2006年07月
2006年07月15日

雲取山

まいど(☆_・)・‥…━━━★です。


親分制作【おうちでヤマノボリ】雲取編 3D&写真ページも併せてどうぞ♪



行ってまいりました。雲取山。 2006.7.15

雲取り山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週に引き続き本日も強行突破。
今週はお休みと先週の至仏山での「来週はお休みね」約束を忘れたフリをして親分に山に行きたいとお願いを・・・さすがに仕事に疲れている親分はちょい悩んでましたが、文句ひとつ言わずに連れて行ってくれる事に。しか〜し、親分は後林道の事を知らずに私に騙された形で家を出たわけです。

親分。本当にゴメンナサイ...この後の後林道。巷の噂ではすんごい道なんですぅ。
国道411号線からこの後林道に入るのですが、ここからはある程度は覚悟してました。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。) ・・・がっ

でもこの林道。想像以上です。一応うちのレガシィ君はWRCテクノロジーを駆使した4WDではありますがすでに13万キロ超。ノー故障の優等生ですが この日ばかりは神頼みならぬレガシィ君&親分のお手前。に任せるのみです。

落石注意 の看板は良く見ますが 

反則1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この落石は

反則です。
(キッパリ)

土石流なんかもあったりして
ちなみに 私、 しーたま(魂)

反則3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜けちゃってます。
正直、帰りたいです。

反則2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でも、親分ってすごいです。さすがです。後から来る車の事まで気遣い、危ない箇所を後の車がパスするまで待ってあげる余裕。駐車場についてから、お礼まで言われちゃってマジその余裕スゴイです。(☆o☆)キラキラ

お待たせいたしました。雲取山レポです。

のぼりはじめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と言いたいのですが はっきり言ってこのルートは約85くらい樹林帯です。

林道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



まず、登山口から30分くらいで 三条の湯 に到着。

三条の湯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの日は二人とも出発前から体力の疲れ具合にもしかしたら登れないかもね〜なんて話していたんですが・・・

やっぱり疲れてる。足がなかなか進みません。

この時点でシタタレ落ちる汗。。。

小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

トイレもあるようです。

汗がだらだら出るはずです。三条小屋の湿度計は
90パーセント   w(゜o゜)wワオ!!

ここにある案内板では三条ダルミまで2時間とありますが2時間10分かかりました。
三条ダルミまで98パーセント樹林帯。かなり長いです。凹みます。

凹むアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



なんとか三条ダルミに到着。


ダルミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

富士山が頭だけ出しています。

富士山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにここから急な登りが40分という事は周りの会話で知っていたのである程度覚悟はしていたのですが駐車場であった大月から来られたオシャレなおじ様と頂上までのんびり3人で登りました。
実際はそれ程、きつい登りではありませんでした。おじ様のペースが良かったので比較的あっさりに登りきりました(^-^)色々、山のお話も聞かせてくださり楽しいあっという間の30分で頂上へ到着♪

山頂の2ショット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


雲取山は山頂がふたつ(?_?)
手前に山梨100名山の頂上があります。その先には非難小屋があります。

山頂の小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなここで休憩してます。

元気な親分は「ちょっと待ってて」と言って小屋の奥の道に吸い込まれていってしまいました。5分後親分戻る。聞けばこの先に頂上がありあっちの方が全然綺麗だよと。

親分の言ったときは人一人おらず、写真を沢山撮ったそうです。帰ってきてビックリ。写真めちゃめちゃ綺麗でした。ほんの一部ですがドウゾ♪

静かな山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


雲を取れるような山。 だから 雲取山 なのかな〜と思わせるくらい綺麗な空でした。

雲取り山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



私がついた時は雲はたっぷり増えてました(・_・、)

私も二つ目の雲取山ピークに行き貸し切り状態の頂上で二人ともご満悦♪

綺麗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ちなみに本日のピンポイント天気予報では15時から雷雨。怪しい黒雲が下からワイテマス。

あの林道をどうしても雨が降る前に出なくては・・・下山を急ぎます。

がっ、長い 長い 暑い 長い 長い なが〜い・・・

下り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



駐車場についてから、片付けもせず登山靴だけ履き替えてすぐに出発。う〜タフ。です。ギリギリ雨は降りませんでしたが、その後は雷雨が来たそうです。本当に良かったです。(^。^;)フウ

この山のこのルートはあくまでもピークを踏む為の登山道であって本当にずっと樹林帯が続きます。時間も実際よりも長く感じました。日帰りではこのルートしかないみたいなのでしかたありませんが・・・でも楽しかったですm(._.)m

たのしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、安達太良山にいたヘビ君と同じヘビ君が三条の湯にいました。

アクセス【圏央鶴ヶ島IC→青梅IC→国道411→お祭り→後林道】野生のおサルに遭いました♪

ルート【後林道終点→三条の湯→三条ダルミ→雲取山山頂 ピストン】

タイム【登山口6:20→ 6:55三条の湯7:05 → 9:16三条ダルミ9:25 →10:05雲取山10:25 →12:35三条の湯→13:00登山口】総合タイム6時間40分(休憩40分)歩行時間6時間

最後まで読んでいただきとってもうれすぃです!




Posted by theslowpace at 19:34ヤマノボリ
2006年07月10日

お暇ならきてよね〜♪♪

今日、微妙に暇だったし家でマッタリ〜と過ごしました。

久しぶり(何年ぶり??) にホームページのトップページを変えてみました。

出来上がりはビミョ〜ですが・・・とうぶんこれで行きます♪  HPへジャンプ。

hp




Posted by theslowpace at 02:45ニッキ
2006年07月08日

至仏山

先日の予告通り、至仏山に行ってきました。


山頂からの立体パノラマ   ルート断面図  立体ルート クリック♪

週末はどうもお天気が芳しくないようなので強行突破ではありますが天気予報で晴れそうな場所、至仏山を選びました。じつは・・・今日は夕方から仕事。かなりハードですが親分の靴ならしにもという事で意見が一致!

仕事が終わったのが夜の23時、シャワーを浴びて仕度をして家を出たのが午前1時、途中近所の有名ラーメン店で遅い夕食を取りそのまま高速に乗り関越自動車道で沼田ICへ。

まだ暗いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



沼田ICを出てすぐの信号を左へ(日光&尾瀬方面へ)ここから約50kmちょっとで戸倉の駐車場に到着します。

アクセスについてはさすが尾瀬、整備されており看板もあるのでまず迷う事はありません。

尾瀬への道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



駐車場についたのは午前5時ちょっと前。事前にバスの時間を調べたところ4時40分に乗りたかったのですがのんびり着たのでちょっと間に合わず次の6時台のバスまで待つ予定でした。

 

バス停

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが乗合タクシーが人数が集まった時点で出発してくれるので問題解決。

バスチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠さを我慢して仕度を済ませ いざ出発。9人揃ったところで乗合タクシーに揺られ鳩待峠へ。

鳩待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


程なく鳩待峠

空いてます。平日はいいですね〜

鳩待親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに時刻は5:34

いざ、出発♪5:45.

出発しんこ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分、念願の靴のシェイクダウンです。

登山道はとっても整備されており大変登りやすい道が続きます。天気は曇りと思いきや時々晴れ間が覗いてくれて涼しく快適に登山を楽しめます・・・

親分の後ろをてくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



と言いたい所ですが序盤は大丈夫ですが登りの中間あたりから
すんごい、虫がいます。なんの虫かわかりませんが・・・
たぶん、ブヨ?コバエ?とにかくすご〜い数です。少しでも休むとウジャウジャ寄ってきます。これから行かれる方で虫が苦手な人は顔にかぶる簡易ネット持っていった方がいいかもしれませんね♪

看板アフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山道には途中、

このような案内看板が何箇所かにあります。

さらに進むよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


登山道は整備されていてとっても歩きやすいです

それにしても晴天(^-^)

雪にうひゃうひゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しく余裕の私♪雪に喜んでます♪

このあと起こる悲劇も知らずに・・・

突然チビ尾瀬が出現します♪

チビ尾瀬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



貸しきり状態

ここからしばらく行くと

親分撮影中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



絶景&親分の奥には大きな雪渓♪親分は写真トリマクリ。

たくさんの写真を撮る親分。

と、ここで事件発生。

私、歩くのが遅く親分の前を歩く事なんてめったにありません。しかも動体視力、判断能力かなりポケ〜っとしてるんでずっとついて金魚の糞状態です。

そんな あたしが・・・親分の撮影している横を通り過ぎ奥の雪渓を急に歩きたくなりはしゃぎ気味に雪渓へ・・・いつもは親分の歩いている場所をトレースしているので滅多に自分で足場を探すなんてありましぇん。

少々迷った挙句、雪渓の上に目印で置いてあるロープの近くを歩く事に決定。1歩、2歩、3歩、

ぎゃ〜 いた〜い。

だから すすんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑カバケツ1号なアフーです・・・
片足が一気に抜けました。底までつかないくらい落ちました。

雪は空洞。このロープは
「危ないから近寄るな」という目印だったわけね〜。




っていうか、普通に考えればみんなの足跡を辿れば良いだけなのに
(・・?)ナゼ?私、こんなとこ歩いてるんですか???
どう考えたって可笑しいでしょう・・・

でもって、足が痛い?(・・?) ふくらはぎの内側の2箇所がミルミルうちに腫れて青くアザになっていくではありませんか???

つまりは、ここにちょうど足を擦った状態に。親分は後で笑ってます。

我ながら面白いのでとりあえず笑っとけ・・・(^Q^)/

雪が出てきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




夕方の仕事に間に合うように今日はピッチがちょっぴり早め♪先に歩いている人たちをほぼ全員パスしながらガンガン頂上を目指します。

 

ガンガン登ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここから小至仏までは階段&岩場となります足場はぬかるんでいる場所もあり&滑りまくる石なので慎重に上ります。

てくてくいくぞ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がつけば雲の上。

小至仏山頂♪

コ至物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



奥は至仏と思いきや至仏山はあのもう一つ奥です。

やっほ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは見えません。


綺麗だ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




小至仏→至仏山へ

ご機嫌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いや〜この道本当に気持ちが良いですぅ〜!

アフー ポーズ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの・・・アフーポーズ。

うひょひょひょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分もとっても楽しそうですっ!

うっとりみてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



頂上到着♪

やったー山頂です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分もっ!

山頂親分!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご満悦♪

20分の休憩を経て下山開始。

下ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



木の階段でグイグイ高度を下げます。途中、鎖場がありますが使わずに降りれます。

綺麗だね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



滑る岩・滑る土・滑る靴。3点セットで親分についていけません...
あ〜ビブラムソール...マジほっすぃ〜( -_-)

はるかな〜おぜ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



途中からスズメバチに追われ猛スピードで下山。

こんどはあっちの山に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに中間という看板を過ぎたあたりから雪解け水で登山道は沢状態になります。階段も沢状態。でも足場の悪さなんて  何のそのアフーなスズメバチのおかげで休みなし。。。

みごとな〜おぜ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくり下ろうなんて頂上では言ってたけどとんでもない。ちなみにこのスズメバチに追われるまでにはちょっとしたストーリーがあるのですが長くなるので気が向いた時にまったり書こうと思いますヽ(´・`)ノ

正面のヒウチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でもでも尾瀬ヶ原は貸切。

至物をふりかえる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気はイマイチだけで・・・でも大満足です!

尾瀬を貸切

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木道を歩きます。ちなみにアフーは初めて尾瀬に来ました。素敵なところなんですね〜。

山ノ鼻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



山の鼻到着の親分。

長い道のり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにここから平坦ではありますが鳩待峠まで3.3kmこれ結構大変です。

小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に最後の1.1kmめんどくさい感じです(´ヘ`;)(´ヘ`;)ハァ

うぉ〜ついた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





到着。 やったー!

【タイム:鳩待峠5:45→オヤマ沢7:00→7:08ミニ尾瀬にて5分休憩7:13→7:45小至仏山4:47→8:28至仏山8:48 →10:35登山口到着&尾瀬ヶ原10:45→10:45山の鼻10:50→11:45鳩待峠
歩行時間5時間15分 休憩45分 トータルで6時間

楽しかった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



17時には仕事に復帰してました。今年で一番ハードな一日でしたが
とっても楽しかったですe(^。^)g_!!

 

でも・・・ 転んだ 青アザは・・・ものすんごい・・・状態に腫れあがっていきました〜。
まっ!楽しいから よしとしようっ! 




Posted by theslowpace at 12:08COM(5)ヤマノボリ
2006年07月06日

天狗岳

【過去物 2005.10.18】 

まいど、今週は長野県にある天狗岳(北八ヶ岳の最高峰)に
行ってきました。日帰り登山です。

 

 

 

 

 

天気が長野地方は晴れになっていたので行ったのですが天気予報はまったく当たらず山へのアクセス道は霧で視界ゼロ、どうにか登山口についた状態です。結局、帰宅まで晴れる事はありませんでした・・・(;´д`)トホホ

登山口は唐沢鉱泉から黒百合ヒュッテ経由の周遊で行きたかったのですが、天候も良くないし、時間に無理があった為、今回は一等三角点のある西天狗岳のピストン登山となりました。

【コースタイム】唐沢鉱泉 10:15 → 分岐 11:10 → 第一展望台 11:57→ 第二展望台 12:25 → 西天狗岳山頂 13:05   復路 山頂13:25 →第二展望台 14:00 → 第一展望台 14:25 → 唐沢鉱泉 15:40


登山口

 

 

 

唐沢鉱泉から分岐まではひたすらの樹林帯です。

 


 

 

分岐

 

 

 

 

ぬかるんでいたり、コケで滑り易いですが危ない個所は特に無いです。


ここから第一展望台までは またまた樹林帯

 

 

 

 

 

 


 

第一展望台

 

 

ここから第二展望台までは樹林帯&こんな道です


 

 

 

 

 

 

第二展望台付近&山頂までは モーレツな突風が吹いてました。
数秒で雲に覆われてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから見える西天狗岳までの道のり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


軍手の秘密
このめちゃくちゃダサい軍手には秘密があります。毎回、忘れたりなくしたりするので軍手になりました。親分のアイディアで軍手のたくさん入っているやつを車に積んでもらうことにしました。でも、軍手もかなりの数をなくしています。いつまでたっても初心者さが抜けないのはこの軍手のせい。。。?

 

 

 

 

こんな感じです。でも以外に距離は短く、目印も見やすいので


急登ではありますが

スムーズに山頂につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご満悦♪

 

とこんな感じの山行でした♪次は晴れた日に是非是非来たい山です♪

 




Posted by theslowpace at 19:30COM(0)ヤマノボリ
2006年07月02日

木曽駒ヶ岳

かなり前の事ですが木曽駒ケ岳レポです。

【2002.10.11 13】

 

それは。。。甲斐駒ケ岳からのテント泊デビューをした我が家。

親分パパが単独で山に行くと言う事で。。。親分ママが

心配をしていた訳であります。 そんな訳で私と親分が一緒に
おでかけする事にしました。まだ慣れていない高所でのテント泊

 

それは。。。その後、道具の探究心&究極の寒がりに変身
させていくきっかけとなった訳であります。

 

今日はそんなお話であります。

 

で、頑固な親分パパはあまり登山道の状況も知らず
自分で選んだ道で山頂に行くと言い出した訳であります。

。。。。そうなると梃でも動かない事をしっているので
親分は私だとちょっと厳しいだろうという判断を下した訳で
あります。

 

そんな訳でバスの途中で親分と親分パパは降りて行って
しまったのであります。ここからはアフーの一人旅。

 

この時まだカメラは一台。と言う訳で写真は親分が持って行った
為、親分の歩いた道の写真と親分から聞いたお話と私の行動を
同時進行で書いて行きます♪

 

画像ppp-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスは満席というよりもフロントガラスにへばりつくまで乗せて
くれたのですがその湾曲部分に親分パパと私。で、親分パパは
降りた後すぐにグロッキーになったようです。

 

で、二人が降りた後のバスは。。。ざわざわ。

あの人達凄いね〜。ザック大きいし、きっとベテランだね〜
という会話が。。。

 

 

アフーは心の中で思った。。。 二人ともどちらかと言うと
初心者でありますと。。。

 

 

画像ppp-002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分達がこんな場所を登っている間、私は一人でバスの終点。

そしてロープウェイに乗る事になりますが。。。

 

なんだか足元がゆらゆらと。。。ちょっとバス酔いしてしまった
ようで、かといって一人なのでちょっとロープウェイに乗るのに
戸惑いながらもとりあえず親分達がどのくらいの時間がかかるかも
正直判らずだったのでロープウェイで上を目指します。

 

画像ppp-006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、私は無事に畳平についてノボルのだけれど。。。
実はこの頃となると単独の女性というのはとても珍しい
らしくしかも、テント一式やら重たい荷物を全部私の
ザックに入れていたのでかなりザックが重そうに見えた様で
皆さんがとっても心配してくれます。

 

画像ppp-008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな頃、親分達は尾根歩き?かな

で、私はというと 関西から来られたおじさま二人に
依頼をうけたと思われるガイドのおじさまとお話を
する事に。

 

画像ppp-010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方がとても優しい方で きっととても心配に思ってくれたの
だと思います。 おじさま二人に加え私の事も非常に気にかけて
くれました。それは今でもとっても鮮明に覚えている記憶。

 

状況を説明した事もあって一人で先に登ってテントを
張る事をなにげなくお話したつもりだったのですが。。。

かえって気を使わせてしまったのではとも思ったりです。

 

で、私の方はと言えばテント場までもかなり正直苦戦しました。
それでも一人と言う事もあって。。。あまり凹んでもいられず
やせ我慢しながら登った記憶。

 

画像ppp-012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃、親分パパはダウンしたようで、親分はほとんど
親分パパが歩くのを待っている時間が長かったと。。。

 

私はと言えば、無事に誇らしげにテントの受付をして
テントを設営します。

 

すると、大丈夫だった〜?とガイドのおじさま。
山頂を踏んでかえって来たようです。ずっと気にして下さって
いたようで、本当に嬉しかった瞬間でした。

赤城山でも山は逃げないから
大丈夫だよって言ってくれたおじさまも。。。

山って
素敵な人が多いのかもって。。。それもきっと私が山に嵌って
いった理由の大きな1つでもあります。

 

 

 

さて、、、この時の私は実はまだ山経験は浅く
もちろん知識も浅い。。。。けれどなんとなく気がついた。

 

 

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?ちょっと、


このテントだけ雰囲気が違う。

 

 

というのも実はこのテント
急いでキャンプ用のホムセンに売っていた4000円の
テント。 インナーはメッシュでフライ付。基本構造は
一緒だけれど。。。なんだか1つだけかなり違和感が
ありまして。。。 ちと恥ずかしくなってきたのであります。

 

 

画像ppp-014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、実はあまりの恥ずかしさに

 

小屋にちょこちょこ遊びに行くものの。。。

かえって来る時はあらかじめ靴ひもを
緩めておいて一気にダッシュ & 転がり込むアフー。

 

ホームベースにスライディングするようなイメージであります。

 

 

トイレに行きたくなったらテントの中で靴を履いて
チラチラと顔を出して人の少なくなった所で隣の
テントまでスタタター(((( ;゚д゚)))と

 

そして、あたかも隣のテントから出て来ました感を出して
いた訳であります。。。。 今思うと本当に懐かしいです。

 

あの頃から残念度は満点だった訳であります。

 

さて、そろそろ日没の時間も気になる頃。。。
親分に電話をしてもずっと圏外。



不安になって小屋の人に聞いてみます。ちょうど
二人でヒナタボッコをしている小屋のおじさま二人に

 

あのこういう感じの状況なのですがどちら方面から
来るか判りますか?

。。。前岳からかな?でも危ないからこういう時は
動かない事。 ここで待っていた方が良いよ。

 

迎えに行こうかと思っていたけれど確かに状況も
コースも判らない私にはとりあえず待つ事が仕事だなって
思った訳であります。

 

画像ppp-015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹空いた。そしてのどか湧いた。そういえば寝袋と
テントはあるけれど食べ物と飲み物が無い。

 

唯一あるのは 麦チョコ一袋。 でも太陽に照らされた
灼熱テントでもうドロドロ状態。それでも一粒一粒大切に
食べた記憶。 お財布も親分に任せてしまったし。。。

 

不安はどんどん募って行きました。

 

画像ppp-016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな頃、携帯が鳴りました。時間はもう16時をまわっていて
でも本当に嬉しかった記憶!

 

親分。。。無事だった? とすると上にいるよ〜と

電話をくれた親分から見たアフーテント。

 

きそ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山岳テントの中の 4000円テント。

 

画像ppp-017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に。。。場違いである。

 

で親分と合流してとにかく嬉しかったアフー。

 

ようやくホッと出来ると思ったのも束の間。

 

日が暮れると共に地獄の始まりでした。

 

 

画像ppp-019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くて。。。寒くて震えが止まらず。

それもそうである。。。

 

テントのフライはキャンプ用と言う事もあってなんだか適当。
脇の方からメッシュを通過してテント内に風が。。。

 

そして何を隠そう 残念なのはテントが4000円という
だけでなく なにも知らないアフーと親分はシュラフは
どれも一緒だろうと選択肢のないホムセンで売っている990円
の封筒型の布シュラフ。

 

冷気をモロに吸い込んだシュラフはもう地獄そのもの。
ホッカイロを持っていたので足の裏とか貼ったけれど
もうそれすらすぐにカチカチ。

 

夜中に親分パパとこれは駄目だと 紙パック鬼ころしを
温めて飲んだ訳であります。それでも少ししか寝れなかった。

 

画像ppp-020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の厳しさを知った。そして山の夜明けの綺麗さもここで
初めて知った訳であります。

 

眠れないのと辺りが騒がしくなったので私と親分は目が覚めた。
そして、ご来光と言うものを見てみたいと思い山頂に向かう事に。


で、親分パパを起こしてみると。。。親分パパ、高山病か
二日酔いかで頭が痛くテントから出たものの3歩で撤退を決めた。

 

 

暗闇の中 ヘッデンをつけて登った。そしてどうにか山頂へ。

 

画像ppp-026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂で初めて見た日の出。 とても綺麗だった。それと日の出の
歓声も初めて聞いた。

 

画像ppp-028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲斐駒ケ岳の横から姿を出した太陽。

 

親分が記念にと写真を撮ってくれた。

 

画像ppp-029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板を持ってぱちり。いやはや、この帽子の被り方は
非常に残念すぎる訳であります。そしてこの顔のムクれ方も
異常な程であります。

 

画像ppp-025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は今も昔も変わらない。私はと言えば。。。

画像ppp-024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時に比べればきっと体力は付いていると思う。
なんてね♪

さて、この時から写真というかカメラはとっても好きだった
我が家。 一度だけコンテストに応募した事があるのです。

それは駒ヶ岳ロープウェイの写真コンテスト。

その時の写真はこれ。

画像ppp-030
























我が家にとってこの写真が初めての山岳でうっとりした
写真でありました。 で、結果は佳作?というか参加賞なの
か、だいぶ時が経ってからお礼のお手紙と駒ヶ岳ロープウェイの
マウスパッドを貰いました。 それは今でも私の宝物です。

(チケットと同じ柄のマウスパット)

さて、この写真を撮った後は親分パパも待っている事なので
そそくさと下山。ゴロゴロ岩の下りは苦手で非常に手子摺った
記憶。

それからテントを撤収して今度は3人でロープウェイを使って
下山する事になった訳であります。

画像ppp-031

























宝剣のてっぺんに人。ただただ見とれていた記憶。
私には一生できないと思った訳であります。バランス感覚に。。。
少々問題あり。そして親分も高所恐怖症。

画像ppp-034

























まだ、登山ブームという感じも無かったので
それほど混雑していなかった記憶。そそ、この翌週には
ここには雪が降ったんです。 この日の朝も地面には
霜が降りていて。。。これは道具を揃えないと大変な事に
なると思い知ったお山であります。


画像ppp-036

































ロープウェイ駅を目指しています。
色々あったけれど なんだかもの凄く楽しかった記憶。



画像ppp-038























そして、山ってこんなに寒いんだって知ったのもこのお山。

 

帰って来てまずした事は。。。

 

画像ppp-017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントの買い替えでありました。なんちて♪




Posted by theslowpace at 20:24COM(8)ヤマノボリ