまいには固定の石なんて無いんです。全部の石が浮きまくり(×_×;)
チェーンに頼りながら登ります。

DSCF0118

 

 

 

 



























下を見た・・・ アフーは バビッタ。 ビビッタ。 そしてチビッタ(←これだけは嘘です)

DSCF0115





















 

 

 

 





でも、こわい・・・・・ 硬直している残念アフー↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こちらからの登りが 悪いことばかりではございません。
それは・・・景色♪ しばし、展望をご覧あれ〜♪

DSCF0112
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


DSCF0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



親分は既に分岐に到着。

P1020323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーも遅れて到着。(^。^;)フウ


DSCF0122

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 





擦れちゃってる分岐看板。

DSCF0125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分と阿弥陀岳。

P1020317

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 



親分と看板と青い空

P1020327

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ここから、次の分岐まではこれ以上にスゴイ登山道になります。

DSCF0134

 

 

 




























もちろんチェーンだらけっ。(足場が悪いし傾斜もスゴイ為、途中での撮影は厳しいです)

DSCF0135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらの道はやはりあまり使われないらしく降りてくる方、ちなみに2チームのみですが
誉められる誉められる♪単純なアフー。なんだか嬉しくなってきたぞ〜

DSCF0137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 



でも、もうこんな道は絶対上りも下りもイヤジャ〜〜〜〜。(+_+)
シツコイヨウデスガ・・・この先にもう一つ分岐があります。

P1020339

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そこまでがさっき以上に岩マクリりです。

P1020340

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 


待って〜あのガイド本め〜聞いてないよ・・・

P1020334


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 




スパイダーマン?

P1020335






























 

 



 



あっ、違った親分ジャン

P1020342
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








 


 

 



ありがたい看板

P1020336

 

 

 

 

 

 


























↓これ二つ目の分岐看板


DSCF0138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





(^。^;)フウ  やっとこ 赤岳にたどり着けそう 

P1020344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




と、思ったのも束の間。

P1020331






























 

 

 


 



やっぱりね〜DSCF0142 でも もう慣れちゃったよ(;´д`)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に梯子が2箇所。

DSCF0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、最後の梯子(・_・、)ついた〜
見えます。親分の前に あの あの 看板が・・・

P1020346
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは↓ クリック。

続きを読む




Posted by theslowpace at 06:45ヤマノボリ
2006年09月18日

【世界遺産】ブルーマウンテンズ

2006年9月6日

ひとつ山登ってました・・・といってもかなり反則気味ですが・・・

【世界遺産】ブルーマウンテンズ です♪
シドニーから車で2時間弱。

0000093C0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年に世界遺産に指定されたばかりのようです。
ブルーマウンテンズは大体、皆さんオプショナルツアーで
来られるようなのですが、アフー達は暇人に必須アイテムの
レンタカーでしたので時間には余裕があります。
夜の飛行機の時間までにシドニー空港に
戻ってくればよい訳で・・・

000022920

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、世界遺産 ブルーマウンテンズの目玉とも
いえる、スリーシスターズ。

00002C160

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


これなんですが、ちなみにこの写真を撮影したのはエコーポイントという
場所なんですが・・・ここだけで帰るのもモッタイナイナ~。

DSCF8430

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずここから、少し歩いてみる。
ちなみに、ツアーな方々はすべて、ここ、エコーポイントで写真撮影をして
すぐに帰っていっちゃいました・・・暇人2人は・・・とりあえず先があるので
歩いて行くと

000057760
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し下からスリーシスターズを見る事ができる。ちなみにこんな感じ。

DSCF8437

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


ちなみに、うちは昔から、お馬鹿方面まっしぐらなんで、こんな
お馬鹿写真ばっかりです_(^^;)ゞここの写真.本当にこのポーズばかり・・・(;´д`)トホホ

00004BC40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


ちなみにパーキングは前金制。

DSCF8426

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お金を入れた分だけ、時間が表示されその出てきた
レシートをフロントガラスに置いておくシステム。

00005DBC0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急ぐ親分↓

00005F1C0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも、今ひとつ、盛り上がりに欠ける・・・
つーことで、まずは、シーニックワールドに向う。

DSCF8440

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず、わざわざ来たのだから、行ける場所は
すべて行こう♪ということで

0000631A0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為にはこんな乗り物にも乗るさ〜♪最大傾斜52度650mを
一気に上下します。

DSCF8450
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイ傾斜なんですよ。

DSCF8451
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗車時間はあっという間ですが、なにせ、垂直に近い角度で急降下します。

ここまで来て見ましたが・・・

DSCF8449

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、さっきよりは広く見えるけれど・・・
まだ・・・もの足りない・・・

え〜アフーチームに告ぐ。「あのスリーシスターズの懐に潜入せよ!」

DSCF8465


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


_(‥;¢…そんな声が聞えたような・・・聞えなかったけど まぁ 時間あるしね♪

P1020093
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲートへ・・・すると・・・

P1020100
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんな注意書き看板が目立つところにあります。

DSCF8452

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山歩きというよりハイキング♪


 P1020096

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


空いてるし、いい空気♪しかも飛んでる鳥は・・・白くてデカイオウムさん。

DSCF8453
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たのすぃ♪
ちなみになんでブルーマウンテンズって言うのかちょっと調べてみました。
ここの9割はユーカリの木らしく、ユーカリの葉から出る油分が蒸発し
空気中に舞う事で遠くから見ると青く見える・・・だから
ブルーマウンテンズ♪ うん わかり易い♪

DSCF8435
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その油、結構火事も起こしちゃったりするようです・・・

話は戻り・・・

P1020105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな寄り道したり、階段の上は・・・これ ↓なんだろう?(・_・")?

DSCF8455
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆立ちしている木を見つけたり

P1020102

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな木を見つけて・・・手を広げたり

P1020098
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真撮ったり・・・でも 道のりはそれ程長くないかもです・・・

P1020110
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、すれ違う人はいろんな国の人♪スペイン、イギリス、アメリカ・・・
みなさん、山好きそうな感じの人ばかり♪

P1020114
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


う〜綺麗だ・・・ って なにが・・・かよく判りませんが・・・アフーも真似します。
眩しくて 目が・・・やられてしまいます。なんちて。

P1020115
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でっ、どのくらい歩いただろうか・・・スリーシスターズの懐に入る
事ができましたが・・・

DSCF8459
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)!! 実は期待したほど、よく見えませんでした(・_・、)
まっ、アフーチームにはピッタリなおちな訳で・・・

DSCF8465

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でもね、登山道は整備されているし、なんと言っても、色々な見た事も
ないカラフルな鳥がたくさん飛んでいるし、もう すっごく 楽しかった。

DSCF8466

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び、あれっに乗って上に戻るわけで・・・今度は後ろ向きな訳で・・・

DSCF8468
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、一応、任務遂行いたしました!

DSCF8439

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己満足ブログなんで・・・
一応、マウンテンズという名前に託けて・・・で・・・歩いた時間は一時間30くらい。 これはとってもアバウトですが・・・_(^^;)ゞ でもって

DSCF8428

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所もかなりアバウトですが たぶん・・・この辺りまで進んだのではないかと・・・

P1020125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーニックワールドの屋上にはテラスカフェがありブルーマウンテンンズを
見ながら軽食が取れます。

P1020128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアの物価は高い・・・
ジャンクフードでも1人1000円はかかるもんな〜。AUS1ドル90円換算

DSCF8435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれが世界遺産ブルーマウンテンズ木はユーカリの木
あの、▽(・o・)▽コアラちゃんのごはん♪です。

コアラさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ、どうしても言いたい事がひと〜つあります。

でも・・・日本の山って本当に綺麗だよな〜♪
アフーだったら、まず富士山を世界遺産にいれちゃうけどな・・・

読んだよ。お尻ぺんぺん。なんちて_(^^;)ゞ




Posted by theslowpace at 19:35ヤマノボリ ,ガイコク